吉田市長2期目初の予算、大義なし政策不在の「無傷で成立」へ/予算決算常任委員会・全体会(2014年予算議会)

予算案に対して「組み換え動議」が提案されました

今日は『予算決算常任委員会(最終日)』でした。

予算決算常任委員会は、分科会と全体会に分かれています


今日は、市長から提出された議案のうち『予算に関わる議案』のみ、採決を行ないます。

採決に先立って、一柳・上地・山城議員の3名から、『一般会計に対する組み換え動議』が提出されました。

三名の議員から出された「予算の組み換えを求める動議」

三名の議員から出された「予算の組み換えを求める動議」


内容は以下の通りです。

「議案第16号平成26年度横須賀市一般会計予算」の組み替えを求める動議

「議案第16号平成26年度横須賀市一般会計予算」について、市長は次のとおり組み替えを行い、再提出することを要求する。

  1. 組み替えを求める理由
    (1) 横須賀出身の著名人を市長自身が作った人間的関係によらずに勝手に認定したうえ、その方々に横須賀のPRをしてもらうという発想自体が、本市出身の各界人士に礼を欠くものである。

    (2) 仮に「横須賀倶楽部」の発足式を行うのであれば、市民の自に触れる当地横須賀で開催すべきであり、また予算額も半分以下にすべきである。

  2. 組み替えの内容
    (1)歳出予算の組み替え
     横須賀倶楽部キックオフ会予算について

フジノはこれに賛成しました。

しかし、この『組み換え動議』は賛成者7名で、『否決』されました。



予算決算常任委員会で当初予算案が可決

続いて行なわれた『一般会計の市長原案』に、フジノは反対しました。

しかし、賛成多数で『可決』されました。

残りの議案に対するフジノの賛否は下の通りです。

番号議案の名前フジノの結論
16一般会計予算×
17特別会計国民健康保険費予算
18特別会計公園墓地事業費予算
19特別会計介護保険費予算
20特別会計母子寡婦福祉資金貸付事業費予算
21特別会計公債管理費予算
22特別会計後期高齢者医療費予算
23水道事業会計予算
24下水道事業会計予算
25病院事業会計予算
31手数料条例中改正について
33基金条例中改正について
35国民健康保険条例中改正について
36市立学校の授業料等に関する条例中改正について
38都市公園条例中改正について×
39ボートパーク条例中改正について
40港湾緑地条例中改正について



最終的に、委員会としては全ての議案を可決しました。



誰もが問題を感じながら市議会は予算を修正できなかった

今回の市長が提出した予算案は、あまりにもたくさんの問題を抱えていました。

会期中、本会議・委員会を問わず、激しい質疑が交わされました。

とても原案どおりに成立させるべき予算ではありませんでした。

けれども、最終的に市議会側は『修正案』を出せませんでした。

誰もが問題を感じていたのに、残念ながら会派を超えて団結して『修正動議』や『組み換え動議』を(賛成多数で可決できる形では)提案することはできませんでした。



市長側による「切り崩し」工作

これが実現できなかった裏側には、吉田市長側による市議会の各会派への『切り崩し』があった、とフジノは感じています。

具体的な『切り崩し』の現場をフジノはじかに目撃した訳ではありません。

指示を出したのが吉田市長ご自身なのか、吉田市長のことを忖度してまわりが勝手にやったのかは知りません。

しかし、『切り崩し』をしている、という発言をフジノ自身が確かに耳にしました。

つまり、「市議会の各会派は、市長側にうまく分断させられてしまったのだ」とフジノは感じています。



フジノが初めて直面した課題

これは、フジノにとって11年間の政治家生活で初めて直面した『新たな課題』でした。

無所属のフジノはいつも必ず少数派であることから、『政局』を左右する影響力が全く無い為に、『政局』に関わったことはありませんでした。

また、数合わせの為にあやうく『政局』に巻き込まれそうになった時は、いつも距離を置くようにしてきました。

だから、これまでは、タフな交渉やアメとムチのやりとりに直面したことがありませんでした。

今後は、この『課題』にも逃げずにぶつからねばならないのだと覚悟を決めました。



大義なし・政策不在、市長のメンツ重視

しかし、今回の予算について。

うまく切り崩してほくそ笑んでいるであろう市長側に、この予算を絶対に可決せねばならない『大義』はあったのでしょうか。

「こどもの暮らしを守る」という『大義』など全く存在しませんでした。

フジノがじかに聴かされた言葉は

「吉田市長の2期目の最初の予算を『無傷』で成立させなければならない」

というものでした。

2期目に当選した吉田市長が最初につくった予算だから、市議会が修正したり組み換えしたりして傷をつける訳にはいかない、というのです。

これを聴かされた時、フジノには違和感しかありませんでした。

吉田市長のメンツなんてどうでもいい。勝手にしてくれ、と思いました。

まず守るべきは市長のメンツではなく、市民のみなさまの暮らしなのに。

今回の予算可決は、市民の暮らしを守るという『大義』は全く存在していませんでした。

そして、『政策』も存在していませんでした。

政策本位では無い、貧困・低所得世帯のこどもたちを完全に置き去りにしたやりとりに怒りと嫌悪感を覚えました。

今日の予算決算常任委員会を終えて、ただひたすらに虚しさとバカらしさだけが僕の中に残りました。



大義を持つ本気の政治家は誰か、よくわかった

ただ、この予算議会の会期を通して、今回1つだけ良いことがありました。

フジノは、こうした一連のやりとりの渦中に身を置いて、会派を問わずに『政策本位』で本当に汗をかく政治家は誰なのか、よくよく分かりました。

今後はそうしたこころから信頼できる『政策本位』の方々とあらゆる機会に連携を深めていけたらと願っています。



全ての議案への賛否を決めました/2014年予算議会

全ての委員会で予算審査が終わりました

新年度予算案を審査する全ての委員会が終わりました。

ここ数日間、フジノは空き時間があれば、とにかく『市議会のネット録画』を観続けました。

横須賀市議会ホームページより

横須賀市議会ホームページより


ようやく今日、自分の所属以外の3つの委員会をインターネット録画中継で全てチェックし終わりました。

こうして、市長が提出した全ての議案への賛否を決めました。



フジノが出した結論、4つの議案に反対します

議会事務局に対して、先ほど『議案の賛否表』をメールで送り終えました。

こちらです。

番号議案の名前フジノの結論
16一般会計予算×
17特別会計国民健康保険費予算
18特別会計公園墓地事業費予算
19特別会計介護保険費予算
20特別会計母子寡婦福祉資金貸付事業費予算
21特別会計公債管理費予算
22特別会計後期高齢者医療費予算
23水道事業会計予算
24下水道事業会計予算
25病院事業会計予算
26都市計画マスタープラン見直し検討会議条例制定について
27横須賀港港湾環境計画改定検討委員会条例制定について
28商業振興補助事業審査委員会条例中改正について
29職員定数条例中改正について×
30非常勤特別職員の報酬及び費用弁償条例中改正について
31手数料条例中改正について
32横須賀市障害程度区分等判定審査会定数条例中改正について
33基金条例中改正について
34医療費助成条例中改正について
35国民健康保険条例中改正について
36市立学校の授業料等に関する条例中改正について
37指定管理者選考委員会等条例中改正について×
38都市公園条例中改正について×
39ボートパーク条例中改正について
40港湾緑地条例中改正について
41市営住宅条例中改正について
42包括外部監査契約の締結について
43一般廃棄物の収集及び運搬の代行について
44指定障害福祉サービス等の事業の人員等に関する基準等を定める条例中改正について
45障害福祉サービス事業の設備等に関する基準を定める条例中改正について
46調停案の受諾について

それぞれの議案にフジノが何故反対するかは、しっかりと本会議で『討論』を行ないます。

フジノブログをご覧いただいているみなさまには、きっと共感していただけるはず。

今回の予算には、全く納得できないものがいくつもありました。