こどもの日の汐入駅前で「解釈改憲に反対・特定秘密保護法の廃止」を求める署名活動を行ないました/横須賀市民9条の会

こどもたちへの最高のプレゼントは?

今日5月5日は『こどもの日』。

「こどもたちへの最高のプレゼントは、戦争しない社会を手渡すこと」

との想いから、『横須賀市民9条の会』が署名活動を行ないました。

若い人もたくさん署名をしてくれました

若い人もたくさん署名をしてくれました


『横須賀市民9条の会』は、平和を守る為に憲法9条を守ることを目的とする市民団体です。

日本国憲法第9条

日本国憲法第9条


2005年5月に発足、会員は約1300人です。フジノも『呼びかけ人』の1人を勤めています。



特定秘密保護法の廃止・解釈改憲に反対

署名の内容は、次の2つです。

  1. 『特定秘密保護法』の廃止
  2. 『解釈改憲による集団的自衛権の行使容認』への反対

どちらもとても大切なことですよね。

外国人の方に英語で語りかける岸さん

外国人の方に英語で語りかける岸さん


『こどもの日』の汐入駅は、観光で横須賀を訪れた方々やダイエーに向かう方々でとても混みあっていました。

幼いこどもたちからご高齢の方まで、幅広い年代のみなさまが署名をして下さいました。

たくさんの方々が署名して下さいました。ありがとうございます。

たくさんの方々が署名して下さいました。ありがとうございます。


ご協力ありがとうございました!



全国に広がっていく「解釈改憲に反対」の動き

こうした動きは、今、全国へと広がっています。

『特定秘密保護法の廃止』と『解釈改憲への反対』を政府に求める意見書を出す地方議会が増えています。

フジノもマイクを持ちました

フジノもマイクを持ちました


秘密保護法の廃止・凍結を求める意見書は、4月10日現在で127議会にのぼります。

解釈改憲による集団的自衛権容認への反対・慎重な対応を求める意見書は、4月7日現在で59議会にのぼります。

横須賀市議会でもぜひ政府に意見書を出したい、とフジノは願っています。



日本は「専守防衛」を堅持していくべきです

憲法9条のもとで、日本はずっと1つの防衛政策を堅持してきました。

『専守防衛(=戦略守勢)』

です。

専守防衛(防衛省のホームページより)

専守防衛とは、相手から武力攻撃を受けたときにはじめて防衛力を行使し、その態様も自衛のための必要最小限にとどめ、また、保持する防衛力も自衛のための必要最小限のものに限るなど、憲法の精神にのっとった受動的な防衛戦略の姿勢をいいます。

つまり、自衛隊は

  1. 相手から
  2. 攻撃を受けた場合に
  3. 初めて武力を行使する

という大前提のルールを守ってきました。

しかし、今回、政府は『集団的自衛権の行使』へと勝手に変えてしまおうとしています。

それは

  1. 日本が
  2. 武力攻撃を受けていなくても
  3. 自衛隊が武力を行使する

ということです。

絶対に許してはなりません。