日本の自殺対策研究の最前線「ACTION-J」の成果を学んできました/第12回日本うつ病学会総会(その1)

第12回日本うつ病学会総会に参加しました

今日は、東京・新宿の京王プラザホテルへ向かいました。

『第12回日本うつ病学会』に参加する為です。

第12回日本うつ病学会総会ポスターより

第12回日本うつ病学会総会ポスターより


学会は全国各地で開催されて、数年おきに東京に戻ってきます。

第1回から『日本うつ病学会総会』に参加してきたフジノですが、パニック障害もちの為に関東以外で開催された総会には欠席せざるをえません(飛行機にも新幹線にも乗れないので関東を出られません)。

第12回日本うつ病学会総会会場にて

第12回日本うつ病学会総会会場にて


学会は、その分野の最前線の研究を学ぶことができる最高のチャンスです。

仮に欠席しても『抄録(内容が記された本のことです)』はもらえるのですが、発表者と語り合うようなことはできません。

ですから、都内での開催のおかげで自分自身が参加できることを、とてもありがたく感じました。



「自殺対策」の発表をメインに聴きました

3日間の開催なのですが、忙しくてフジノは1日だけしか参加できませんでした。

そこで、最も関心の強い自殺対策に関わるプログラムが開催される今日を選びました。

自殺対策に関するプログラムの会場にて

自殺対策に関するプログラムの会場にて


まず、教育講演『地域における自殺対策』です。

プログラムより

プログラムより


座長はリリー賞選考委員会でご一緒させていただいている中村純先生(産業医科大学名誉教授、北九州古賀病院)、演者は大塚耕太郎先生(岩手医科大学医学部災害・地域精神医学)です。

大塚先生は、被災地支援にも深く関わっておられる方です。

大塚耕太郎さん「地域における自殺対策」

大塚耕太郎さん「地域における自殺対策」


基本的にはオーソドックスな内容のお話でした。

  • ハイリスク者のケアは、医療だけでなく、生活支援・福祉的支援などの複合的な支援が必要である。

  • 専門的なケアから住民相互の見守りまで様々な支援が重層的に地域に存在することが必要である。

  • 地域の自殺対策の人材・場の確保が大切である。

  • それぞれの従事者はスキルを向上させていくことが必要である。

  • 実務者のネットワークとともに、関係機関・国県市それぞれの各部局の連携体制も不可欠である。

ただ、下の2つについては、とても強く賛同しました。

  • 包括的な自殺対策の為には、『地域診断』や詳細な実態把握を行なって地域の実情に即した対策につなげること

  • 中長期的な戦略を立てることも需要であること

フジノは『横須賀市の自殺対策』を念頭に置きながら講演を聴いていたのですが、長年フジノが市議会で提案を繰り返しながらも実現していないのが上の2つでもあります。

『地域診断』は本当に大切なのに、横須賀市の場合には自殺対策だけでなく、『介護保険事業計画』や『障害福祉計画』を策定する時にも十分にはできていないとフジノは感じています(唯一、新たな計画である『こども未来プラン』は比較的よくできていると評価しています)。

また、『自殺対策の計画づくり』の重要性は、つい先日の6月議会でも新たに提案をしたばかりです(その前の予算議会でも提案しました)。

国による自殺対策基本法の改定作業がまもなく行われますが、全国の市区町村にも計画づくりを義務化する方向にあると聴いています。必ず実施すべきだとフジノは考えています。

こうした点から、大塚先生の後半のお話には特に強く共感しながら聴いていました。




(その2へ続きます)



野村総一郎先生による「うつ病講演会」が開催されました/3月は「自殺対策強化月間」です

今月は「自殺対策強化月間」です

3月は『自殺対策強化月間』です。

2013年度自殺対策強化月間ポスター

2013年度自殺対策強化月間ポスター


全国で様々な取り組みが行なわれています。

野村総一郎先生の講演

そして今夜は、神奈川県の主催・横須賀市の共催で『うつ病講演会』が開催されました。

会場にて

会場にて


『うつ病』の正しい知識を深めることで再発予防を目的とした講演会で、家族の方・一般住民の方・関係機関の支援者を対象にしたものです。

講演会のチラシ

講演会のチラシ


講師は、野村総一郎さん(防衛医科大学病院・院長)です。

野村先生は、日本の精神医学の第一人者で、フジノも所属している『日本うつ病学会』の前理事長(2006〜2010)でした。

野村総一郎先生の講演

野村総一郎先生の講演


分かりやすいお話で、同時に楽しく聴ける、とても良い講演でした。

ただ、1つ残念だったのは、講演のほとんどが『うつ病』『躁うつ病』の症状の説明だったことです。

野村先生のパワーポイントより

野村先生のパワーポイントより


チラシや広報で事前に広報されていた講演内容は『うつ病について〜治療と再発予防〜』と明記されていました。

そして、参加者の対象は『うつ病で治療中の方・ご家族・支援者・一般県民』とされていたのです。

つまり、すでに「うつ病とは何か」はすでに体験的に分かっている方々が『うつ病の治療と再発予防』について、日本の精神科医療の第一人者である野村総一郎先生に伺いたかったと思うんです(フジノはそうでした)。

タイトルと実際の講演の中身がかなり違っていて、とても残念でした…。

質疑応答はとても充実していました

質疑応答はとても充実していました


質疑応答の時間には、たくさんの質問が出てとても充実していました。

  • うつ病とうつ状態はどう違うのか、うつ病は遺伝するものなのか、適応障がいとうつ病の違いについてなどの『症状』についての質問
  • 心療内科と精神科の違いについてや、自分が現在受診しているメンタルクリニックを変えたいがドクターは嫌がるものなのか、本人が病院に行きたがらない時はどうしたら良いのか、といった『受診』についての質問
  • 具体的なクスリの名前が挙げられてのその『効果』についてなどの質問

などが出ていました。

会場には100名近い方が集まり、時に笑いが起こりながら、野村先生のお話にみなさん熱心に耳を傾けておられました。

とても良い講演会でした。

我が国の自殺対策は「エビデンス」のある取り組みを明らかにしていかねばならない/第9回日本うつ病学会総会「今こそ問う、うつ病のパースペクティブ」

第9回・日本うつ病学会へ

今日は、東京・新宿の京王プラザホテルへ向かいました。




年に1度の『日本うつ病学会総会(第9回)』に参加する為です。

第9回日本うつ病学会総会

第9回日本うつ病学会総会


今回のテーマは

『今こそ問う、うつ病のパースペクティブ』

でした。

とても重要なテーマです。



自殺対策のセミナー・講演に参加しました

フジノは、自殺対策に関するセミナーを中心に参加しました。

ランチョンセミナー『現代日本のうつ病を解剖する~自殺予防への貢献を目指して~』、演者、坂元薫さん。










続いて、教育講演に参加しました。

『気分障害の精神病理と司法精神医学』、演者は、中谷陽二さん(筑波大学名誉教授)です。





自殺対策委員会企画シンポジウム「自殺予防のエビデンス」へ

最後に、自殺対策委員会企画シンポジウム『自殺予防のエビデンス』に参加しました。

河西千秋先生がオーガナイザーを務めて、6名の方が登壇されました。

エビデンスとは、証拠のことです。

我が国で実施されているたくさんの自殺対策は、どれも「本当に効果があるのか」は証明されないままに実施されています。

というのも、これまで日本ではほぼ全く『自殺対策』そのものが存在していなかったからです。

エビデンスを明らかにできるほどの対策も無いし、あってもそれは個人やNPOなどの取り組みによるものくらいだったからです。

河西先生らは、本当に自殺対策を有効なものにする為に、こうした研究を行なって発表された訳です。

日本の自殺対策は2006年にスタートしたのですが、もはや闇雲に取り組む時期は過ぎました。

明らかなエビデンスのある対策に、自殺対策に充てられる限られた資源(限られた財源・限られた人材)を集中的に投下していくべきです。




『精神療法と自殺予防』張賢徳さん




『自殺予防のために薬物療法によってできることは何か』渡邉衡一郎さん




『地域保健と自殺予防』大塚耕太郎さん




『メディアと自殺予防、あるいは魔法の鈴』太刀川弘和さん







『わが国の自殺対策立案に必要な妥当性の高い根拠を創出する』山田光彦さん





「心理教育」の分かりやすい絵本と出会いました

続いて、展示コーナーをのぞいてみました。




書籍販売コーナーで、偶然とても良い本を見つけました。

『Can I catch it like a cold? Coping with a parent’s depression』

Can I catch it like a cold? Coping with a parent's depression

Can I catch it like a cold? Coping with a parent’s depression


絵本を使って幼いこども向けに精神疾患について語りかける、いわゆる『心理教育』の為の絵本です。

日本にもこういう本があれば良いのに!

素晴らしい内容なのですが、写真だけでごめんなさい。

後日、改めてもう少し詳しく報告します。



後日談:日本でもまさに「プルスアルハ」さんたちによって、こどもたちの為の絵本作りが始められました!

こちら(2014年のブログ記事)に書いたように、日本でもまさに同じ動きがスタートしました。

『プルスアルハ』さんというユニットによって作成されている絵本の数々は、まさに上の本と同じ想いで作られたものでした。

本当に嬉しいです!



早くも第3回となりました/日本うつ病学会「うつ病を知る・いやす・支える -求められる多職種の関与-」1日目@京王プラザホテル

第3回日本うつ病学会、第1日目

今日は、新宿・京王プラザホテルへ。

『第3回日本うつ病学会』でした(去年おととし、に続いて第1回から皆勤賞ですね)。

「早くも3年目か…」と、時の早さを痛感しました。

第3回日本うつ病学会の会場・京王プラザホテル

第3回日本うつ病学会の会場・京王プラザホテル


しかし、新宿というのは本当にいつ来ても混んでいますね...。

混んでいる場所は苦手です。

それとは別にフジノにとって、新宿という場所は複雑な気持ちにさせられます。

就職活動の頃、新宿の住友三角ビルで友達と3人で夢を誓いあいました。

1人はドイツに留学中、1人は全国紙で記者をしています。
 
そんな夢を誓いあった良き思い出の場所であると同時に、父が入院したという連絡を受けたつらい思い出の場所でもあります。

視察を終えて、同行してくれたスタッフと一緒に、新宿で昼食を取っていた時のことでした。食事を途中でやめて、大急ぎで帰ったことを鮮明に覚えています。

何を見ても何かを思いだす、
 
まるでヘミングウェイの小説ですね。



4つのポスターセッションに注目していました

さて、第3回目のうつ病学会。

大盛況な講演会場の様子

大盛況な講演会場の様子


いくつもの講演が立て続けに行なわれましたが、第1日目のフジノの目的は『講演』ではなくて、実は『ポスターセッション』でした。 

講演会場の隣の会場に、研究成果をポスターで1日中貼ってあるのですね。

42ものポスター発表の中でフジノが注目していたのは、

  • 『自殺・事故・病気による死別が家族323人に及ぼす影響』
  • 『ビデオ回覧啓発によるうつ病の理解を高める取り組みについて』
  • 『日本の医療者の自殺者・自殺行動に対する知識と理解』
  • 『ストレス病棟における自殺防止~入院者1万人の調査結果から』

の4つです。

ポスターセッション「ストレス病棟における自殺防止」

ポスターセッション「ストレス病棟における自殺防止」


さらに、15時から16時半までは、この研究をしたご本人たちがポスターの前に立っていてくれて自由に質問をしたり話をできるという『フリーディスカッション』の時間がありました。

そこでフジノは、注目していた4つの研究について、それぞれの研究者の方々とお話しました。

なかでも、かねてからお会いしたかった

不知火病院の徳永院長

青森県立精神保健福祉センターの渡邉所長

のお2人とお話できたのは本当にラッキーでした。

不知火病院の『海の病棟』はストレスケア病棟です。
 
10年以上前から先進的な取り組みを行なっており、全国的にすさまじく有名な病院です。

青森県立精神保健福祉センターの渡邊所長は、自殺予防にとても積極的な取り組みを進めてこられたわが国の自殺予防の第一人者です。

(詳しいつづきはまた明日書きます...)

ポスターセッション「ビデオ回覧によるうつ病啓発の取り組み」

ポスターセッション「ビデオ回覧によるうつ病啓発の取り組み」

 

ビデオの内容を展示してあるパソコン

ビデオの内容を展示してあるパソコン





続いて「講演」をお聴きしました

続いて、2つの講演をお聴きしました。

講演「職場復帰時のうつ病再発防止へむけて」

講演「職場復帰時のうつ病再発防止へむけて」


『職場復帰時のうつ病再発防止へむけて』

座長は、フジノの尊敬する高橋祥友教授。演者は、秋山剛さん。

講演「児童・思春期の抑うつ」

講演「児童・思春期の抑うつ」


講演『児童・思春期の抑うつ』

座長は、坪井康次さん。演者は、生野照子さん。

明日の第2日目も関心のある話題がいくつもあります。