横須賀市議会選挙に立候補しました!/横須賀市議会選挙2019・1日目

横須賀市議会議員選挙に立候補しました

本日、正式に選挙管理委員会に立候補届け出を行ないました。

50人が立候補しました

50人が立候補しました


50人が立候補をしましたが、フジノの届け出番号(同時のポスター掲示板番号)は14番です。

フジノの立候補届け出番号(ポスター掲示板番号)は14番です

フジノの立候補届け出番号(ポスター掲示板番号)は14番です


そもそも立候補できるかどうか分からない状況だったフジノです。

フジノは元気いっぱいです

フジノは元気いっぱいです


だから今こうして、市民のみなさまにお会いして元気な姿を見ていただけることが嬉しくてたまりません。



立候補届け出を終えて「第一声」をインターネット中継でお届けしました

本音を言えば、一刻も早く仕事に戻りたい。

「選挙なんてやっているヒマはないのに」とさえ感じます。

けれども、選挙こそ民主主義の根っこであり、有権者の付託なしに政治家は存在しません。

この1週間はせっかく頂いた時間だと受け止めることにしました。

そして、ふだんの日々以上に市民のみなさまの声をたくさんお聴かせいただきたいと思います。

『選挙』というと候補者がひたすら政策を訴えるだけというイメージがあります。

フジノはそれを逆転させて、「ぜひあなたの想いをたくさん聴かせて下さい」とお伝えして、徹底的に生の声を聴かせていただく選挙にします。



1週間、市内を歩き回っていますので、ぜひあなたの声をお聴かせ下さい

今回もフジノは『選挙カー』を使いません(過去16年間1度も使ったことがありません)。

選挙カーは使いません。徒歩・電車・バスで移動します

選挙カーは使いません。徒歩・電車・バスで移動します


過去4回の選挙と同じく、ひたすら歩いて移動しては演説して、歩いて移動しては演説して、横須賀市内を歩き回っています。

平成町での演説

平成町での演説


メガフォンを持っていると話しかけづらいと思いますので、演説は短めにして、みなさまの声をたくさん聴かせていただこうと思います。

県立大学駅前での演説

県立大学駅前での演説


もしもどこかで見かけたら、ぜひお声がけ下さい。

夜の街頭演説@モアーズシティ前

夜の街頭演説@モアーズシティ前


あと6日間、お騒がせして誠に申し訳ございませんが、あなたにお会いできることを楽しみにしております。

おかげさまで1日で全ての掲示板にポスターを貼り終えることができました!

おかげさまで1日で全ての掲示板にポスターを貼り終えることができました!





先輩がフジノのプロモーションビデオを作ってくれました!

夕方17時くらいにフジノが街頭で演説をしていたら、映像制作の仕事をしておられる先輩がカメラを持って撮影をして下さいました。

その数時間後に、なんとこんな素敵な編集をした動画をプレゼントして下さいました。

フジノが特別養護老人ホームの待機者数と待機期間を減らす取り組みをしてきた演説をコンパクトにまとめて下さいました。

すごくかっこよくできていますので、ぜひご覧くださいね!



長井海の手公園ソレイユの丘・これまでの入場者数(2005〜2012)

ソレイユの丘の入場者数

ソレイユの丘の、オープンから現在までの入場者数の実績は下の通りです。

利用者数の実績
年度人数前年度比
200573万6,084人オープン
200665万8,355人前年度▲7万7,729人
200758万8,506人前年度▲6万9,849人
200865万9,981人前年度+7万1,475人
200965万8,418人前年度▲1,563人
201055万2,833人前年度▲10万5,585人
201152万4,503人前年度▲2万8,330人
201254万8,854人前年度+2万4,351人

なお、この入園者数をどのように数えたかというと、推計値と実数を合計したものです。

(1)駐車場の利用台数(普通車)×3.3人
(2)団体来園者数(実数)

この(1)と(2)を足したものです。

吉田市長の実績(その1)借金を3000億円に減らしました

市民のみなさまには知らされていない事実

吉田市長が街頭演説で語るたくさんの『実績』があります。

その1つが「市の借金を3000億円まで減らした」です。

吉田市長が街頭で配布している討議用資料より

吉田市長が街頭で配布している討議用資料より


それを聴いた市民のみなさまは

「良くやったぞ!」

と感じると思います。

フジノは、初当選した11年前から一貫して

「赤字だらけのハコモノ行政をやめろ」

「借金を減らして福祉の財源に充てるべき」

と訴えてきました。

筋金入りの財政健全化論者であるフジノからすると、吉田市長が宣伝している『実績』は、ニセモノです。

吉田市長がしばしば訴える「借金を減らした」という実績

吉田市長がしばしば訴える「借金を減らした」という実績


事実はこうです。

吉田市長は就任後2年間で75億円の借金を減らしました。

一方、蒲谷前市長による2年間の実績はこちらです。

蒲谷前市長が減らした借金の実績

蒲谷前市長が減らした借金の実績


吉田市長が「官僚政治」と非難した蒲谷前市長の方が多くの借金を減らしている実績があります。

実は、沢田市長(フジノが最も批判してきた市長です)と蒲谷市長の2人は、10年間で527億円もの借金をカットしました。

2人の前市長と比べると、圧倒的に吉田市長の『実績』は劣っています。

市民のみなさまは、吉田市長のアピールだけを聴くとまるで『借金カット』が進んだかのように受け止めると思います。

けれども、現実は全く違います。

うまい見せ方でごまかすのは間違いだ

「市民のみなさまに全てお見せするべきデータが複数あるのに、あえて1つしかデータを出さなければ、別のデータを隠したのと同じだ」

と、フジノは怒りを感じています。

それに対して、きっと吉田市長は

「見せ方の問題であって、ウソはついていない」

と、反論するかもしれません。

しかし、事実を元にした政策論争こそ、このまちの未来の為には必要です。

フジノは可能な限りのデータで事実をお示ししていきたいと思います。

市民のみなさまには、事実を複数の観点から判断していただけたらと願っています。

長井海の手公園ソレイユの丘・これまでの入場者数(2005〜2011)

ソレイユの丘の入場者数

ソレイユの丘の、オープンから現在までの入場者数の実績は下の通りです。

 

公園利用者数の実績
年度人数
2011 52万4,503人(前年度▲2万8,330人
2010 55万2,833人(前年度▲10万5,585人
2009 65万8,418人(前年度▲1,563人
2008 65万9,981人(前年度+7万1,475人
2007 58万8,506人(前年度▲6万9,849人
2006 65万8,355人(前年度▲7万7,729人
2005 73万6,084人 *オープン