うわまち病院の移転に「再考」を求める請願が上町連合町内会・上町商店街連合会から提出されました/2018年12月議会

うわまち病院の移転について「再考」を求める請願が提出されました

かねてから、うわまち病院周辺地域の町内会と商店会の方々が、移転の撤回を求める署名活動をしてこられました。

このたび、上町連合町内会と上町商店街連合会から正式に議会に対して『請願』が出されました。

うわまち病院の移転の再考を求める請願

うわまち病院の移転の再考を求める請願


その内容を以下に掲載します。

横須賀市議会議長  木下憲司様

うわまち病院移転につき再考を求める請願

平成30年8月21日に上地市長より突然うわまち病院が移転・新築されると発表されました。

これまで上町の現地での改築との方針が伝えられておりましたが移転と方針変更されました。

しかしこれに対して上町地区の住民へ何ら説明も無く大きな不安を抱えております。

地区住民は高齢者も多くうわまち病院が大きな安心の元になっていると考えます。

またうわまち病院には職員600名程度、一日の患者数は500-550名あり地区の商庖街の大きな客層になっていてその流入数が減少すると商底は大きな影響を与えると想像されます。

上町地区では数年来地域活性化のために公共施設を利用したイベントを企画実行するなど大きな努力をしてまいりました。

その努力が水泡に帰する口惜しさがあります。

移転先は平成30年度中に決定とされていますが未だ具体的な提示はありません。

うわまち病院はスプリンクラー設備がない・敷地内に危険地が含まれる可能性がある・進入路が狭いなど問題はありますが、新病棟は利用可能である・水害に強い高地にある・など利点も多く、税務署跡地を利用するなどして開発によらない病棟の改築・新築も検討して頂きたいと思います。

ここに上町連合町内会と上町商府街連合会が一体となり『うわまち病院移転につき再考を求める請願』を提出いたします。

【請願内容】

  1. うわまち病院移転計画を再考してください。
  2. うわまち病院の改築・移転について地域住民にしっかり説明をしてより多くの住民の理解を得るよう努力してください。
  3. 上町地区の包括的な地域振興対策を検討・策定してください。

以上、請願いたします。

請願者 うわまち病院移転について考える会
代表 ●●●●
代表者住所 横須賀市田戸台●●
外署名5074筆

この請願については、教育福祉常任委員会の場で12月4日に審査されることになります。