【続報】「米軍の夜間外出禁止令の緩和」に対して吉田市長が甘いコメント/神奈川新聞が報じてくれました

神奈川新聞が米軍の発表を報道しました

けさ、神奈川新聞が昨日の米軍の発表を報じました。

2013年2月14日・神奈川新聞より

2013年2月14日・神奈川新聞より


記事の全文は下の通りです。

在日米軍が夜間外出禁止令緩和、「重大事件減った」

在日米軍は13日、米軍人による事件の続発を受けて発令していた夜間外出禁止令を緩和した。

これまでの午後11時~翌日午前5時の外出禁止を解除し、新たに勤務時間外の行動指針に切り替えた。

在日米軍司令部(横田)は理由について「(発令から)4カ月間で重要な問題への対処が前進しており、重大事件の件数が大きく減った」としている。

新たな行動指針では、給与等級「E5」(海軍は2等兵曹、陸軍・海兵隊は3等軍曹が相当)以下のみを対象に、午前0時から5時まで外出を禁止とする。飲酒は午前0~5時の時間帯で禁止とする。

勤務時間外の自由時間を得る条件として、研修も義務化した。

軍の基本的価値や性犯罪の防止、日本文化を内容とする講習を12カ月以内に受講していることが必要としている。各軍の判断で厳しい措置を取ることもできる。

昨年10月に沖縄で起きた米軍人による女性集団暴行事件後、在日米軍当局は国内の全軍人を対象に夜間外出禁止令を発令していた。米海軍第7艦隊も事件を受けて飲酒規制を独自に発令したが、現在は緩和されている。

吉田雄人・横須賀市長は同日

「各司令官に厳しい措置の裁量を与えるなど実効的な指針として一定の評価をしている。今後も緊張感を持って綱紀粛正に取り組んでほしい」

との談話を発表した。

フジノは朝日・毎日・神奈川を購読しているのですが、毎日はベタ記事で報じただけ。

朝日は社会面で報じていましたが、市長のコメントは掲載されていませんでした。

神奈川新聞の記事がフジノにとっては最もありがたかったです。さすが地元紙ですね。



吉田市長の甘いコメントに強い不満をおぼえました

吉田市長の談話が報じられました。

「各司令官に厳しい措置の裁量を与えるなど実効的な指針として一定の評価をしている。今後も緊張感を持って綱紀粛正に取り組んでほしい」





実際にはもう少し長いコメントだったのかもしれませんが、正直なところフジノは市長のコメントには「うーん...」という感じでした。

そもそもフジノは「夜間外出禁止や禁酒令という命令を発することだけでは犯罪を防ぐ効果は無い」と考えています。

むしろ、「抑圧的な命令を長期的に続けると逆効果なのではないか」と考えてきました。

それよりも、「もっと具体的な対策(フジノが市議会で提案してきたのは、IDカードによる米軍基地からの入退出管理を行なうことなどです)を細かくとること」、さらに「研修の内容を精査していくこと」が必要だと考えています。

その意味では、具体的な対策が見えないままに規制を緩和したこの米軍の対応に、フジノは不満です。

さらに、そうした米軍の対応に一定の評価を与えた吉田市長のコメントにも、フジノは強く不満です。



横須賀市長に求められる2つの対策の両立

横須賀市長には、矛盾しかねない2つの対策を両立させることが常に求められてきました。

  1. 本町・汐入地域の飲食店をはじめとする商店街の方々の経済的な苦境を取り除くこと
  2. 米軍による犯罪を減らす上での実効性のある現実的な対策を取ること

この2つを両立させねばならないのです。

1は、市長自身が市の政策によって対応できることです。

けれども2は、市の政策だけで実現できることは多くありません。政府やアメリカ政府・米軍に対して、根気よく訴え続けなければなりません。

今回の米軍による夜間外出禁止令の緩和は、1の為には良い効果を及ぼすとは思いますが、2の為には全く効果が見込めません。

横須賀市長ならば、もっと強く市民の安全を守る為の現実的な対応を米軍に求め続ける必要があるはずです。



【続報】米軍が発表した指針の仮訳です/「在日米軍新たな勤務時間外行動の指針」

「在日米軍新たな勤務時間外行動の指針」の仮訳です

先ほどの速報において、米軍が発表した『指針』について触れました。

その日本語訳の「仮訳」を報告します。

(仮訳)

在日米軍新たな勤務時間外行動の指針

防衛の任務を担うものとして、我々は我々を受け入れている地域との関係と、任務に就いている軍人達の振る舞いをよりよいものにするため、積極的に活動してきた。

この4ヶ月間、我々は主要な問題処理に関し、進歩を遂げてきた。

1月には沖縄では重大事件が無かったことを含め、各司令部で、劇的に重大事件事故発生数を減らしてきた。

我々は各部隊が、責任ある選択をする上で、お互いに注意を払い、教育を施し、各軍人が、より連携してきていると考えている。我々の訓練プログラムは我々が共有している全体的な価値感、日本の文化をよく知り、敬意を払うことをより強く強調してきた。

前向きな兆候であるが、我々の圧倒的多数の軍人は、地域において価値のある貢献的な者であり続けている。我々はその努力をこれからも続け、そのために日本政府との活動 に打ち込み続ける次第である。

その観点から、我々は、日本で勤務する軍人に対する外出規制措置の適切な基本ラインについて、日本の全軍及び司令部を通して、注意深くかつ徹底的に見直しを行ってきた。

在日米軍司令部は、日本国内の全軍人に対し、外出規制措置を実施してきた。見直しが行われている間に軍が遵守してきた全ての暫定措置は、本規制措置に代わる。

新しい指針は二つの目的をもっている。

まず、これは、日米地位協定の下での義務を果たすために日本で重要な使命を続ける上で、重要な同盟国との即応性を強化し、重要な関係を守るのに有用である。

また、日本全国すべての司令部の間で基準となる規制を確立するものである。

更新された指針は以下のとおりであり、日本全国ですぐに施行される。

  • 基地外へのリバティが許可される前に、全ての軍人は、過去1年以内に軍の基本的価 値に重点を置いた性的暴行予防研修及び日本文化研修を受けなければならない。

  • 全ての軍人は階級にかかわらず、基地外でのアルコール消費は毎日午前0:00~5: 00まで禁止とする。

  • E-5以下の階級の軍人は、毎日午前0:00~5:00まで外出禁止とする。これらの軍人は米軍施設内あるいは基地外では自宅、宿舎又は公務中であることとする。

この指針は、在日米軍司令部の司令官やその他の上級司令官に対し、任務の要求に応えるためのより規制的な規定を実施する裁量を与えてもいる。

また、司令官に対し、必要があれば、所属する軍人がアルコールに関連した事件、基地外の犯罪や違反行為に関与した際に、その部隊全体を任務に呼び戻す権限を与えている。

この指針の規定に加え、在日米軍司令部は、沖縄で既に実施されている追加措置を続けている。司令部は、また既に存在しているランダムの禁酒チェックや「ホットライン」プログラムの実施も続けている。

我々は、日本の近隣の人々や友人との友好関係を大切にし、日本の地域に信頼され、貢献する一員となるように100%の関与をしている。

全てのアメリカ人は、直接あるい は間接的に我々相互の信頼に影響を与え、第一級の大使として全力で奉仕するようあらゆる努力をしていくつもりである。

全ての軍人は、各部署による特別な指示に関して、その指揮系統に確認をとることを推奨する。

以上です。