「市民病院が抱える60億円超の繰越欠損金を無償減資で相殺すべき」と監査委員へ質疑しました/夜8時まで続いた議会

本会議2日目は、夜8時まで続きました

本会議(2日目)の今日は、朝から夜8時までぶっ通しで続きました。

昨日に続く一般質問では5名が質疑を行ないました。

その後、4つの常任委員会で審議された結果についての委員長報告、それぞれの議案への討論、議案・請願の採決。さらに意見書案、決議案も出されました。

決算議会の1ヶ月間は、補正予算案を審議する「前半」と決算議案を審議する「後半」に分けることができるのですが、ここまでで「前半」が終わりました。

続いて、市長から「決算」の議案が提出されて、その要旨の説明がなされました。ここから決算議会の「後半」がスタートです。



予算決算常任委員会が開かれました

本会議はここで終わり、15分の休憩をはさんで、予算決算常任委員会が開かれました。まず会計管理者による決算の説明、次に監査委員による『審査意見書』が報告されました。

フジノは、監査委員に対して質疑を行ないました。病院事業会計(特に市民病院)に対して「無償減資」を行なうべきという点についてです。

昨年4月の法改正によって「地方公営企業」も「無償減資」ができるようになりました。経営の悪化によって累積している「欠損金」を、資本金を減少させることで「相殺」することができるのです。

(無償減資の例.資本金を減らして、欠損金を無くす)

無償減資の具体例

無償減資の具体例


これによって欠損金が減る(無くせる)とともに、貸借対照表がすっきりするようになります。

さらに、民間企業の無償減資では、資本金が1億円以上の企業の場合、資本金を1億円以下に減らすことで、『外形標準課税の適用』をはずすことができます。

つまり、メリットばかりなのです。

そこでフジノは、60億円を超える繰越欠損金を抱える「市民病院」に対して、「無償減資」を行なうべきだと考えています。

(画像は、平成23年度の市民病院の貸借対照表)

市民病院の貸借対照表

市民病院の貸借対照表

81億円の自己資本金と欠損金60億円を相殺します。そうすると、自己資本金は21億円に減ってしまいますが、欠損金はゼロになります。

市民病院の貸借対照表

市民病院の貸借対照表


ただし、民間企業と異なる地方公営企業において、「無償減資」が行なわれたケースはまだ少ないです。そこで、そのメリットとデメリットについて、監査委員の見解をうかがいました。

代表監査委員に答弁していただきましたが、「基本的にはメリットのみである」との認識を示されました。

フジノはこの答弁をもとに、これから開かれる各部局との決算審議において、市民病院を所管する「健康部」に対して、「無償減資に取り組むべき」と提案します。

市民病院改革はフジノの政策の大切なテーマの1つです。

現在、民営化されてから市民病院の業績は改善しつつあり、適切なキャッシュフローへとかわりつつあります。

ここで、単年度の黒字を軌道にのせるとともに、累積欠損金を無くすことで、より健全な財政の姿に(たとえ会計上の処理に過ぎなくとも)近づける必要があるとフジノは考えています。

それは、市民病院の経営に携わるみなさんにとって、大きなモチベーションにもつながることだとフジノは信じています。

長時間つづいた今日の審議ですが、フジノにとっては充実感のある1日でした。

これからも10月まで決算審議は続きますが、1日1日の審議を大切にして、財政が少しでも良くなるように、ひいては「福祉のまち、よこすか」が実現に近づくように、提案を続けて行きます。