第16期生40名のみなさま、入学おめでとうございます。命と尊厳を守る為にともに保健医療福祉の世界で頑張っていきましょう!/横須賀市立看護専門学校の入学式へ

横須賀市立看護専門学校、第16期生の入学式へ

今日は、『横須賀市立看護専門学校』の入学式に参加しました。

市立看護専門学校の入学式会場にて

市立看護専門学校の入学式会場にて


『来賓』として招かれたことは1度も無いのですが、2004年4月の開校以来ずっと、フジノは看護専門学校のみなさんを見守り続けてきました。

何故なら、フジノにとって看護師を目指しているみなさまは大切な同志だからです。

第16回横須賀市立看護専門学校入学式の式次第より

第16回横須賀市立看護専門学校入学式の式次第より


これまでもずっとフジノは、2050年まで視野に入れた医療政策について語り続けてきました。

楽観できる未来はありません。

医療ニーズは増加を続ける一方で看護師の不足は続きますし、医療現場の労働環境はそう簡単には改善できないでしょう。

目の前には厳しい現実があり、そして険しい未来が待っている。

それが分かっていてもあえて『看護職』を目指してくれた看護専門学校のみなさんをフジノは同志だと感じています。

このまちの、この国の、保健・医療・福祉を一緒に守っていくみなさんは大切な『同志』です。

だから、その姿を入学から卒業までしっかりと見守っていくことは、政治家フジノの大切な仕事だと考えています。

40名の16期生に「入学許可」が出ました

40名の16期生に「入学許可」が出ました

この2ヶ月間の長い休職中にフジノは家族をひとり亡くしました。

そして、もうひとりの家族はずっと入院していました。

どちらの家族にも、市立看護専門学校の卒業生が看護師として関わってくれました。

患者が政治家の家族だから特に親切にしてくれたとは全く思いません。

長い時間を病棟で過ごしましたが、見る限り、全ての患者さんに対して同じように優しく親切に接して下さっていました。

純粋に『プロ』としての素晴らしい看護だったと心から感謝しています。

政治家として医療政策に取り組んできた政治家としても、患者家族のひとりとしても、市立看護専門学校の卒業生が診てくれているという心強さが確かにありました。

卒業生に心から感謝するとともに、この看護専門学校の存在意義を改めて強く感じたばかりです。



ご入学おめでとうございます。厳しい日々をどうか同期のみなさまとともに乗り越えて下さいね

命を預かる仕事はストレスフルで、その責任の重さはしばしば自らをむしばむことがあります。

学ばねばならない科目は多く、臨地実習が始まれば、座学とは異なる現実に圧倒される瞬間がたくさんあるでしょう。

それでも、その苦しさの何倍もの学びや体験があるはずです。

新たな生命の誕生の奇跡に心をうたれ、命の尊さに涙をすることや、人としての尊厳について迷い悩むこともあるでしょう。

血のつながった家族であってもお見舞いも無いままに何年間も見捨てられたままの方々の存在を療養病床で目にして、家族とは何なのかと憤ることもあるでしょう。

他の職業では決して体験できない、他の人生よりも何倍もの濃い人生を歩んでいくことになると思います。

僕は、そんなみなさまを全力で応援していきます。

上地市長による祝辞

上地市長による祝辞


脅かすようなことばかり書いてしまいましたが、新入生のみなさま、どうか1度きりの学生生活を楽しんで下さい。

素晴らしい先生方・先輩方・地域の保健医療福祉の方々とも、新たな出会いがたくさんあるはずです。

看護の世界に入ると覚悟を決めて今そこに居るのだとしても、こころが折れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、どうか同期のみなさまにどんどんグチって、相談して下さい。もちろんフジノも相談にのります。

そして、何とか乗り越えてほしいのです。

「職場が離れても同期のみんなとは卒業後も特別な『絆』がある」

と卒業生のみなさんはフジノに話してくれます。

「在校生歓迎のことば」と「新入生誓いのことば」

「在校生歓迎のことば」と「新入生誓いのことば」


16期生のみなさん、これから3年間フジノも見守り続けていきます。

『戴帽式』にも『卒業式』にもお邪魔します。

でも、いつでも困ったことがあれば本当にご連絡下さい。歴代の看護学生のみなさんとは、たくさんの機会に語り合ってきました。

そして、卒業して看護師として働きはじめてからも意見交換を続けています。

ぜひこれからみなさんとともに、人々の命と暮らしを守り、尊厳を守る為に、一緒に働いていきたいです。

今回も在校生よりも大声で歌ってきました。歌詞もメロも暗記してます

今回も在校生よりも大声で歌ってきました。歌詞もメロも暗記してます


本日は、16期生のみなさま、入学おめでとうございます。



第12期生40名のみなさま、入学おめでとうございます。保健医療福祉の世界で一緒に頑張っていきましょう!/横須賀市立看護専門学校の入学式へ

市立看護専門学校、第12期生の入学式へ

今日は、『横須賀市立看護専門学校』の入学式に参加しました。

市立看護専門学校の入学式会場にて

市立看護専門学校の入学式会場にて


『来賓』として招かれている訳でも何でも無いのですが、2004年4月の開校以来ずっと、フジノは看護専門学校のみなさんを見守り続けてきました。

看護専門学校の入学式の式次第より

看護専門学校の入学式の式次第より


何故なら、目の前には厳しい現実があり、そして険しい未来が待っている中で、あえて『看護職』を目指す方々をフジノは同志としてこころから歓迎したいからです。

保健・医療・福祉をこれから一緒に守っていく同志のみなさんを、入学から卒業までしっかりと見守っていくことは政治家としてフジノの大切な仕事だと考えています。

そうした想いから、学びやすい環境を作る為に市議会でも看護専門学校の環境改善をたびたび提案してきました。



今、そして将来にわたってこの国で最も必要な職業人は「保健・医療・福祉」に携わる人々です

すでに現在も、そして将来も、どれほど甘く推計をしても、保健・医療・福祉を取り巻く社会状況は極めて困難です。

2014年10月現在に28%を超えたこのまちの『高齢化率』。

5年後の2020年には30%を超えます。その時、このまちの人口は39万7700人まで減少します。

学校長から、第12期生40名に「入学許可」が出されました

学校長から、第12期生40名に「入学許可」が出されました


人口は減っていく一方で『高齢化率』が上昇し続ける。

つまり、高齢の方々の絶対数がすさまじく増えるという意味です。

亡くなる人の数も圧倒的に増加します。

2013年に約4,600人だった1年間の死亡者数は、20年後には約6,500人へと急速に増え続けていきます。

フジノはこれを『超高齢・多死社会』と呼んでいます。

このような横須賀では、保健・医療・福祉の人材が他のどの職業よりも求められています。

保健・医療・福祉の新たな人材を育てていくとともに、長く仕事を続けてもらえる労働環境を作り、退職された方々には復職していただける魅力ある研修システムと雇用労働環境を充実させることが必要です。

政治・行政は、その為に全力を尽くさねばなりません。

12年前、横須賀市があえて市立の看護専門学校を新たに立ち上げたのは、そうした社会に対応する為の取り組みの1つです。



中でも『看護師』は『地域包括ケア』の実現・障がいのある方々の地域生活の為に、超重要な職種です

市立看護専門学校の入学金・学費は、一般の看護専門学校や看護大学と比べて、とても低額です。

つまり、看護師を育成する為に、あえて市税を投入しているのです。

市長のあいさつは、健康部長が代読しました

市長のあいさつは、健康部長が代読しました


もはや、『病院の時代』ではありません。

国の政策として総合病院のベット数は削減されていき、足りなくなる一方です。

かわりに、『地域包括ケア』という新たなシステムを日本全体で実現させようと必死に取り組んできました。

横須賀市議会でもフジノは『地域包括ケア』実現に最も力を入れてきた1人です。

地域包括ケアとは、『誰もが住み慣れた地域で、亡くなるその瞬間まで元気に暮らし続けられる為の仕組みづくり』です。

この『地域包括ケア』を実現する為に、看護師のみなさんの役割は極めて大きいです。

病院の中での仕事も重要ですが、『訪問看護ステーション』や『在宅療養支援診療所』で働く看護師はまだまだ少なく、もっと増えていかねばなりません。

また、特別養護老人ホーム・老健・グループホームなどにも、もっともっと多くの看護師の方々が働いていただかねばなりません。

そして、障がいのある方々が誰でも地域で安心して暮らしていかれるようになる為にも、看護師のみなさんの存在が不可欠です。

障がいのある方々の入所施設には、看護師のみなさんがいなければそもそも運営できません。

保健・医療・福祉には、あらゆる職種が存在しています。

その中でも特にフジノは「『看護職』を最重要な職種だ」と受け止めています。

このような想いから、市立看護専門学校のみなさまの入学にはこころから感謝しています。お祝いの気持ちよりも先に、「戦友が増えてくれる」という感謝の気持ちがとても強いです。



ご入学おめでとうございます。厳しい日々をどうか同期のみなさまとともに乗り越えて下さいね

そんな政治家フジノの想いとはカンケーなく、新入生のみなさまには学生生活をぜひ楽しんでほしいと願っています。

学ばねばならない科目は多く、臨地実習が始まれば、座学とは異なる圧倒的な現実の前に毎日多くの学びがあるはずです。

先生方、先輩方、地域の保健医療福祉の方々とも、新たな出会いがたくさんあるはずです。

校歌を歌うみなさん。フジノも完璧に歌えます。

校歌を歌うみなさん。フジノも完璧に歌えます。


また、苦しいこともたくさん待ち受けていることでしょう。

看護の世界に入ると覚悟を決めていたとしても、その覚悟を上回る現実に直面した時、こころが折れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、どうか同期のみなさまにどんどんグチって、相談して、何とか乗り越えてほしいのです。

同じ立場の同期生のみなさんは、卒業して就職しても特別な絆があると卒業生のみなさんはフジノに話してくれます。

これから3年間、フジノも見守り続けています。いつでも困ったことがあれば、ご連絡下さい。

これまでも看護学生のみなさんとは、たくさんの機会に語り合ってきました。

卒業をして仕事についた後も、意見交換を続けています。

ぜひこのまちの人々の為に、一緒に働いていきたいです。

本日は、入学おめでとうございました。