政務活動費(2013年度)の使いみちを報告します

「政務活動費」とは?

『政務活動費』とは、サラリーマンや自営業などどの職業にも存在している『経費』のことです。

どんな職業でも仕事をするには『経費』が必要です。

政治家の場合は『経費』のことを『政務活動費』と呼んでいるだけで、特別なものではありません。

この『政務活動費』の使いみちは、1年度分(4月〜翌年3月末の12ヶ月分)の領収書を添付して提出し、市民のみなさまに公開するルールになっています。



2013年度の政務活動費の使いみち

2013年4月1日~2014年3月31日までの間にフジノが使った『政務活動費』を報告します。

実際に提出した政務活動費収支報告書

実際に提出した政務活動費収支報告書


合計額は下のとおりです。

支給された金額(A)使った金額(B)残 額(A-B)
166万8,000円188万4,123円 ▲21万6,123円
  • 1年間で188万4,123円を使いました。

  • 支給されたおカネよりも多く使いましたので、残額はゼロです。

  • マイナス21万6,123円は、フジノが自費(自分の生活費から)で支払いました。

    *実際はあと約10万円ほど自腹があります。今回は忙しくて政務活動費の処理に時間を充てることができなくて、領収書をもらわない交通費など計上するのが面倒な経費はほとんど計上せずに、私費の扱いにしました。

ちょうど今の時期、兵庫県議会議員の政務活動費の不適切な使途がニュースになっています。こうした政治家のせいで、世間のみなさまにとって政務活動費はネガティブなイメージにまみれていると思います。

でも、フジノは政治家として真剣に仕事をすればするほど、こうして経費が増えていき、それで足りない分は自腹で出すしか無い実態があります。

つまり、政務活動費は『第2給料』というような存在ではありません。

自腹が増えるのは生活費が減ることなのでとても苦しいのですが、仕事をしっかり行なうには仕方がない出費なので、フジノとしては諦めています。



科目ごとの内訳を報告していきます

続いて内訳を細かく報告します。

*2014年12月28日更新:『資料購入費』『事務所費』の領収書と『支払い確認書』を掲載しました。

科 目合計額内 訳領 収 書
調査研究費14万7,406円こちらこちら
研修費21万9,880円こちらこちら
広報費2万7,292円こちらこちら
広聴費350円こちら

支払い確認書
をご覧下さい

要請・陳情活動費0円なしなし
会議費0円なしなし
資料作成費0円なしなし
資料購入費45万4,583円こちらこちら
人件費0円なしなし
事務所費103万4,612円こちらこちら
『領収書がもらえない支出』への支払い確認書こちら

フジノは自分自身の情報をどんどん公開します。

全国で市民オンブズマンの方々もチェックをして下さっています。

市民のみなさまは、『政務活動費』が横須賀市の為にしっかりと使われているかどうかを、ご判断ください。

よろしくお願いします。