初めて有料の市民協賛観覧席で「横須賀開国花火大会2018」を観ました/とても良く見えてオススメです

「横須賀開国花火大会2018」に行ってきました

いつも仕事のことしかブログに書かないので「おもしろくない」と市民の方から時々言われます。

朝から晩までほぼ仕事しかしていないフジノは、ブログに書けるようなプライベートの出来事がそもそもありません。

だから、ブログにも書けるおもしろいことも無い訳です。

でも、昨晩は家族と『横須賀開国花火大会』を観に行ってきましたのでご紹介します。

加えて、1人2000円(高い!)のチケットを買わないと入れない『市民協賛観覧席』に初めて入りました。

市民協賛観覧席とは

市民協賛観覧席とは


昨年までは、ふつうにうみかぜ公園や米海軍横須賀基地(ベース)の中に行って、一緒に場所を確保して、地面に敷物を敷いて、観てきました。

けれども昨年来ずっと家族の体調が悪く(花火は観たいものの)30分や1時間前から暑い中で待機するというのは不可能だと判断しました。

そこで、今年は1人2000円を払って、チケットを購入することにしたのです。

これまでは

「花火大会なんてお金を払って観るものじゃない」

と考えてきたフジノですが、実際に有料席で観てみてどうだったか、感想を記してみたいと思います。



市民協賛観覧席から観た花火の様子はこんなでした

19時15分スタートのところ、フジノの仕事のつごうで市民協賛観覧席の入り口についたのが19時5分頃でした。

1人がけの席はポロポロ空いているのですが、複数名で同じ列に座れる席がなかなか見つかりませんでした。

2〜5名とか複数名で同じ列に座りたいならば、時間ギリギリに入るとはけっこう危ないと感じました。

けれども、実際に座れさえすれば、打ち上げ船の目の前に位置しているだけあって素晴らしい花火を観ることができました。

市民協賛観覧席から観た花火の様子はこんなでした

市民協賛観覧席から観た花火の様子はこんなでした


大迫力です。

市民協賛観覧席から観たスターマイン

市民協賛観覧席から観たスターマイン


いすに座れるのも安心です。

市民協賛観覧席から観た水上花火

市民協賛観覧席から観た水上花火


『市民協賛観覧席』専用のトイレと出店もありました。

何よりも動画でご覧いただくのが分かりやすいと思います。




30分間しか無い横須賀の花火大会ですが

「2000円×人数分のもとは取れた」

と感じました。

フジノのように家族やご自身の体調があまり優れない方や、車いすをご利用の方や、ベビーカーをお使いの方はとてもオススメかもしれません。

ただ、フジノは3列目で観たので近すぎて、上を見上げ続けねばならず首が痛くなりました(苦笑)。



花火大会はやっぱり夏の風物詩ですね

写真ではその魅力は伝えきれないのですが、花火の様子です。

かわいい仕掛け花火(キャラクターとか新しいものもいろいろありました)などは、ほとんど撮れませんでした。

あまり外出できない方々や、仕事でお忙しくて花火大会などに来られない方々に、雰囲気だけでも伝わるといいなと思います。

横須賀開国花火大会2018の様子

横須賀開国花火大会2018の様子

横須賀開国花火大会2018の様子

横須賀開国花火大会2018の様子

横須賀開国花火大会2018の様子

横須賀開国花火大会2018の様子

横須賀開国花火大会2018の様子

横須賀開国花火大会2018の様子

最後は、フィナーレの様子を動画でご紹介します。




ぜひ来年はあなたも横須賀市の花火大会に遊びにいらして下さいね。

『観光立市・横須賀』の政治家として、心からお待ちしております。



母を20年ぶりの花火大会につれていきました/家族で「西地区納涼花火大会」へ

西地区納涼花火大会へ

今夜は『西地区納涼花火大会』へ行ってきました。

横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」より

横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」より


地元の人間にとっては毎年とてもなじみ深い花火大会なのですが、なんと『陸上自衛隊』の駐屯地の中で行なわれる花火大会です。

20130824takeyama


本当に目と鼻の先で打ち上げられる花火は大迫力で、風向きによっては花火の残骸が目の前に落ちてくるほどです。

幼い頃から僕にとって、いちばん大好きな花火大会です。



母、20年ぶりの花火大会!

先月、母と会話していた時のこと。

母はかれこれ20年も花火大会に足を運んでいないとのことでした。

僕はそれを聴いて

「今年は絶対に母を花火大会に連れてこよう」

と固く心に決めました。

そして、甥っ子に相談して協力してもらうことにしました。

陸上自衛隊武山駐屯地で開催された納涼花火大会

陸上自衛隊武山駐屯地で開催された納涼花火大会


都内での仕事を終えて、横須賀に戻ってきました。

実家で母と甥っ子と合流して、大急ぎで会場である『陸上自衛隊武山駐屯地』へ向かいました。

到着したのは花火の打ち上げが始まってからでしたが、約30分間、無事に楽しむことができました。

1,200発の花火が打ち上げられました

1,200発の花火が打ち上げられました


行こうと約束してからも昨夜になっても気乗り薄だった母ですが、目の前で打ち上げられる花火を観て、最終的にはとても喜んでもらえたようでした。

ああ、連れてこれて良かった!

61式戦車の前に立つ甥っ子

61式戦車の前に立つ甥っ子


それにしても、中学生になった甥っ子がとにかく頼もしく成長したおかげで、いろいろと僕は助けてもらっています。ありがたいことです。

夏の最後にとても良い思い出ができました!