まもなくスタートする予算議会の日程案(会期37日間)が出ました/理事会が開かれました

「理事会」が開かれました

本日、『予算決算常任委員会・理事会』が開かれました。

市役所1階のパネル

市役所1階のパネル


ここでは、「予算月議会に市長から提出される(予定)の議案をどの常任委員会が審査するか」などをあらかじめ決めておきます。



会期は37日間の予定です

予算議会の日程(案)も示されました。

予算議会日程(案)会期37日間

日付会議名
2月17日議会運営委員会
2月17日本会議(2015年度の補正予算案が提出されます)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
2月18日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
2月19日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
2月20日予備日
2月23日予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
2月24日議会運営委員会
2月25日本会議(代表質問1日目)
2月26日本会議(代表質問2日目)
2月27日本会議(代表質問3日目)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
3月2日予備日
3月4日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月5日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月6日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月9日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月10日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月11日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月12日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月13日予備日
3月16日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月17日予備日
3月18日予備日
3月19日予備日
3月23日予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
3月24日予備日
3月25日議会運営委員会
3月25日本会議(最終日)

この他にも、もしも特別委員会などが設置されれば、新たに日程が追加される予定です。



合計59本の市長提出議案を審査する予定です

まず、一般会計・特別会計(介護保険)の2015年度補正予算案や条例改正案などが18議案が、市長から提出される予定です。

理事会・配布資料

理事会・配布資料


さらに、2016年度当初予算案をはじめ条例改正案などが41議案が、市長から提出される予定です。



フジノは「介護保険料」の値上げに注目しています

年4回開かれる議会はどれも大切ですが、予算議会は特に重要です。

社会保障政策・社会福祉政策がメインテーマであるフジノは、3年に1度改定される『介護保険事業計画』と連動して改定される『介護保険料』に注目しています。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


先日ついに『第6期介護保険事業計画』が完成しました。

これにあわせて、介護保険料も値上げすることになります。

もはやこの時代において、値下げはありえません

高齢の方々の数は増え続けていき、どれだけお元気な方が増えても、ほとんどの方々はいつか要支援・要介護の状態になる時が来ます。

高齢の方々の数が増えて、要支援・要介護の方々が増えれば、介護保険への支出も当然増えていきます(市民のみなさまが介護サービスを使うということは、介護保険にとっては支出です)。

その支出を、ざっくり分けて3つの財源で賄っています。

保険料40~64才の第2号被保険者のみなさまが支払う保険料
65才~の第1号被保険者のみなさまが支払う保険料
公費負担国・県・市のそれぞれが税金で負担

この中で、市民のみなさまがじかに大きな影響を受けるのが、『介護保険料(1号・2号とも)』です。

2012~2014年度の3年間は、下の図のように、所得に応じて12段階の支払い金額に保険料は分かれていました(介護保険料は全員同じ金額ではありません)。

横須賀市の介護保険料

横須賀市の介護保険料


これが2015~2017年度の新たな3年間については

  1. 一人あたりの介護保険料の値上げの金額がどれだけ増えるのか
  2. 所得に応じた負担額の段階がどれだけ広がるか

に注目しています。

というのも、この2点は、フジノの永遠のテーマなのです。

3年ごとの計画改定(=介護保険料改定)のたびに、様々な形で提案を市議会で繰り返してきました。

低所得の高齢者世帯は増えていく一方です。しっかりとした支援が必要です。

そこで、フジノは「もっと所得に応じた負担額を増やしていくべきだ」「12段階ではなくさらに段階をこまやかに増やしていくべきだ」という2つの提案をしてきました。

その提案が『第6期計画』ではどのように反映されるのか、とても注目しています。

まもなく2015年予算議会スタートします。

いつもどおり、フジノは全身全霊をかけて議論をしていきます!