横須賀市の自殺による犠牲者数が、過去数年並みに戻りました/6月末までの速報値

自殺による犠牲者数の速報値(6月末)が発表されました

4月末にブログでお知らせした、横須賀市の自殺による犠牲者数(速報値)。

前年度2倍に増えている犠牲者数に危機感を抱き、関係者のみなさまにもぜひ危機感を共有してほしいとお願いをしました。

それから3ヶ月が経ちました。

1年間の半分である6ヶ月目の速報値が内閣府自殺対策推進室から発表されました。

横須賀市の、過去5年間の1〜6月の自殺による犠牲者数

横須賀市の、過去5年間の1〜6月の自殺による犠牲者数


上のグラフは、内閣府のデータをフジノがまとめなおしたものです。

この半年間の犠牲者数の合計は、過去数年間と同じレベルとなりました。

3ヶ月前と2ヶ月前の発表後に、保健所長と意見交換した際に

「1ヶ月ごとの速報値は短期的なものなので、公衆衛生学的にはあまりとらわれてはいけない」

とご指摘を頂きました。

半年間のデータを確認しながら、改めて所長のご指摘のとおりだと痛感しました。

ここしばらくの間、公衆衛生の基本的な教科書を初心にかえって何度も読み返していました。

しかしその一方でフジノは、

「4ヶ月目からの犠牲者数の減少は、短期的な結果を受けて危機感を持って動いたからこそ起こったのではないか」

「短期的な結果を受けて、即座に対策を打つことも重要ではないか」

との想いも同時に強めています。

自殺対策に、終わりはありません。

とにかく毎日ひとつずつ正しいと信じる手段をこうじていくしか無いと考えています。

犠牲になった方々のことを、毎日思い返しながら、政治家として「できたはずのこと」「やるべきだったこと」を考え抜くしかありません。