横須賀市の抗体検査の結果、抗体保有率は1.04%でした。測定はIgG、検査キットはシンガポールのバイオリディクス社製です/横須賀市の新型コロナウイルス感染症対策

横須賀市の抗体検査の結果が出ました

7月3日から横須賀市が行なった、新型コロナウイルス感染症の抗体検査の結果が出ました。

それを受けて、上地市長が記者会見を開きました。

また、市民のみなさまへ市長メッセージが配信されました(動画の後半部分が抗体検査に関わる部分です)。




全議員向けに報告された結果の内容は下のとおりです。

新型コロナウイルス抗体検査の実施結果について

無作為抽出した約2,000人の市民を対象に、7月3日から7月15日まで実施した抗体検査の結果については以下のとおりです。

  1. 検査受検者数、受検率
    受検者 964 名
    受検率 48.5%(964/1988)

  2. 抗体保有者数、保有率
    抗体保有数 10 名
    抗体保有率 1.04%(10/964)

  3. 抗体保有者の属性

  4. 性別
    男性:7名
    女性:3名
    年齢
    20代:1名
    30代:1名
    40代:1名
    50代:2名
    60代:2名
    70代:2名
    80代:1名
    就業の有無
    あり:5名
    なし:5名
    就業者の勤務地
    市内:3名
    市外:2名

※横須賀市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況(7月21日現在)
累積感染者数 69名
感染率 0.018%(7月1日現在人口39万1,534人)

報告された資料にはありませんが、横須賀市が抗体検査に使用した検査キットはシンガポールのバイオリリクス社のものです。

また、一般的に抗体検査で検出する抗体は2種類あります。

  1. IgM抗体
    →発症したらすぐに出ると言われているもの
  2. IgG抗体
    →発症後2~3ヶ月後に残ると言われているもの

横須賀市の検査キットでは、IgG抗体の有無を検出するものでした。



他都市の抗体保有率と比べると高すぎる値です

厚生労働省が他都市で実施した抗体検査(2020年6月16日発表)では抗体保有率は0.03〜0.17%でした(感染率と感染者数は5月31日時点)。

地域抗体保有率報告に基づく感染率感染者数
東京0.1%0.038%5236人
大阪0.17%0.02%1783人
宮城0.03%0.004%88人

上の調査結果と比べると、横須賀市の1.04%はすさまじく高いものとなっています。

この点についてフジノの考えを記したいと思います。

次のブログ記事に続きます。