渋井哲也さんルポ『「セクシャル・マイノリティ」の居場所はあるか』に横須賀の取り組みが掲載されました/月刊「潮」11月号

渋井哲也さんルポ『「セクシャルマイノリティ」の居場所はあるか』が月刊「潮」に載りました

8月1日のブログ記事『渋井哲也さんが横須賀の性的マイノリティ支援を取材してくれました』で書いた、渋井哲也さんのルポが掲載された月刊誌がついに発行されました!

渋井哲也さんルポ

渋井哲也さんルポ


月刊『潮』2014年11月号です。

タイトルは『「セクシャルマイノリティ」の居場所はあるか』で、8ページにわたって掲載されています。

横須賀のセクマイ支援の取り組みもどーんと報じられています

横須賀のセクマイ支援の取り組みもどーんと報じられています


ありがたいことに、横須賀の性的マイノリティ支援の取り組みは8ページ中3ページもとりあげられています。

特に、『Cafe SHIP ポートよこすか』についてはかなり詳しく報じて下さいました。

『Cafe SHIPポートよこすか』とは?

10〜20代のセクシュアルマイノリティ(同性が好き、性別に違和感がある等)の方、自分がそうかもしれないとまだ迷っている方、みんなで集まって交流してみませんか?

お菓子をつまみながら、リラックスできる雰囲気の中で、毎回1つのテーマにそっておしゃべりをしましょう、という集まりです。

Cafe SHIP ポートよこすか

Cafe SHIP ポートよこすか


横須賀市の『性的マイノリティ支援事業』として、『NPO法人SHIP』に補助金を交付して実施されています。

現在は、2ヶ月に1回の頻度で開催されています。

渋井さん、半年以上にわたる取材(たぶんもっと長いですよね)おつかれさまでした。

そして、とても良いルポルタージュをありがとうございました。

性的マイノリティについてや渋井さんのルポルタージュに関心を持ったみなさま、ぜひ本屋さんで買って読んで下さいね!



「Cafe SHIPポートよこすか」、10月も開催します

記事でも大きく報じられた『Cafe SHIPポートよこすか』は、今月も開催します!

「広報よこすか10月号」より

「広報よこすか10月号」より


『広報よこすか』でもお知らせしています。

2014年度後半バージョンのチラシも新たに完成しました。

Cafe SHIPポートよこすかのチラシ(2014年度後半バージョン)

Cafe SHIPポートよこすかのチラシ(2014年度後半バージョン)


10〜20代のみなさまにぜひどんどんいらしてほしいです。

フジノが政策提案者なのですが、過去2回実際に開催された後の参加者の方々の感想をお聴きして、「本当に提案して良かった」「実現して良かった」と実感しています。

誰もが安心して自分のことを語ることができる。

言葉がうまく出てこない時は、黙っていてもリラックスしていられる。

そんなとても良い雰囲気の場です。

初めて参加するには勇気がいるかもしれませんけど、来てしまえば「来てよかった!」と必ず感じていただけるはず。

10月19日、ぜひいらしてくださいね!



渋井哲也さんが横須賀の性的マイノリティ支援を取材してくれました

東日本大震災の被災地の取材を続けるフリーライター、渋井哲也さん

敬愛するフリーライターの渋井哲也さんが、横須賀の『性的マイノリティ支援』について取材して下さいました。

フジノが初めて渋井さんの取材を受けたのは2010年3月のことです。

でも、実際はそのずっと前から、渋井さんのことは知っていました。

渋井さんは自傷・自殺未遂をはじめ、ネット心中などの現代型の自殺について誰よりも早くから取材し、世間に実態を知らしめてきた、素晴らしいジャーナリストだからです。

渋井さんにしか書けないオリジナリティーがあって、テーマそのものの選択をはじめ、徹底した取材・冷静な文章なのにとても胸を締め付けられるルポを、2003年頃からフジノは読んできたのです。

2011年3月に東日本大震災が起こってからは、渋井さんは現在に至るまで、数えきれないほど多く現地の取材を重ねてこられました。

震災後、現地に入った渋井さんの発信を通して、テレビなどでは報じられない被災地の様子をフジノは少しずつ知るようになりました。

3年半が経った今、メディア業界の大半の人々が現地に入らなくなりました。

しかし、渋井さんは今も東北をはじめとする被災地へと足を運び続けています。

かつて渋井さんの書いた文章に

自分は、阪神大震災の直後から取材に入ったが、数年後には他の取材に追われて現地に行かなくなってしまった。

しばらくは年賀状のやりとりなどをしていたが、それも途絶えてしまった。時々、取材をさせてもらった人々がその後どうしておられるのか、とても気になる。それがずっと気がかりだった。

だから、東日本大震災が発災した後、自分は絶対に取材を途中でやめたくないと感じた。

といった趣旨のことを書いておられました。

今後も渋井さんは現地を訪れて、人々の声に耳を傾け続けるのだと思います。

きっとライフワークになるのではないかとフジノは感じています。

2012年、渋井さんら3人が中心となって、被災地を追い続けたルポが出版しました。

20140814book1

『風化する光と影―“メディアから消えつつある震災”の中間報告』 (E-lock.planning、2012年)です。

さらに今年、続報にあたるルポを出版しました。

20140814book2

『震災以降』(三一書房、2014年)

2冊とも読みましたが、これから月日が経つごとに重要さが増していく文献だと感じました。

そして、これからも現地に足を運び続けるのだろうなと感じました。

横須賀へ3回も取材に来て下さいました

そんな渋井さんから取材依頼を受けて、フジノはとてもありがたい気持ちになりました。

しかもテーマは『LGBTと生きづらさ』についてで、フジノがまさに対外的に強く発信したい政策テーマで、喜んでお引き受けしました。

渋井さん

渋井さん


当初はフジノへの取材のみだったのですが、重ねてお願いをして、合計3回も横須賀に足を運んで頂きました。

渋井さんは横須賀だけでなく、LGBT支援に区長が熱心にリーダーシップを発揮している大阪の淀川区にも取材して下さっています。

最終的にどのような形で記事になるのかは分からないのですが、きっと渋井さんのルポは静かにこころをうつものになるのではないかと思います。

今から発表される日が、とても待ち遠しいです。

渋井さん、取材をありがとうございました。

そして、フジノのお願いを受けて取材に協力して下さったみなさま、ありがとうございました。

渋井哲也さん著「自殺を防ぐためのいくつかの手がかり」出版!/フジノの活動も紹介されています

渋井哲也さん『自殺を防ぐためのいくつかの手がかり』が出版されます

現代の自傷・自殺について1980年代後半から報道しつづけてきた渋井哲也さん(ジャーナリスト)。

その渋井さんの最新作が、ついに来週、出版されます。

『自殺を防ぐためのいくつかの手がかり~未遂者の声と、対策の現場から~』
(河出書房出版社、11月9日発売)

こちらです。

20101103cover

実は、この本の『第6章・地域で取り組む自殺対策』にフジノの活動がとりあげられています。

今年、渋井さんに取材をしていただいていました。
 
それがついに出版されたのですね。

目次より

目次より


今年3月15日に汐入駅前でおこなった『自殺対策強化月間』の街頭キャンペーンの様子から始まって

フジノのこれまでの取り組みや様々な想い、横須賀市の様々な対策や政府の施策に対する意見など、7ページにわたって報じてくれました。

「神奈川県横須賀市・藤野議員の活動」という記事

「神奈川県横須賀市・藤野議員の活動」という記事


こうした単行本でフジノの活動がとりあげられたのは2回目です。
 
新聞や雑誌では何度もとりあげてもらってきましたが、今回は、特別でした。

大きな感慨をもって、この本を読みました。

その理由は、著者である渋井哲也さんです。
 
フジノは、特別な思い入れがあります。

8年前、フジノが自殺対策に取り組み始めた本当に初期の頃には、自殺・自殺未遂・自傷について信頼できる内容の本がほとんどありませんでした。

(研究者による論文と翻訳書はのぞきます)

フジノが日本の自殺対策に関わる方の中で最も尊敬している高橋祥友先生(防衛医科大学教授)の著作をのぞけば

ほとんどの本が、科学的根拠にもとづかない昔ながらの偏見をひきづった内容ばかりでした。

倫理観や宗教観をふりかざすような、うんざりさせられるような本もたくさんありました。

そんな中、フジノが深く共感したのが2人のライター/ジャーナリストでした。

ロブ@大月さんと渋井哲也さんです。

きれいごとやオブラートにつづんだ遠回しの表現なんかではなく、お2人の文章ではリアルな現実が切り取られていました。

単にすさまじい数の方々に取材を重ねたからではなく、現実の中に身をうずめなければ決して描くことができないものだと感じました。

フジノは、何年ものあいだ、オーバードーズやリストカットの実際の姿を目の当たりにしてきました。

そして、自死によって大切な人を失ったばかりでした。

だから、本当に意味のある情報や知識が必要だった僕にとって、たくさん読みあさった本のほとんどがリアルでない唾棄すべきニセモノに感じられてうんざりでした。

そんな中、お2人の本を読み進めることは何度も僕にフラッシュバックを引き起こすことになりましたが(苦しかったです)

切実に求めていた本当に意味のある情報や知識が記されていました。

こうして、ロブさん&渋井さんの本は、何度も読み返してきたのです。

ロブ@大月さんとは、2005年2月に運良く直接お会いすることができました。

一方の渋井さんとは、お会いしたかったにも関わらず、昨年までずっと機会が無かったのですね。

2009年12月に自殺予防総合対策センターが開催した『困窮者問題への対応についての勉強会』に参加した時、

フジノが会場からツイッターでつぶやいたら、「同じ会場に居る」という方からリプライ(返事)をいただいたのですが、それがなんと渋井哲也さんだったのです。

(こんな出会いを与えてくれたツイッターには本当に感謝です)

それから、とんとん拍子に取材までしていただいて、こうして新しく出版された著作にまさか自分が載せていただけるなんて

人生というのは何が起こるかつくづく分からないものだと、痛感しました。

読み終えた感想は

「こんな風に書いてもらったのは、初めてだ」

というものです。

読んでもらった友達も同じ感想でした。

これまでいろいろなメディアでとりあげていただいて、その全てに深く感謝をしていますが

フジノは決して『悲劇のヒーロー』ではありませんし、メディアによって美化して描かれた自分と現実の自分にギャップを感じて苦しんだことも何度もありました。

でも、渋井さんが取材者だったこともあって、ふだんは言わないようなこともフジノは率直にお話ししました。

そして、この本の中のフジノは、かつて渋井さんの著作を読んで感じたとおりの等身大のリアルなフジノだったです。

2011年11月3日、反貧困世直し大集会@明治公園にて

2011年11月3日、反貧困世直し大集会@明治公園にて


渋井さん、本当にありがとうございました!

どうかみなさまも機会がありましたら、この本を読んでみて下さいね。

来週発売です。

渋井哲也さんに取材して頂きました!/自殺対策強化月間2010・街頭キャンペーン@汐入駅前

自殺対策強化月間・街頭キャンペーン@汐入駅前

今年から3月は『自殺対策強化月間』に指定されました。

(内閣府サイトより)
最近の自殺をめぐる厳しい情勢を踏まえ、様々な悩みや問題を抱えた人々に届く「当事者本位」の施策の展開ができるよう、政府全体の意識を改革し、一丸となって自殺対策の緊急的な強化を図るため、自殺総合対策会議において、『いのちを守る自殺対策緊急プラン』を決定し、例年、月別自殺者数の最も多い3月を『自殺対策強化月間』と定めました。

『自殺対策強化月間』では、地方公共団体、関係団体等とも連携して、重点的に広報啓発活動を展開するとともに、関係施策を協力に推進するため、経済団体、労働団体、関係する職能団体、当事者等の団体及び支援団体、関係する学会、直接自殺対策に関係する活動を行っている団体以外の、広い意味での自殺対策に資する活動を展開している団体及び自殺対策に関する普及啓発事業等に協力することのできる全国組織・体制を有する団体等、できる限り幅広い団体からの協賛を得て、当事者が支援を求めやすい環境を作るための「生きる支援」として展開することとしています。

そこで、横須賀市では、これまで9月にのみ行なってきた『自殺対策街頭キャンペーン』を3月にも行なうことになりました。

という訳で、今日は『自殺対策強化月間』の街頭キャンペーンの第1日目でした!

フジノは新年度予算案を審議する委員会でした。
 
委員会がスタートする前には

「今日は街頭キャンペーンがあるので、質疑は早く切り上げます(笑)」

なんて冗談を言っていたのですが、
 
いざ審議が始まればそんな言葉は完全に忘れ去り、がっちり質疑をしました。 

それでも、ラッキーなことに街頭キャンペーンの開始10分前に、会場である汐入前に到着することができました。

20100315campaign01


保健所健康づくり課精神保健福祉班をはじめ、自殺対策連絡協議会の方々やボランティアのみなさまで、約20名くらいの参加となりました!

健康づくり課長がマイクで市民のみなさまに語りかけながら、参加者のみなさまでリーフレットを配りました。

あいかわらず汐入駅前は風が強くて(ビル風ですね)、帽子が吹き飛んでしまいそうな勢いでした。

けれども、参加者のみなさまの熱意は強く、18時まで配布を続けました。

汐入駅前で配布するフジノ

汐入駅前で配布するフジノ


17時半くらいには吉田雄人市長も到着して、市民のみなさまに自殺対策の意義をわかりやすく語りかけていました。

このまちの交通事故で亡くなる方々よりも火災で亡くなる方々よりも、ダントツに多い自殺の現状。

自殺とは個人の身勝手な死ではなく、追い込まれた末の死であること。

そして、政治と行政が全力を尽くしていくことで、もっともっと多くの方々のいのちが失われなくて済むこと。

マイクで語りかける吉田市長

マイクで語りかける吉田市長


また、マイクで話すだけではなくて、直接にリーフレットを手渡ししながら市民のみなさまに

2週間以上眠れない日が続く場合はぜひ保健所に相談をしてほしい

とお伝えしていました。

20100315campaign04


横須賀市が自殺対策の街頭キャンペーンを汐入駅で行なったのは初めてでしたが、多くの市民の方々がリーフレットを受け取って下さいました。

(フジノ個人の自殺対策ひとり街頭キャンペーンは何度もやっております)



渋井哲也さんが取材してくれました!

今日は、神奈川新聞も取材に来て下さいましたが、さらになんと

あの渋井哲也さん(ジャーナリスト)も取材に来てくれました!

渋井さんは、自傷・自殺未遂をはじめ、ネット心中などの現代型の自殺について誰よりも早くから取材をして世間に実態を知らしめてきた、素晴らしいジャーナリストです。

そんな渋井さんに取材していただいて、本当に光栄でした。

ものすごくうれしかったです!

本当にありがとうございます。

フジノと渋井哲也さん

フジノと渋井哲也さん


街頭キャンペーン終了後、数時間にわたって渋井さんからインタビュー取材を受けました。

渋井さん
「フジノくんが取り組んでいる自殺対策を亡くなった彼女は喜んでいると思う?」

フジノ
「いえ、望んでいないと思います。
  
 そもそも政治家になんかなってほしくなかったと思っているはずです」

渋井さん
「じゃあ、何故、フジノくんは自殺対策に取り組んでいるの?」

フジノ
「自分自身の納得の為です。自分の為だけにやっています」

尊敬している渋井さんが相手だったので、今まで誰にも話したことが無いような本音をたくさんお話ししました。

この取材は、秋頃に出版される本に掲載されるとのことです。

楽しみです。

市長を筆頭に、街頭キャンペーンに参加して下さったみなさま、そして、汐入駅前でリーフレットを受け取って下さったみなさま、今日は本当にありがとうございました。

次回は、あさって17日(水)に北久里浜駅前です。



後日談:出版されました!

2010年11月9日、この本が出版されました!

詳しくはこちらをご覧下さいね。