横須賀の「高齢化率」さらに上昇、27.97%へ/第6期介護保険事業計画を策定しています

社会福祉審議会福祉専門分科会へ

今日は『社会福祉審議会福祉専門分科会』(第41回)を傍聴しました。

会場にて

会場にて


『福祉専門分科会』って何を担当している会議なのか、分かりにくい名前ですよね(改名した方がいいとフジノは考えています)。

この会議では、1年間をかけて『第6期介護保険事業計画』づくりの議論をしています。

20140515caresystem

この『社会福祉審議会福祉専門分科会』と『介護保険運営協議会』の2つは、ご高齢の方々の『住まい・生活支援・保健・医療・福祉』について決めていきます。

とても重要な会議です。



いのちと暮らしを左右する計画づくりを進めています

『介護保険事業計画』は、フジノのライフワークの1つです。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


これは本当に重要な計画で、3年に1度つくられます。

そこに書かれる内容によって、たくさんの人々のいのちと暮らしが左右されてしまいます。だからフジノは、この計画づくりから目を逸らすことができません。

現在つくっているのは『第6期』(6回目の計画)なのですが、フジノと同じく過去の計画づくりからずっと傍聴を続けてこられたある市民の方がいます。

その方は、やっぱりフジノと同じように居ても立っても居られなかったのだと思います。新しい委員の公募に応募されて、選考を経て、今期から公募委員に就任されました。

今日の会議でも、その方は一生懸命たくさん発言しておられました。

この『危機感』を、フジノはぜひ市民のみなさまと共有したいです。

もう目の前に来ている2025年、そして2050年、社会保障・社会福祉はとても危機的な状況に追い込まれつつあるからです。



高齢化率がさらに上昇、27.97%へ

最新の高齢化率が報告されました。

2014年4月1日現在、横須賀市の高齢化率は27.97%

前回の報告(2013年10月1日現在、27.35%)よりもさらに上昇しました。

横須賀市の総人口41万8,621人のうち、65才以上は11万7,108人となりました。

2017年の横須賀のイメージ

2017年の横須賀のイメージ


2年後には、市民の3人に1人が65才以上となります。



足りない医療・福祉の人材、値上がりを続ける介護保険料、厳しい未来の姿

今後もさらに総人口は減り続けていき、65才以上の方々の数は増え続けていくことになります。

果たしてその時、医師・看護師の数は足りているでしょうか。介護を担う人材は足りているでしょうか。住み慣れた地域で暮らせるのでしょうか。自宅がムリなら、高齢者向けの住まいや施設で暮らせるのでしょうか。

メディアでは、とても厳しい未来の姿(介護難民、看取り難民)がたくさん報じられています。フジノ自身も今のままでは将来は厳しいと感じています。

そして、介護保険料のさらなる値上げは絶対に避けられません。

介護保険料は、横須賀市の場合、所得によって10段階に分かれています。

現在は、第1段階の方々が年額2万9400円、第10段階の方々が年額10万5840円です。

横須賀市の介護保険料

横須賀市の介護保険料


3年ごとに介護保険料は改定されるのですが、来年2015年はその改定の年です。

客観的な状況から判断すると、来年の値上げは避けられない、とフジノは考えています。

来年は10月に消費税増税も予定されていますから、市民のみなさまの暮らしはますます厳しくなるのではないかと深く心配しています。

こうした『危機感』をもっと共有して、社会保障・社会福祉に取り組む全ての人々は、未来をよりマシな姿にすべく今こそ全身全霊をかけて取り組むべきです。

希望を感じられる未来は、今この瞬間に必死に努力しなければ、作り出すことはできません。政治・行政は、もっともっと『危機感』を持つべきです。



計画づくりの今後の予定

『第6期』の計画づくりは、来年2015年1月まで続きます。

7月頃に国から基本方針が示される予定ですが、それを待つこと無く横須賀市は議論を続けていきます。

日程議題
第2回
(6月)
計画の骨子について
第3回
(7月)
認知症高齢者支援、権利擁護の取り組み、虐待防止の取り組み、在宅生活支援
介護人材の育成
第4回
(8月)
地域で支えあう仕組みづくり、新しい総合事業(1)
健康づくり・介護予防・生きがいづくり
第5回
(9月)
地域で支えあう仕組みづくり、新しい総合事業(2)
住まい(施設等)について
医療と介護の連携
給付の適正化
第6回
(10月)
介護サービス量等の推計
給付費の推移
保険料段階設定の考え方
第7回
(10月)
パブリックコメント案の定時
2025年までの中長期的サービス水準等の推計
11月パブリックコメントの実施
第8回
(12月)
計画案の修正箇所について
計画公表までのスケジュール
パブリックコメント手続きの結果
計画案の提示
1月答申案の市長への提示
3月市議会に報告

フジノはこれからも計画づくりについてお伝えしていきます。

どうかあなたも今後の行方に注目していてくださいね。

よろしくお願いします!



フジノは「精神保健福祉士(PSW)」になります/国家試験に合格しました

精神保健福祉士になります

今日は、国家試験(精神保健福祉士)の合格発表でした。

フジノは合格しました。

この後、『登録』という作業を経て、正式に『精神保健福祉士』をなのることができるようになります。

フジノは名刺を持たない主義なのですが、名刺に『精神保健福祉士』という肩書きを印刷できるようになることに誇りを感じます。

2年前に、久留米市議会議員の藤林詠子さんのことをこのブログで紹介させてもらいました。

『市議会議員』であると同時に『精神保健福祉士』である、ということをすでに実践されている方です。

フジノはやっと藤林さんの背中が少しだけ見えたかなあとそんな気持ちでいます。



これまで以上に相談活動に全力を尽くします

これまでも相談活動をしてきましたので、資格を取ったからといってフジノの仕事内容が基本的に何か変わる訳ではありません。

けれども、今後は『精神保健福祉士』という国家資格に恥じないように、これまで以上に全力を尽くしたいと思います。

また、この国の精神保健福祉の道を切り拓いてくださった先人の歩みを汚すことの無いように、さらにがんばります。

そして、何よりも大切なこと、

すべての人が個人として尊重され、共に生きる社会を実現していくこと

を、一瞬たりとも忘れないことを誇りにかけて誓います。



合格できた理由、僕がめざしてきた目的

受験勉強に必要な知識そのものは、これまでの精神保健福祉との15年近い関わりの中で、すでに最低限は持っていたのだと思います。

けれども、知識だけではムリで、長期にわたってくじけない強いモチベーションが必要だと改めて感じています。

何といっても、『受験資格』を得る為に、『1年7ヶ月』もの厳しい学生生活を送らねばなりませんでした。

さらには時間の取れない二足のわらじで、13科目もの試験勉強に取り組まねばなりませんでした。

こんな長い日々にわたって僕のモチベーションを支えてくれたのは

何よりも毎日の暮らしの中で出会う当事者の方々の存在があったから

だと思います。

本当に、ありがとうございました。

これからも変わらない想いで、当事者の方々のために、今まで以上に全力を尽くしたいと思います。



国家試験に合格したかった3つの目的

くりかえしくりかえし書いてきたことなのですが、『資格を取ること』は僕の『目的』ではありませんでした。

市議であるフジノが率先して有資格者になることが、精神保健福祉担当の市職員の方々に専門職としてインパクトを与えることを願ってきました。
 
(そして、それはすでに実現しています)

また、市民のみなさまにもこのブログを通して、イベントのようにフジノの受験体験記を読んでもらって
 
そもそも『精神保健福祉士』という存在があることを多くの人に知ってもらいたいと願ってきました。
 
(これも一定の成果がありました)

また、市議会議員は単なる政治家ではなくて、専門性を持って仕事をしていくべきものなのだということを

後に続く人々に認識してもらいたいと願ってきました。
 
(これは今後の課題です)

これらの実現が、資格取得までの僕の『目的』でした。

資格取得後の『目的』は、言うまでも無く当事者の方々の『社会的復権』『権利擁護』などの実現です。

今後も『倫理要領』をいつも忘れることなく、本当の目的実現のために働いていきたいと思います。



みなさまに感謝しております

僕を育ててくれた日本社会事業大学通信教育科の先生方、4期生の同級生のみなさん、実習を受け入れてくれた病院で働く方々とそこに入院・通院していた当事者のみなさまにはものすごくお世話になりました。

とても感謝しています。ありがとうございました。

そして、HPを通じて見守ってくれたみなさんにも改めてお礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

これからも全力で働きます。