教育委員会をあなたに身近な存在に変えたい/教育委員会の定例会へ

教育委員会の生の姿を知ってほしいと願っています

今日は、『教育委員会』の定例会議を傍聴しました。

定例会議は、市役所で月1回のペースで開かれています。

誰でも傍聴することができます。

教育委員会の定例会を傍聴しました

教育委員会の定例会を傍聴しました


『教育委員会』というと、あなたはどんなイメージが浮かびますか?

かつて政治家に転職する前のフジノが抱いていたイメージは、ネガティブそのものでした。

「いじめやいじめ自殺のニュースが報じられるたびに情報を隠していたことが発覚してお詫びをしている人たち」

こんな最悪なものでした。

でも、政治家になってから11年間、ふだんの仕事を通してフジノが知った教育委員会の実際は、むしろ全く逆でした。

「こどもたちを守ろうと必死に朝から晩まで全力を尽くしている方たち」

でした。

もっとふだんから教育委員会が市民のみなさまと信頼関係を築ければ、このまちはもっと絶対に良い方向に変わることができる。

今のフジノは、そう確信しています。



まずは「傍聴ゼロ」を無くしたい!

たぶん、かつてのフジノと同じで、ほとんどの市民のみなさまにとっても、教育委員会は身近な存在では無いと思います。

自分に学齢期のこどもがいて、学校やこどもたちにトラブルが起こりでもしない限りは、実際の教育委員会の人たちと出会う機会はまずありませんよね。

さらに7月1日には、神奈川新聞がこんな記事を報じました。

全教委の運営実態アンケート 遠い住民との距離、定例会6町村で傍聴者ゼロ
2013年7月1日

教育全般の執行・責任者を教育委員長から行政職の教育長に替えようという議論が国レベルで進む中、神奈川新聞社は、教育委員会の運営実態に関するアンケートを県内全34教育委員会を対象に実施した。

それによると、2011年度に開催した定例会などの傍聴者は6町村でゼロで、教育委員会と地域住民との“距離感”が浮き彫りになった形だ。

中央教育審議会の地方教育行政部会は05年、教育委員会のあり方について問題点を指摘しており、教委の課題を探る上で前提となる現状を調べた。

運営に関する調査は、全教委が委員会活動の点検・評価報告書の作成を終えている11年度分が対象。委員に関する調査は6月1日現在のもので、1日以降の変更は含まない。

教育委員会は毎月1~2回定例会を開催、必要に応じて臨時会や非公式の協議会を開催する。

年度内の臨時会を含む会議開催回数は、13~15回が58.8%の20市町教委で、最も多かった。

回数が最多だったのは横浜市教委の27回。

ホームページへの会議議事録掲載は、82.3%の28県市町教委が行っていた。

年度間の傍聴者数は横浜市教委の345人が最多で、県と5市教委で100人を超えた。

一方、中井、松田、大井、山北、真鶴、清川の6町村教委がゼロ。

茅ケ崎、二宮、開成、箱根の4市町教委も5人以下にとどまった。

また、6月1日現在の教育委員全170人の平均年齢は60.8歳で、女性は34.7%の59人。

教育行政を執行する事務局を統括する教育長のうち、教職経験者は全34人中70.5%の24人だった。

最年少委員は川崎市教委の39歳、最年長は横浜市教委の75歳だった。

女性の委員長は4人で、二宮町教委の委員長は委員長の中でも最年少の44歳。

教育長を除く委員の現在の職業は、会社役員などが21人(12.3%)で最多。

校長など学校関係や医師、宮司などの宗教関係も多かった。

◆都道府県教委と市町村教委の運営概要

文部科学省によると、11年5月1日現在の都道府県教委の委員総数は232人で、平均年齢59.5歳。女性の割合は34.5%。年間の会議開催回数は18~29回。一方、市町村教委の委員総数は7,275人、平均年齢59.3歳。女性の割合は34.9%。

年間の会議開催回数は12~17回。

まずはこの現状を変えたいと思います。

ささやかなことなのですけれど、まずは「定例会の傍聴ゼロ」を無くしたいです。

先月も書きましたが、

「教育委員会を傍聴に行こう!」というキャンペーンをフジノはひとりで勝手に行なっていきますね。

教育委員会をあなたにも少しでも身近に感じてもらえるようにしたいです。

その為に、これまで以上にいろいろな取り組みを行なっていきます。

実は、昨日も教育長と1時間を超える意見交換を行ないました。

この課題については、教育長も同じ問題意識を共有してくれています。

ぜひ今後の取り組みに期待していて下さいね。

次回の教育委員会の定例会は

8月7日(水)9:30〜
市役所301会議室

で開かれます!

ぜひ傍聴におこしくださいね。



県の教育委員会も傍聴できます!

ここまで書いてきたところでふと気づいたのですが…

フジノは『神奈川県教育委員会』の傍聴に行ったことがありませんでした。

教育委員会は、『市町村』だけではなくて『都道府県』にもあります。

横須賀市教育委員会に加えて、神奈川県教育委員会もあります。

そして、神奈川県教育委員会も開催スケジュールを公開しています。

神奈川県のホームページにて県の教育委員会開催スケジュールを公開しています

神奈川県のホームページにて県の教育委員会開催スケジュールを公開しています


仕事で教育と関わりを持っている立場であるにも関わらず、残念ながらフジノにとっても、県の教育委員会を身近に感じた機会はありませんでした。

これは近いうちに1度、傍聴に行かなければいけないなあと思いました。

県の教育委員会の様子も、これからみなさまにお伝えしていきたいと思います!



教育委員会の定例会へ/誰でも傍聴できます。ぜひみなさまも!

月1回の教育委員会の定例会へ

今日は、市役所で開かれた『教育委員会』の定例会を傍聴しました。

教育委員会は、毎月1回の会議を行なっています。

教育委員会の定例会の会場にて

教育委員会の定例会の会場にて


横須賀市の教育委員会は、5名です。

  1. 委員長 三浦溥太郎
  2. 委員 齋藤道子(委員長職務代理者)
  3. 委員 森武洋
  4. 委員 三塚勉
  5. 委員 永妻和子(教育長)

この5人だけが『教育委員』です。

『教育委員』に毎日の仕事はありません。

時々の研修や学校訪問を除けば、毎月1回の会議がメインの仕事です。

ほとんどの市民の方々は誤解しておられると思うのですが(フジノも政治家になるまで誤解していました)

市役所の中で、毎日働いている数百名の職員は『教育委員』ではありません。

この職員たちは『教育委員会事務局』のメンバーです。

教育委員と事務局の関係

教育委員と事務局の関係


あくまでもこの5人の『教育委員』の決定に基いて、その『事務を処理させる為』に『事務局』が置かれているのですね。

『教育委員会事務局』は、2つの部に分かれています。

1.学校教育部

教育指導課学校教育に関する指導・助言
支援教育課児童・生徒の就学・転入学、就学援助
学校保健課学校保健、学校給食の指導・助言
スポーツ課体育・スポーツの振興
教育研究所教育相談、教育問題の調査・研究
総合体育会館
(横須賀アリーナ)
会館の使用許可
北体育会館
南体育会館
くりはま花の国プール
西体育会館
佐島の丘温水プール

2.教育総務部

総務課事務局職員の人事・給与、調査・統計、経理
生涯学習課生涯学習の振興、文化財の調査保護
生涯学習センター市民の文化活動、生涯学習活動の振興
教職員課学校職員の任免、服務
学校管理課学校施設の管理・整備計画
中央図書館読書指導、図書の貸し出し
児童図書館
北図書館
南図書館
自然・人文博物館資料の展示、収集・調査・研究
馬堀自然教育園
天神島臨海自然教育園
天神島ビジターセンター
ヴェルニー記念館
横須賀美術館美術品の展示、収集、調査、研究
万代会館会館の使用許可
婦人会館

市民のみなさまと「顔の見える関係」の教育委員会を実現したい

2007年まで、フジノは『教育委員会廃止論者』でした。

何故なら、児童生徒と毎日向き合うこともせず、保護者の声も聴く機会も無く、教職員のみなさまの悩みに耳を傾けることもなく、毎月1回の会議でも発言や質問もほとんどせず、実質的には何の意味もない『名誉職』としか考えられなかったからです。

フジノは当選から3年間の日々の中で、市役所の中で最も変わろうとできない組織が『教育委員会』だと感じてきました。

また、法律のしくみや制度の限界などもハッキリと見えてきたからです。

例えば、2006年2月1日の活動日記には、こう記しています。

 
田中・新教育長の就任への期待

約3年間の市議会議員経験から

「市役所で最も古い体質を変えられない部署が教育委員会だ」

とフジノは感じています。

横須賀市の新機軸を打ち出してきた企画調整部長(=田中さん)として、守旧的な風土を持つ教育委員会を刷新してほしい、そんな期待を田中さんに抱いています。

田中・新教育長とお話をした際に

「学校も経営の時代だと僕は考えています。古い体質の教育委員会を教育長の力でぜひ変えてください」

とフジノは伝えました。とても期待しています。

そもそもフジノは『教育委員会廃止論者』です。

ですから、田中・新教育長による教育委員会改革に強く期待します。

それでもダメな時は、廃止へ向けて積極的に動きたいと考えています。

その後、教育委員会事務局で働くみなさんのまっすぐな姿にこころを打たれて、フジノは『単なる廃止論』は取り下げ、方針転換をしました。

あくまでも『教育委員制度』の限界や欠点を『改革』していこうと決心しました。

市長や時の権力者の考え方に左右されない独立した存在としての『教育委員会制度』の良さを、改革によって引き出していくことができるはずだと現在フジノは考えています。

その為には、教育委員の5名がもっと現場に出ていくべきです。

全ての児童生徒・保護者のみなさん・地域住民のみなさんや福祉関係者のみなさんと、顔の見える関係となるべきです。

フジノはその為の提案を市議会で繰り返し行なってきました。

まだまだ成果は出ていませんが、3.11後の教育委員は少し良い方向に変わってきたのをフジノは実感しています。

*教育委員ではなく、教育委員会事務局のみなさんについては、いつも本当に良く頑張って下さっているとフジノは評価しています。

もっと市民のみなさまも「教育委員」をこき使って下さい

横須賀市のホームページの中に『教育委員会』のコーナーがあります。

横須賀市教育委員会のホームページ

横須賀市教育委員会のホームページ

このホームページを

『教育委員会』→『教育委員会会議』→『教育委員会会議の日程』

とたどっていくと、毎月の教育委員の定例会議のスケジュールが載っています。

教育委員会会議の日程

教育委員会会議の日程


市民のみなさま、どなたでも傍聴できます。

ぜひ教育委員の5名の仕事ぶりをチェックしにいらして下さい。

さらに、会議が終わった後にじかに話しかけていただくこともできます。

また、これまでの教育委員会の会議の議事録も、ホームページにて公開していますので、読むことができます。

かつて日本で教育委員制度がスタートした頃は、選挙によって教育委員が選ばれていたこともあったとのことです。

いじめ、不登校、家庭に問題を抱えるこどもなどの課題を専門とする方や、PTAなどの保護者向けの活動を長年行なってきた方々や、スポーツ、こどもの発達、栄養などのこどもに関わる専門分野の方々が、こどもに対する強い想いを持って立候補してもらい、選挙で選ばれるのはとても良いことだと思います。

でも、現在では市長が提案して、市議会が議決しておしまいです。

市民のみなさまが直接に選ぶことができない以上は、選ばれた人にしっかり働いてもらう為にその仕事ぶりをチェックしていくことが必要だとフジノは考えています。

どうか市民のみなさま、ぜひ教育委員会を傍聴にいらして下さいね。