ぜひいらして下さい!「第11回リリー賞表彰式」のおしらせ/2015年3月20日(金)13:00〜16:30@ベルサール八重洲

第11回リリー賞表彰式のおしらせ

今年も『リリー賞』の表彰式を開催します。

『リリー賞』とは、『精神障害者自立支援活動賞』の通称です。とても伝統のある、栄誉ある賞です。

フジノは2010年から選考委員会委員を務めています。

第11回リリー賞表彰式のおしらせ

第11回リリー賞表彰式のおしらせ


ぜひみなさまいらして下さいね!

「第11回リリー賞表彰式」と「こころの元気+セミナー」のお知らせ


  • 日時:2015年3月20日(金)13:00〜16:30
  • 会場:ベルサール八重洲



当日のプログラムは下の通りです。

時間リリー賞表彰式&受賞者の活動紹介
13:00

14:00
プレゼンテーター:松本ハウスさん

「タモリのボキャブラ天国」「進め!電波少年」などの人気番組に出演していながらもハウス加賀谷の統合失調症悪化により 1999 年に活動を休止。その後加賀谷は入院生活を経て、相方・松本キックとともに10年ぶりにコンビ復活。コンビ復活までの軌跡が綴られた「統合失調症がやってきた」を2013年8月に刊行。全国各地で公演活動を継続中。

時間こころの元気+セミナー
14:00

16:30
『職場のメンタルヘルス対策と精神障がい者雇用の行方〜ストレスチェック義務化で、精神科医療・福祉はどう変わる?』

メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的として、従業員のストレスチェックを義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法案」が平成26年6月19日に国会で可決・成立しました。従業員50人以上の職場すべてに、医師・保健師などによるストレスチェックの実施を義務付けるもので、平成27年12月から施行される予定です。

事業者は、ストレスチェックを受けた従業員の希望に応じて、医師による面接指導を実施しなければなりません。さらに、医師の意見を聴いた上で、必要な場合には、作業の転換・労働時間の短縮など、適切な就業上の措置を講じなければならないことになります(面接指導の申し出をしたことを理由に従業員に不利益な取り扱いをすることは禁じられています)。

今回の法改正により、多くの職場でメンタルヘルス対策を実施しなければならなくなるといわれています。平成30年には、精神障がい者の雇用義務化も予定されており、今後数年間で精神科医療や福祉のあり方が大きく変わる可能性があります。どのようにかわるのか、それぞれの分野に精通した皆さんからお話を伺います。

●ストレスチェックを職場と社会を変える機会に
泉陽子(厚生労働省安全衛生部労働衛生課長)

●職場のメンタルヘルス対策の充実・強化は精神科医療をどう変えるか
 中村純(産業医科大学精神医学教室)

●精神障害者雇用で、誰もが働きやすい職場づくりを 定着支援と復職支援の共通項
金塚たかし(NPO 法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク JSN)

司会:島田豊彰(NPO法人地域精神保健福祉機構・理事)



第11回リリー賞表彰式にあわせて『こころの元気+セミナー』を開催します。

毎年こちらも大変好評ですので、ぜひいらして下さいね。



今回のプレゼンテーターは「松本ハウス」さん!

リリー賞選考委員であるフジノにとって、「表彰式のプレゼンターを毎年どなたが務めるか」も大きな関心事です。

昨年は、桂米團治師匠(落語家)でした。

第10回リリー賞表彰式のチラシより

第10回リリー賞表彰式のチラシより


表彰式の後、米團治師匠の落語をご披露いただきましたが、場内大爆笑。本当に楽しかったです。

そして今年のプレゼンテーターが、ついに発表されました。

『松本ハウス』のお2人です!

統合失調症を公表して、さらに大活躍しておられるハウス加賀屋さんと松本キックさんのお2人をお招きします。

もはやご紹介するまでも無いくらいのご活躍ですが、全国各地でトークショーを開催するほか、NHK Eテレのバリバラ特集ドラマ「悪夢」にも出演されました。ボキャブラでの大人気から再ブレイクしたお2人。

昨年2014年1月に、フジノも再ブレイクした『松本ハウス』のトークをお聴きしたのですが、素晴らしかった!

表彰式の後には、お2人の爆笑トークが聴けるはずです。フジノも超楽しみです。



こころの元気+セミナー「職場のメンタルヘルスと障がい者雇用の行方」もご注目を!

表彰式に引き続き、毎回恒例のセミナーを開催します。

今回のテーマは、

「職場のメンタルヘルス対策と障害者雇用の行方」

です。

平成26年12月から50人以上の職場で、従業員に対するストレスチェックを実施することが義務づけられました。

すでに多くの大企業ではメンタルヘルス対策に乗り出していますが、さらに中小企業においてもメンタルヘルス対策を実施しなければならなくなります。

平成30年には、精神障がいのある方々の雇用義務化も予定されています。

その為、今後数年間で精神科医療や精神保健福祉のあり方も大きく変わる可能性があります。

こうした論点を、出演者のみなさまに語っていただきます。

これだけ盛りだくさんで参加は無料です。

絶対に来て下さい!

申し込みはこちらからお願いします。

それでは当日お会いしましょうね。



看護職のための合同就職説明会へ/3年間実施する「看護師確保対策協働モデル事業」の2年目の取り組み

人材不足の看護師を確保する為の取り組み

今日は、総合福祉会館にて『看護職のための合同就職説明会』が開かれました。

2014年度の説明会チラシより

2014年度の説明会チラシより


看護師の資格を持っているけれど1度退職された、いわゆる潜在看護師の方をはじめ、看護職を目指そうという高校生の方々や一般の方まで、どなたでも参加できるイベントです。

  1. ブースコーナー
    市内の全11病院、訪問看護や高齢者施設など19施設が参加
  2. ブースコーナー

    ブースコーナー

  3. レクチャーコーナー
    現役の病院看護部長の講演と病院に復職した看護師の体験談
  4. 講演・復職者体験談

    講演・復職者体験談

  5. 相談コーナー
    復職支援相談・進学相談・就職相談

この説明会は『看護師確保対策協働モデル事業』の1つとして実施しています。

看護職のための合同就職説明会会場にて

看護職のための合同就職説明会会場にて


『NPO法人看護職キャリアサポート』と市内の病院看護管理職で組織する『看護師確保対策協働モデル事業実行委員会』、そして横須賀市が主催して実施しています。

2013〜2015年度の3年間、実施していく予定です。

2013年度の説明会

2013年度の説明会


昨年度も、『合同就職説明会』(2013年度は17ブースでした)、看護職対象の『キャリア支援研修』や『キャリアカウンセリング』などが実施されました。



どの病院・福祉施設も福利厚生や研修が充実しています

各病院・福祉施設ともに、福利厚生や研修にとても力を入れています。

例えば、保育について。

聖ヨゼフ病院では、保育が必要なおこさんがいらっしゃる方は、保育料の補助があります。

医療法人社団相光会(湘南グリーンをはじめとする4つの老健、グループホーム等を多数運営しています)では、企業内保育所を設置しています。

ブースの様子

ブースの様子


看護の仕事をしばらく離れていた方々が復職するにあたって、技術に追いつく為の教育研修が欠かせません。

そのプログラムを見せていただきましたが、充実したプログラムでした。

途中入職であっても、年間計画、先輩看護師によるサポートなど充実していました。

病院・福祉施設・訪問看護ステーションなどのパンフレットが多数置かれています

病院・福祉施設・訪問看護ステーションなどのパンフレットが多数置かれています


フジノとしては、病院だけでなく、ぜひ『訪問看護ステーション』『福祉施設』なども復職先としてみなさまに検討していただきたいと願っています。

例えば、『ライフゆう』!

大きなやりがいが感じられるはずです。

結婚や出産や介護などによって、いったんは退職された看護師のみなさまには、ぜひ復職にチャレンジしていただきたいと願っています。

横須賀市は、全力でサポートしていきます。

今回のような就職説明会の機会以外にも、いつでもご相談いただけます。

市の他にも、『神奈川県ナースセンター(公益社団法人神奈川県看護協会・看護師等無料職業紹介所)』では、毎日ご相談を受け付けています。

お待ちしております!



【お知らせ】潜在看護師支援セミナーが開かれます

神奈川県では、看護師が不足しています。

人口10万人対看護職員数(都道府県別)。平成22年業務従事者届けより

人口10万人対看護職員数(都道府県別)。平成22年業務従事者届けより

人口10万人当たりの就業看護職員数も全国で最も少ないです。

2012年6月15日に発表された『神奈川県における看護教育のあり方第一次報告』においても、その深刻な状況について記されています。

平成21年度に策定した「第七次看護職員需給見通し(平成23年度~27年度)」では、本県の看護職員数は、平成23年は1万4050人不足、離職率や再就業者率の改善などを見込んでも平成27年は1778人不足と、当面不足状態が続くと見込んでいる。

また、本県の病院に勤務する看護職員の離職率は14.0%で、全国平均の11.2%より高い状況である。離職する理由は、新人看護職員は、養成校で学んだことと臨床現場とのギャップによるリアリティショックが主なものであり、経験を積んだ看護職員は、勤務環境の厳しさや子育て等が主なものである。

このように、本県においては、看護職員数の不足と高い離職率が課題である。

フジノは『看護師不足』を解消することはとても重要な政策課題だと考えており、これまでいくつもの提案を行なってきました。

その中でも、『もともと看護師として働いてこられた方々のうち、いろいろな理由から退職された元看護師のみなさまの存在』に大きな期待をしています。

離職した方々が現場に戻る上で、日々進歩していく医療看護の最新の知識に追いついていかれるか、現場を離れていた間に失われた感覚などを取り戻せるかといった不安から、二の足を踏んでおられる方も多いと思います。

今回、とても良い支援セミナーを市立うわまち病院看護部が開催します。

下の画像は、お知らせのポスターです。

06document1

06document2

ぜひ参加してみて下さいね。

地域医療推進課からメッセージ

看護師不足に取り組んできた、横須賀市の地域医療推進課からもこの取り組みにぜひ参加してほしいとのメッセージがあります。

市立うわまち病院看護部が神奈川県の委託を受けて「潜在看護師支援セミナー」を開催します。

「看護師免許をお持ちの方」が対象です。

看護師として復帰したい。再就職、ちょっと不安だなぁ。昔の感覚を取り戻すきっかけが欲しい。ちょっと今の病院をのぞいてみたい...。復帰するには様々な不安もあるかもしれません。

でも、このセミナーは、必ず再就職しなければいけない訳でもなく、再就職するにしても、うわまち病院に就職しなければいけない訳でもありません。

そんな縛りはないので、気軽にご参加いただけます。

開催日は3月14、15、22日の3日間(連続講座)です。どうぞよろしくお願いいたします。

事業についてのお問い合わせは、市立うわまち病院看護部046-823-2630へお願いします。

看護師資格をお持ちの方で復職をお考えの方はぜひこの機会にセミナーにご参加下さいね。

よろしくお願いします!