念願が叶って「横浜ダルク」を見学させていただきました!/「横浜DARCケアセンター」見学1日目

ついに念願が叶いました

今日はとにかく朝から仕事が忙しくて心身が疲れ切ってしまって、かんたんな報告だけでお許しください。

昨年からずっと『フジノが見学に行きたい現場ランキング第1位』だった

『横浜ダルク』

についに行ってきました!



その「ダルク」とはなにか?

そんなフジノが行きたくてたまらなかったダルクとは何でしょうか。

横浜ダルクとは

ドラッグ(DRUG=薬物)のD、アディクション(ADDICTION=嗜癖、病的依存)のA、リハビリテーション(REHABIRITATION=回復)のR、センター(CENTER=施設、建物)のCを組み合わせた造語で、1985年東京都荒川区で東京ダルクが設立されました。

覚醒剤、有機溶剤(シンナー等)、市販薬、脱法ハーブ、その他の薬物から開放されるためのプログラムを持つ民間の薬物依存症リハビリ施設として、現在では北海道から沖縄まで46ヶ所(56施設)があります。

また、昨年同じアジアである韓国にもダルクが設立され、アジアの薬物問題に対しても積極的活動を行なっています。

横浜ダルクは1990年6月に南区南太田で設立スタートしました。

ダルクでは薬物依存症者に共同生活の場を提供し、薬物を使わない生き方のプログラムを実践することによって、薬物依存からの回復を支援します。

そして回復していくための場、時間、回復者モデルを提供し、ナルコティクスアノニマス(NA)の12ステップに基づいたプログラムによって新しい生き方の方向付けをし、各地の自助グループ(ナルコティクスアノニマス等)につなげていく事を目的とし社会復帰を目指しています。

(横浜ダルクのウェブサイトより引用させていただきました)

率直に言って、「もしもこの世界にダルクが存在しなかったならば、それはつらく苦しい世界だったろう」とフジノは思います。

薬物を中心とした依存症に苦しむ方々は、医療だけでは絶対にリカバリーすることはできません。

フジノは昨年12月議会での市長への一般質問でも下のようにハッキリと申し上げました。

(2014年12月議会・一般質問におけるフジノの質疑より)

「誤解があるのですが、『危険ドラッグ』とか薬物・アルコール依存症の治療って医療機関がやっても効果はあまり無いんです。

正直、ダルクとかNAの方がいい。

(略)

ですから、依存症からの回復って『GAYA横須賀』さんとか『横浜ダルク』さんに、医療機関も投げてるんですよ、正直なところ。

「医療機関の役目っていうのは、『ダルク』や『NA』につながるまでの『間つなぎ』だ」ということを、わが国の薬物依存研究のトップが言っている。そんな状況なんですよね」

もちろん政治・行政・医療も必要です。しかし、それだけでは不十分です。

ダルクを中心とした民間団体が存在しなければ、リカバリーはありえません。



やはり現場に行かなければ、空気感は体験できないから

だからどうしても現場に行きたかったのです。

もともと精神保健福祉士の資格も持つフジノですから、ダルクに関する本からの知識はもう嫌というほどたくさんあります。とにかく現場に身をおいて、その空気感を自分自身が体感しなければならないとずっと考えてきました。

それがついに今日、実現したのです。

横浜DARCケアセンターのウェブサイトより

横浜DARCケアセンターのウェブサイトより


しかも、今日だけではありません。

明日も行きます!

横浜ダルクメンバーの方々とフジノ

横浜ダルクメンバーの方々とフジノ


今日は、ミーティングに参加させていただき、4名のオープンスピーカーの方々のお話を伺わせて頂きました。

さらに、予定の時間を大幅に超過して意見交換もさせていただきました。

『横浜ダルク』のみなさまには、ただただ感謝しかありません。

明日もお邪魔しますので、どうぞよろしくお願いします!



地域リハビリテーションと地域連携/地域連携コーディネーター養成講座2013

大学院にて

大学院にて

今夜の講師は、医療法人真正会・霞ヶ関南病院の理事長である斉藤正身さんです。

講義の様子

講義の様子

斉藤先生

斉藤先生

老人にも明日がある

老人にも明日がある

NHKスペシャル
『闘うリハビリ1』
『闘うリハビリ2』
『闘うリハビリⅡ 寄せられた声を訪ねて』

「全国初、犬と暮らせる特別養護老人ホーム」として注目されています/4月オープンの特別養護老人ホーム「さくらの里山科」を見学しました(その1)

特別養護老人ホーム「さくらの里山科」が4月にオープンしました

今日は、特別養護老人ホーム『さくらの里山科』を見学しました。

さくらの里山科

さくらの里山科


今年2012年4月から新たにスタートした3ヶ所の特別養護老人ホームのうちの1つです。

6月に視察した『玉成苑』もその1つです)

視察先の「さくらの里山科」にて

視察先の「さくらの里山科」にて


場所は、市内太田和です。

「さくらの里山科」の全景

「さくらの里山科」の全景


スタートから3ヶ月半が経ちましたが、かねて伺っていた前評判どおり、本当に素晴らしかったです。



全国初、特別養護老人ホーム1階に「テナント」でレストラン!

大きな特徴の1つ目は、こちら。

葉山牛レストラン山科

葉山牛レストラン山科


特別養護老人ホームの建物の1階に『葉山牛レストラン山科』がテナントとして入っているのです。

玄関から観た「葉山牛レストラン山科」の様子

玄関から観た「葉山牛レストラン山科」の様子


計画の段階から「全国でも初めてのケース」として大きな話題を呼びました。

タウンニュース・2010年1月15日号より

タウンニュース・2010年1月15日号より


フジノが見学したのはお昼1時半でしたが、ランチタイムのお客さんでとても混み合っていました。



働く職員の為の「託児室」が設けられています

さて、建物の中に入ります。

介護業界に限らず、福祉業界では人材の確保が大きな問題になっています。

『さくらの里山科』では、おこさんがいらっしゃる職員の方々の為に『託児室』もあります。これはとても良い取り組みですね。

「さくらの里山科」に設置されている「託児室」

「さくらの里山科」に設置されている「託児室」


おこさんがまだ小さくても働きたい人は、たくさんいる。
 
福祉業界は、働き手を日常的に求めている。

この両方の願いに対応する1つの方法が、職場内の託児室や保育所の設置です。

『さくらの里山科』の取り組みはとても良いですね。



ユニット型で、全て「個室」です

『さくらの里山科』では、部屋は全て『個室』です。

廊下の様子

廊下の様子


国のルールとして、新しい特別養護老人ホームは全て個室でなければいけないことになっています。

『さくらの里山科』では、10部屋ごとで1つの独立したユニットに分かれています。
 
ユニットごとに、キッチンやリビング(共用スペース)があります。

下の画像は、キッチンです。

キッチンの様子

キッチンの様子


食事は、このキッチンでごはんを炊いてみそ汁を作ります。

おかずは1階の調理室で作られて、各階に配膳されます。

下の画像は、空きが出た部屋を見せていただきました。

空き室を見せて頂きました

空き室を見せて頂きました


(ベットが2つ置いてありますが、たまたま置いてあるだけです。繰り返しになりますが、ふだんは全て1人部屋=個室です)

8畳の広さです。



リハビリはとても重要!これからの為に「機能訓練室」も設置されています

『さくらの里山科』には、『機能訓練室』も設置されています。

機能訓練室の様子

機能訓練室の様子


リハビリテーションを行なう為の部屋ですね。

特別養護老人ホームに『機能訓練室』の設置義務はありません。

でも、リハビリテーションは『人生の質』を大きく高めるとても大切な取り組みなので、

こうして『さくらの里山科』のように『機能訓練室』を設置してくれている特養は、

リハビリが必要な家族を持つフジノにとってみると、本当にありがたい存在です。

機能訓練室の様子

機能訓練室の様子


さらに、『さくらの里山科』には常勤のリハビリテーション担当の職員がいて、日中はお一人お一人の部屋を訪れて、その方にあったリハビリテーションに取り組んでいるとのこと。

「とてもたのもしい、ありがたい」

とフジノは感じました。



データ管理に「ニンテンドーDS」を活用!

入居しておられる方々のいろいろなデータの管理の為に、こちらでは『ニンテンドーDS』を利用していました。

データ管理は「ニンテンドーDS」

データ管理は「ニンテンドーDS」


例えば、体温・血圧・食事などのいろいろなデータを『紙ベース』で記入してしまうと、ユニットごとに独立している為に、必要なデータをすぐには観られない(=閲覧性が低い)のですね。

それをサーバーで一括してデータを管理することで、とても効率的なデータ管理ができることになります。

屋上からの眺め

屋上からの眺め


これまでフジノはいくつもの高齢者の住まいを見学してきましたが、ある有料老人ホームではiPadを導入していました。

福祉業界にもどんどんICT化・クラウド化が進んでいます。とても良いことだと思います。

職員の方は最初こそ慣れなくて大変だと思いますが、けれどもこうした作業によって実は大きな書類作業の省力化が進みます。

どうか、ぜひがんばって慣れていってほしいな、と願っています。



最大の特色、それは・・・

そして、もう1つ大きな特色がこちらにはあります。

目の当たりにして、フジノはとても感動しました!

それは...次回の『その2』でお伝えしますね。