午後までマイクを一切使わずに市民のみなさまの声をお聴きし語りあっています/横須賀市議会選挙2019・4日目

マイクを午後まで絶対に使わないことに決めました

今回の選挙では過去4回とは違う取り組みをしています。

それは

午後になるまでマイクは一切使わずに、市民のみなさまの声をお聞きして語りあう

です。

そもそもいつもどおり選挙カーは使っていません。うるさいし税金のムダだから。

朝、メガフォンを持って横須賀中央駅から電車に乗ってどこかの駅でおりて、そこからはひたすら歩いて市内をまわって、そして夜までに横須賀中央駅に歩いて戻る。

(*ちなみにけさは津久井浜駅でおりました。津久井浜高校、観光農園、須軽谷、林交差点、一騎塚、竹川、通研入口交差点、北武、井戸店、衣笠公園、衣笠十字路、と歩きました。そこからバスに乗って横須賀中央駅に戻りました)

このスタイルそのものは変わっていません。

それに加えて、今回の選挙ではだいたい14時くらいまではマイクを使うのを一切やめました。

朝はじめに電車に乗ってどこかの駅までまず向かいます(昨日の写真です)

朝はじめに電車に乗ってどこかの駅までまず向かいます(昨日の写真です)


さらに、選挙カーの騒音にウンザリしているフジノは午後になるまで一切の街頭演説をやめることにしました。

のぼりを持って歩いているとたくさんの方々が話しかけて来て下さいます、

「どんな政策を訴えているのか選挙カーじゃ分からないのよ」

「こうしてじっくり話すとあなたがどんな人柄でどんな政策を訴えているのか分かるわね」

「本当は候補者に話したいことたくさんあるのよ」

と今日も言われました。

1対1で語りあうこともあれば、5人くらいの方とわいわいお話することもあります。とにかくみんな候補者ともっとお話をしたいと思っています。

だから、このスタイルを徹底してつらぬいていこうと思います。

このスタイルで市内を歩き回っています(林にて)

このスタイルで市内を歩き回っています(林にて)


選挙的にはマイクを朝から使った方が票を得られるのかもしれませんが、フジノは自分が嫌だと感じることは他人も嫌だと感じていると信じています。

フジノは16年間1度も選挙カーを使わずに当選してきました。

きっと今回の「午後になるまでマイクを使わない」という想いも受け止めてくれる市民の方々がいらっしゃると信じています。



14時くらいから19時までの演説中もどんどん話しかけて下さいね

こうして14時から19時くらいの間だけ、メガフォンで街頭演説をしています。

例えば今夜も18時から19時はワイデッキ下広場で街頭演説をしました。

その間も「マイクを握っていますが気になさらないで僕にどんどん話しかけて来て下さいね」とお願いをしています。

演説は中断になりますが、全くかまいません。

そもそも政治家の仕事は「市民のみなさまの声を聴かせていただくこと」なのです。

そして、一緒につらさや苦しさを悩んで、一緒にどうしたら解決できるかを考えて、フジノが議会で解決策を提案し、行政を動かし、解決策が実行されたらそれが有効に機能しているかを市民の方にまたお聴かせいただく。

ふだんから行なっているこのサイクルのうち「声を聴かせていただく」部分を、この選挙期間中は徹底的に行なっているだけなのです。



選挙の主役は「あなた」です

明日からも市内を歩き回っていますので、どうか語りかけて下さい。

選挙の主役は政治家ではありません。

選挙の主役は候補者ではありません。

選挙の主役は「あなた」です。

人の数だけ人生があって、悩んでいることや苦しんでいることは様々に違います。嬉しいことや楽しいこともみんなバラバラです。

だから、政治家に語りかけてほしいんです。

「私はこういうふうに苦しんでいるから、もっとこういう政治をしてほしい」

「私はこういうことが好きだから、政策に取り入れてほしい」

そんなふうにあなたが政治家に訴えてほしいのです。

さらに、政治家(候補者)にも『得意分野』があります。

例えばフジノの専門分野は社会保障・社会福祉・教育政策です。特に自殺対策や精神保健医療福祉の向上や性的な多様性の保障に関しては誰にも負けません。

このように政治家(候補者)も得意分野とそうでない分野がありますから、あなたの想いとはそわない政治家(候補者)も当然います。

だから、全ての候補者たちからあなたの想いを実現できる政策を訴えている候補者も探してほしいのです。

ポスターを見たり、選挙カーや街頭演説の声を聴いたり、選挙公報やチラシを読んで、ぜひ探してほしいのです。

そして、必ず投票に足を運んで下さい。

必ずこのまちは変わります。そして、あなたの暮らしも守られるようになるのです。

選挙の主役は「あなた」なのです。

どうかあなたが主役であることを知っていて下さいね。



社会保障を守る為に、フジノは井坂しんや議員を応援します/しんぶん赤旗にコメントが掲載されました

フジノは、県政に挑戦する井坂しんや議員を応援しています

今年4月19日のブログ記事で、フジノは

井坂しんや議員は、横須賀市議会に必要な人材。

けれども、社会保障を守る為に、絶対に県議会に送り出したい。

フジノは、井坂議員のチャレンジを全面的に応援します!

と宣言しました。

社会保障を守ることを使命とするフジノが井坂しんや議員を県政に送り出したいその理由も、詳しく記しました。

そして、7月4日に開かれた日本共産党演説会において、井坂しんや議員を応援する講演をさせていただきました。

その後、何も応援のアクションができず、申し訳無さでいっぱいでした

けれども、その日だけでした。

実際には、井坂議員の応援の為に、フジノは今まで何のアクションも取れていません。

4月のブログでも書いたとおり、既存の政党(言うならば大会社)の正式な立候補予定者を、無所属(言うならばフリーランス)のフジノが応援するというのは、なかなかアイディア(例えば、具体的にどうコラボするかとか)がフジノには浮かばないんですね。

井坂議員はお忙しそうでなかなかお会いする機会も無く、ねぎし議員と大村議員にお会いするたびに

「フジノが具体的にできることがあれば、チラシ配りでも演説でもやりますから、おっしゃってください」

と申し上げてきました。

でも、何もできないままに3ヶ月が過ぎてしまいました。

赤旗から取材依頼を受けました!

そんなある日、『しんぶん赤旗』から取材依頼をいただきました。

依頼内容は、

「何故、無所属のフジノさんが井坂さんを応援しているのか、お話してくれませんか?」

というインタビューでした。

「こちらこそ、ぜひお願いします!」

と喜んでお引き受けしました。

そして、1時間くらいでしょうか、赤旗記者の方にかなりたっぷりお話をさせていただきました。

ついに記事が出ました!

その取材の結果がついに記事となりました。

こちらです。

2014年10月24日・しんぶん赤旗より

2014年10月24日・しんぶん赤旗より


井坂議員が拳を天につき上げている写真(いい笑顔!)が掲載されています。

フジノのコメントも掲載していただきました。

フジノの発言部分

フジノの発言部分


この新聞の読者層は、もともと井坂議員を支持しておられる層の方々だと思います。

だから、フジノの言葉によって新たに「井坂議員を応援しよう!」という人々が増えることにはならないと思います。

それでも、フジノ自身の「応援したい!」という気持ちが少しだけスッキリしました。

これからどうしたら良いだろう?

正直なところ、フジノは迷っています。

これからどんな形で井坂議員を県政に送り出す為の言葉を市民のみなさまにお伝えすべきなのか?

なんといっても、所属している政党によるスケジューリングとか決まった予定があると思いますので、「毎朝一緒に駅でフジノと街頭演説やってください」とお願いするのもムリがありそうです…。

フジノに時間がもっとあれば、ツイキャスでインターネット生中継しながら井坂議員の後を追いかけて行ったり、いろいろやりたいことはあるのですけれど、今はそうした時間が全く取れません。

他にどんなことができるだろうかとひとりで悩んできた訳ですが、アイディアが浮かびません。

どうかあなたからもアイディアをいただけないでしょうか?

お願いします!

フジノは、今日は共産党の機関紙『しんぶん赤旗』に載せていただき、10月11日には公明党の月刊誌『潮』に載せていただきました。

つまり、なんと1ヶ月のあいだに全国的な政党の紙面に2つも出てしまいました。

我ながら、なんという、すごいなー。

ただいま、ワイデッキ。

ワイデッキに帰ってきました

政治家フジノは、ワイデッキで生まれて、ワイデッキで育てられました。

11年前(2003年)の1月31日に政治家に転職することを決心して、2月8日に生まれて初めてワイデッキで演説しました。

ただの29才の会社員。

遠い親戚まで探しても政治家なんて誰もいない家系。

後援会も無い。

今も変わりませんが、フジノには何もありません。

できることは、ただひたすらワイデッキにて市民のみなさまに想いを伝えることだけでした。

けれども市民のみなさまは、そんなフジノのことを信じてくれました。

そして、4月に初当選

それからも、あらゆる機会にワイデッキに立って、市民のみなさまに想いを伝えてきました。

それから11年が経ちました。

政治家が街頭に立って自己アピールばかりしていることにウンザリしたフジノは、何年も前からワイデッキに立つことをやめました。

本物の政治家は、ただ愚直に市民のみなさまの声に耳を傾けて、ひたすら学び、政策を実現することこそやるべきことだと感じたからです。

けれども、今夜、ものすごく久しぶりに街頭に立って演説をしました。

その理由の1つは、確かに『怒り』からです。

でも、もう1つの理由は、改めて広く市民のみなさまの声をお聴きしたいと感じたからです。

こうして今夜、久しぶりにワイデッキに帰ってきました。

ワイデッキ下で演説するフジノを市民の方が写真に撮って下さいました

ワイデッキ下で演説するフジノを市民の方が写真に撮って下さいました

最近、フジノは自分の政策分野(自殺対策、精神保健福祉、高齢者福祉、医療と福祉の連携、性的マイノリティ支援、障がい福祉)に関わる方々の声しかお聴きしてきませんでした。

フジノに電話やメールで助けを求めてくる方々はみな、今この瞬間を逃せば命に関わる困難を抱えていらっしゃる方々ばかりです。

僕は朝から真夜中までそうした苦しみの声に耳を傾けてきました。

そして、ひたすらそれを地道に続けていくことが僕の使命だと信じてきました。

より深く取り組むことが大切だという想いはこれからもずっと変わりません。

ただ、こうして横須賀の未来を広く市民のみなさまと語り合うことができるこの1ヶ月間は、せっかくの素晴らしい機会なので、より広く多くの市民のみなさまの声もお聴きしたいと感じました。

今までどおり、この1ヶ月間であっても、こんなフジノに救いや助けを求めて下さる方々の声を聞き漏らすつもりは全くありません。

けれども、しばらくの間、久しぶりにワイデッキに立って、お地蔵さまのようにひたすら多くの市民のみなさまの声をお聴きしたいと感じています。