全ての議案が可決されて、6月議会が閉会しました/2016年6月議会

6月議会が今日、閉会しました

約1ヶ月続いた6月議会も本日が最終日でした。

市議会の会議の開催を知らせる掲示板の前にて

市議会の会議の開催を知らせる掲示板の前にて


今日の午後2時から開かれた本会議で、市長から提出された議案と市民の方々から出された請願への最終的な採決が行なわれました。

議案への賛否(その1)
議案への賛否(その2)
請願への賛否


フジノは2つの議案に反対しました。

しかし、市議会としては多数決の結果、全ての議案を可決しました。

フジノが反対して『一般会計補正予算案』には、たくさんの事業がひっくるめられていました。

1つずつ事業を取り出して、それぞれについて賛否を取ったならば、市議会が出した『結論』は違ったのではないか、とフジノは考えています。

そのまま可決されてしまったこが、とても残念です。



後日談:翌日の神奈川新聞が報じてくれました

翌日の神奈川新聞が、本会議(最終日)の様子を報じて下さいました。

2016年6月25日・神奈川新聞より

2016年6月25日・神奈川新聞より


昨日は、本会議の冒頭で市長が発言を求めました。

5月12日に市議会が承認した、『吉田市長の不透明な市政運営に関する調査特別委員会・中間審査報告書』(百条委員会の中間報告)を受けての『お詫び(?)』みたいな発言がなされました。

2016年6月25日・神奈川新聞より

2016年6月25日・神奈川新聞より


けれども、この発言もいつもの『儀式』に過ぎません。

市議会に指摘されたから、その場は謝るけれどもすぐにまた同じことを繰り返す。

それが吉田市長です。

フジノは本会議場で、市長が過去にも述べたようなフレーズの繰り返しを述べているのを聴かされて、何の感慨もありませんでした。

『法的』には問題が無いかもしれない。

けれども、市長に政治献金した民間企業の人間を市役所に中途採用して、さらに雇用の任期が切れたから永続的に採用するその面接に市長が立ち会ったのは、明らかに問題です。

市職員の採用に、市議会は絶対に口利きをしてはなりません。ルール以前の問題ですが、現在では明確にルール化されています。

市職員の採用において、家族や親戚などの縁故関係や政治献金のような特殊な関係にある立場の市幹部は面接に立ち会ってはならないのも当たり前です。

舛添都知事と同じ、『法的』に問題はなくとも『許されないこと』なのです。

けれども、市民のみなさまはいまも気づいていないままです。

いろんな行事に朝から晩までハシゴして出まくって笑顔をふりまいている吉田市長が、どれほど問題なのかを。

それを一刻も早く知らしめるのが市議会の仕事なのですが、今のところ、成功していません。

異常に選挙だけは強い市長の旨さに、市議会は押されています。

無念です。



補正予算案に対して「反対討論」を行ないました/2015年9月議会

「予算決算常任委員会(全体会)」で補正予算案などの採決が行なわれました

今日は、『予算決算常任委員会(全体会)』が開かれました。

市役所玄関にある市議会の会議をお知らせするプレート

市役所玄関にある市議会の会議をお知らせするプレート


この『予算決算常任委員会(全体会)』が開かれるのは、予算関係の議案の議論が終わった時です。

予算決算常任委員会は、分科会と全体会に分かれています

予算決算常任委員会は、分科会と全体会に分かれています


つまり、長く続いていく9月議会の『前半戦』がようやく終わりに近づいたことを示しています。

今日は、最終的に2つの議案の採決が行なわれました。

予算決算常任委員会(全体会)の流れ

『委員長報告』→『総括質疑』→『討論』→『採決』

フジノは2つの議案のうち、市長から出された補正予算案に対して反対し、『反対討論』を行ないました。

反対討論を行なうフジノ

反対討論を行なうフジノ


その全文はこちらに掲載しましたので、ぜひご覧下さいね。

予算決算常任委員会を行なうのも本会議場です

予算決算常任委員会を行なうのも本会議場です


『予算決算常任委員会』の結論としては、2つの議案とも賛成が多数だった為、『可決』されました。



これからは必ず予算の修正を積極的に働きかけていきたいです

委員会終了後、多くの議員と意見交換しました。

会派を超えて多くの先輩同僚議員の方々が、フジノと同じ問題意識を持っていた議員が多かったことを知りました。

「それならば事前にフジノが他の会派を回って修正を呼びかけていれば、一緒に補正予算を修正をかけられたかもしれない」

と後悔しました。

横須賀の予算規模全体からみると、今回の補正予算案は約5000万円と割合でいえばわずかな金額です。

しかし、ふつうに暮らしていたら5000万円の支出とは、一軒家を買うような特別な時にしかありえません。しかも30年以上かけてローンを組んでやっと払いきれるような膨大な金額です。

フジノは、市民のみなさまが一生懸命に働いたお給料の中からお預かりしている税金をやはり1円でもムダにしたくないのです。

今の横須賀市政では、吉田市長の予算の組み立て方はかなりめちゃくちゃです。

これを正せるのは市議会しかありません。

今後はもっと他の会派のみなさまとも問題意識をあらかじめ共有していることを確認して、予算案の修正をどんどんやっていかねばならないと覚悟しました。