ようやく「進退」について結論を出しました/ラスト20日間、準備は間に合わないかもしれないけれど「生身の自分」だけで市民のみなさまと向き合いたいです

ようやく今後の進退について「結論」を出しました

ずっと、悩み続けてきました。

父の病院まで向かう道のりから見える風景

父の病院まで向かう道のりから見える風景


誰よりも信頼してきた祖父と5日前に語りあい、今日は父と語り合ってきました。

植物状態で入院中の父と。昨年からずっと危篤状態が続いていて、この1週間もとても危険な状態なのです(涙)

植物状態で入院中の父と。昨年からずっと危篤状態が続いていて、この1週間もとても危険な状態なのです(涙)


そして、1つの結論に至りました。



ひとことではお伝えできないので、20分ほどそのままの気持ちをお伝えしました

父の病院を出たところで、そのままの想いをツイキャスで生中継して市民のみなさまにお伝えしました。

その録画をこちらにも掲載いたします。

相変わらずフジノの言葉はたどたどしく、政治家の言葉としては下手くそです。けれども、今の生の想いを語りました。

よろしければご覧下さい。




フジノの決意が定まらなかった為に長い間ご心配をおかけしたみなさまには、こころからお詫びを申し上げます。

けれども、悩み続ける期間が必要でした。

そして、ずっと本気で悩みぬいた末に最終的に出した結論なのでもはや絶対に逃げません。

この沈みかかった横須賀という船に乗っている人々を、フジノはどんなことがあっても最後まで守り抜きます。