誹謗中傷のチラシを事務所周辺にばら撒かれた事件に対する藤野英明の想いをお伝えします

誹謗中傷のチラシを事務所周辺にばら撒かれた事件に対するフジノの2つの想い

今日の午後、フジノ事務所の敷地内や近隣に、誹謗中傷のチラシが大量­にばら撒かれました。

事務所の敷地内に無断で侵入し大量にばら撒かれていました

事務所の敷地内に無断で侵入し大量にばら撒かれていました


事務所の敷地内に無断で侵入したことも問題ですが、さらにひどいのは近隣の方々が駐車している車のワイパーに挟みこんだり郵便ポストにも投函するなど、悪質な行為でした。

ご近所の方々のクルマにまで中傷ビラが撒かれました

ご近所の方々のクルマにまで中傷ビラが撒かれました


ご近所の方々にまでご迷惑が及んでしまったことを、大変に心苦しく感じます。

公人フジノへの攻撃は理解できますが、私人である近隣の方々にまで害を及ぼすのは絶対にやめてください。

公人フジノへの攻撃は理解できますが、私人である近隣の方々にまで害を及ぼすのは絶対にやめてください。

ご近所の方の郵便ポストにまで

ご近所の方の郵便ポストにまで


すぐに選挙管理委員会と横須賀警察署に通報し、対応をしていただきました。

警察の調査

警察の調査


同時にフジノ自身が『自らの言葉でこの事件に対して語る必要性』を感じ、私服姿では合ったものの街頭に立ちました。

市民のみな­さまにお伝えしたいこが2つあります。

よろしければ動画をご覧下さいね。






『憎しみ』に対して『憎しみ』で返せば、永遠に『憎しみの連鎖』は終わりません。

『勇気』をもって、『赦しの気持ち』で臨みたい。

そうフジノは考えています。