集団的自衛権阻止7.25県民集会へ/解釈改憲による集団的自衛権の行使容認、どこまでも反対を続けていこう!

大切なことは、終わらせないこと

今夜は、市民の方からお誘い頂いて、解釈改憲による集団的自衛権の行使容認に反対する集会に参加してきました。

関内ホールにて

関内ホールにて


『憲法国民会議』という市民団体による『集団的自衛権阻止7.25県民集会』です。

これから全都道府県で開催されていくスタートが、今回の神奈川集会との位置付けだそうです。

リーフレット

リーフレット


フジノが大切だと信じていることは、決して忘れないこと、決して諦めないこと、小さなことでも活動を続けること、です。

横須賀市議会では反対の意見書を求める請願は否決され、国会では解釈改憲の閣議決定がなされました。

けれども決して諦めてはいけません。

いつだって物事は「諦めたらそこで終わり」です。

権力にとって、市民のみなさまが忘れてしまうことほどラクなことはありません。

だから逆に絶対に忘れずにいましょうね。

そして、こうした集会などにコツコツと参加して、想いを同じくする人々と手をつないで、活動を続けていくことがとても大切です。

一歩一歩、前に進んでいくことが、現実を変えていくことにつながるはず。

忘れないで、そして諦めないで、一日でも長く生きて「ノー」を訴え続けていくことが大切だとフジノは信じています。

元自衛官の井筒高雄さんの講演

第1部は、3つの講演でした。

  • 森田実さん(政治評論家)
  • 森田さんの講演

    森田さんの講演

  • 井筒高雄さん(元自衛官)
  • フジノは今日、井筒さんのお話を最も聴きたくて参加しました。

    今月のはじめに掲載された神奈川新聞の記事でフジノは井筒さんのことを知りました(井筒高雄さんを取材した2014年7月1日の神奈川新聞の記事)

    元陸上自衛隊の三等陸曹、レンジャー隊員だったそうです。

    井筒高雄さんの講演

    井筒高雄さんの講演

    「日本への侵略に対して私たちは身を持って挺することを誓う、という誓約はした」「しかし今回の問題は全くおかしい」「傍観者ではいられない」

    という井筒さんの言葉は重かったです。

    こちらの動画もぜひご覧下さいね。


  • 佐藤真紀さん(日本イラク医療支援ネットワーク事務局長)
  • 残念ながら今日は欠席されました。昨日イラクから日本に戻ったそうですが急用の為、とのことでした。残念。

    かわりにメッセージが代読されました。

解釈改憲に反対する各党の国会議員による決意表明

第2部は、3人の国会議員(元前職含む)による決意表明でした。

3名の国会議員による決意表明

3名の国会議員による決意表明

『生活の党』『日本未来の党』『新党ひとりひとり』からもメッセージが届き、読み上げられました。

当日の様子が動画でご覧いただけます

当日の様子が動画でご覧いただけます。

あなたは投票に行きましたか?/参議院選挙、全国区は三宅洋平さん、選挙区は畑野君枝さんに、フジノは投票しました

昨日の渋谷「選挙フェス」の写真、朝日新聞1面トップに載りました

けさ、朝日新聞1面トップを見て、ビックリ。

昨夜の渋谷『選挙フェス』をヘリから撮影した写真が載っていました。

2013年7月21日・朝日新聞より

2013年7月21日・朝日新聞より


上空からはこんなふうに見えたんですね〜。

でも、実際の『現場の姿』は、フレームに収まりきっていないんです。

写真下側は、JR渋谷駅出口なのですが写っていません。

写真右手側は渋谷交番前でフジノがボランティアをしていた場所です。ものすごい数の人々がひしめきあっていて、警察による誘導も行なわれていたほどなのですが、そこも写っていません。

さらに、写真上側にあたる、スクランブル交差点の向こう側にも、たくさんの観衆がいました。

さらにさらに言えば、交差点を囲むビルや駅などからも、たくさんの方々が『選挙フェス』を観る為に立ち止まっていました。

だから、本当はもっとすごかったんです。

2013年7月20日、渋谷駅上空を飛ぶヘリ

2013年7月20日、渋谷駅上空を飛ぶヘリ


昨日19時10分頃、すごい音でヘリが渋谷駅の上空を飛んできました。

「これだけの人々が集まっている様子は、やっぱり大手メディアも無視できないよな」

と、うれしく感じてその場でツイートしました。

まわりに居た人たちも同じふうに感じていたようでした。



フジノも投票してきました!

さて、今日!

フジノも投票に行ってきました。

ギリギリまで悩んで、しっかりと考えて、政策で選んで、投票しました。

投票所にて

投票所にて


フジノは「選挙(国政・県政・市政)で誰に投票したか」を毎回公表することにしています。

今回もきちんと自らの投票行動を市民のみなさまにお伝えしたいと思います。



全国区は「三宅洋平さん」、神奈川選挙区は「はたの君枝さん」

2013年参議院選挙でフジノが投票したのは、下の通りです。

今夜は事務所で仕事をしながら、スマートフォンのラジオアプリで開票速報を聴きながら結果を見守りたいと思います。

あなたが投票した候補者・政党は、当選するでしょうか??



天木直人さんとはたの君枝さんに投票しました/参議院選挙の投票へ

投票へ/参議院通常選挙(第21回)

今日は参議院議員選挙の投票日でした。

まだ投票していないフジノは、会合を終えて池袋から大急ぎで横須賀に戻りました。

投票所にて

投票所にて


投票所へ着いたのは、ラスト15分前。ひやひやでした。
 
フジノはこう投票しました。

2人とも政策で選びました。

社会福祉をメインの政策として政治家をしているフジノにとって年金問題は争点ではなく、争点以前のレベルでした。

いま表面化しているあらゆる問題は、どの政党が過半数を取っても解決すべき当然のことであり、争点以前のことだと判断しました。

したがって、政治家フジノの判断基準は、『憲法問題』でした。

安倍総理は「憲法を変える」ことがメインの政策です。

一方、フジノは、いずれ憲法を改正する時が来ても恒久の平和を願う現在の憲法の理念を守るべきだと信じています。

以上の理由から、自分の考え方に最も近い候補者を政策だけで選びました。

さて、あなたは選挙に行きましたか?