今年で6回目となる「性的マイノリティ当事者との意見交換会」を開催しました/性的マイノリティ関係課長会議メンバーに加えてハローワーク所長が初参加してくれました

性的マイノリティ当事者との意見交換会(第6回)が開催されました

本日、『性的マイノリティ当事者との意見交換会』が開かれました。

「性的マイノリティに関する意見交換会」会場前にて

「性的マイノリティに関する意見交換会」会場前にて


この『意見交換会』は2012年度の『横須賀市人権施策推進会議』の場で提案されて設置が実現し、2013年5月に第1回が開催されました。

初開催された時には「全国で他に例が無い」と高く評価された取り組みです。

年1回ではありますが定期的に開催を続けて、早くも6回目となりました。

*毎年のことですが、内容は非公開となっている為、差し支えのない情報と大まかなイメージだけ、報告させていただきます。



ハローワーク所長が初めて参加してくれました

市役所側の参加者は、市民部長を筆頭に、『性的マイノリティ関係課長会議』のメンバーがメインです。

『性的マイノリティ関係課長会議』も2013年1月に全国で初めて設置された組織です。

横須賀市役所からの参加メンバー

  • 市民部長
  • 市民部 人権・男女共同参画課長
  • 健康部 保健所健康づくり課長
  • こども育成部 こども青少年支援課長
  • こども育成部 児童相談所長
  • 教育委員会 生涯学習課長
  • 教育委員会 教育指導課長
  • 教育委員会 支援教育課長
  • (新)横須賀公共職業安定所長(横須賀市ではなく国の機関です)

一昨年開催されたこの意見交換会で、就職についてが大きなテーマになりました。

昨年からは、横須賀市では県内唯一の性的マイノリティ当事者向けの就活活相談会を開催するようになりました。

そして今年は、初めて公共職業安定所(ハローワーク)所長にも参加していただきました!

所長からは

「性的マイノリティに関する企業側の取り組みについての情報収集はすでにスタートしています。今日はぜひみなさまから仕事をする上でのお困りごとをお聞かせ下さい」

とのご挨拶をいただきました。



第1部は横須賀市のこれまでとこれからの取り組みについてご意見をいただきました

ここ数年間、意見交換会は2部構成になっています。

性的マイノリティに関する意見交換会のプログラム

性的マイノリティに関する意見交換会のプログラム

第1部・横須賀市の取り組みについて

  • 平成29年度の主な取り組み
  • 平成30年度の主な取り組み
  • 同性パートナーシップ制度について
  • 理解のある不動産事業者向けステッカーのデザイン及び効果的な配布について
  • 賃貸住宅で困ったこと、など

まず第1部は、横須賀市のこれまでの取り組みとこれからの取り組みについてご紹介して、参加者のみなさまからご意見をいただきます。



パートナーシップ制度導入は早期実施を求める声ばかりでした

これまでフジノは何年にもわたってパートナーシップ制度の導入を訴えてきましたが、前市長は否定的でした。

しかし昨年7月に上地市長が就任し、フジノが2017年9月議会で改めて提案したところ、大きく方針転換がなされました。

今年2018年度、横須賀市はパートナーシップ制度導入に向けて『人権施策推進会議』で議論がスタートします(まもなく第1回が開かれます)。

パートナーシップ制度を選考して導入した自治体

パートナーシップ制度を選考して導入した自治体


導入した場合の想定されるメリット・デメリットについてや、どういう形での導入がより好ましいのかについて、人権・男女共同参画課長から問いかけがありました。

参加者のみなさまからは、基本的にはメリットしか無い、むしろ無ければ困るというご意見をたくさん頂きました。

デメリットは、全国でパートナーシップ制度を持っている自治体と持っていない自治体があるので、ある自治体でパートナーとして公的に認められても他都市では認められないことが挙げられました。

フジノも、一刻も早く国全体として動く必要があると思います。

また他の方からは、『同性パートナーシップ』という言葉が広まっているが、『同性』という言葉はいらない、『パートナーシップ制度』で良い、というご意見がありました。

これはフジノも過去に議会でとりあげましたが、全く同感です。

せっかくパートナーシップ制度を作っても、戸籍を変えない方を排除するような仕組みは完全に間違っています。新たな排除や差別を生むような仕組みにしては絶対にいけません。



不動産業者向けのステッカーの掲示について

昨年フジノが9月議会で提案して、今年新たに予算化された取り組みがあります。

2018年度の新たな取り組み「性的な多様性に理解ある不動産店にレインボーシールを貼りだしていただく」

2018年度の新たな取り組み「性的な多様性に理解ある不動産店にレインボーシールを貼りだしていただく」


同性カップル等パートナーに理解のある不動産事業者向けにレインボーステッカーを横須賀市が提供して、掲示するというものです。

人権・男女共同参画課長から、このステッカーの図案として4種類が示されました。

ステッカーデザイン案

ステッカーデザイン案


ステッカーデザイン案

ステッカーデザイン案


ステッカーデザイン案

ステッカーデザイン案


ステッカーデザイン案

ステッカーデザイン案


どの図案が良いかという問いかけと同時に、この取り組みへの率直なご意見を求めました。

頂いたご意見としては、

  • トランスジェンダーの方や性別移行中の方が戸籍上の書類と外見が異なっていることで、奇異な目で見られるようなことが無いようにしてほしい。
  • (フジノの質疑を通じて市内の不動産事業者に理解があることは承知しているが)ステッカーを掲示できる不動産事業者はみな、正確な理解が同じレベルとなるように、市が研修をするなど一定の質を担保してほしい。
  • ステッカーは掲示してあっても、実際に入居できる物件が無くては意味が無い。物件のリストがあってほしい。
  • 現在では不動産物件を探すのにリアルの店舗を訪れる前に、まずスマホやパソコンで物件を探すことがほとんどだ。そこで、理解ある不動産事業者のサイトにはステッカーと同じように横須賀市公認のロゴマークを掲出してほしい。

さらに

  • 不動産事業者以外にも、ちゃんと性的マイノリティについて理解して配慮ができる病院や診療所に対してもこうしたステッカーを掲示してほしい。

というご意見をいただきました。

(これはとても素晴らしいご意見でしたので、フジノは後日お会いする予定の医師会の方々に提案させていただくことにしました)



第2部は、2グループに分かれて車座で意見交換をしました

第2部は、2つのグループに分かれて自由な意見交換をしました。

ここ数年間、ここで頂いたご意見をフジノは一般質問として提案し、横須賀市も施策の参考にさせていただいてきました。とても大切な意見交換です。

フジノが参加したグループでは、横須賀市が導入するパートナーシップ制度に対して意見が集中しました。

  • とにかく導入はファーストステップに過ぎない。早く始めてほしい。
  • 私達は特別扱いをしてほしいのではない。男女間の結婚と同じ権利を回復してほしいだけ。
  • 男女間ならば遺産相続ができるが今はできないから贈与するしか無い。それでは税金もより多くかかる。異性婚と同じようにしたい。
  • 宝塚市はパートナーシップの利用者がゼロだけれど、「じゃあ、いらないか」と思ってほしくない。
  • 申請できない事情がある。行政に自分の個人情報をさらすことになる恐怖感もある。実績がゼロだから制度がいらないのでは無いことを理解してほしい。
  • すでに民間企業は進んでいて、生命保険会社の営業の人から「横須賀市にはパートナーシップ制度は無いのですか?」と尋ねられた。制度が無いと利用できない保険もある。早く実現してほしい。
  • パートナーシップ制度を使うこと=カミングアウトになってはいけないと考えている。申請することでアウティングにならないように気をつけてもらえたら。

性的マイノリティ関係課長会議メンバー側からも

  • 横須賀市役所には4000人もの職員が居るので、たまたま当たった職員に理解が無い者がいるかもしれない。けれども我々は全力で啓発に力を入れてきた。横須賀市役所は常に意識を高める努力をしている。
  • パートナーシップ制度があれば社会の目が変わるということを私も強く感じている。今は社会が成熟していない。だからこそパートナーシップ制度を確立していくということが大切だと思う。これはゴールではなくて1つのステップ。
  • 不動産屋さんもさることながら、病院のお話は特に切実だと思った。どうにかしなければいけない問題だと強い危機感を持った。
  • 今、私はセクシュアリティに関する会議に出ているような気がしない。人間の有り様という意味で、ここで議論されていることは全ての人々に関わっている。
  • 横須賀では教職員に対して、新任者研修の中にセクシュアリティに関する研修を導入した。年次研修にも入れているので、教職員の年齢が高くても必ず学ぶようになっている。ただ、どこまでやっても完成というのは無い。全員が理解するには時間がかかる。
  • 古い風習は残っているが、けれども必ず時代は変わっていく。

などの意見が出ました。

意見交換会は、盛況に終わりました。

まだまだ横須賀市の取り組みは不十分です。

けれども当事者のみなさまの声をお聞きすることだけは絶対に続けていきます。



来年以降も必ず開催していきますので、あなたもぜひご参加下さいね

このブログに記したのは、今日の意見交換会で実際に出た意見のほんの一部に過ぎません。

ただ、どの意見にも共通していたように感じたのは

今はまだ出発点に過ぎない。

というものでした。

フジノも全く同感です。

この数年間、異常なほどの『LGBTブーム』が起こっています。

NHKでは『ハートネットTV』などでセクシュアリティについて毎週のように何かしら放送されて、新聞も大きく取り上げます。

毎年開催されている東京レインボープライドは、参加人数がどんどん増えています。昨年は13万人、今年は15万人でした。どこまで増えるでしょうか。

まるでバブルです。そう、バブルは必ずはじけていきます。

過去にフジノはこれと全く同じ体験をしたことがあります。

それは2006年の自殺対策基本法成立前から沸き起こった『自殺対策ブーム』です。

ブームは、やがて消えます。

フジノはこのメディアと企業が中心となって進めている『LGBTブーム』は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが終われば消えると考えています。

けれどもフジノには、ブームなんか全くカンケーありません。

この10年間、横須賀でひとりきりで『性的な多様性の保障』について議会で取り上げてきました。

フジノが進めてきた取り組みが全国トップに横須賀を押し上げたと今年5月、突然に発表されました。

けれどもフジノは世間のブームとは一切カンケーなく、コツコツと取り組みを進めてきました。

命を守りたい。

ただその一心で取り組みを進めてきました。

ブームだろうが、ブームが終わろうが、そんなのどうでもいいんです。

この10年間ずっと地味に地道に続けてきた取り組みを、昨日までと同じように今日も明日もひたすら続けていくだけです。

横須賀のLGBTs施策が全国トップになったのだって、まわりが勝手に評価しているだけのことです。

自殺対策もそうやって16年ずっと進めてきた結果、2016年には過去20年で犠牲者数が最少となりました。

メディアが騒ごうがブームが消えようが、企業がダイバーシティを進めようが尻つぼみになろうが、フジノは続けるだけです。

だから横須賀市は必ず来年もこの意見交換会を開催します。

そして、あらゆる取り組みを前へ進めていきます。

どうかあなたも来年は意見交換会に参加してみて下さいね。

あなたの声が、取り組みを必ず前に進めていきますから。



昨年に続いて「性的マイノリティに関する意見交換会」を開催/関係7課長と当事者・支援者が率直に語りあいました

今夜は、『性的マイノリティに関する意見交換会』が開催されました。

会場にて

会場にて


この『意見交換会』は、2012年度の『横須賀市人権施策推進会議』の場で提案されて、設置が実現したものです。

昨年2013年5月に初めて開催され、今日が第2回目の開催です。

意見交換会のプログラム

意見交換会のプログラム


2時間半にわたる意見交換は、本当に素晴らしいものでした。

最後に参加されたみなさまから感想をひとことずつ頂いたのですが、思わずフジノは涙が出そうになってしまいました。

お伝えしたいことはたくさんあるのですが、本当にすさまじく忙しくて…ごめんなさい。

詳しい内容は、明日に書きますね!

NPO法人SHIP代表の星野さん、カウンセラーの長野さん

NPO法人SHIP代表の星野さん、カウンセラーの長野さん

人権・男女共同参画課長のあいさつ

人権・男女共同参画課長のあいさつ

本当に様々な意見が出ました

参加者のみなさまから本当に様々な意見が出ました

星野さん

星野さん

教育委員会の定例会へ/誰でも傍聴できます。ぜひみなさまも!

月1回の教育委員会の定例会へ

今日は、市役所で開かれた『教育委員会』の定例会を傍聴しました。

教育委員会は、毎月1回の会議を行なっています。

教育委員会の定例会の会場にて

教育委員会の定例会の会場にて


横須賀市の教育委員会は、5名です。

  1. 委員長 三浦溥太郎
  2. 委員 齋藤道子(委員長職務代理者)
  3. 委員 森武洋
  4. 委員 三塚勉
  5. 委員 永妻和子(教育長)

この5人だけが『教育委員』です。

『教育委員』に毎日の仕事はありません。

時々の研修や学校訪問を除けば、毎月1回の会議がメインの仕事です。

ほとんどの市民の方々は誤解しておられると思うのですが(フジノも政治家になるまで誤解していました)

市役所の中で、毎日働いている数百名の職員は『教育委員』ではありません。

この職員たちは『教育委員会事務局』のメンバーです。

教育委員と事務局の関係

教育委員と事務局の関係


あくまでもこの5人の『教育委員』の決定に基いて、その『事務を処理させる為』に『事務局』が置かれているのですね。

『教育委員会事務局』は、2つの部に分かれています。

1.学校教育部

教育指導課学校教育に関する指導・助言
支援教育課児童・生徒の就学・転入学、就学援助
学校保健課学校保健、学校給食の指導・助言
スポーツ課体育・スポーツの振興
教育研究所教育相談、教育問題の調査・研究
総合体育会館
(横須賀アリーナ)
会館の使用許可
北体育会館
南体育会館
くりはま花の国プール
西体育会館
佐島の丘温水プール

2.教育総務部

総務課事務局職員の人事・給与、調査・統計、経理
生涯学習課生涯学習の振興、文化財の調査保護
生涯学習センター市民の文化活動、生涯学習活動の振興
教職員課学校職員の任免、服務
学校管理課学校施設の管理・整備計画
中央図書館読書指導、図書の貸し出し
児童図書館
北図書館
南図書館
自然・人文博物館資料の展示、収集・調査・研究
馬堀自然教育園
天神島臨海自然教育園
天神島ビジターセンター
ヴェルニー記念館
横須賀美術館美術品の展示、収集、調査、研究
万代会館会館の使用許可
婦人会館

市民のみなさまと「顔の見える関係」の教育委員会を実現したい

2007年まで、フジノは『教育委員会廃止論者』でした。

何故なら、児童生徒と毎日向き合うこともせず、保護者の声も聴く機会も無く、教職員のみなさまの悩みに耳を傾けることもなく、毎月1回の会議でも発言や質問もほとんどせず、実質的には何の意味もない『名誉職』としか考えられなかったからです。

フジノは当選から3年間の日々の中で、市役所の中で最も変わろうとできない組織が『教育委員会』だと感じてきました。

また、法律のしくみや制度の限界などもハッキリと見えてきたからです。

例えば、2006年2月1日の活動日記には、こう記しています。

 
田中・新教育長の就任への期待

約3年間の市議会議員経験から

「市役所で最も古い体質を変えられない部署が教育委員会だ」

とフジノは感じています。

横須賀市の新機軸を打ち出してきた企画調整部長(=田中さん)として、守旧的な風土を持つ教育委員会を刷新してほしい、そんな期待を田中さんに抱いています。

田中・新教育長とお話をした際に

「学校も経営の時代だと僕は考えています。古い体質の教育委員会を教育長の力でぜひ変えてください」

とフジノは伝えました。とても期待しています。

そもそもフジノは『教育委員会廃止論者』です。

ですから、田中・新教育長による教育委員会改革に強く期待します。

それでもダメな時は、廃止へ向けて積極的に動きたいと考えています。

その後、教育委員会事務局で働くみなさんのまっすぐな姿にこころを打たれて、フジノは『単なる廃止論』は取り下げ、方針転換をしました。

あくまでも『教育委員制度』の限界や欠点を『改革』していこうと決心しました。

市長や時の権力者の考え方に左右されない独立した存在としての『教育委員会制度』の良さを、改革によって引き出していくことができるはずだと現在フジノは考えています。

その為には、教育委員の5名がもっと現場に出ていくべきです。

全ての児童生徒・保護者のみなさん・地域住民のみなさんや福祉関係者のみなさんと、顔の見える関係となるべきです。

フジノはその為の提案を市議会で繰り返し行なってきました。

まだまだ成果は出ていませんが、3.11後の教育委員は少し良い方向に変わってきたのをフジノは実感しています。

*教育委員ではなく、教育委員会事務局のみなさんについては、いつも本当に良く頑張って下さっているとフジノは評価しています。

もっと市民のみなさまも「教育委員」をこき使って下さい

横須賀市のホームページの中に『教育委員会』のコーナーがあります。

横須賀市教育委員会のホームページ

横須賀市教育委員会のホームページ

このホームページを

『教育委員会』→『教育委員会会議』→『教育委員会会議の日程』

とたどっていくと、毎月の教育委員の定例会議のスケジュールが載っています。

教育委員会会議の日程

教育委員会会議の日程


市民のみなさま、どなたでも傍聴できます。

ぜひ教育委員の5名の仕事ぶりをチェックしにいらして下さい。

さらに、会議が終わった後にじかに話しかけていただくこともできます。

また、これまでの教育委員会の会議の議事録も、ホームページにて公開していますので、読むことができます。

かつて日本で教育委員制度がスタートした頃は、選挙によって教育委員が選ばれていたこともあったとのことです。

いじめ、不登校、家庭に問題を抱えるこどもなどの課題を専門とする方や、PTAなどの保護者向けの活動を長年行なってきた方々や、スポーツ、こどもの発達、栄養などのこどもに関わる専門分野の方々が、こどもに対する強い想いを持って立候補してもらい、選挙で選ばれるのはとても良いことだと思います。

でも、現在では市長が提案して、市議会が議決しておしまいです。

市民のみなさまが直接に選ぶことができない以上は、選ばれた人にしっかり働いてもらう為にその仕事ぶりをチェックしていくことが必要だとフジノは考えています。

どうか市民のみなさま、ぜひ教育委員会を傍聴にいらして下さいね。