長尾和宏さんの講演とパネルディスカッション/みんなで支える在宅療養シンポジウム2015、今年も大成功でした

今年も満員、みんなで支える在宅療養シンポジウムを開催しました

今日は、午後から夕方まで汐入・ベイサイドポケットへ向かいました。

会場にて

会場にて


今年も横須賀市は『みんなで支える在宅療養シンポジウム〜最期までおうちで暮らそう〜』を開催しました。

みんなで支える在宅療養シンポジウム・パンフレットより

みんなで支える在宅療養シンポジウム・パンフレットより


昨年は樋口恵子さんを講師にお招きして開催したのですが、満員で大成功でした。今年も会場は満員!

会場で配布されたパンフレットはこちらです。ご覧下さいね。



第1部・基調講演は長尾和宏先生です

第1部は長尾和宏先生長尾クリニック院長)の講演です。

講師の長尾和宏先生

講師の長尾和宏先生


長尾先生は、尼崎で開業しておられます。

長尾クリニックのウェブサイト

長尾クリニックのウェブサイト


けれども『開業医』であるということよりも、長尾先生はこの本がベストセラーになって『論客』としてこそ知られています。

長尾先生のパワーポイントその1

長尾先生のパワーポイントその1

朝日新聞の医療サイト『アピタル』での連載(町医者だから言いたい!)は、すでに1700回を超えておられます(すごい!)。

長尾先生はブログも毎日更新しておられますので、ぜひご覧下さいね。

長尾先生の産経新聞での連載が資料として配られました(その1その2)。こちらもぜひご覧下さい。



自分の最期は、自分で決める~穏やかな最期を迎える為に~

長尾先生の基調講演のタイトルは『自分の最期は、自分で決める~穏やかな最期を迎える為に~』でした。

無医村での活動を二十歳の頃に経験された長尾先生

無医村での活動を二十歳の頃に経験された長尾先生

現在は「がん」と「認知症」の時代

現在は「がん」と「認知症」の時代

1976年まで日本全体では自宅で亡くなる人の方が多かったのです

1976年まで日本全体では自宅で亡くなる人の方が多かったのです

死に至るまでの過程は、病態によって大きく異なります

死に至るまでの過程は、病態によって大きく異なります

在宅医療とはなにか

在宅医療とはなにか

平穏死と延命死の違い

平穏死と延命死の違い

講演に熱がこもる長尾先生

講演に熱がこもる長尾先生

休憩時間の控え室。

長尾先生を中心に、野村良彦先生・千場純一先生・大友宣先生らが交流を温めました。

左から、千場先生、長尾先生、野村先生、大友先生

左から、千場先生、長尾先生、野村先生、大友先生

第2部・パネルディスカッション「在宅医療と病院医療」

第2部は、長尾先生を交えて、横須賀の在宅療養・地域包括ケアのキーパーソンによるパネルディスカッションでした。

テーマは『在宅医療と病院医療』です。

横須賀市の死亡場所別死亡者数

横須賀市の死亡場所別死亡者数

(パンフレットの紹介文章より)

自宅で受ける医療(在宅療養)と、病院で受ける医療は、どのようにちがうのでしょう。

実際に医療に携わる先生方のお話を伺いながら、『在宅医療』と『病院医療』の違いについて、ご一緒に学んでまいりたいと思います。

そして、ご自分の人生の最期の医療をどうすべきか、考える機会にしていただければ幸いです。

野村良彦先生(野村内科クリニック院長)
大友宣先生(衣笠病院内科医長・湘南国際村クリニック所長)
豊田茂雄先生(横須賀共済病院診療部長・地域連携センター長)

3人のパネリスト

3人のパネリスト

(その1)



(その2)



(その3)


病院の種類と、それぞれの種類ごとにどのような機能を持っているかをご紹介する大友先生

病院の種類と、それぞれの種類ごとにどのような機能を持っているかをご紹介する大友先生

横須賀ではご自宅で亡くなる方がこの10年で2倍近く増えました

横須賀ではご自宅で亡くなる方がこの10年で2倍近く増えました

長尾和宏先生とフジノ

長尾和宏先生とフジノ

外に出るとすでに夕暮れでした

外に出るとすでに夕暮れでした

*詳しい内容は後でまた記します。



後日追記:長尾先生がブログでご紹介くださいました

長尾先生ご自身のブログで、今日の横須賀のことを記事として書いて下さいました。

長尾和宏先生のブログ記事より

長尾和宏先生のブログ記事より


ぜひこちらをご覧下さいね。



東京大学の協力で「在宅医療推進のための多職種連携研修会」を開催/全国で実施できるシステムづくりをめざして

全国で6番目の開催、より良い「多職種連携の研修」を目指す取り組み

今日は、朝から夕方まで逸見の生涯学習センターで開かれた研修会に参加しました。

『在宅医療推進の為の多職種連携研修会』という研修です。

横須賀市・横須賀市医師会の主催、東京大学高齢社会総合研究機構の協力によって、開催されました。

会場のウェルシティ

会場のウェルシティ


全国では6番目の開催となるこの研修は、まさに全国から注目されています。

今日も近隣のまちをはじめ、遠くの県からも傍聴者が訪れて下さいました。

この「研修会」を行なう目的その1、わがまちの人材育成

実は、この研修会には2つの目的があります。

  1. 自分のまちの為(研修を行なう)
  2. 全国のまちの為(研修を作り上げる)

1番目の目的は、研修を行なうことで『自分のまちの多職種連携の力を高めていくこと』です。

これは当たり前の目的ですね。

会場にて

会場にて


国は、2012年から多職種連携の人材育成を3段階で取り組んできました。

国の構想における位置づけ

国の構想における位置づけ


第1段階:都道府県のリーダー育成

  • 2012年年10月、国が実施
  • 対象者:県行政職、在宅医療連携拠点担当医師等

第2段階:市区町村のリーダー養成

  • 2013年3月、県が実施。
  • 対象者:市町村職員、郡市医師会医師、その他

第3段階:地域の多職種への研修

  • 第2段階で養成されたリーダーが、地域の多職種への研修を実践する

横須賀は今、第3段階にあります。

今日の研修会は、第3段階の取り組みの1つとして開催されました。

この「研修会」を行なう目的その2、全国で利用できる研修モデルづくり

そして、もう1つの目的があります。

それは、国家レベルの目的です。

日本の国家的な課題である超高齢社会に対応する為の『システムづくり』が必要です。

今まで、ある特定の進んだ地域だけで『在宅療養』『地域包括ケア』が進められてきました。

でも、それではダメなのです。

日本の全てのまちが今すぐ走り始めなければ、2025年・2050年には対応できません。

そこで、全てのまちで取り組みがスタートできるような『プログラムの作成』が求められています。

「これをやれば、自分のまちでも『地域包括ケア』の実現に向けた取り組みをスタートできる!」

という、プログラムを作るのです。

そこで、こうして実施した研修の結果をもとに『全国のまちで活用できる研修を作り上げていく』のです。

2025年問題に直面する全国のあらゆるまちで対応できる研修モデルが必要

日本全国が『超高齢・多死社会』となる『2025年問題』に直面しています。

しかし、いくつかの先進的なまちで優れた取り組みがあるだけで、圧倒的多数のほとんどのまちでは「何からスタートすれば良いか分からない」という状況にあります。

そこで、全国のどのまちでも「この研修会を実践すれば最低限の取り組みはスタートできる」というプログラム化・システム化・パッケージ化された研修会の開発が進められています。

『豊四季台団地』での、千葉県柏市・東京大学・厚生労働省による実践をもとにして、東京大学高齢社会総合研究機構が開発した研修プログラムが、『在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会』です。

在宅医療推進の為の多職種連携研修会ホームページより

在宅医療推進の為の多職種連携研修会ホームページより


さらに、これをもとに全国のあらゆるまちに応用できるように、人口規模や経済社会環境に応じたいくつかのバージョンを作る必要があります。

つまり、実際に全国各地で研修会を開催しながら、実践をもとにブラッシュアップしてより良いものにしていくのです。

試行錯誤を重ねて、柏市では現在5回の研修を実施しました。

柏市の取り組みを基に、それぞれに地域特性を持つ大阪市東淀川区・沖縄県浦添市・東京都大田区大森地区・千葉県松戸市の4ヶ所が各1回ずつ実施してきました。

そのような状況の中で、今回、横須賀市は先進的な取り組みを進めている『都市型のまち』の1つとして参加したのです。

いち市議会議員としてではなく、社会保障・社会福祉を守るべき政治家として、フジノはこの2番目の目的をとても重視しています。

「全国の同規模のまちや類似した経済社会環境にあるまちに活用してもらえる為の、モデルとなる『研修会』づくりに横須賀は貢献できる」

とフジノは考えています。

ですから、今日の研修会はわがまちの為であると同時に、全国のまちの為でもある、重要な取り組みなのです。

研修期間を1日に短縮し、495分に濃縮した横須賀方式

さっそく研修会の様子を報告します。

従来の研修期間は約2日(1.5日間)でしたが、横須賀市では1日に凝縮して行なうことにしました。

ただでさえ忙しい医療・看護・福祉の各分野の現場のみなさんを2日間にわたって拘束するのは難しいことや、同等の効果を生み出せる1日バージョンの研修にもトライすべきではないかといったことが理由です。

ということで、朝から夕方まで延べ495分の研修となりました。

時刻タイトル講師
9:30開会挨拶横須賀市長
9:35趣旨説明横須賀市
9:40アイスブレイク

アイスブレイクの様子

司会
9:45【講義1】
在宅医療が果たすべき役割

飯島先生の講義

飯島勝矢准教授(東京大学)
10:15【講義2】
在宅ケアにおいて何故 IPW(専門職の連携協働)が必要なのか?

春田先生の講義

春田明郎医師(横須賀中央診療所・院長)
10:35休憩
10:50【講義3】
認知症の基本的理解

阿瀬川先生の講義

阿瀬川孝治医師(汐入メンタルクリニック)
11:30【事例検討1】
行動心理兆候(BPSD)へのアプローチ

グループワークの光景

グループワークの光景

阿瀬川孝治医師(汐入メンタルクリニック)
12:30休憩
13:30【講義4】
がん疼痛緩和に必要な知識

講義の風景

大友宣医師
14:10【事例検討2】
事例検討:がんの症状緩和と多職種による在宅療養支援

グループワーク後の発表

大友宣医師
15:10【講義5】
在宅医が知っておくべき報酬や制度

講義の風景

土田医師
15:30休憩
15:45【DVD視聴】
訪問診療の実際と同行研修の意義

DVD視聴

DVD視聴
16:05【討論】
グループ討論:在宅医療を推進する上での課題とその解決策
目標設定:在宅医療の実践に向けて
千場純医師
17:35修了証書授与遠藤医師会会長
17:45閉会挨拶遠藤医師会会長
アンケート記入・集合写真撮影
18:15懇親会

(つづく)