映画「むかしMattoの町があった」上映会へ

横須賀つばさの会が上映会を行ないました

午後から神奈川県立保健福祉大学に向かいました。

会場の神奈川県立保健福祉大学前にて

会場の神奈川県立保健福祉大学前にて


横須賀市の精神障がいのある方々の家族会『NPO法人横須賀つばさの会』の主催で、映画『むかしMattoの町があった』上映会が開かれました。



神奈川新聞でも下のように大きく報じてくれました。

(2013年10月15日・神奈川新聞より)

精神障害考える教材に、横須賀のNPOが伊のドラマ27日上映

精神障害者の自立、就労支援などに取り組むNPO法人横須賀つばさの会が27日、イタリアの国営テレビで2010年2月に放送された映画「むかしMattoの町があった」の自主上映会を県立保健福祉大(横須賀市平成町)で開く。精神障害のある人たちを地域で支える仕組みを苦闘の末に構築したイタリア。実話に基づく映画を通じ「自由こそ治療だ!」の理念を訴えかける。

題名の「Matto」はイタリア語で「狂気を持つ人」の意。1960年代、精神疾患者が収容されている病院長として赴任した精神科医フランコ・バザーリア氏が「精神病院」で衝撃的状況に直面する。患者は外から隔離され、独房で縛り付けられたりしていた。その後、バザーリア氏が医師、看護師らと一緒に、障害者の自由への解放と精神保健改革のため精神病院の廃止を求めていく道のりが描かれている。

イタリアでは1978年に精神病院への新規入院を廃止する法律が制定され、1999年には国内から同病院はなくなった。現在は公立の地域精神保健センターが各地に設置され、外来や緊急診察に加え、訪問診療、就労支援などを包括するシステムが出来上がっている。

困難な改革運動の進展に沿い、医師と患者の交流などを描いた感動大作はイタリアで高視聴率を獲得。その後、世界各国で自主上映が始まり、日本でも昨年8月以降、全国各地に広まっている。横須賀で上映する「つばさの会」理事の水島和明さんは「日本ではまだ精神障害のある人への理解が足らないと思う。だからこそ(医療機関など)関係者だけでなく、一般の人にも見てほしい」と強調する。

日本の精神科病院には現在約32万人が入院。うち、1年以上の長期在院者は20万人超ともいわれる。病床を減らし、地域で医療、福祉を支える諸外国と比べ、「日本は(退院後に)面倒を見る人やグループホームなどの受け皿が少ない」(水島さん)。同会理事長の下江秀雄さんは「患者の入院期間が長くなることで、社会へ出づらくなる」と指摘する。

障害者も自由を求める同じ人間-。「テーマを通じ障害者を考える教材にしてほしい」と来場を呼び掛けている。

上映会は成功裏に終わりました。

「横須賀つばさの会」のみなさま、おつかれさまでした。上映会を開催して下さって、本当にありがとうございました。

そして、上映会にいらして下さった全てのみなさまに感謝しています。

映画「むかしMattoの町があった」の背景

映画『むかし、Mattoのまちがあった』(原題『C’era una volta la citta dei matti』、イタリア、2010年)は、実話です。

世界で唯一、イタリアは精神科病院を廃止しています。

1960年代から取り組みが始まり、1998年に精神科病院を全廃しました。精神科病院に隔離収容するのではなく、住み慣れた地域で暮らしてこそ精神疾患からの回復が実現するのだ、という壮大な改革は、今も続いています。

こうした取り組みは、精神科医のフランコ=バザーリア(1924〜1980)によって大きく前進しました。

イタリアでは「すでにある精神科病院は廃止し、新たな精神科病院の建設を禁止する」という趣旨の180号法(1978年5月施行)を制定したのですが、バザーリアの名前にちなんで『バザーリア法』の通称で世界中に知られています。

そのバザーリアの活動とイタリアの精神医療改革の初期20年を描いたのが、この作品です。

映画「むかしMattoの町があった」チラシ

映画「むかしMattoの町があった」チラシ


バザーリアの名前を冠した『フランコ=バザーリア学術賞』の第1回受賞者は、日本人ジャーナリストの大熊一夫さんです。

イタリアの精神保健医療福祉改革については、その大熊一夫さんが書いた『精神病院を捨てたイタリア、捨てない日本』をぜひ読んでいただきたいです。

大熊一夫著「精神病院を捨てたイタリア、捨てない日本」についてフジノが書いた書評

大熊一夫著「精神病院を捨てたイタリア、捨てない日本」についてフジノが書いた書評

ついにエンドロールに名前を発見できました

2年前、映画『むかしMattoの町があった』を日本で上映するにあたって、『バザーリア映画を自主上映する180人のMattoの会』という会が結成されました(フジノもそのメンバーの1人です)。

上映する為には日本語字幕を制作する必要がありますが、その為には数十万円もの資金が必要でした。

そこで資金を工面する為に募金活動を行なったのですが、募集にあたって「募金して下さった方々のお名前を映画の最後に流れるエンドロールに掲載します」という方法を取ったのです。

たくさんの方々にご協力して頂いて、字幕は無事に完成しました。

フジノ自身も募金をしたのですが、実はまだエンドロールを観たことがありませんでした。

それが今日、初めて自分の名前が出てくるのを観ることができました。

エンドロールに「藤野英明」を発見できました!

エンドロールに「藤野英明」を発見できました!


とてもうれしかったです。

募金に協力して下さった方々のお名前を拝見して、改めて感謝の気持ちを持ちました。本当にありがとうございます。

進まない日本の精神医療改革、でも諦めてはいけない

「映画の感想をツイートしてください」

と、市民の方からご要望を頂きました。

ツイッターの140文字では記しきれないので、ここに書きますね。

保健福祉大学

保健福祉大学

映画で描かれているバザーリアの活躍を、フジノは大学時代(もう20年前です)に知りました。

初めて知った時は、素直に感動しました。

けれども感動したのは最初だけです。

それから20年間、感じているのは『怒り』と『あきらめに近い感情』です。

日本の精神科医療は、極めて立ち遅れています。そのことへの怒りと、遅々として進まない現状へのあきらめに近い感情です。

厚生労働省の審議会で改革案が報告書として打ち上げられて、それが数年後には立ち消えになって、また数年後に改革派の人々によって改革案が作られて、また改革が実現しなくて、という繰り返しを見せつけられてきました。

イタリアと日本では何が違うのだろうかと考え続けてきました。バザーリアのような存在が日本にいなかった訳ではありません。情熱をもって改革に取り組んできた人々は、現場にも、官僚にも、マスメディアにも、確かに存在していました。素晴らしい取り組みもいくつも知っています。

答えは、まだ見つかりません。

ひとつハッキリと分かるのは、「それでもあきらめてはいけない」ということです。

日本の歩みはとてもゆっくりですが、それでも確実に変化は起こっているのです。

だから、絶対にあきらめずに、現実を1つずつ変えていくことが大切なのだと信じています。

映画を観て、その決意を改めて強くしました。

これが僕の感想です。

中村ユキさん(漫画家)がカフェトークにいらっしゃいました!/明日発売「わが家の母はビョーキです」はオススメです

お昼のカフェトークを今日だけ夜に開催した理由

土曜日のカフェトークはいつもはお昼に行なうのですが、今日は夜7時から開催しました。

というのも、カフェトークの会場である上町のカフェ『RRROOM』はなんと今日のお昼、テレビ番組の収録があったのです!

今夜8時55分から放送されたTVK(テレビ神奈川)の『あっぱれ!KANAGAWA大行進』という番組でどーんと紹介されました。

番組のラストは、『RRROOM』のマスターの乾杯のかけ声で、デビット伊藤さんと中村アナをはじめ、常連客のみなさんがビールをぐいっとやっていました。

自分の大好きなカフェがメディアで紹介されるのはものすごくうれしい半面、世間に紹介されすぎるのもさみしかったり、フクザツな気持ちですね~。でも、うれしかったです。

「わが家の母はビョーキです」by中村ユキさん

さてさて、そんな訳で、夜に開催したカフェトークですが、今日は『プロのマンガ家』の方が来てくれました。

プロのマンガ家の方が参加してくれたのは、今回で2人目です!

カフェトークって、いろいろな方が集まりますね。

フシギな磁場がいろいろな人を引き寄せるみたいで楽しいです。
 
主催しているフジノがいつも1番楽しんでいると思います。

さて、今日カフェトークに参加してくれたのは

中村ユキさん

です!

あさって月曜日に本屋さんに並ぶのでまだ店頭には1冊も出ていない新作のできたてほやほやを持ってきて下さいました。

『わが家の母はビョーキです』(サンマーク出版)

20081115comickaboutschizophrenia

中村さんのお母さまが統合失調症を発症してからの31年間をコミックエッセイ(マンガとエッセイですね)として描いたものです。

これは画期的な本です。

何故なら、

統合失調症(旧・精神分裂病)を真正面から描いたマンガがこれまで大手出版社から出版されたことは無かったのです。

もちろん、統合失調症について描いたマンガはこれまでもたくさんありましたが、そのほとんどが世間へのインパクトはそれほど大きくないミニコミ誌や家族会の会報や製薬会社のリーフレットなどだったのでした。

一方で、うつ病についてはこれまでにもかなり多くのコミックエッセイが出版されてきました。

特に、細川貂々さんが描いた『ツレがうつになりまして』『その後のツレがうつになりまして』はうつ病への世間の理解をすごく高めてくれました。

(細川さんの功績は本当に素晴らしいと思います!)

一方、精神保健医療福祉の専門家にとって『精神疾患』といえば、やっぱりメインは『統合失調症』なのです。

統合失調症こそが、僕たちの『勝負』なのです。
 
僕にとっても、統合失調症こそが人生をかけた最大のテーマです。

それなのに、統合失調症が正しい姿でマスメディアの表舞台に出てくることはこれまでほとんどありませんでした。

それが今回、あのサンマーク出版から出版されるのです。

この点において、『わが母』は統合失調症の理解をすすめる大きな第一歩なのです!

統合失調症は100人に1人がかかる、当たり前の病気です

『わが母』を読み終えましたが、いい本ですね。分かりやすい。読みやすい。
 
そして、何よりもウソがない。

リアルです。でも、明るいです。

統合失調症のお母さまとの壮絶な日々がこどもからの目線でリアルに描かれています。

こどもからの目線、というのは、どれほど病気である母の状況に悩んだり苦しめられたりしつつも、どこかにいつも『生きる希望』『生きようという明るさ』があるのです。

それは、中途半端なドラマなんかではありません。

こどもにとって、生きるか死ぬかの体験でもあります。

僕も、統合失調症の親御さんを持つたくさんのこどもたちと出会ってきました。

多くの場合、こどもは児童養護施設に引き離されていて、親御さんは精神科病院に入院していたりしました。

親の養育能力が欠けている、あるいは親と一緒にいるとこどもが危険だ、といった理由の場合もあります。

けれども、こどもたちは、病気のせいで殺されそうになったまさにその親に「会いたい」「会いたい」と繰り返し、言うのです。

どれほど児童福祉司や職員が愛情を注いだとしても親御さんを大好きでたまらないのです。

どんなに福祉の専門家が愛情を注いだとしてもそれはしょせん他人であって、どんなに病気が重くて困らせられたとしても大切な、大好きな、お母さんであり、お父さんなのです。

包丁をつきつけられても、首をしめられても。

これが僕の知っているリアルです。

僕の感じる、『こどもたちの持つ、苦境であっても希望を持っている』というリアルさです。

そうしたリアルな明るさが描かれた統合失調症の本当のことが分かる本が『わが母』です。

著者である中村ユキさんは、表層的な意味ではなく、『本気』で、お母さまのことを愛しているのだと読み終えて感じました。

とても良い読後感でした。

中村ユキさんとフジノ

中村ユキさんとフジノ


本で描かれている姿よりももっとキュートな素敵な方です。

フジノは宣言したいのですが、絶対に中村さんはこの本で注目されるはずです。

マスメディアは絶対にこの大きな意義を持つ本を放っておくことはできないはずです。

この本が書評に載らないようなマスメディアはありえないとフジノは考えます。
 
ところで、統合失調症は、他のどの病気と同じく完全に全く同じ症状の人は誰1人として存在しません。

みんなが人それぞれに特有の症状を持っています。

だから、『わが母』だけで統合失調症の全ては理解することはできませんし、もっと別の症状もあります。

けれども、この本は統合失調症の症状や家族の体験を多くの方々が理解する上でとても役に立つはずです。

どうか、みなさま、ぜひ読んでみてくださいね。

統合失調症は誰もがかかる当たり前の病気です

統合失調症は100人に1人がかかる、当たり前の病気です。

そんなたくさんの方がかかる当たり前の病気が日本という国に生まれたというだけで早期発見も早期治療もされずに、たくさんの方々が苦しんでいます。

(例えば1978年から、日本では学校の保健体育教科書から完全に精神疾患の記述がカットされてしまいました。思春期こそ精神疾患にかかりやすいのに!)

僕の亡くなった元恋人も高校時代に統合失調症にかかりました。

学校で言えば、2クラスに1人は必ず統合失調症になる人がいるのです。よくある病気です。

それなのに、学校では教えもしない。

だから、早期発見・早期治療ができればかなりの人がもっとラクに治療を終えられるのに、元気いっぱいに暮らしていかれるのに、それがこの国ではできない。

サイテーな国だと僕は今も怒りでいっぱいです。

『日本精神医学界の父』と呼ばれる呉秀三先生はかつて1918年にこう書きました。

わが国の精神病者は、この病を受けたるの不幸のほかに、この国に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし

90年が過ぎた今もわが国の精神保健医療福祉は、とても遅れている現状があります。

この怒りがいつも僕の中にあって、呉先生の言葉がいつも僕の中に炎のように燃えていて、絶対に変えてやる、こんな国を変えてやる、と怨念のように僕の中にいつも渦巻いています。

イタリアでは精神科病院を廃止しました。

本気を出せば、日本だってできるんです。
 
地域で誰もが暮らせるはずの、ふつうの病気なのです。

それをやらない日本という国が、憎くてたまりません。
 
それをやらない政治が、憎くてたまりません。

けれども、政府がダメならば、僕たちが変えていけばいいのです。
 
僕はそう信じています。

だから、僕はあきらめずに政治の力で現実を変えようとして闘っています。

僕のこころの師匠である大熊一夫さん(ジャーナリスト)もたった1人きりで、大きく日本の精神医療を変えたのですから。

そして、今回出版される中村ユキさんの『わが家の母はビョーキです』によって、きっと世間の理解はさらにすすんでいくはずです。

当たり前の病気が、もっと当たり前の治療が受けられるように、そして、もっと当たり前の暮らしができるように。