復職後の市内での初仕事は「よこすかひとり親サポーターズひまわり」の定期総会とお花見会でした

「よこすかひとり親サポーターズひまわり」の定期総会とお花見会へ

体調のことでみなさまにご心配をおかけしてしまい、申し訳ございません。

復職をした当初はメールで頂いていたご相談へのお返事を書くことから徐々に時間を増やして、ついに昨日からは外出しての仕事も再開しました。

今日は、久里浜の神明公園に向かいました。

久里浜・神明公園

久里浜・神明公園


昨年に続いて『よこすかひとり親サポーターズひまわり』の定期総会とお花見会に参加する為です。



「ひまわり」はひとり親家庭のこどもたちとシングルペアレントを全力で支えてきました

昨年の活動報告と今年の年間計画案が承認されました。

横須賀市が『ひまわり』に事業を委託しています。

なかでも、下の4つの取り組みは実績も良く、フジノとしても嬉しい結果となりました。

名前参加者数
親子キャンプ(宿泊)22組
父子家庭交流会3組
親子アウトドア講座19組
外国人との離別・法律講座6組

どれもフジノにとっては思い入れの深い取り組みばかりです。

「なかなか旅行やアウトドア体験をする機会が無い」という声からスタートした親子キャンプ・アウトドア講座。

以前はフジノもキャンプに参加したものです(カレーがおいしかった!夜のキャンプファイヤーも楽しかったです)。

今年度(2018年度)は、キャンプに22組・アウトドア講座に19組も参加して下さってすごく嬉しいです。

『外国人との離別・法律講座』は、全国的にも誇れる取り組みです。

沖縄と同じく、横須賀も米軍基地がありますので、当然ながら国際的な恋愛・結婚もたくさんあります。そして、結婚があれば、離婚もあります。

日本人同士の離婚もいろいろな困難がたくさんありますが、国際離婚はさらに大変です。

日本の法律での『離婚』は、養育費などの面で本当に不利になることばかりなので、しっかりと情報をお伝えして、プロの弁護士の方にご協力いただいています(こちらが過去の様子です)。

例えば、配偶者が米軍人の方の場合、アメリカはチャイルドサポートがしっかりしているので配偶者の給与から養育費を天引きされます。

一方、日本では養育費の支払いが滞り、やがては支払われなくなることが本当に多いです。そこで、アメリカの法律に基づく離婚を優先的におすすめするなど情報提供と具体的手続きなどの支援をすすめてきました。

『ひまわり』の活動とフジノの議会質疑を連動させて、2015年と2016年には米軍人との離婚による困難を解消をめざして市との協議も行われました。

2015年開催の「米軍人等との離婚によるひとり親」の支援にかかる関係部課による協議

2015年開催の「米軍人等との離婚によるひとり親」の支援にかかる関係部課による協議


2016年開催の「米軍人との離婚によるひとり親」に関する関係部課の協議

2016年開催の「米軍人との離婚によるひとり親」に関する関係部課の協議


2016年の開催後、残念ながら横須賀市側の動きがストップしてしまいました。

そこで市長交代を好機に、この取り組みをしっかり再開させていこうという活動も進めています。

父子家庭(シングルファーザー)のこどもたちへの支援は、市議になる前から続けてきました。

2003年に市議になった当初、父子家庭支援に取り組む政治家があまりにもいなかった為、本当によくフジノはメディアの取材を受けました(例えばこちら)。

それから10年が経って状況が改善されたかといえば、残念ながら違います。

離婚が増えた分だけシングルファーザーは増えたのですが、相談や支援は依然としていきとどいていないもどかしさを感じています。

そこで2017年予算議会で、改めて「見えづらい存在となってしまっている父子家庭」になんとか情報提供や支援をしたいという願いから提案をしました。

2017年3月9日・教育福祉常任委員会での質疑

フジノの質問

 
続いて、ひとり親家庭への支援について伺います。

『母子家庭等指導講座事業等委託料』についてです(注:『ひまわり』が受託している事業の名前です)。

かねてから、

「父子家庭は数が少なく、集まりを開催してもなかなか定着をしない。1度来ても、交流会は母子家庭ばかりで参加しづらい、ということで、2度と来ない方がほとんどだ」

ということを申し上げてきました。
 
そこで、父子家庭を対象とした、あるいは父子家庭に限定した取り組みを行なってほしいと申し上げてきましたが、2017年度予算には反映されているのでしょうか。

こども青少年給付課長の答弁

 
確かに、委員のおっしゃるとおり、父子家庭の参加しにくい状況があるというのは、承知しております。
 
委託先(『ひまわり』のことです)に、今年度講座をしているものがありましたので、私も実際行ってみたのですが、ある講座で母子家庭が10何世帯参加している中に、父子家庭の方も1世帯おられました。

委託先に話を聞いたところ、

「以前は父子家庭に限って企画したこともあるのだけれども、そのときは参加が無かった。だけれども、相談の結果、父子家庭のこういう参加も当然あるべきだ」

と話し合いしまして、2017年度には父子家庭も対象とした講座も開催できると考えております。

フジノの質問

大変感謝しております。
 
その取り組みは1回だけでは、もしかしたらまた参加者ゼロかもしれないのですが、息の長い取り組みにしていただきたいです。

父子家庭には『見えない貧困』がさらに母子家庭以上の可能性もある。そういう方もおられる、と聞いていますので、継続をした取り組みを進めていただきたいと思います。

ということで、『ひまわり』には父子家庭を強く意識した『父子家庭交流会』を改めて毎年開催していただくことになったのです。

もちろん提案者として、フジノは昨年2018年の父子家庭交流会にも伺いました。

3組という数字だけみると「少ない」という評価があるでしょう。

けれども、母子家庭の方々も「そもそも『ひまわり』に電話する気力も時間も無かった」「参加するまで勇気がとても必要だった」というのが離婚・離別の際の心理的な状況なのです。

父子家庭の方々が3組も来て下さったことはフジノにとって望外の幸せでした。

余談ですが、1度出会った方のことは永遠に忘れません。お住まいの地区の担当保健師さんをご紹介したり、その後の保育園に入れたかどうかを伺ったり、機会を捉えてはお声がけさせていただいています。

成長していくお子さんを見られるのは本当にうれしくてたまりません。お父さんが少しずつ元気を回復して下さっていく姿にも。

離婚・離別は、特別なことではありません。

責められることでは全くありません。

僕は、こどもたちを守る為にも全力で親御さんたちを支援していきます。

『ひまわり』の2019年度年間計画も充実しています。

日頃の相談(メール・電話・面談)に加えて、市から受託した事業と独自の活動(年間19回プラスアルファのイベント)にもとても期待しています。

もしもこのブログをご覧になっておられる、これから離婚を考えておられる方々、なかなか離婚してもらえずに苦しんでおられる方々、離婚の精神的なダメージからなかなか立ち直れない方々など、『ひまわり』の活動に興味を持った方がおられたら、ぜひご連絡くださいね!

『よこすかひとり親サポーターズひまわり』のホームページはこちらです。



総会の後はみんなでお花見です

総会の後は、恒例のお花見です。

会場の神明公園は、うわまち病院の移転先に決まってしまったこともあり、あと数年間でお別れになってしまいます。

フジノは『ひまわり』ではもっぱらこどもたちの保育担当というか遊び役なのですが、今日は体調が戻っていなくて走ることはできず。

たくさんの親御さんたちと会話をして、ときに相談を聞かせていただいて、本当にありがとうございました。

創立10年目、立ち上げオリジナルメンバー集合です

創立10年目、立ち上げオリジナルメンバー集合です


加えて、フジノはしばらく休職していたのですが、かれこれ12年以上ともにがんばってきた3人のリーダーと再会できたのは大きな励みになりました。

みなさんが居てくれる限り、僕もがんばれる。

そう感じました。

元気をいただきました。ありがとうございます!



「神奈川フードバンク・プラス」とのコラボも実現しています

そして、最後にもう1つ。

フジノにとってフードバンク活動の支援は大切な取り組みの1つです。

なかでも、『NPO法人神奈川フードバンク・プラス』は横須賀での活動スタート前からのおつきあいで、事務局にもスタッフにも長年の戦友(とあえて呼ばせて下さい)がいらっしゃいます。

今日はその『神奈川フードバンク・プラス』から、たくさんの飲み物と食べ物とお菓子を『ひまわり』に提供していただきました。

右から「神奈川フードバンク・プラス」鈴木さん、「ひまわり」の寺田代表

右から「神奈川フードバンク・プラス」鈴木さん、「ひまわり」の寺田代表


両方の活動に大切な想いを持つフジノとしては、両団体の協力関係がこの上なくうれしくてたまりません。

みなさま、『神奈川フードバンク・プラス』の活動にもどうかご賛同くださいね。



ピアによる相談をはじめ、支援機器の使い方を学べたり、趣味やスポーツなど活動の場も広がります。視覚に障がいのある方々はぜひご入会をおすすめします/横須賀市視覚障害者協会の定期総会へ

長年にわたってピアサポートを続けてきた「横須賀市視覚障害者協会」

今日はお昼から『横須賀市視覚障害者協会』の定期総会に参加しました。

「平成28年度横須賀市視覚障害者協会定期総会」プログラムより

「平成28年度横須賀市視覚障害者協会定期総会」プログラムより


フジノは毎年参加させていただいています。

視覚に障がいのある方々の当事者団体(セルフヘルプグループ)として、素晴らしい活動を長年にわたって続けてこられた社会的意義の高い団体です。

横須賀市視覚障害者協会・定例会の会場にて

横須賀市視覚障害者協会・定例会の会場にて


その活動は様々です。

例えば、

  • 視覚障がいのある方々への福祉相談の実施、

  • 小中学校でのボランティアスクールに協力するなどの様々な福祉活動の推進、

  • 市内の点字ブロックの設置の在り方や音響式信号機などについてのご意見、

  • スマートフォンやタブレットの体験会や講習会も開いています。

フジノもしばらく購読していたのですが、毎月『会報「光」』を発行して、会員のみなさまに情報提供を行なっています。

健康づくりの為のクラブ活動も盛んで、スポーツでは県大会で受賞をしている方もおられます。

編み物教室や、民謡やコーラス、社交ダンスなどの取り組みもあって、県のダンス競技会で昨年度も準優勝となった方もおられます。

また、ウォーキングや登山などをはじめ、昨年度からはヨガ教室もスタートして好評だそうです。

日帰りバス旅行や新春の集いでカラオケ大会を開くなどのレクリエーションも充実しています。

みなさんで懇親会や会食を行なうなど、交流もしばしば行なわれています。

横須賀市から事業の委託も受けています。



視覚に障がいのある方は圧倒的に多いのに、まだまだこの団体が知られていなくて残念です

人はみな年をとるにつれて、視力が下がったり、視覚に障がいを持つようになります。

この超高齢社会では、視覚障がいのある方は確実に増えていくものです。

そんな『長寿社会では誰にでも起こる当たり前の出来事』であるとしても、初めて視覚障がいの状態になった方は、とても不安になりますし、時に絶望に追い込まれることもあります。

何故なら、今まで『観る』という当たり前にしてきた行動が失われてしまうことは、人生の在り方がそれまでとは大きく変化せざるをえないからです。

そんな時、こちらの団体がとても力になってくれます。

上に記したとおり、同じ体験をした先輩当事者(ピア)として相談にのってくれることはとても心強いです。

さらに、使用する機器類の相談にものってくれたり、スポーツや趣味の活動や、いろいろな交流の場や生きがいづくりの場も開催してくれています。

それなのに現在、正会員54名です。

これは大変に少ないです。

「ああ、もったいないなぁ」とフジノはつねづね感じています。

何故かというと、実際には横須賀市内には、視覚障がいのある方々は約1000名おられます。

視覚障がいのある方の数(横須賀市)

視覚障がいのある方の数(横須賀市)


1000人中の60人しか入会しておられない訳です。

入会して一緒に交流をしたり情報交換をしたり、クラブ活動やレクレーションや日帰り旅行をしたり、さらには政治行政への制度の改善を求めたり、本当に熱心な活動がなされています。

参加していただければ、何よりも不安な気持ちを少しずつ変えていかれる大きなきっかけになります。

参加人数が増えれば、もっと活動の幅も広がっていくことが期待できます。

盛会です

盛会です


さらに、現在は約60人の団体がやがて約1000人の団体になれば、『横須賀市の施策への発言力』も高まります。

政治・行政への要望活動も、より大きな力になると思います。

視覚障がいのある方々が住みやすいまちへと変えていくことや、視覚障がいに対する人々の理解を広げていく活動もさらに発展していかれるはずです。

そんな理由から、フジノはもっともっと多くの方々に、この団体の存在を知ってほしいです。

どうか、あなたのまわりで視覚障がいのある方がおられたら、ぜひこちらの団体の存在を教えてあげて下さいね。

きっと人生にさらに広がりをもたらしてくれるのではないかとフジノは感じています。

どうかよろしくお願い致します。



総合福祉会館への誘導路上の照明灯の照度アップ「遅すぎる」とお叱りを頂きました/横須賀市視覚障がい者協会・定期総会へ

横須賀市視覚障がい者協会の定期総会に参加しました

本日は『横須賀市視覚障がい者協会』の定期総会に参加しました。

2003年に初当選してから、必ず出席させていただいてきました。

横須賀市視覚障害者協会の定期総会へ

横須賀市視覚障害者協会の定期総会へ


今日は投票日。

フジノが来期も市議会議員になれるかどうかも分からない状態のまま、お招きいただきました。

井坂しんや元市議も、4月30日からが新しく県議としての任期スタートなので、今は身分が何も無い状態。

井坂しんや新県議会議員とフジノ

井坂しんや新県議会議員とフジノ


それでも2人ともずっと視覚障がいのある方々の福祉に取り組んできたことが評価していただけたのだと思います。

井坂しんや新県議が来賓としてごあいさつ

井坂しんや新県議が来賓としてごあいさつ


お招きいただきまして、ありがとうございました!

横須賀市視覚障がい者協会・平成27年度定期総会次第

横須賀市視覚障がい者協会・平成27年度定期総会次第


来賓のみなさんはあいさつを終えたら帰ってしまいました。

けれども、井坂しんや新県議とフジノは定期総会が終わる最後までいつもどおり立ち会いました。



「今頃になって照度が上がったのは政治行政の対応が遅すぎる」とお叱りを頂きました

視覚障がい者協会会長のご挨拶で

「長年、市に要望してきました『総合福祉会館への誘導路上にある照明灯』の照度がアップされました。少しだけバリアが減って、ホッとしました」

とお話がありました。

その後に来賓あいさつに立った、平松理事長(かながわ信用金庫理事長・横須賀市商工会議所会頭)からは

「厳しいことをあえて申し上げますが、今頃になって『照明灯の照度』がアップしたなんて、政治行政の取り組みはあまりに遅くありませんか。政治行政はもっと必要なことを迅速になさるべきではありませんか」

とお話がありました。

『かながわ信用金庫』は本当に長年にわたって視覚障がいのある方々への支援に取り組んでこられて下さっています。

さらに、定期総会にもたびたび理事長自らが来賓として出席して下さっています。

平松理事長のお言葉は全くその通りで、フジノとしては視覚障がいのあるみなさまに深くお詫びの気持ちを申し上げることしかできませんでした。

これから、市内の道路にある全ての街路灯の照度がアップします。

これは技術の進化でLEDの明るさを高くすることができるようになったからです(価格が高いものはこれまでもありました。価格が安くて照度が高いものが開発されたのです)。

横須賀市はこれから街路灯全ての照度を上げていきます。

視覚障がいのある方をはじめ、全ての市民のみなさまにとって昼でも夜でも歩く上で安心して歩ける道路にできるように今後も努力していきます。

平松理事長、厳しいお言葉をあえてかけていただいたこと、フジノも井坂新県議もありがたく深くこころに刻みました。

視覚障がい者協会の新年度の活動方針でも

「照明の照度アップの場所を増やしていただきたい」

という要望が出されています。

しっかりと取り組んでいきます。

●

『横須賀市視覚障がい者協会』のみなさま、本日はお招きいただきまして、ありがとうございました。

市民のみなさま、年齢が上がれば誰もが何らかの視覚障がいを持つようになるものです。

そんな時、ぜひこの協会に参加して下さいね。

ピア(当事者)によるサポートは、とても大きな力になります。