給食による内部被曝からこどもたちを守る為に/第1回給食委員会省庁交渉大円卓会議へ

こどもたちを被曝から守る第1回円卓会議

今日は、参議院議員会館へ。

参議院議員会館にて

参議院議員会館にて


『第1回給食委員会省庁交渉大円卓会議』に参加しました。

第1回給食委員会省庁交渉大円卓会議チラシより

第1回給食委員会省庁交渉大円卓会議チラシより


このようなプログラムでした。

10:00~ 主催者あいさつ
10:10~ 小若順一さん(NPO法人食品と暮らしの安全基金代表)
10:25~ 鎌仲ひとみさん(映画監督)
10:40~ 川根眞也さん(内部被ばくを考える市民研究会代表)
11:00~ 山本ひとみ議員(武蔵野市)
11:15~ 森啓太郎さん(ホワイトフード株式会社社長)
11:40~ 休憩
12:00~ 省庁交渉 [司会] 村上さとこさん
14:15~ 休憩
14:20~ 意見交換会
15:30  終了

山本太郎参議院議員、福島みずほ参議院議員、広瀬隆さんも参加して下さいました。

  • 主催:オール日本・給食の安心安全を願う父母の会
  • 交渉先:文部科学省、厚生労働省、復興庁をはじめとする関係各省庁
  • 出席者:鎌仲ひとみ、川根眞也、小若順一、野呂美加、広瀬隆、村上さとこ、森啓太郎、山本ひとみ、山本太郎(敬称略・五十音順)

省庁交渉の様子

省庁交渉の様子


省庁交渉では、たくさんの保護者の方々が発言されました。

国産しいたけの給食での利用を求める文部科学省への質問

国産しいたけの給食での利用を求める文部科学省への質問


昨年12月、文部科学省から「風評被害になるので国産しいたけを給食で使用するように」との事務連絡が出されました。

2013年12月6日に文部科学省が出した事務連絡

2013年12月6日に文部科学省が出した事務連絡

以下に全文を引用します。

学校給食における国産しいたけの使用等について

学校給食の適切な実施については、かねてから格別の御配慮をお願いしているところです。

こうした中、特に学校給食における国産しいたけの使用に関して、依然として、一部の市区町村、学校において、使用を自粛する等の風評被害の拡大につながりかねない対応が見受けられる等の指摘がなされているところです。

食品中の放射性物質への対応については、食品衛生法第11条第1項に基づく新たな基準値が策定され、平成24年4月1日から施行されており、基準値を超えるものが流通しないよう、出荷段階の検査により、食品の安全、安心の確保が図られています。

上記の内容については、平成24年2月29日付け事務連絡により、給食に使用される食品が基準値に適合していれば安全性は十分に確保されていることについて、周知をお願いしたところであります。また、文部科学省では、これまで給食に関する検査の支援を実施しているところですが、基準値を超えるような放射性物質が検出された例は報告されていないところです。

ついては、学校給食における国産しいたけの使用に関して、上記のことを踏まえ、風評被害につながりかねない自粛等の取扱いをしないなど適切に対応することについて、指定都市 教育委員会、都道府県知事、附属学校を置く国立大学法人の長及び構造改革特別区域法第12条第1項の認定を受けた地方公共団体の長におかれては、それぞれ所轄の学校、学校法人及び学校設置会社等に周知をお願いします。

上記の文中の文字の赤色・太文字はフジノが付けました。

この件については、参加しておられた福島みずほ参議院議員も激怒しておられました。

被曝からこどもたちを守ろうとする保護者の方々へのバッシングを文部科学省は知らないと答弁

被曝からこどもたちを守ろうとする保護者の方々へのバッシングを文部科学省は知らないと答弁


この『大円卓会議』の運営には、横須賀の保護者の方も参加しておられます。

フジノとしては大変ありがたく、頼もしく感じています。

広瀬隆さんによるコメント

広瀬隆さんによるコメント


省庁交渉の終了後、広瀬隆さんから講評コメントを頂きました

省庁交渉に対するフジノの感想。

文部科学省の答弁はかなりひどかった。

また、今までの積み重ねがあると信じていたのに、各省庁の答弁がこんなにも後退してしまうなんて本当に驚きました。

活動は今後もずっと続けていかねばならないと感じました。



録画で観ることができます

今日の様子は『ツイキャス』でインターネット生中継されたのですが、録画でもご覧いただけます。

【小若さんらのお話】

【省庁交渉の様子】

録画ではご覧いただけないのですが、この後にもプログラムは続きました。

  • 広瀬隆さんから省庁交渉についての講評
  • 意見交換

第2回、第3回と続いていくとのこと。

ぜひ全国の関心のある方々、保護者のみなさまにご参加いただきたいと思いました。



山本太郎参議院議員が初めて質問を行ないました/参議院内閣委員会

被曝による健康被害、東電福島第一原発で働く人々の労働環境、特定秘密保護法などを質疑

山本太郎参議院議員が初めての質問に立ちました。参議院の内閣委員会です。

参議院内閣委員会で初の質問に立った山本太郎参議院議員

参議院内閣委員会で初の質問に立った山本太郎参議院議員


これまでの活動を通して培ってきた問題意識を質問として取り上げました。

被曝による健康被害、食品の基準値、特に学校給食の食材、東京電力福島第一原発で働く人々の労働環境、特定秘密保護法案など。

さらに、山本太郎参議院議員の武器として定着しつつある『質問主意書』、これによって得られた内閣の答弁書を駆使して、質問を行ないました。




わずか25分ほどの質疑でしたが、初めての質問ながら、率直にとても良かったです。

質問の全文がこちらに掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

1年前(2012年12月9日)のブログに書いた

「山本太郎さんの姿をテレビで見たい」「国会中継で見たい」

というフジノの願いが叶いました。

ぜひみなさまにも質疑をご覧いただきたいです。



内閣委員会について

内閣委員会について、これまで全くフジノは知識が無かったので少しだけネットで調べてみました。

内閣委員会メンバーは下の通りでした。

  • 水岡  俊一(民主)委員長
  • 佐藤 ゆかり(自民)
  • 松下  新平(自民)
  • 芝   博一(民主)
  • 山下  芳生(共産)
  • 岩城  光英(自民)
  • 岡田   広(自民)
  • 上月  良祐(自民)
  • 鴻池  祥肇(自民)
  • 世耕  弘成(自民)
  • 福岡  資麿(自民)
  • 山崎   力(自民)
  • 山谷 えり子(自民)
  • 大野  元裕(民主)
  • 神本 美恵子(民主)
  • 蓮    舫(民主)
  • 秋野  公造(公明)
  • 江口  克彦(みん)
  • 浜田  和幸(改革)
  • 山本  太郎(無所属)

所管しているのは下の通り(Wikipediaより)。

皇室、栄典、経済財政諮問会議、総合科学技術会議、構造改革・規制緩和(含、特区)、男女共同参画、共生社会(少子化対策等)、危機管理、警察、公務員制度改革、消費者政策、食の安全(含、食育)、個人情報保護、NPO、戦後処理など。



『食の安全』は、放射性物質による内部被曝の問題に取り組んできた山本太郎議員にとっては強い関心がある分野ですね。

『構造改革・規制緩和』は、ブラック企業や過労死の問題を選挙でも訴えてきた山本議員には関心の深い分野のはず。

また、『個人情報保護』に絡んで『特定秘密保護法案』も山本議員の最重要政策の1つですね。

所管事項を見ていると、内閣委員会は山本議員の活動に向いていると感じました。

今後の活動に期待したいです。



鶴久保小学校で検出された放射能に対する除染を求めて市長と教育長に要望書を出しました

学校で検出された放射能汚染に対する除染を求めて市長と教育長に要望書を出しました

今日は、市長と教育長に対して緊急の要望書を提出しました。

その全文を以下に紹介します。

2011年11月14日

横須賀市長 吉田雄人 様
横須賀市教育委員会教育長 永妻和子 様

横須賀市議会議員   
井坂新哉
大村洋子
小林伸行
ねぎしかずこ
藤野英明
山城保男

鶴久保小での高放射線量検出を受けての緊急要望書

わたしたちは3月11日の福島原発事故以来、市内における放射能汚染の状況が知りたいという市民の声を、議会でもたびたび取り上げてまいりました。

6月の議会において「検討する」との約束どおり、本市は6月から7月にかけて、全小中学校をはじめ、こども関連の施設で放射線量測定を行いました。

さらに、10月24日、鶴久保小学校の校庭に側溝の汚泥が積み上げられ放置されていた土壌が、除染が必要な高い値であることが確認され、26日、校庭内に埋めるという緊急措置がとられたところです。

また、市は、この事態を受け、11月1日より、市内全小中学校の側溝を中心とした測定・除染を開始しました。

しかし、この間の市の対応には、事が起こって初めて腰を上げるという、後手後手の感が否めません。

早い段階で、なぜ、今回のような事態を未然に防ぎ得なかったのか、関係者が、それぞれの立場から検証し、教訓として生かしていく必要があります。その際、何よりも重要なことは、トップとしての市長の姿勢ではないでしょうか。

学校現場の放射線測定をくまなく実施していたら、もっと早くに汚染箇所を発見できたでしょうし、側溝清掃後の汚泥が数ヶ月も野ざらしのまま放置されることもなかったでしょう。

横須賀の大事なこどもたちを守るため、以下、要望いたします。

  1. 小中学校のみならず、また、市立・私立ともども、幼稚園・保育園などのこども関連施設もきめ細かく再測定し、除染を徹底して行うこと。

  2. 至急、除染の適切な方法を関係者に周知すること。また、関係者のみならず、公園や道路の側溝などを清掃していただいている町内会やボランティアのかたがたはじめ、広く市民に周知すること。清掃する際は、その前後に放射線量を測り、除染の効果を確認するよう指導すること。そのための、測定器の貸し出しや測定職員の派遣をすること。

  3. 除染基準を引き下げること。少なくとも、0.59マイクロシーベルト以上の値が1地点で出れば、その地点を含む一連の側溝残土も、たとえ0.59マイクロシーベルトより低い値であっても一括して除染対象とすること。

  4. 校庭に埋められた汚染土の仮置きを早急に解消すること。今後出る汚染土は校庭に埋めることなく、市が回収・保管すること。

  5. 高い値が出たことを鑑み、ストロンチウムを含む、核種土壌検査を実施すること。

  6. これらを至急実施するため、臨時職員を確保するなど、臨時の体制を含めスピード感をもって取り組むこと。

以上



市長・教育長の早急な対応を求めます。