選挙費用は15万円あれば十分だ/藤野英明の過去4回の横須賀市議会議員選挙の費用を報告します

政治家として、お金にまつわるあらゆる情報を全て報告し続けてきました

フジノは、政治家に転職する前、とにかく政治家はカネに汚い・汚職をしている・仲間内だけで税金を分配している、というネガティブなイメージしかありませんでした。

特に、選挙となればお金が飛び交うものなのだろうとイメージを持っていました。

そこで自分自身が政治家に転職するにあたって、『政治とカネ』を全てオープンにしようと決めました。

実際にブログにも政治とカネの関係をディスクロージャーするコーナーも設置しました。



さきの市議選(2015年4月)でフジノが使った選挙費用を報告します

この5月11日が、今回の選挙でかかった費用の収支報告書の締切日でした。

選挙管理委員会にて

選挙管理委員会にて


無事に提出を終えましたので、その内容を報告します。

11万8,669円

でした。

フジノの選挙活動費用収支報告書の表紙より

フジノの選挙活動費用収支報告書の表紙より


詳しい内訳はこちらをご覧下さいね。

いずれにしても「政治にはカネがかかる」「選挙には多額の費用がかかる」というイメージは、フジノが壊しました。

フジノの選挙には供託金30万円と実際の費用15万円の合計45万円があれば、十分です。

他の政治家の方々それぞれに選挙スタイルがありますが、少なくともフジノのやり方ではお金は50万円もいりません。



過去4回の選挙費用も報告します

下の一覧表はすでに他のコーナーで報告済なのですが、改めてこちらにも掲載しますね。

選挙費用
4度目(2015年) 合計11万8,669円
3度目(2011年) 合計11万3,396円
2度目(2007年) 合計11万4,874円
初選挙(2003年) 合計15万2,503円




初めての選挙の時は勝手が分からなくて15万円もかかってしまいました。

でも、2回目以降は毎回11万円代で選挙を終えることができています。

何故、世の中の政治家たちは汚職やカネにまつわるダーティーなニュースがいつまで経っても消えないのでしょうか。

すごく残念です。

政治家に必要なのは『カネ』ではなく『政策』です。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!