犠牲者8000人超のネパール大地震への緊急支援寄附にご協力をお願いします!

ネパールで大地震が起こり、8000人以上の犠牲者が出ています

4年前、フジノは東日本大震災が起こった後、災害対策本部が閉じたのを見届けて、横須賀で最初に募金活動をスタートしました。

今回、統一地方選挙が行われたせいで報道でもやや小さく扱われているネパールでのマグニチュード7.8の大震災。

264万人の人口のうち、すでに8000以上もの犠牲者が出ていると言われています。

フジノは、居ても立ってもいられませんでした。

中越沖地震の時も、東日本大震災の時も、すぐに街頭に立ったのに。

今回は選挙のせいで募金活動が制限されてしまいました。

しかし今日午後、当選証書付与式が終わったのでその制限も無くなりました。



段ボール製の募金箱にたくさんの善意が集まりました

走って事務所に戻り、すぐに募金活動をスタートしました。

いつもながら手作りの募金箱

いつもながら手作りの募金箱


急いで作ったので段ボール箱製の募金箱です。

横須賀中央駅前での募金活動

横須賀中央駅前での募金活動


それでもわずか1時間のうちになんと

1万1,522円

もの善意が集まりました。

小学生からご高齢の方まで多くの方々が善意を託して下さいました

小学生からご高齢の方まで多くの方々が善意を託して下さいました


フジノは選挙管理委員会事務局などと相談しながら(政治家は自らの選挙区内に支部がある団体には寄付できません。例えば赤十字は横須賀支部があるのでNG)

今回、『日本ユニセフ協会のネパール大地震緊急募金』を募金先に決めました。

日本ユニセフ協会「ネパール大地震緊急募金」

日本ユニセフ協会「ネパール大地震緊急募金」


本来は、友人がいる『国境なき医師団』(すでに当日のうちに日本からも5名、先遣隊を送っています)に寄附をしたかったのですが、ネパールに使途を限定した窓口がありませんでした。使途が他のテーマになってしまうのでは困ります。

そこで、ユニセフに何度も確認してから「ネパールのみに使う」とのことで決定しました。

街頭では

「選挙が終わったばっかりなのにうるせーなー!」

と怒鳴る中高年男性もいましたが、小学生からご高齢の方まで1円玉から千円札まで本当にあらゆる形での善意をお預かりました。

様々な金額、様々な託し方

様々な金額、様々な託し方


放り投げるようにお金を入れていく方もいれば、まるで神様に手をあわせるかのように両手をあわせて拝んでから入れて下さる方もおられました。

東日本大震災を体験したこの国では、誰もがこころに傷を負いました。

ただ、あの時、全世界から日本は支援をしてもらいました。

だから僕は「今度は日本が恩返しをすることで、善意を世界中に循環させたい」と願っているのです。

渋井哲也さんの新著「復興なんてしてません」

渋井哲也さんの新著「復興なんてしてません」


まだ東日本大震災の被災地は復興なんかしてません(この本はフジノが尊敬するジャーナリスト・渋井哲也さんの著作で、今日ようやく入手出来ました)

「自らの国が復興しきれていないのに何故!?」というご意見があるのは承知しています。

それでもなお、他の国が同じように大震災で苦しんでいるならば、僕は支援をしたいのです。

お預かりました募金はファミリーマートを通じてユニセフに振り込まれました

お預かりました募金はファミリーマートを通じてユニセフに振り込まれました


お預かりしましたご寄付は(今回初めて知ったしくみなのですが)、コンビニエンスストアから手数料なしでユニセフに振り込みました。

後日正式な領収書が送られてきます

後日正式な領収書が送られてきます


明日以降も時間が取れる限り、募金活動をしたいです。

「当選初日から何やってんのよ」

とフジノに怒った女性もいらっしゃいました。

確かにフジノはこのまちの政治家ですが、このまちの政治家としての仕事はすでに毎日全力で行なっています。

それ以外のあいた時間をこの活動にあてるのですから、どうか市民のみなさまにはお許し頂きたいと願っています。

どうかみなさま、日本と縁の深いネパールの人々を助ける為に力を貸してください!

お願いします!



「3.11東日本大震災を忘れない・かながわ~東日本大震災から4年、今求められる被災地支援に向けて」へ

「3.11東日本大震災を忘れない・かながわ~東日本大震災から4年、今求められる被災地支援に向けて」へ

今夜は、横浜のかながわ県民センターへ向かいました。

「3.11東日本大震災を忘れない」会場入口にて

「3.11東日本大震災を忘れない」会場入口にて

*書きたいことは山ほどあるのですが、取り急ぎ写真の一部だけ、掲載しますね。

「3.11東日本大震災を忘れない・かながわ」チラシより

「3.11東日本大震災を忘れない・かながわ」チラシより

「東日本大震災から4年、今求められる被災地支援に向けて」プログラムより

「東日本大震災から4年、今求められる被災地支援に向けて」プログラムより

東松島市大曲浜の震災1か月後

東松島市大曲浜の震災1か月後

①震災当時を知る

①震災当時を知る

講師の中井政義さん

講師の中井政義さん

中井さんのご自宅が解体される様子

中井さんのご自宅が解体される様子

最近完成した慰霊碑

最近完成した慰霊碑

宮城県に何が起こったか

宮城県に何が起こったか

自衛隊に救助された方

自衛隊に救助された方

②被災地・被災者の現実を知る

②被災地・被災者の現実を知る

遠い復興の道のり

遠い復興の道のり

仮設住宅で4回目の冬を迎えた被災者

仮設住宅で4回目の冬を迎えた被災者

黄色い安否確認ハンカチプロジェクト

黄色い安否確認ハンカチプロジェクト

ボラバスは4年がたった今も被災地へ向かっています

ボラバスは4年がたった今も被災地へ向かっています

「被災地支援は『今』からだ」と改めて痛切に感じたのでした。



塩釜市長からお礼状を頂きました/ひとり自殺対策街頭キャンペーンでお預かりした1万円のその後

塩釜市長からお礼状が届きました

1月4日に行なった『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』の最中に、通りがかった男性から1万円をお預かりし、それを塩釜市へ義援金として寄附させていただきました(詳しい経緯はこちらをご覧下さいね)

昨日、塩釜市長からお礼のお手紙が届きましたので、ご報告いたします。

塩釜市長からのお礼状

塩釜市長からのお礼状

塩釜市長 佐藤 昭

寄附の御礼について

初春の候、ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。

このたびは、本市に対する格別の御理解と御協力により御寄附を賜り、厚く御礼申し上げます。

平成23年3月1日に発生した東北地方太平洋沖地震におきましては、我々がこれまでに想定していた宮城県沖地震を遥かに上回る未曽有の大地震であり、本市でも多くの市民の尊い命が失われるとともに、家屋の流失・倒壊など市民生活に甚大な被害を及ぼしました。

現在、本市では「がんばるぞ!塩竃・負けないぞ!塩竃」を合言葉に、市民の皆様と心を一つにしてこの震災を乗り越え、被災されました方々が一日でも早く元の元気な生活に戻られるよう、全力で復興に取り組んでいるところでございます。

このたびの御寄附につきましては、本市の復興を願う貴殿のお気持ちに応えられますよう、有効に活用させていただきます。

末筆ながら貴殿の益々の御発展と更なる御活躍を心よりお祈り申し上げます。

そしてこちらが正式な領収証です。

塩釜市から届いた領収書

塩釜市から届いた領収書


今回は、ワイデッキを通りがかった方の御厚意を塩釜市への寄附としてお届けさせて頂きました。

ありがとうございました。

これからも塩釜市への支援は、フジノは個人として公人として、続けていきます。

塩釜のみなさま、どうかお身体に気を付けて下さいね。そして、一緒にがんばっていきましょうね。



塩釜市に義援金を寄附しました/「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」中にワイデッキでお預かりした1万円のその後

「街頭キャンペーン」中に、ひとりの男性がフジノに駆け寄ってきました

昨日、ワイデッキでフジノが『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を行なっていた時のことです。

横須賀中央ワイデッキにて

横須賀中央ワイデッキにて

中高年の男性がさっと近づいてきて、フジノのポケットに何かをねじこみました。

驚いてポケットを探ると

…なんと1万円札です!

その方の足は早く、とっさにフジノはメガフォンマイクで

「すみません!本当に申し訳ないのですが、僕は寄附を受け取らないことにしているんです。お気持ちだけ頂いて、お金は返させて下さい」

とお伝えしました。

そうしたら、その男性の方が戻ってきて下さいました。

「あなたはお正月から寒い中ひとりで頑張っていて気持ちいいから、受け取ってよ」

とその方はおっしゃいました。



政治家フジノは全ての寄付をお断りしています

1万円という金額の重さをよくよく理解しています。

その男性がどんなお気持ちでそんな大金をフジノに寄付しようと思ってくれたのか推しはかると切なくなります。

フジノが行なっている『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』に共感して下さったということは、

もしかしたら、自死遺族かもしれない。

もしかしたら、大切な友人・知人を亡くした方かもしれない。

つまり、フジノと同じ立場の方かもしれない訳です。

ものすごく感謝の気持ちを抱きながらも、それでもフジノは繰り返しお断りの理由をご説明しました。

「政治家には政務活動費という経費が年間100万円以上も出ているので、僕はどんなことがあっても寄附を受け取らないことにしているんです」

ホームページにも寄附は受け取らないと書いているんです。傲慢に聴こえるかもしれませんが、どうか僕の方針もご理解いただけないでしょうか」

フジノHPの「市民のみなさまにお願い」のコーナーより

フジノHPの「市民のみなさまにお願い」のコーナーより


「たくさんの人たちの前で1度出したお金を引っ込めるというのはご気分を害する行為かもしれません。でもどうかこのお金はお財布に戻して下さい」

けれども必死の説得にもかかわらず、その方は

「逆にその気持ちが気に入ったから、やっぱり引っ込められないよ」

とおっしゃいました。



「塩釜市への復興の為に寄付をさせて下さい!」と提案しました

これ以上、押し問答をしていてもらちがあかないと判断したフジノは、ある提案をしました。

「僕自身はこのお金を受け取ることはできないのですがお預かりだけして、東日本大震災でずっと支援をしてきた塩釜市というまちの復興の為にあなたの善意をご寄付させていただけないでしょうか」

「本来ならば『横須賀こころの電話』を運営しているNPOに寄付したいのですが、政治家が自分の選挙区内のあらゆる団体に寄付をすることは法律的に許されないのです」

「けれども被災地への寄附は、結果的に自殺対策にもつながります。塩釜市とは3年間のつながりがあるので、僕が責任をもってお預かりして、必ず明日、塩釜市に寄附をいたします」

うーん、と男性は悩んでおられましたが

「それならば仕方がない。いいよ」

とおっしゃっていただきました。

そして、男性は京急の改札へと向かって行かれました。

フジノは改めてその方に深く感謝のお辞儀をして、マイクを通して今この場で起こった善意についてワイデッキのみなさまにお伝えしました。



さっそく今日、塩釜市に寄付をしてきました

翌日となる今日、まずフジノは

  • 横須賀市選挙管理委員会

  • 横須賀警察署の捜査二課(公職選挙法関係)

  • 塩釜市

それぞれに対して昨日の出来事の全てを詳細にお話して、「なんら問題は無い」との確認を取りました。

そこでさっそく振込にいってきました!



こちらが振込証明書です

振込をしたのは、塩釜市役所の『義援金口座』です。

塩釜市ウェブサイトより

塩釜市ウェブサイトより


これは、塩釜市役所の方といろいろご相談をして、ふるさと納税とか確定申告にフジノが使えない(=フジノが利益を得るようなことがあってはならないとの考えです)振込先を選びました。

そして、フジノ事務所のもよりの金融機関である『かながわ信用金庫の上町支店』にて振込をしました。

かながわ信用金庫の上町支店から振り込みました

かながわ信用金庫の上町支店から振り込みました


振込証明書はこちらです。

塩釜市役所の義援金口座への振込証明書です

塩釜市役所の義援金口座への振込証明書です


振込人がフジノの名前なのは、残念ながら最後まで男性がお名前を名乗って下さらなかったからです。

大変に貴重な善意を、被災地支援の為に振込をさせて頂きました。

以上、昨日からの出来事の結末を報告いたしました。



政治家としてフジノは、全ての寄付をお断りしています

ごうまんに聴こえるのを承知で改めて書かせて下さい。

すでにこのブログにも繰り返し書いてきたことではありますが、フジノへの全ての寄付を辞退しております。

何故ならば、政治家フジノは『政務活動費』という経費をすでに税金から支給されているからです。

それ以上、市民のみなさまから新たにお金をお受け取りしたくありません。

どうかフジノの想いもご理解ください。よろしくお願いします。



映画「犬と猫と人間と2〜動物たちの大震災〜」上映会、とても素晴らしかったです/「ねこじゃらし工房」主催

映画「犬と猫と人間と2・動物たちの大震災」上映会へ

今日は、映画『犬と猫と人間と2』上映会へ参加しました。

配布資料より

配布資料より


ボランティア団体の『ねこじゃらし工房』が主催、『横須賀市動物愛護協会』と『横須賀市社会福祉協議会』が後援して開催されました。

会場にて

会場にて


観る前から泣いてしまうのは分かっていたので、本音を言えば、行きたくありませんでした。

でも、せっかく市議としてお誘い頂いたので、目をそらさずに最後まで観ました。

公式サイトより

公式サイトより


やはり、フジノは泣きまくってしまいました。



人間のいのちが軽んじられている今の日本、動物のいのちはもっと…

『人間のいのち』さえ、軽んじられている今の日本です。

だから、「動物たちは家族の一員」という想いを抱いているたくさんの人々が居ても、その一方で『動物のいのち』は軽んじられてしまっている現実があります。

環境省では『動物を捨てず増やさず飼うなら一生〜いつかペットを見送るその日まで責任をもって飼い続けられますか〜』などの啓発冊子を作って配布していますが…。

環境省「動物の遺棄・虐待は犯罪です」啓発ポスターより

環境省「動物の遺棄・虐待は犯罪です」啓発ポスターより


『動物の遺棄・虐待事例等調査報告書・平成21年度版』(現時点の最新版です)をご覧下さい。



未曾有の災害によって動物たちの多くが見捨てられました/助けようと動いた人もたくさんいました

震災が起こる前から、このように全国的に動物へのabuse(虐待)や遺棄は多く厳しい状況でした。

そんなわが国で東日本大震災のような大災害が起これば、動物の扱いが二の次、三の次にされることは、予想できました。

映画では、そうした動物たちが追い込まれた苦境と、それを何とか打開しようと現状に抗うたくさんの人々の奮闘が紹介されました。

考えさせられる、素晴らしい映画でした。

場内は満員でした

場内は満員でした


災害は、必ず起こります。

危機的な事態の発生に備えて、政治家としてできることはたくさんあると信じています。

今まで以上に、この課題に向き合っていこうと思いました。



(参考)ぜひご覧下さい

環境省パンフレットや報告書などです。

そして、『横須賀市動物愛護センター』の活動もぜひ応援して下さいね!



募金活動へのご協力ありがとうございます/東北地方太平洋沖地震による犠牲者の方々に心からお悔やみを申し上げます

募金活動へのご協力ありがとうございます

昨夜は、横須賀市民の多くの方々が、都内や川崎・横浜から帰宅することができずに

市内におられた方々も深夜2時半すぎまで停電が続いて

睡眠も取れずに、大きな不安と疲労の中で夜を明かしたことに、ご苦労をの中で過ごされたことと思います。

市議として求められる責任感と冷静さを保つように努めながらも、テレビからの映像を観るたびに胸がはりさけるような悲しみに押しつぶされそうになりました。

『東北地方太平洋沖地震』による犠牲者の方々に心からお悔やみを申し上げます。

また、被災された全てのみなさまにお見舞い申し上げます。



「災害対策本部」解散の後、すぐに募金活動をスタートしました

昨日から横須賀市に立ち上げられていた『災害対策本部』は、14時30分に解散しました。

この解散をもって市としての公的な動きはひと段落した、とフジノは判断しました。

ここからはフジノ個人としてやれることを、やらなければなりません。

いろいろ悩んだ末に、2004年10月の新潟中越地震2007年3月の能登半島地震などに続いて『募金活動』を行なうことに決めました。

そこで、16時に『カフェトーク』を終えて(意地でいつもどおりに開催しました)、薬をもらいに病院へ行き、急いで横須賀中央に戻ってきました。

とにかく大急ぎで募金活動の準備をしてYデッキに向かいました。

そして、17時から募金活動をはじめました。

Yデッキを通りかかった市民の方が撮った写真を送ってくれました

Yデッキを通りかかった市民の方が撮った写真を送ってくれました


19時まで行なう予定でしたが、残り15分のところで家族から急用の電話が入りまして終わりました。

わずか1時間45分の活動でしたが、本当に多くの方々から温かいお気持ちをいただきました。

みなさまからお預かりした募金

みなさまからお預かりした募金


6998円の募金

をお預かりしました。

月曜日、すぐに振り込みをして『振込証明書』をホームページに掲載します。

ご協力くださった全てのみなさまにこころから感謝しています

いつも募金の時は、10円、100円、と照れながらも若い人々が本当にたくさん来て下さいます。

その姿に接するたびにフジノはこの国に希望は必ずあるのだと痛感します。

今日は、8才の女の子が1ヶ月のおこづかいが400円だというのに、40円の募金をしてくれたことがとても強く心に残りました。

おこづかいの10分の1も募金をしてくれた、その想いを絶対にムダにしません。

本当にありがとうございます!



東北をはじめ被災したみなさまのご無事を祈っています

通りがかる多くの方々が、東北にいらっしゃる親戚・家族・友人の安否がわからずに、苦しい想いを抱えておられました。

どうか1日も早く無事が確認できることを心から祈っています。

そして、横須賀からも消防隊が『緊急消防援助隊』として派遣されましたが、消防隊をはじめ、自衛隊のみなさまの無事も強く願っています。