浅野史郎教授の「地方自治論」でゲストスピーカーを勤めました/神奈川大学法学部へ(2013)

神奈川大学法学部「地方自治論」へ

今日は、横浜の六角橋(東急東横線白楽駅)にある『神奈川大学』へ向かいました。

神奈川大学に到着したフジノ

神奈川大学に到着したフジノ


先日お知らせした通り、神奈川大学でのアサノ先生の講義でゲストスピーカーをさせていただきました。

アサノ先生の「地方自治論」

アサノ先生の「地方自治論」


フジノの尊敬するアサノ先生(浅野史郎・元宮城県知事、元慶応大学SFC教授)は、今年(2013年)4月から神奈川大学に特別招聘されています。

特別招聘教授・アサノ教授

特別招聘教授・アサノ教授


『地方自治論』は、法学部(法律学科・自治行政学科)の3~4年生317名が受講しています。

地方自治論

地方自治論


受講生317名って、すごいですね。大人気。



4人の地方議員がゲストスピーカー

ゲストスピーカーは4人。

  1. 小川顕正議員(川崎市議会議員・みんなの党)
  2. 松浦芳子議員(杉並区議会議員)
  3. 山口ゆう子議員(神奈川県議会議員・民主党)
  4. フジノ

フジノだけが『政党』にも『会派』にも所属していない『無所属』でした。

アサノ先生と4人の議員

アサノ先生と4人の議員


すでに先週の講義でアサノ先生が『二元代表制』『議会の役割』はお話し済みとのこと。

今日の講義では、実物の地方議員の生の声を学生たちに知ってもらうという趣旨でした。

講義中のアサノ先生

講義中のアサノ先生


まずは、4人の議員が5分間ほど自己紹介。議員になるまでの経歴や、議員になったきっかけや動機を簡単に自己紹介しました。

フジノは講義中に余裕のピース

フジノは講義中に余裕のピース


次に、アサノ先生から話題を振られては順番に話していく、という形になりました。

まず最初のテーマは「個人としての議会活動の実績を紹介して下さい」でした。

フジノからは自殺対策や性的マイノリティ支援についてお話をしました。

小川顕正議員

小川顕正議員


続いてのテーマは、「議員としての、日常活動は具体的にどんなものかについて紹介して下さい」でした。

松浦芳子議員

松浦芳子議員


これはとても面白かったです。

他の議員の方々、特に政党に所属している方々とフジノでは、同じ職業とは言えないくらいにワークスタイルが違います。

ある意味、政党に所属している議員の方は、会社に就職している人に似ているかもしれません。

山口ゆう子県議会議員

山口ゆう子神奈川県議会議員


かたやフジノは、フリーランスの自営業の方に近いです。

市役所や市議会に行くこともあまり無いですし、ノートパソコンさえあればどこでも仕事ができるのでノマドワーカーみたいな感じですし...。

学生のみなさんも、4人それぞれのワークスタイルの違い(=政治家の在り方の多様さ)に驚いていたようでした。

教室の様子(質疑の時間)

教室の様子(質疑の時間)


続いてのテーマは、「行政との関係、有権者との関係、他の議員との関係について述べて下さい」でした。

フジノは、横須賀市役所には伝統的に優秀な職員が生まれる土壌があること、厚生労働省をはじめとする様々な官庁がそうした職員が創りだした『横須賀方式』を国の制度に取り入れていることを紹介しました。

政治と行政は『敵』ではなくて、「このまちを守りたい・今よりもっと良くしたい」という共通の目的を持つパートナーだ、と説明しました。

他の議員との関係についても、今、横須賀市議会では政策提案がどんどん実現している現状を説明しました。

有権者との関係については、やはり最も重要な存在は『市民』であること、政治家の権力が賦与されているのはあくまでも『主権者である市民』からの信任であること、を繰り返しお伝えしました。

教室の様子(質疑の時間)

教室の様子(質疑の時間)



学生たちへのメッセージ

最後のテーマは、「学生たちへのメッセージを語って下さい」というものでした。

フジノは、いつもいつもお伝えしていることの繰り返しですが、こんなことをお話させてもらいました。

人生にはヘビーなことが多くて、苦しくてつらくてくじけそうになることばかりだと思います。

生きていかねばならない理由も分からないままに、不条理な現実に圧倒されてしまう毎日をみんな送っていると思います。

それでも、「必ず現実は変えることができる」ということを知っていて下さい。

例えば、あなたが苦しんでいることの多くは、政治がしっかりと動けば、取り除くことができるのです。

どんなにあなたが『絶望』に追い込まれているとしても、ほとんどの困難は政治が動けばその『絶望』を『希望』に変えることだってできるのです。

だから、あなたに政治を使い倒してほしいのです。

目の前の現実は変えることができて、政治にはその力があります。

そして、その政治を動かすことはできるのは、主権者である市民のみなさまなのです。

フジノは政治家になってもう11年になりますが、このメッセージは永遠に変わりません。

相手が大学生であろうと大人であろうと誰であっても、このメッセージを送り続けたいと思っています。

その後、学生からの質疑応答に移りました。

フジノはいろいろご質問を頂いて、うれしかったです。

講義の後にも話しかけてきてくれた学生さんがいて、とてもうれしかったです。

研究室でのアサノ先生

研究室でのアサノ先生


1時間半の講義が終わった後は、アサノ先生の研究室へ行きました。

政治家が4人も集まると(いや、アサノ先生も元知事なので5人ですね)、いろいろな社会問題についての議論がすぐに始まります。

暮らしているまちも立場も違う方々と議論を交わせたのはとても良い経験になりました。

解散後、フジノはアサノ先生と白楽駅まで2人で歩いて帰りました。

僕がアサノ先生(アサノ知事)の存在を初めて知ったのは、18才の時。

アサノ先生にお会いするたびに、僕は18才の時の胸の痛みを思い出します。

そして、その痛みを今も感じていることも実感します。

これからもずっとずっとがんばっていかなければ、と改めて思いました。

アサノ先生、本日は貴重な機会をありがとうございました。

そして、神奈川大学法学部のみなさま、とても楽しかったです。ありがとうございました!



後日談:アサノ先生のブログ記事から

アサノ先生のブログ『夢らいん』に、この日の日記が掲載されました。

とても面白いので、全文を引用してしまいます。

神奈川大学での授業

神奈川大学での『地方自治論』の授業は、地方議会議員にゲストとしておいでいただく。

小川顕正川崎市議会議員、藤野英明横須賀市議会議員、松浦芳子杉並区議会議員、山口ゆう子神奈川県議会議員の4人。

いずれの議員も、熱く、堂々と語りかけていた。

学生諸君は、「知らない世界を見せてもらった」、「こんなに立派な議員がいるとは知らなかった」などと、出席カードには興奮状態の記述が多数。

こういう授業だと、とても面白いという記述もあった。

そうはいかないよ。詰まらないかもしれないが、私の授業もきっちり聴講しましょう。

大学の教務から、「レジュメの原稿は、授業の1週間前にお送りください」というお達しがあった。

教務で次週の授業のレジュメを印刷してもらうので、早めに原稿が欲しいということだろう。しかし、それは無理である。

私の場合、レジュメにいろいろ記載する。

授業終了時に回収する出席カード180枚分にすべて目を通し、みつけた誤字を名前入りで記載。

「出席カードの記述が秀逸なもの」を提出した学生の氏名も記載。

提出された宿題にもすべて目を通して、「優秀な出来のもの」の学生氏名を記載する。

出席カードに書かれた質問とその回答も掲載する。その後に、来週の授業の内容についての詳しいレジュメを掲載する。

そんなことが、1週間前に出来上がるはずがない。ということを教務に申し入れたところ、「6日前でいいです」という返答あり。

今回は、作成が楽だったので、今日中に送ることができたが、毎回、そうはいかない。

長年にわたってアサノ先生のことを知るフジノとしては、読みながら、思わず笑ってしまいました。

アサノ先生のレジュメの凄さ(丁寧で細かい!)は、アサノ先生の前任校・慶応大学SFCの学生ならばみんな知っていますよね?

学生たちから提出された出席カードを毎回必ず全て熟読しておられて、学生から質問があれば全部に返事を書いています。

アサノ先生は聴講している学生が370人いたとしてもその流儀は変えない御方です。

大学の教務の方々は確かに印刷の手間を考えると1週間前にはレジュメの原稿を提出してほしいと思うのですが...。

ここまで熱心に学生たちに細やかに指導する教授はなかなかおられません。

どうか「6日前までにレジュメを出して」なんておっしゃらずに「1時間前までに出していただければ印刷します」とアサノ先生に言ってあげてくださいませ。

神奈川大学の教務の方々、どうぞよろしくお願いします!



18才から憧れ続けてきた人と会うことができました/アサノ知事こと浅野史郎さんです

憧れ続けてきた人と会うことができました

フジノの人生的にものすごく感動的な出来事があったので書きたいと思います。

大学1年(18歳)から大好きだった浅野史郎さん(宮城県知事)とわずかな時間ではありましたが立ち話することができました。

なんか、ものすごく感慨深かったなあ...。

彼は今は宮城県知事なのですが、もともとは厚生省の障害福祉課長だった方です。

アサノさんって、18才だった当時の僕には本当に『ヒーロー』だったのですね。

大学時代の僕はものすごく勉強に明け暮れていました。

臨床心理/精神保健福祉の勉強の為にとにかく他大学の講義に出かけたり、精神保健福祉の現場に通いまくったり、大学院生と勉強会をひらいたり、図書館の地下書庫でひたすら勉強をしていました。

けれども真剣に勉強すればするほど、気づいてしまいました。

『学問』だけでは限界があること。

『福祉の現場』だけでも、福祉を変えることができないこと。

つまり、『学問』でも『福祉の現場』でも福祉を変えることができないことにハッキリと気づいてしまったんです。

「じゃあ、どうすればいいんだ!」

と、かなり途方にくれていた時期がありました。

そんな時にアサノさんの存在を本で読んで知って、こういう素晴らしい方が厚生省に居てくれて、そして障がい福祉を変えようとしていたことを知りました。

「それならおれも厚生省に入ればいいんだ。そこで福祉のしくみを変えればいいんだ」

と思いました。

「障がいのある人の痛みがわかる厚生省の役人になればいいんだ!」

と考えたのです。

だから大学1年の時、僕は本気で厚生省に入ろうと思って国家公務員Ⅰ種を受験するための講座を法学部の校舎で必死に受けました。

僕の在籍していた大学は司法試験だけでなく官僚もたくさん出してるので、大学がそういう授業(国家公務員Ⅰ種受験対策講座)を有料でひらいてたんです。

うーむ。なつかしいなあ。

いや、なつかしくないな。
 
あらためて思い出したら、すごく苦痛だった(苦笑)。

心理学専攻の学生でこの講座をとってたのは僕しか居ませんでした。

まわりはみんな政治経済学部とか法学部生でした。

そもそも入学直後の1年生からそんな講座を受講してたのは、ほんと僕ぐらいでした。

そして心理学とはまったくカンケーのない勉強(憲法、民法とか)を、それはもう必死に勉強するわけです。

政治家になった今でこそ

「あのときに憲法や法律を必死に勉強しておいて助かった」

と思いますけど
 
当時の僕は自分の専攻の勉強がまずあるわけですね。拘束時間のとても長い実験もあるし。

ふつうの授業がぜんぶ終わってから、図書館に行って独学で精神医学とか脳みそのこととか勉強するんです。

それに加えて、夜に国家公務員Ⅰ種受験の為の法律の講座が始まるんです。
 
自分で決めたこととはいえ、本当に苦痛だったなあ...。

そんな道に僕をひきずりこんだアサノさん。

かつての新人知事も今では改革派知事として知られていて、もうベテラン。

確か、3期目に入ったのかなあ。

当時その本を読んだのは図書館だったのですが、すぐに取り寄せて買って何度も読みました。

今でもちゃんと大切に持ってる僕の『きっかけ』である本を持ってきてサインしてもらえばよかったなあ、と思いました(笑)。

フジノが18才の時に出会った浅野史郎さんの本

フジノが18才の時に出会った浅野史郎さんの本


(*後日談:2004年7月24日にアサノ知事にサインを頂くことができました。人生って何があるか分からないですね!)


 
そんな僕が厚生省をめざすのをやめたのは、『慶応大学の佐藤方哉先生(行動分析学)との出会い』『UCLAのLiberman教授(SSTの世界的権威)との出会い』なのですが、それはまたいつか気が向いた時に書きますね。

いや、なつかしいことをすっかり思い出しました。

僕の人生は、まわり道ばっかりですね。