【学校再開】6月1日から市立幼稚園・小中学校・特別支援学校・高校を再開します/5月25日発表、横須賀市の新型コロナウイルス対策

市立の幼稚園・小中学校・特別支援学校・高校に通う児童生徒のみなさん・保護者のみなさんへ

本日5月25日、教育委員会から学校再開に向けた方針について報告を受けました。

学校再開は6月1日から

2020年6月1日(月)から学校を再開します。



授業は段階的に再開します

●幼稚園・特別支援学校の場合

第1段階:6月1日~19日(平日15日間)
分散登校、半日授業、給食なし
午前中のみの保育または授業
第2段階:6月22日~30日(平日7日間)
全員登校、全日授業、給食あり
短縮の保育または授業
第3段階:7月1日以降
通常授業・給食あり

●小学校の場合

第1段階:6月1日~19日(平日15日間)
分散登校、半日授業、給食なし
再開当初3日間、学年別準備登校を実施
学級半数の隔日登校、午前中40分×3または4時限授業
第2段階:6月22日~30日(平日7日間)
全員登校、全日授業、給食あり
全員登校、40分×5時限授業
第3段階:7月1日以降
通常授業・給食あり

●中学校の場合

第1段階:6月1日~19日(平日15日間)
分散登校、半日授業、給食なし
再開当初1日、学年別準備登校を実施
学級半数の午前・午後の2部制45分×3時限授業
第2段階:6月22日~30日(平日7日間)
全員登校、全日授業、給食あり
全員登校、45分×5時限授業
第3段階:7月1日以降
通常授業・給食あり

●高校の場合

第1段階:6月1日~19日(平日15日間)
分散登校、半日授業、給食なし
分散登校・時差登校による短縮授業
第2段階:6月22日~30日(平日7日間)
全員登校、全日授業、給食あり
分散登校・時差登校による短縮授業
第3段階:7月1日以降
通常授業・給食あり
  • 児童生徒等の毎朝の検温を各家庭に依頼し、学校は健康把握に努めます。
  • 学校生活においては、3密を防ぎ、マスク着用、手洗い手指消毒を指導します。
  • 中学校・高等学校の部活動は中止し、再開は7月1日以降、状況を見て判断します。




夏休みについて

2020年度に限って、小中学校・特別支援学校・高校の夏休みは下のとおりとします。

2020年8月6日(木)~8月17日(月)までの12日間



給食について

夏休み期間の変更に伴って、小中学校・特別支援学校の給食は、次のとおりとします。

夏季休業前:6月22日(月)~7月31日(金)
夏季休業後:8月31日(月曜日)から

※市立養護学校は、児童生徒の状況に合わせて設定します。



運動会・修学旅行等の行事について

春季に予定していた学校行事は秋以降に延期し、規模を縮小しての実施や、中止を検討します。

以上です。



横須賀市立の幼稚園・小中学校・特別支援学校・高校の休校を5月8日まで延長します(あくまでも4月28日現在の方針です)/横須賀市の新型コロナウイルス対策

市立の幼稚園・小中学校・特別支援学校・高校に通う児童生徒のみなさん・保護者のみなさんへ

本日が登校日だった学校の保護者のみなさんはすでにご存知かと思いますが、改めてご報告します。

本日4月28日、教育委員会から今後について次の3つの連絡がありました。

  1. 5月7日(木)と8日(金)の学校はありません。
    →これまでは5月6日(水)まで休校とお伝えしてきました

  2. 教育委員会と学校は、休校が続くかもしれない(または段階的に再開するかもしれない)ことに対応する為に必要な準備を行なっていきます。

  3. 教育委員会と学校は、休校が延長となった場合に、こどもたちに家庭で学習してもらえるように課題を作ります。

児童生徒のみなさん・保護者のみなさんに直接関係があるのは、1番目の休業期間の2日間の延長です。

5月7・8日を休校とします(4月28日現在の方針です)

5月7・8日を休校とします(4月28日現在の方針です)


5月9日(土)と10日(日)はもともと学校はお休みですから、この連絡をもって5月11日(月)まで学校はありません。

*これはあくまでも4月28日現在の方針です。近日中に変更される可能性が高いとフジノは考えています。



休校延長の可能性が高いのですがもしも11日から再開した場合は

もしも11日(月)から再開する場合は、下のような方針でいます。

  • 幼稚園
    はじめの数日間は、午前のみとする予定です。

  • 小中学校・特別支援学校
    はじめの数日間は、午前のみとする予定です。
    給食は5月25日以降にスタートできるように検討します。

  • 高校
    短縮授業などを行ないながら段階的に再開していくことを検討します。

本日お知らせした内容は、教育委員会の『新型コロナウイルス感染症予防対策にかかる、市立学校の令和2年度の教育活動基本方針について』に基づいてフジノが記しました。

*これはあくまでも4月28日現在の方針です。近日中に変更される可能性が極めて高いとフジノは考えています。



今後の方針についてはもう少しお待ち下さい

市民のみなさまからは

「早く休校なのか再開なのかを発表してほしい」

とたくさんのご意見を頂いております。

(そのとおりですよね。本当に申し訳ございません)

これまでの流れからすると、まずは文部科学省の方針を受けて、神奈川県が方針を決めて、そして横須賀市教育委員会も同じ方針を取るという流れになります。

これはフジノの個人的な見解なのですが、休校は延長されるのではないかと考えています。

報道されている情報などからしても休校をやめる(緊急事態宣言を解除する)ほど新型コロナウイルスの感染拡大がおさまっているとは思えないからです。

いずれにしても、正式な発表まで今しばらくお待たせすることになります。

誠に申し訳ございません。



速報!ついに横須賀市で「PPS」導入が実現/東京電力より約2400万円安く電気を買うことができます!

速報!ついに横須賀市で「PPS」導入が実現します!

今日、財政部長と教育長から報告を受けました。

電気の購入についての入札が無事に終わり、『PPS』最大手の株式会社エネットから電気を買うことが正式に決定しました!

(『PPS』とは『新電力会社』のことです。詳しくはこちらのサイトをご覧ください)

しかも、東京電力の基本料金と比べると、なんと1kwあたり291.4円も安くなりました!

東京電力の単価落札額比較
基本料金(1kwあたり)1,638.0円1,346.6円△291.4円

すでに繰り返し書いてきたことですが、これまで横須賀市は電気を買うのに東京電力1社だけとの『随意契約』をしてきました。

けれども、

『原発でつくった電気』では無く『クリーンなエネルギーでつくった電気』を、『東京電力』から買うよりも安く買うことができる方法があるので

昨年の震災後、『脱原発議連』のメンバーによって「導入すべきだ」と提案を繰り返してきました。

それが、電力を『競争入札』によって買うことです。

こうした市議会の提案を受けて、ようやく今年から横須賀市は『入札』を行なうことになりました。

まずは市立学校72施設から導入して、効果が検証されれば他の施設へと拡大していきます。

この第1弾として重要な入札が5月30日に開札となり、『PPS』の最大手である『株式会社エネット』が落札しました。

こうして、東京電力とそのまま契約しているよりも、約2400万円安く電気を買うことができることになりました!

『脱原発議連』の活動がまさに実りました。
 
市民のみなさまに報告できてとてもうれしいです。

詳しいことはまた後日お知らせします。

2012年6月5日・神奈川新聞より

2012年6月5日・神奈川新聞より