『食品ロス!「減らす取り組み、活かす取り組み」を学ぶ』(第1回)を受講しました/かながわコミュニティカレッジへ

「食品ロス!『減らす取り組み、活かす取り組み』を学ぶ」の受講しました

午後から横浜へ向かいました。

かながわ県民センター内の『かながわコミュニティカレッジ』で、今日から7週にわたって開催される講座を受講する為です。

「〜ムダをなくして社会に活かす〜食品ロス!『減らす取り組み、活かす取り組み』を学ぶ」チラシより

「〜ムダをなくして社会に活かす〜食品ロス!『減らす取り組み、活かす取り組み』を学ぶ」チラシより


講座は、

〜ムダをなくして社会に活かす〜食品ロス!「減らす取り組み、活かす取り組み」を学ぶ

です。

教室前にて

教室前にて


プログラムはとても充実していて、各回の講師は好事例として知られる団体や企業からいらして下さり、さらに『セカンドハーベスト・ジャパン』などの現地視察もあります。

フジノひとりでそれぞれの相手方にお会いする約束を取り付けたり視察をお願いするよりも、すごく効率的に現場の最前線の方々にお話を伺うことができます。

改めて学び直す上で最善のパッケージです。

           

                                                           

カリキュラム講師(敬称略)
1日本における食品ロスの現状と環境について
参加者自己紹介・講座全体のガイダンス(座学)
管理栄養士・可野 倫子
NPO法人ぐらす・かわさき
2製造過程・賞味期限のロスとその対応
食品ロスを地域で活用した取り組み(座学)
(株)パルブレッド第2商品部部長・松本 一和
NPO法人セカンドリーグ神奈川  六角 薫
3まず動こう! 子ども食堂の視点から
フードバンクの取り組み紹介(座学)
気まぐれ八百屋「だんだん」 近藤 博子
公益財団法人日本フードバンク連盟事務局長・田中 入馬
4現地視察(セカンドハーベスト・ジャパン:台東区浅草橋)
(日本初のフードバンクである2HJの事業所を訪問します) 
セカンドハーベスト・ジャパン
5ビジネス型フードバンク「フードバンクかごしま」の取り組み
フードロスに活かすソーシャルビジネスモデル  (座学)
『フードバンクかごしま』代表理事・原田 一世
産業能率大学教授  中島 智人
6食品ロス削減に向けた企業の取り組み
日本初の取り組み 無料スーパーの可能性(座学)
(株)セブン&アイホールディングス 総務部資源リサイクルオフィサー・藤乘 照幸
NPO法人シェア・マインド・松本 靖子
7現地視察(K-Model「三ツ沢風土生活館」:横浜市神奈川区)
(空き家を活用したフードパントリー拠点を見学します)
私たちに何ができるか考えよう(振り返り・発表)
NPO法人セカンドリーグ神奈川・六角 薫
NPO法人ぐらす・かわさき

『フードロス』(食品ロス)も、『フードバンク』『こども食堂』『フードドライブ』も、実質的な質疑を横須賀市議会で最初に行なったのはフジノです。

(※)「全国のフードバンクや子ども食堂の存在を知っているか」と市長に問うた議員はいましたが、具体的な連携や提案を行なったのはフジノが最初です。

民間の『フードバンク』『こども食堂』と行政との連携は、この数年ずっと力を入れてきた取り組みでした。

力を入れてきた分野なのに、何故今さら改めて学び直す必要があるのか、とお感じになる市民の方もいらっしゃるかもしれません。

2014年に秦好子さんにフードバンク設立を強く勧められました。

2015年には『全国フードバンク推進協議会設立記念シンポジウム』に参加しました。

2016年から市内での『フードバンク』『こども食堂』の立ち上げに関わりました。

『フードバンクよこすか』は解散しましたが、いくつかの活動へと枝分かれしていきました。

それぞれの団体と関わりを持ち続けているのですが、三浦半島全体で1つのネットワークのような形にできないのか、その可能性を模索しています。

そんな中で、今年2018年は改めて全国の最新事例を学び、これからの政策提言に活かすとともに、『現場と行政との橋渡しの役割』を果たせるようになりたいと感じています。

その為にも学び直しと新たなつながりが必要だと感じています。

講師陣の充実や好事例の視察ができることに加えて、受講生の意欲の高さも必ず新たなつながりになると確信しています(過去のかながわコミュニティカレッジ受講も各分野でとても有効でした)。

これが今回の講座受講の動機です。

センターからの景色

センターからの景色


今日の講義は初回ということもあり、参加者のみなさまによる自己紹介をはじめ、講座全体のガイダンス、そして日本の食品ロスの現状と現場についての概論でした。

次回以降、本格的な内容に入っていきます。公務もあって全ての回には出席できないのですが、必ず横須賀の現状を改善する為に、学びを得てきます。

かながわコミュニティカレッジにて


現地視察がとても楽しみです。しっかり学んできます。



精神保健福祉ボランティアに取り組もうという方さえ「外見」で他人を判断する???/かながわコミュニティカレッジ「こころのボランティア養成講座」(4日目)へ

こころのボランティア養成講座(4日目)へ

今日は、お昼から横浜・西口のかながわ県民ホールへ。

かながわコミュニティカレッジの連続講座(3月末まで18コマ)の『こころのボランティア養成講座』の4日目です。

(第1回の様子はこちら

「こころのボランティア養成講座」会場前にて

「こころのボランティア養成講座」会場前にて


本日のテーマは『共に生きる地域づくりⅠ』

お2人の講師からお話をうかがいました。

  • 藤沢病院の長見英和さん(精神保健福祉士)
     (配布資料はこちら

  • 横須賀の『il Gruppoパレッタ』施設長の加藤房子さん
    (配布資料はこちら

いつもは満員の教室の中で、フジノはかなり緊張しながら受講しているのですが、今日にかぎっては、ややリラックスしながら過ごすことができました。

講師の加藤さんが施設長をしている『パレッタ』は、わがまちの作業所です。
 
高校時代からフジノにはとてもなじみがあります。

また、『全国精神障害者地域生活支援協議会』(ami)の常任理事でもある加藤さんとは、つい先週も一緒に千葉県の『リカバリー推進フォーラム』の企画委員会に出席しました。
 
隣同士の席に座って、かなり激しく議論させていただいたばかり。

(この様子を見た他の企画委員会のメンバーから 「横須賀には個性的な人が多いなあ...」と苦笑いでした)

加藤さんの講義は、お話もとても惹きつけられましたが
 
ふと途中で

「ちょっとフジノくん、立ってみて!」

と言われて、説明のお手伝いをさせられたりして、楽しく1時間半があっという間に過ぎていきました。



「チャラ男でも政治家?」みたいな・・・

帰りがけに、他の参加者の方から話しかけられて、駅まで歩きながら意見交換をしました。

その方は、

「そもそもあなたみたいな茶髪にヒゲのチャラ男が、何故こんな精神保健のボランティア講座に来ているのか?」

と、過去4回のあいだ、疑問に思っていたそうです。

それが今回、講師の加藤さんと親しげに話しているのを講義で見て
 
「一体、何者なのだ?」

と思ったそうです(苦笑)。

「ふだん何をしているのか」

と尋ねられたので

「ふだんは市議会議員をしていて、大学時代には臨床心理学を専攻していて、精神保健福祉士の国家資格も持っている」

と話したら

どひゃーっと驚かれて、その後の僕への対応が変わりました(涙)。

その対応を見て僕は、しょせんは肩書きかよ、とガックリ。

精神保健福祉のボランティアにとりくもうという方々なのだから、せめて外見で他人を判断したり区別するようなことはしないでほしいなあと、ちょっと失望しました...。

いいかげん政治家になって6年も経つのだから、我ながらこういう方々の反応(てのひらがえしで良くなる)には慣れなければ、ガマンしなければ、とは思うのですが...。

世の中の多くの人々が学歴や職歴や肩書きにとらわれていたり、外見や見た目でまるでその人の中身まで分かったように振る舞うのが、僕はとても大キライで、とてもイヤです。

人は外見でも無いし、肩書きでもありません。
 
もうそろそろ、みんな、そういうことに気づいて下さい。

やれやれ。