犯罪被害者支援の為に、もっとやるべきことがある/「それぞれの立場からはじめる犯罪被害者支援~神奈川県犯罪被害者支援県民大会」へ(その3)

前の記事から続いています)

いま「犯罪被害者支援条例」を神奈川県が作っています

現在、神奈川県は松沢知事の選挙時のマニフェストにそって『神奈川県犯罪被害者等支援条例(仮称)』づくりをすすめています。

すでに今、パブリックコメントにかかっている状態ですので、どうか市民のみなさま、こちらの『基本的な考え方』を読んで下さい。

パブリックコメント

パブリックコメント


そして、たくさんのご意見を県に寄こしてくださいね。
 
しめきりは8月15日までです。よろしくお願いします。

さて、話を大会に戻しますと、2番目のプログラムは、神奈川県の安全防災局犯罪被害者支援担当課長による、この『神奈川県犯罪被害者等支援条例(仮称)の基本的な考え方』の説明でした。

犯罪被害者支援の為に、みんながたちあがるべき

最後に、パネルディスカッションが行なわれました。

『それぞれの立場から始める犯罪被害者支援』

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子


それぞれの立場とは、警察・マスコミ・政治・行政だけでなく、1人1人の市民として何ができるか、ということも当然含まれています。

僕たちが何気なく発する言葉が被害にあった方やご家族を苦しめているとしたら、それは今すぐ変えなければいけません。

では、具体的にどんなことが無意識に苦しめているのか、どんなことが逆に力になったと感じていただけたのか、

そうしたお話をうかがいました。

被害を受けた方々やご家族が利用できる社会資源は少しずつ増えてきました

非常に重要なプログラムが行なわれた集まりでした。

神奈川県では、安全防災局の安全安心まちづくり推進課の中に『犯罪被害者等支援総合相談窓口』を設置しています(リーフレットはこちら)。

本当に苦しい時に、それでも被害者やご家族は様々な煩雑な事務手続きをしなければなりません。

そんな時に必ず力になってくれるのがこの『総合相談窓口』です。どうかご利用なさって下さい。 

リーフレット「神奈川県による犯罪被害者等支援」

リーフレット「神奈川県による犯罪被害者等支援」


さらに神奈川県では、上のような冊子を作っています。

これは本当に分かりやすいもので、被害者やご家族が利用できる社会資源がたくさん載っています。

一般の方々にも被害者支援の必要性を理解していただく為に、県はリーフレットも作ってます。

また、フジノが受けている市民相談の中で、実際に犯罪被害にあった方をご紹介させて頂いたのが、『認定NPO法人神奈川被害者支援センター』です。本当に親切な対応でとても感謝しています(リーフレットはこちら)。

自助グループも活動しています。『ピア・神奈川』です(リーフレットはこちらです)。

弁護士会も活動をしています。『横浜弁護士会犯罪被害者支援センター』です(リーフレットはこちら)。

犯罪被害者支援の為に、みんながたちあがるべき

いろいろな利用できる社会資源が増えましたが、それでもフジノが願ってやまないことは

犯罪の被害にあった方々をもっと市民のみなさま1人1人が偏見・差別を持つのを無くしてほしいということです。

テレビや新聞が被害者のもとをどんどん訪れてはプライバシーもおかまいなしで、マイクやカメラを向けるのは「観たがっている視聴者がいるから」です。
 
これは事実です。

誰かが殺された時、ヤジウマとしておもしろおかしく事件を眺めているあなたはいませんか?

どうしようもないメディアの取材が無意味になる為には「そんなワイドショーなんかいらないんだ」という1人1人の市民の方々の行動も必要です。

そして、何よりも身近で誰かが被害に遭った時に、あなたにできることはたくさんは無いかもしれません。

けれども、少なくとも傷つけないことはできるのです。

ムリに励まそうとして傷つけかねない言葉を述べるのではなく、自分自身が同じ被害に遭ったとしたら、どれだけ苦しくつらいだろうかと、想像してみてほしいのです。

それだけでも、自分が何をすべきかは分かるはずです。それが人間に与えられた想像力という素晴らしい能力なのです。

この世界から全ての犯罪を無くすことはできない、と残念ながらフジノは考えています。

だから、被害に遭う方々は今後も増え続けるでしょう。

それでも、だからこそそれでも、無用な2次被害・3次被害を防ぐことはできます。

どうかみなさま、ご協力をお願いします。

何故なら、犯罪被害に遭うことは誰の身にも起こるからです。
 
それは、このHPを観終わった後のあなたにも起こりうることなのです。

僕は『政治家』としてできること、制度の改善、体制の改革をします。

だからみなさんは『隣人』としてできること、それを一緒に行なって下さい。

お願いします。

ひとり親家庭の支援策(ソフト面)の報告書がでました/ひとり親家庭等自立支援の在り方検討会(2007年度・最終回)

ひとり親家庭の支援策(ソフト面)の報告書がでました

けさは『ひとり親家庭等自立支援の在り方検討会』の傍聴へ向かいました。

今日は、第7回。今年度の最終回です。
 

第7回ひとり親家庭等自立支援に関する在り方検討会の会場にて

第7回ひとり親家庭等自立支援に関する在り方検討会の会場にて


ソフト面の支援についての『報告書(案)』が事務局(横須賀市)から出されました。



「ひとり親家庭支援」はフジノの重要政策です

フジノは半年間にわたって、この『検討会』を全て傍聴してきました。
 
『検討会』での議論を援護射撃する為にも、あえて本会議でも市長に提案してきました。

何故なら、ひとり親(シングルマザー・シングルファーザー)の支援は2003年の当選直後からずうっとフジノの重要な政策課題なのです。

全国的に『ひとり親家庭への支援に取り組む政治家』はほとんどおらず、そのせいで、2004年は「シングルファーザーのドキュメンタリーを撮影したい」というテレビ製作会社がいくつもフジノのもとに取材依頼をしてきました。

ある時期には同時に3つのテレビ局から依頼が重なったことがあって

「何故、僕に取材依頼をかけようと思ったのですか?」

と尋ねると

「シングルファーザー支援をしてる政治家は少ないんですよ」

と言われました。

すごく大切な問題なのに、発言する人がいないならば、力不足でもしかたがないから僕が代表して発言するしかない...。

そう決心して、これまで必死で取り組んできました(あらゆる問題でいつもこのパターンですね...)。

いつのまにか『数少ないシングルファーザー支援の政治家』としてマスメディアの方々に認知されるようになりました。

そのせいでシングルファーザーについての統計が出るたびにいまだにメディアの取材依頼がやってきます。



報告書案には率直にガッカリさせられました

全国の政治家の中でもひとり親家庭支援に取り組む数少ないひとりがフジノ。

そんな風に受け止められている政治家がいるにも関わらず、じゃあ、横須賀のシングルファーザー支援が他都市よりも進んでいるかというと、そんなことは無いのです。

実際、今日出された報告書(案)には正直なところ、けっこうガッカリさせられてしまいました。

(もう少ししたら正式に発表される予定です。ここで内容をお示しできなくてごめんなさい)

特に今回の報告書では、

「『シングルマザーと比べたら所得は高いと世間に誤解されているシングルファーザー』」に対して思い切った経済的な支援を強くうちだせるのではないか」

とフジノは考えていました。

でも、大きな進展は1つはあったものの、まだ足りない。

ああ、2003年頃よりは当事者の方々の意見が行政にも届きやすくなったけれども、今は横須賀市があまりにも財政難のせいで自由な政策が取れなくて、本当に悔しい!

税金はこういうところに重点的に使うべきなのに!
 
もどかしい。情けない。

しかし、政策の優先順位は新中央図書館の建設なんかよりも絶対に高いのだから、ハコモノなんかよりもいのちと暮らしを守る為にもっともっと生の声を届けていかなければ!

くじけてなんかいられない。

こんなに晴れた素敵な土曜日の昼下がりにたまたまいわゆる『ひとり親』の家庭に生まれたこどもたちが

政治・行政のサポートによってとりのぞけるはずのさみしい想いをしていたり、切ない想いをしているならば、おれにはくじけてるヒマなんか一瞬も無いじゃないか。

がんばらなければ。

やれることを全てやらなければ。