30万円を借金して「法務局」に「供託金」をおさめてきました/残り時間あと18日

立候補には必ず「供託金」が必要です

今日は『供託金の手続き』をしました。

絶対に提出しなければならない最低限の書類リストの2番目が『供託証明書』です。

『供託証明書』とは…

(*正確には「公職選挙法第92条」をご覧下さい)

  1. 立候補するには、現金30万円を必ず『供託』しなければなりません。

  2. 『供託証明書』は、『法務局』で交付します。

  3. 『供託金』は『法務局』が指定する『日本銀行の支店・代理店』で支払わねばなりません。

  4. 取扱をする『日本銀行の横須賀代理店』は、『横浜銀行横須賀支店』の2階にあります。

  5. 30万円をおさめると日本銀行の印鑑を押してくれます。これで『供託証明書』の完成です。

という訳で、30万円が必要なのです。



フジノには30万円もありません。「借金」して工面しました

しばしば市民の方々から「政治家は高いお給料もらっていていいね」とか「金もってるんだろ、おごれよ」とか言われます。

けれどもフジノの場合には、植物状態の父の11年間の闘病の為に多額のお金が必要で、貯金はゼロ。11年間で積み重なった借金は、合計300万円ほどあります。

今回の『供託金』を用意するのも、さらに借金をするしかありません。

そこで、銀行と消費者金融で借金をしました。

三菱東京UFJ銀行のATMの明細書より

三菱東京UFJ銀行のATMの明細書より


三菱東京UFJ銀行は、フジノの給与振込先。ここに約200万円の借金をしています。

アコムの利用明細書より

アコムの利用明細書より


フジノの場合、三菱東京UFJ銀行で可能な借金の限度額は200万円なので、あと20万円は消費者金融『アコム』から借金をしました。

「供託金」は当選したら返却されます

「供託金」は当選したら返却されます


こうしてようやく30万円を工面することができました。

借金が多いと、本当にいつも心が苦して、追い詰められた気持ちになります…。



次に「法務局」に向かいました

今日は市民相談がとても多かったので、複数の相談の合間をぬって、続いて『法務局』を訪れました。

新しく新港町に移った「法務局」

新しく新港町に移った「法務局」


正式名称は『横浜地方法務局横須賀支局』です。移転をして今は新港町にあります。

この供託用の書類(画像は選挙管理委員会がくれた書き方のお手本です)を書いて『法務局』を訪れると、『日本銀行に供託金を預ける為の書類』を渡してくれます。

選挙管理委員会がくれた、供託金の書類の書き方のお手本

選挙管理委員会がくれた、供託金の書類の書き方のお手本


さあ、次は『日本銀行』へ行かねばなりません。



横須賀市内にも「日本銀行」があるのを知っていましたか?

フジノが12年前に初めて立候補した時、

「日本銀行に供託するなんて、東京まで行かねばいけないのか!?」

とショックでした。

しかし、なんと横須賀市内にも日本銀行があるのです。

実は、横浜銀行横須賀支店の2階に『日本銀行横須賀代理店』があるのです!

日本銀行の支店は、なんと横浜銀行の2階にあります!

日本銀行の支店は、なんと横浜銀行の2階にあります!


ここに、30万円と『供託金をおさめる為の書類』を持っていきます。

すると、書類にハンコを押してくれます。

日本銀行で印鑑を押してもらいました。これで「供託証明書」の完成です!

日本銀行で印鑑を押してもらいました。これで「供託証明書」の完成です!

これで『供託証明書』の作業は終わりました。

今日で残り18日。

果たして準備は、間に合うのやら。