藤野英明がメディアで紹介されました

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、単行本、インターネットなどで報じられた藤野英明を紹介します

これまで多数とりあげられてきたものを、少しずつ掲載していきたいと思います。

*なかなか全てを把握しきれなくてまだ一部のみの紹介となります。ごめんなさい。

*市議会での質疑(本会議・委員会)についてもメディアで毎回のようにとりあげていただいています。それらは本会議での質問のコーナーに掲載してあります。



あの感動を再び!TVKで特集が放送されました/2.14横須賀チャリティプロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜」

TVKで「2.14横須賀チャリティプロレス大会」の様子が特集されました!

今夜、TVKの『ニュース930α』で、あの2.14横須賀チャリティプロレス大会が再び特集として放送されました。

TVK「ニュース930α」ウェブサイトより

TVK「ニュース930α」ウェブサイトより


こちらです!








ネガティブなニュースばかりの世の中ですが、こういう頑張っている大人たちの姿をしっかりと伝えていきたいです。

放送より

放送より


「どんなに素晴らしい取り組みでも、それが行われていることが誰にも知られなければ、必要な人に届いていなければ、やっていないことと同じ」

日頃、そんなふうに政治家として感じているフジノです。

大会のスタート前に挨拶に立つ雫有希選手

大会のスタート前に挨拶に立つ雫有希選手


フジノはこの大会にのメディア関係の広報をお手伝いさせていただいたのですが、

「この大会の社会的な意義と雫有希選手の想いとその活動を、フジノは全力をかけて広く世間に向けてお伝えしなければならない」

と、感じました。

そうした雫有希選手とフジノの想いに、地元の新聞社、全国紙の横須賀支局、FMラジオ局地元メディアだけでなく東京のキー局、さらには海外・ドイツのメディアまで力を貸してくれました。

特集の中ではダンプ松本選手もコメントして下さいました

特集の中ではダンプ松本選手もコメントして下さいました


これで横須賀大会を報じて下さったのは、なんと合計10社にも増えました。

これまで報じて下さった雑誌・ネット・テレビ・新聞・タウン紙

上のリストにさらにドイツEPAが加わります!

まさに「素晴らしい活動が行われていることが、あらゆる媒体を通して、多くの人々に伝えられた」という達成感でフジノはいっぱいです。

今夜のTVKの放送も、まさに異例中の異例です。

あらゆるイベントは『大会の開催前に告知として放送されること』はあっても、『実際に開催された大会の当日も取材して、後日その様子が放送されること』はまずありません。

雫選手らの熱い想いに共感して下さった『TVK』の野口記者には、感謝してもしきれません。野口記者、本当にありがとうございました!

雫有希選手とフジノ、プロレスラー(尼僧)と政治家、立場は違えどこの想いは全く同じです

雫有希選手とフジノ、プロレスラー(尼僧)と政治家、立場は違えどこの想いは全く同じです


大会当日に足を運んで下さったみなさまも、ぜひあの感動を再び味わって下さいね!



テレ朝「モーニングバード!」で雫有希選手の活動が放送されました!/2.14横須賀チャリティプロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜」

テレ朝「モーニングバード」でドカーンと大きく放送されました!

昨日お知らせしたとおり、無事に放送されました!

けさ8時から放送されたテレビ朝日『モーニングバード!』。

雫有希選手ときらきら太陽プロジェクトの活動が放送されました。

バレンタインデーの横須賀大会もめちゃくちゃ宣伝していただきました。ぜひご覧下さいね!




密着2日間、取材班は横須賀にも来てくれました。


羽鳥アナがめちゃくちゃ横須賀大会を宣伝してくれました。

羽鳥アナが横須賀大会を大きく宣伝してくれました

羽鳥アナが横須賀大会を大きく宣伝してくれました


出演者のみなさんも「高校生以下無料なんて太っ腹!」と褒めてくれました。



テレ朝「モーニングバード」で13日朝、雫有希選手が報じられます!/2.14横須賀チャリティプロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~」

雫有希選手と街頭で横須賀大会をおしらせしました

今日は、雫有希選手が横須賀にやってまいりました!

雫有希選手とフジノ、横須賀中央で横須賀大会を宣伝しました

雫有希選手とフジノ、横須賀中央で横須賀大会を宣伝しました


2.14バレンタインデーに開催されるチャリティープロレス横須賀大会『きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜』

2.14大会のポスター

2.14大会のポスター


雫選手は2日後の本番を前に、最後の宣伝活動に走り回っています。

そんなハードスケジュールの中ですが、あえてお昼の時間帯を割いてもらいました。

横須賀市民のみなさまがいかにプロレスを愛しているか、実際に雫選手に観てほしかったのです。

これまでフジノが街頭で2.14プロレス大会のおしらせをするたびに、市民のみなさまの目はキラキラと輝き、「いつやるの?」「チケットはどこで買えるの?」とたくさんの声がかかりました。

そんな期待いっぱいの大会なのです。

そこで雫選手にそんな生の声を体感してほしくて、フジノと一緒に横須賀中央でじかに市民のみなさまに

「バレンタインデーは横須賀でプロレスを観て下さいね」

とマイクを使って呼びかけ&チラシ配りをしていただきました。

初めて街頭でマイクを握った雫有希選手。でもとても素晴らしいスピーチでした

初めて街頭でマイクを握った雫有希選手。でもとても素晴らしいスピーチでした


緊張して「本当にやらなきゃダメですか?」と何度もフジノに尋ねていた雫選手ですが、彼女はプロです。

フジノがひととおり宣伝文句をお話した後にマイクをお渡しすると、素晴らしいスピーチをして下さいました。

しかも、どんどん人が集まってきます!

この写真では空気感を伝えられず残念です。最もたくさんの人達が群がってきた時の様子は凄まじかったんですよー!

この写真では空気感を伝えられず残念です。最もたくさんの人達が群がってきた時の様子は凄まじかったんですよー!


マイクでお話しているのが雫選手ご本人だとわかると

「写メ撮らせて下さい」

「ダンプ松本さんと組むんでしょう!」

「観に行きますからね」

とたくさんの方々が雫選手に声をかけて下さいました。

手応えばっちり。

この感覚を肌で雫選手に体感してほしかったフジノとしては、大成功でした!

「写メ撮らせて下さい」

と撮影して下さった方が、ツイッターでもつぶやいて下さいました。ありがとうございます!

市民の方のツイートより

市民の方のツイートより


どんどんツイートして下さいね。拡散お願いします!



なんと明朝13日のテレビ朝日「モーニングバード」で放送されます

さらに、素敵な報告があります。

実は今、雫有希選手にテレビ朝日『モーニングバード』取材班が密着取材をしています。

密着取材が続く雫有希選手

密着取材が続く雫有希選手


当然ながら、このお昼の街頭での横須賀大会をおしらせする雫選手の様子も、撮影しに来てくれました!

ディレクターのUさんともフジノはいろいろお話したのですが、やっぱり雫選手の活動とその人柄は、人を惹きつけてやまないのです。

初めての街頭でのおしらせ活動の感想をインタビューされる雫選手

初めての街頭でのおしらせ活動の感想をインタビューされる雫選手


今日もこの後、市内を駆け巡る雫選手をテレビ朝日『モーニングバード』取材班は密着取材を続けてます。

さて、この密着取材の様子はなんと明日2月13日(金)朝8:00~のテレビ朝日『モーニングバード』で放送される予定です!

テレビ朝日「モーニングバード」は月~金の朝8時スタートです

テレビ朝日「モーニングバード」は月~金の朝8時スタートです


もちろん大きな事件・事故や災害などが起これば、そちらが優先して放送されますから、確定とは言えません。

けれども何も起こらなければ、明日13日朝に放送される予定です。

日本全国のみなさまに、雫有希選手の活動を知ってほしいフジノとしては、嬉しくてたまりません。

みなさま、ぜひ明日朝、テレビ朝日『モーニングバード』をご覧下さいね!



チャリティプロレス横須賀大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」を応援して下さるみなさま、ありがとうございます!

これで横須賀大会を報じて下さったのは、なんと合計9社にも増えました。

これまで報じて下さった雑誌・ネット・テレビ・新聞・タウン紙

上のリストにさらにテレビ朝日が加わります!

みなさまの愛に支えられて、絶対に2月14日の横須賀チャリティプロレス大会は、大成功するはずです!

フジノも最後まで宣伝活動に全力を尽くしたいです。



TVK「ニュース930α」で市長表敬の様子が放送されました!/2.14横須賀チャリティプロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜」

TVK「ニュース930」が放送してくれました!

市議会議長を表敬した今日、実は横須賀市長のもとにも『表敬訪問』をいたしました。

その様子をTVK(テレビ神奈川)さんが『ニュース930α』でかなり長い時間にわたって放送して下さいました!




みなさま、ぜひご覧下さい!

TVK・野口記者、素晴らしい取材をありがとうございました!!



藤野英明が出演したテレビ番組

ご依頼を頂いてテレビに出演した時のことをご紹介します。

◆原子力空母の横須賀母港化について(2008年10月2日)

NBC長崎放送(TBS系列)のニュース番組『報道センターNBC』の特集で、横須賀へのアメリカ軍・原子力空母配備についてとりあげられました。

その中で、フジノも取材していただき、文化会館の上にある中央公園の『平和のモニュメント』にて、インタビューに応えました。

特集の様子はこちらをご覧下さい。





◆原子力空母の横須賀母港化について(2005年12月11日)

スーパーJチャンネル(テレビ朝日)が特集『米軍再編・基地の街の苦悩』の中で、原子力空母の母港化反対の活動を続けるフジノをとりあげてくれました。住民投票を提案するフジノの訴えを、議会運営委員会が無視、この時に限って撮影拒否するなどの様子がとりあげられています。






過去最高、参加者1300人!NHKも報じてくれました/精神保健医療福祉の年1度のお祭り「リカバリー全国フォーラム2012」大成功でした

「リカバリー全国フォーラム2012」へ

今日は、東京・池袋にある帝京平成大学へ向かいました。

会場の帝京平成大学

会場の帝京平成大学


精神保健医療福祉の年1度のお祭り、『リカバリー全国フォーラム』です!

リカバリー全国フォーラム2012の開催案内より

リカバリー全国フォーラム2012の開催案内より


おとといに『前夜祭』として映画上映会があって、昨日が初日、今日は2日目です。

プログラムはぜひこちらをご覧ください。



全国から1300人もの方々が参加してくれました

8月後半といえど、まだまだ暑い、暑い!

池袋駅前の混雑とアスファルトからの照り返しでフラフラになりながら到着しました。

会場に到着したフジノ

会場に到着したフジノ


こんな猛暑の中、1300人を超える方々が参加して下さいました。

『リカバリー全国フォーラム』、過去最高の人数です!

全国から参加して下さったみなさま、本当にありがとうございます!



シンポジウム「これから10年のビジョン」

2日目の午前は『これから10年のビジョン』のタイトルでシンポジウムが開かれました。

シンポジウム「これからの10年のビジョン」

シンポジウム「これからの10年のビジョン」



午後は「リカバリー全国フォーラム」名物の盛りだくさんの分科会」

続いて、午後は『リカバリー全国フォーラム』名物=『内容盛りだくさんの分科会』です。

その数の多さ!

そして1000人を超える参加者のみなさんが、同時に10ヶ所以上で開催される分科会へ一斉に移動します。

巨大イベントを統括する本部

巨大イベントを統括する本部


まさに大規模なイベントなので、現場にはたくさんの人手が必要です。

毎回、福祉関係の大学に通う学生さんたちが協力して下さるのですが、今回も70名を超える学生さんたちがサポートに回ってくれました(ありがとうございます!)。



フジノたちは分科会「ピアサポートの部屋」を担当しました

午前の部が終わり、いったんお昼休み。

フジノたちはお弁当を食べながら、午後の分科会の打ち合わせをしました。

打ち合わせをしながらのお弁当タイム

打ち合わせをしながらのお弁当タイム




3年間連続で、ぜんせいれんの有村律子さんと『ピアサポートの部屋』でタッグを組ませていただいています(2010年2011年の様子)。

分科会「ピアサポートの部屋」

分科会「ピアサポートの部屋」


分科会16『ピアサポートの部屋』には100名以上の方々が参加して下さいました。ありがとうございます!

会場の前にて

会場の前にて




この分科会には、NHKの取材も入りました。

取材に入ってくれたNHKのカメラ

取材に入ってくれたNHKのカメラ




*後日談*NHKのニュースでこの時の様子が報じられました。

NHKのニュースでこの時の様子が報じられました

NHKのニュースでこの時の様子が報じられました


当初参加予定だった宇田川さんが自宅療養中で欠席となったことと、フジノが体調不良で参加できるかどうか不明であったこともあって、ピンチヒッターとして山内正人さん(NPO法人地域精神保健福祉機構:コンボ)が司会を勤めて下さいました。

これが実に見事な采配というか、山内さんの司会はお見事で、どんぴしゃでした。

司会進行の山内正人さん

司会進行の山内正人さん


分科会『ピアサポートの部屋』は、間に休憩を挟んでの2部構成です。

第1部は、各地で実践を行なっている方々から活動の報告をしていただきました。

写真は、活動報告をして下さったみなさんです。

活動報告をして下さったみなさん

活動報告をして下さったみなさん




左から3番目から右に向かって

  • 加藤道広さん(おたすけclubぴあかん)

  • 澤田優美子さん(青梅精神障がい者ピアサートグループぶ~け)

  • 渡口泰子さん(ドリームファクトリー)

  • 岩下洋三さん(元気+サークルズ@清瀬)



です。

その後、15分間の休憩に入ったのですが、会場の参加者の方々からご質問を頂いたり、お話したり、出演者のみなさんの前に行列ができてみなさん、大人気でした。

続く第2部では、約10人ごとに10グループに分かれて、ピアサポートの集まりを実際に体験していただきました。

時間は30分間です。

「30分間は長いかな?」と思いきや、どのグループもあっという間だったようで「話し足りない!」という声ばかりでした。

ピアサポの部屋、大成功でしたね!



来年もこの分科会でお会いしましょう!

写真は、有村さん&フジノのタッグと、見事に司会の大役を終えた山内さんのスリーショットです。

左から有村さん、山内さん、フジノ

左から有村さん、山内さん、フジノ


ピアサポ分科会に参加して下さったみなさま、また来年もぜひこの分科会でお会いしましょうね!

それぞれの暮らす地元に帰ると、いつもの日常がずっと変わらないように続いていて、『リカバリー全国フォーラム』で感じた高揚感も一瞬で消えてしまうかもしれません。

ピアサポ活動を立ち上げるのは簡単でも、すぐに消えてしまうことも多いです。

そのせいで「ピアサポは『シャボン玉』だ」と言われてしまうくらい。

実際には『活動を続けること』は、とても大変です。くじけてしまうこともあるかもしれません。

でも、だからこそ毎年1回ここに来て、みんなで語りあってみんなで充電して、みんなで元気をプラスしていきましょう!

そしてまた自分の暮らす地域での日々の活動のエネルギーにしてほしいのです。

その繰り返しの先にはきっと必ずピアサポートが実現しているはずですから。

(続く)



長崎放送「報道センターNBC」の特集に出演しました/原子力空母、横須賀入港の前日。

「長崎放送」から取材を受けました

原子力空母が入港する前日の9月24日。

フジノは『NBC長崎放送』(TBS系列)の取材を受けていました。

NBC長崎放送

NBC長崎放送


初めて横須賀に来た方でもすぐ分かる横須賀中央駅前の岡田屋モアーズで記者の方と待ち合わせをしたのですが、すぐに場所を変えました。

フジノの複数の友人は被曝3世ということもあり、本当に幼い頃からヒロシマ・ナガサキには深い思い入れがありました。

その長崎からわざわざ取材に来て下さったのですから、政治家としてフジノが『横須賀で最も大切にしている場所』へとご案内することにしました。

原子力空母の母港化問題『住民投票条例案』の採決の時などに悩んだり、迷った時に、いつも必ず足を運んできた大切な場所です。

核兵器廃絶・非核都市宣言

核兵器廃絶・非核都市宣言


『核兵器廃絶・非核都市宣言』を行なった横須賀市が、市民の募金と共に作った『平和のモニュメント』が設置されている横須賀中央公園です。

東京湾が一望できるこの場所に、翌日25日には原子力空母がやってくるのです。

「平和を守りたい」

と願う全ての横須賀市民の代表である政治家として

「インタビューを受けるには最もふさわしい場所だ」

と感じました。

その取材を受けた番組が今日、放送されました。



『報道センターNBC』の特集に出ました

番組のタイトルは、『報道センターNBC』です。
 
夕方18時台のニュースです。

報道センターNBC


特集『検証 原子力空母の安全性』として放送されました。

検証 原子力空母の安全性


横須賀にも入港しているアメリカの原子力潜水艦ヒューストンは、2年間にわたって放射能漏れ事故を起こし続けてきました。

放射能漏れ事故を起こし続けてきたアメリカの原子力潜水艦ヒューストン


発見されたアメリカ政府の機密文書には「原子力潜水艦から放射能を排出する」と日本政府に伝えていました。

1963年の日米両政府の間で交わされた覚書


さらに1963年の日本・アメリカ両政府の間で交わされた覚書には「基準を下回っていれば放射能を含んだ冷却水を例外的に放出できる」とまで記されていました。

「基準を下回っていれば放射能を含んだ冷却水を例外的に放出できる」と明記


どちらも、絶対にあってはならないことです。

この機密文書の存在を知った佐世保市議会では激しく追及がなされました。

機密文書の存在を知った佐世保市議会では激しく追及がなされました


市議会で問われた市長も答弁はできず...。

市議会で問われた市長も答弁はできず


外務省はいつものことながら、何も根拠を示さないまま。

外務省はいつものことながら何も根拠を示さないまま


さらに、「アメリカが安全だというから日本政府も安全だと信じる」という外交権を放棄した声明をいつもどおり発表しました。

アメリカが安全だというから日本政府も安全だと信じると声明を発表  という外交権を放棄した声明をいつもどおり発


そして、フジノの登場です。

わずか1日しか違わないのに、『9月24日のフジ』ノはそれでもこんなに平和な東京湾に原子力空母は来ないはずだとどこかで信じていたのでした。

9月24日のフジノ


アメリカの民主主義を信じたいという気持ちとアメリカという国のたくさんのウソに満ちた歴史への怒りとが、フジノの中ではいつも2つ存在しています。

「米国は合理的に納得させる民主主義の国」


「原子力空母に限ってデータを出さない」


A4用紙4枚の説明を外務省はうのみにした


「日本人はバカにされていると思います」


インタビューの最後は、自嘲気味に笑うしかありませんでした。

何故なら、麻生総理をはじめとする政府にも、外務省にも、独立国としての意思が存在しないからです。

原子力空母のいない東京湾を見つめるフジノ


アメリカが「大丈夫だ」と言えば日本政府も「それならば大丈夫だ」と言うようなそんなバカげた国は、独立国ではありません。

この9月24日までの横須賀の海は25日の原子力空母入港と共に変わってしまいました。

けれども、これから50年、いや、100年かかろうとも、原子力空母をこの日本から押し返す動きは絶対に止めてはならないのです。

『9月24日の自分』が出ているテレビ映像を観て

「『9月25日以降の自分』は絶対にあきらめてはいけないのだ」

と改めて決意しました。



最後の1人になっても信念は揺らがない

NBCの特集は、とても優れた内容でした。

また、取材に来て下さった方も、本当に勉強熱心な上に行動力が抜群で、記者のカガミだと感じました。

そんな方とお会いする機会がえられて本当に感謝しています。

ありがとうございました。

また、横須賀にはフジノよりも優れた市民活動を続けてきた方々がたくさんいらっしゃる中、そんな諸先輩方をさしおいて、フジノが出させていただいたことには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

それでも、諸先輩方に負けない

「このまちの平和を愛する気持ちを持っている」

という自負心はいつもこの胸にあります。

原子力空母が入港しようがしまいが、反対の気持ちがぐらつくことは一瞬たりともありません。

「入港した以上は、現実的な対応をとる」

なんて、体制にとりこまれただけの情けない言い訳をフジノは絶対にしません。

たとえ最後の1人になったとしても、フジノは

「正しいことは正しい」

と叫び続けます。

その気持ちが折れることは決してありません。

そんな覚悟を再確認させて下さった『NBC長崎放送』さんに感謝しています。

本当にありがとうございました。