うわまち病院の移転建て替えの「市民向け説明会」が10月28日・29日に開かれます!ぜひご参加下さい/フジノの提案から2ヶ月、ようやく実現します

市民のみなさまが参加できる「うわまち病院の移転建て替えの説明会」がようやく開催されます

うわまち病院の移転建て替えについての『市民向け説明会』の開催が発表されました。

来週末、休日の昼間に1回、平日の夜に1回、開催します。

横須賀市ホームページ「報道発表」コーナーより

横須賀市ホームページ「報道発表」コーナーより


横須賀市によるプレスリリースは以下の通りです。

健康部長

うわまち病院移転建て替えについての
説明会を開催します

うわまち病院の建て替えについては、現地での建替えを断念し、移転建て替えを行う方針決定をした旨の発表を本年8月に行ないましたが、本決定に至った経緯等についての市民説明会を開催します。

日時場所
第1回10月28日(日)
15:00〜16:30
うわまち病院南館5階 総合リハビリテーションセンター
第2回10月29日(月)
18:30〜20:00
ウェルシティ市民プラザ3階 第一研修室

(第1回、第2回とも同一内容で行いますが、場所が異なりますのでご注意くださ い。)


  • 内容
    (1)うわまち病院建替え方針決定までの経緯等の説明
    (2)質疑

  • 申込み
    事前申し込みは不要です。 当日、直接会場にお越しください。

  • その他
    駐車場の台数に限りがあるため、なるべく公共交通機関のご利用をお願いします。 駐車場の利用は有料となります。

※移転先及びうわまち病院の跡地利用については現在検討中である為、本説明会での説明は行ないません。

今回の説明会には、市民のみなさまどなたでもご参加いただけます。

ぜひいらして下さい。



フジノの提案から2ヶ月が経ってようやく開催となりました

8月31日にフジノが市長に行なった一般質問は以下のとおりです。

2018年8月31日・本会議・一般質問より

フジノの質問

まず何よりも最初に、移転することで最もダメージを受ける地域のみなさんにきちんと向き合わねばなりません。

移転の発表直後から、地域住民・町内会・商店会では上町地域のさらなる空洞化への不安が巻き起こっています。

1年間の外来患者述べ数15万人、入院患者述べ数12万人。約850人の医療関係者に加え、病院清掃・給食調理・医療事務など指定管理者による様々な業務委託先、患者ご家族や医薬品メーカーの営業職、併設された市立看護専門学校の教職員と学生など無数の方々が病院周辺地域を訪れています。

実は、うわまち病院に関わりのある方々の総数がどれだけなのか数えようが無い為、本市にはデータがありません。

いずれにしても、相当な規模の人たちが2025年には上町を去ることになります。

すでに税務署の移転により大きなダメージを受けているところに、病院の移転はさらに追い打ちをかけることになります。周辺地域の空洞化対策を政治と行政は責任をもって実施していかねばなりません。

【質問】
そこで、まず、可能な限り早い時期に上町地域のみなさんに向けて説明会を開催すべきです。

これまでの経緯、現地建て替えが困難な理由、今後のスケジュールなど、正確な情報をすぐにお伝えし、質問を受け、ご不安の声や様々なご意見をしっかりお聞きすべきではないでしょうか。

市長の答弁

まず、うわまち病院周辺の皆さんに、説明会を即時に開催する必要についてです。

地域のみなさんに状況をご説明することは当然のことだと考えます。

来週の土曜日、9月8日に開催される『上町連合町内会の定例会』に、商店会の皆様にもお越しいただき、これまでの状況を、説明をすることになっています。

うわまち病院の沿革を辿れば、戦前は陸軍病院。終戦を経て厚生省所管の国立横須賀病院がその前身となります。

昭和60年代になり、国にとって国立病院の運営が次第に重荷になり、国立横須賀病院も廃止の方向性が示されました。

その際には、上町地区のみなさんだけではなく、全市を挙げて存続要望がされましたが、国は平成12年度末までに引き受け手がみつからない場合、国立横須賀病院を廃止する方針を示しました。

市民病院をすでに運営している本市としては、2つ目の病院を受け入れることは財政面から考え、当時の沢田市長には大きな葛藤があったのではないかと推察されます。

しかし、横須賀全体の医療供給体制を考えた末、「市立病院として引き取る」との英断をされ、今日のうわまち病院が誕生しています。

市は横須賀全体のことを考えなくてはなりません。

古くからある病院の移転は、私としても断腸の想いでありますが、市民のニーズに応えられ、医療の技術革新にも沿える病院を1日も早く開くことが、私に課せられた最も重要な責務と考えます。

9月8日はこのような状況をお話しをさせていただき、ご理解を得られれば、というふうに考えております。

フジノの再質問

さて再質問なんですが、可能な限り早い時期に病院周辺地域の皆様に説明会を開催すべきとの提案に対して、9月8日、連合町内会長らが集まる連合町内会議で実施をするというご説明をいただきました。

ただ、これは代表の方しか参加ができないというふうに受け止めています。

誰もが参加できる会をぜひ開いていただきたい、というふうに思うんですが、いかがでしょうか。



上地市長の答弁

それは今後の過程の中でぜひ検討しなければいけないことだというふうに思っています。

ただ1回目が現地の現地のみなさんの希望により9月8日に一堂に会してという話しでしたので、それを決定させていただきましたが、今後は鋭意、できるだけ早い時期にそれをやらなければ、個別にやっていかなければならない、というふうに考えています。



フジノの再質問

スピード感を大事になさる市長が、まず記者会見で全市のみなさんにお伝えしたのは正しいと思います。

一方で、上町地域のみなさん、大変心配をされていて毎日たぶん健康部にも来ていると思うんですが、市長の元にも来ていると思いますし、議長からもたくさんのお話をいただいているというふうにお聞きいたしました。

僕にも毎日、上町地域の方、周辺地域の方から不安のお問い合わせをいただいています。

ぜひ代表者だけでなく、住民のみなさんが自由に参加できる説明会を、できれば複数回、設けていただきたいと思います。

9月8日からこれまでは、うわまち病院周辺地域の町内会に対する説明会が優先して行なわれてきました。

フジノは一般質問において

(1)まず可能な限り早く上町地域のみなさんに向けて説明会を開くべき

(2)代表だけでなく、『誰もが参加できる説明会』も開いてほしい

の2つを提案しました。

実際に、(1)の提案どおりに10町内会を対象に説明会が開催されてきました。

しかし、あくまでもその町内会に所属していなければ参加ができませんでした(*実際、市議会議員であるフジノも、参加は許可されませんでした)。

こうしてフジノが8月31日に説明会の開催を提案してから2ヶ月が経ちましたが、ようやく(2)の提案が実施されることとなりました。

本当に良かったです。

まずはこの2日間の説明会でしっかりと横須賀市としての説明責任を果たしてほしいと願っています。

ぜひ、多くの市民の方々にご参加いただきたいです。

もちろん、わずか2日間の開催では、十分では無いと思います。参加したくともスケジュールが合わない方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで、説明会の第1部の部分だけでも撮影をして、YouTubeなどで録画を公開できないか、担当部と相談してみたいです。



建て替えによって、より高度な医療を誰もが安心して受けられるようになります

うわまち病院の建て替えそのものは、2025年〜2040年の医療ニーズの圧倒的な増加に備えて、絶対に必要です。

横須賀・三浦2次保健医療圏の足りないベッド数を、建て替えによって充足しなければなりません。

今でもうわまち病院の周産期医療・小児医療などは素晴らしいレベルなのですが、現在の老朽化した建物が足を引っ張っています。

建て替えによって、もっと多くのこどもたちの命が守られるようになります。

本来ならば、現地での建て替えが望ましかったのですが、残念ながら諸条件が整わずに移転しての建て替えと決定しました。

うわまち病院周辺地域のみなさまには大変なご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。

けれども、より充実した高度な医療が移転先の新病院で誰もが安心して受けられるようになるのです。どうかご理解をいただけますよう、心からお願い致します。



後日追記

実際に説明会が開催された様子を記しました。




来年、保育園・幼稚園を希望している保護者のみなさま、ぜひ説明会にいらして下さい/子ども・子育て支援新制度の説明会

ハイランド保育園で保護者のみなさまと一緒に説明を聴いてきました

今夜は、ハイランド保育園で開催された『子ども子育て支援新制度の説明会』に参加しました。

ハイランド保育園にて

ハイランド保育園にて


フジノはこのブログで、

「横須賀市が8月末まで20回にわたって説明会を開催しますので、市民のみなさまはぜひいらしてください」

と、お願いをしてきました。

すでに横須賀市では、子ども子育て支援新制度のリーフレットと説明会のおしらせを、約1万5000世帯にダイレクトメールでお送りしています。

あらかじめ保護者の方々に市が送付した小冊子をテキストに、市職員が分かりやすく説明をしました

あらかじめ保護者の方々に市が送付した小冊子をテキストに、市職員が分かりやすく説明をしました


それでもぜひ参加していただきたい理由は、なんといっても制度が分かりづらいことと、それでも新規入園スケジュールは目の前に迫っているということ、この2つです。

2015年4月新規入園スケジュールはすぐスタートします

福祉政策をメインにするフジノは『子ども・子育て支援新制度』はずっと追いかけてきましたから、制度のしくみや専門用語がいかに分かりづらいか身をもって体験してきました。

とても分かりづらいにもかかわらず、来年4月には新しい制度がスタートしてしまいます。

この10〜11月には、保護者のみなさまは新しい制度にそって手続きをしなければなりません。

2015年4月新規入園スケジュール

2015年4月新規入園スケジュール


だからこそ、フジノたちの責務は、この分かりづらい制度を市民のみなさまにひたすら徹底的に分かりやすく説明する努力を尽くして、理解していただくことです。

終了した20時には真っ暗に。日が短くなりましたね。

終了した20時には真っ暗に。日が短くなりましたね。


今夜の説明会に参加して、じかに保護者のみなさんの反応を体感して、さらに努力していく必要性を痛感しました。

もちろん、こども育成部の担当職員は一生懸命わかりやすい説明をこころがけていました。

市が対象者のみなさまに送付させていただいている「スタートガイド」

市が対象者のみなさまに送付させていただいている「スタートガイド」


そして、足を運んで下さった保護者の方々の関心も高くて、事前に市から送付させていただいた新しい制度の説明パンフレット(スタートガイド)をあらかじめ読んで来て下さっていました。

ただ、それでも1時間の説明だけでは、首をかしげておられる方々も多く、分からないことが多い様子がとても感じられたのです。

フジノとしては、さらに工夫を重ねていかねばならないなぁと痛感させられました。

説明会では、『全体での説明』の後に、『個別相談』を行なっています。

みんなの前では質問しづらいことでも、分からないことがあったら個別相談タイムにどんなことでもぜひお尋ねいただきたいのです。

また、説明会だけでなく、こども育成部に電話やメールや足を運んでいただいて質問して下さっても大丈夫です。

もちろん最寄りの幼稚園や保育園でも、新しい制度についてお答えして下さいます。

ぜひ新しい制度への不安や疑問を一緒に解決していきましょうね!

説明会は8月31日まで続きます。ぜひいらしてください!

引き続き、市による説明会を行なっていきます。

もちろん事前申し込み不要、もちろん無料です。

どの日程であっても同じ内容ですので、ご都合の良い日程・会場にお越し下さいね。

日付会場
8月23日(土)
14:00~15:30
田浦行政センター
西行政センター
8月24日(日)
10:00~11:30
総合福祉会館5階ホール
8月24日(日)
14:00~15:30
総合福祉会館5階ホール
8月27日(水)
18:30~20:00
ヴェルクよこすか6階ホール
久里浜行政センター
8月28日(木)
18:30~20:00
田浦行政センター
西行政センター
8月30日(土)
10:00~11:30
総合福祉会館5階ホール
久里浜行政センター
8月30日(土)
14:00~15:30
総合福祉会館5階ホール
久里浜行政センター
8月31日(日)
10:00~11:30
総合福祉会館5階ホール
8月31日(日)
14:00~15:30
総合福祉会館5階ホール

消費税が増税されて、多くの方々が家計のやりくりに大変ご苦労されていると思います。

けれども、増税で生まれた財源によって『新しい教育・保育』の充実が実現することになります。

こどもたちが健やかに成長していかれる社会の為に、増税させていただいた財源を決して無駄にしない為にも、政治・行政はこれからも努力を続けてまいります。

新しい「教育・保育」の在り方の議論がまもなく終わります/教育・保育施設等設備・運営基準等検討部会(最終回)へ

横須賀市の「教育・保育施設」の在り方の議論がまもなく終わります

横須賀市での、新しい『子ども子育て支援制度』を軟着陸させる為の議論も、終わりが近づいてきました。

先日は『学童クラブ』についてブログで記しました。

教育・保育施設等の設備・運営基準等検討部会会場にて

教育・保育施設等の設備・運営基準等検討部会会場にて


今日は『教育・保育施設等の設備・運営基準等検討部会』の最終回(第7回)を傍聴しました。

『学童クラブ』と並んで、新しい制度の大きな目玉が『教育・保育』です。

『教育・保育』?

目玉の割には、耳慣れない言葉ですよね。

そこで今回は『教育・保育』について記したいと思います。

「教育・保育」って何だろう?

来年4月、新しい『子ども子育て支援制度』がスタートします。

そこで、厚生労働省・文部科学省・内閣府をはじめ、横須賀市や全国のまちで、これから新制度の説明会がどんどん開かれていきます。

すでに新聞やテレビや雑誌などでも、分かりやすくお伝えする特集などが組まれています。

このブログでは、フジノなりに思い切りかみくだいてご説明してみたいと思います。

新しい制度が生まれるとともに、新たに『教育・保育』というキーワードが生まれました。

フジノの定義する「教育・保育」とは、生まれてから小学校に入るまでのこどもたちに必要なあらゆる支援のこと

です。

カンタンでしょ?

ただ、このカンタンなことがこれまではややこしかったのです。

歴史的な背景から、『教育』と『保育』は、別の官庁が、別の法律で、別の手続きを取ってきました。

  • 幼稚園 = 文部科学省 = 教育
  • 保育園 = 厚生労働省 = 保育

時代の流れと社会の変化によって、

「こどもたちに必要な支援は別々に分けるよりも一体的に行なうべきだ」

ということになりました。

7種類の「教育・保育」のしくみ

けれどもシステムの変更は、シンプルには進みませんでした。

これまでの歴史的な背景をリセットすることはできませんでした。

本来ならば、『子ども子育て地域包括支援センター』みたいなものができて

「新しい子どもセンターは、生まれたばかりの赤ちゃんから小学校に入るまでのこどもたちに必要なあらゆる支援を提供します!」

となれば良かったのですが、そうはなりませんでした。

そのかわりに、2014年度からスタートする新しい『教育・保育』は7つの種類に分かれています。

新しい「教育・保育」の7つの種類と対象年齢

新しい「教育・保育」の7つの種類と対象年齢


支援を受ける場所が、幼稚園や保育園などの『施設』なのか、自宅や職場などの『地域』なのか、で2種類に分かれています。

  1. 施設型(3種類)
    ①認定こども園、②幼稚園、③保育園
  2. 地域型(4種類)
    ①家庭的保育、②小規模保育、③居宅訪問型保育、④事業所内保育

こどもたちは来年4月から、この7種類の『教育・保育』を受けることになります。

横須賀市はこれから新たに整備していきます

ただし、現在の横須賀市には、この7種類全てはありません。

横須賀市内に現在ある「教育・保育」は3種類

横須賀市内に現在ある「教育・保育」は3種類


2014年8月現在では、上に記した3種類しかありません。『施設型』の目玉である『認定こども園』も、まだ存在していません。

現在、同時進行で『計画づくり』を進めています。この計画に基いて、今は無い施設や事業も、整備していく予定になっています。

すでに「『認定こども園』へ移行する」という方針の幼稚園が複数あります。

2014年度予算では、幼稚園15園分の認定こども園移行への補助金も決まっています。

2014年度こども育成部保育課予算より

2014年度こども育成部保育課予算より


また、今後も横須賀市としては移行を支援していく予定です。

検討部会が終わり、次は児童福祉審議会で「答申」が決定されます

この『教育・保育』の施設について、具体的な基準を定める議論を検討部会で7回にわたって行なってきました。

議事次第

議事次第


前回記した『学童クラブ』と同じく、パブリックコメントを行なって、市民のみなさまからご意見を募集しました。

今日の検討部会では、その回答案を議論・決定しました。

新たに策定しなければならない3本の条例と、改正をする1本の条例の、骨子案も議論・決定しました。

この決定は、さらに、上部機関である『児童福祉審議会』で議論した上で、正式に決定します。

そして、市長に対して『答申』という形で報告されることになります。

『答申』をもとに市は議案をつくり、9月議会で議論が行なわれます。

説明会にぜひいらして下さい!

乳幼児期のおこさんがいらっしゃる保護者の方々や妊産婦の方々は、来年スタートの新制度について強い関心をお持ちのことと思います。

8月19日〜31日にかけて、横須賀市では20回の『説明会』を開催します。

横須賀市ホームページより

横須賀市ホームページより


特に、利用者負担が一体いくらになるのかなどはまだ国の基準が出ていない状況の為、決定していません。

それでも市民のみなさまにイメージしていただきやすくする為に、現時点での見込額などもきちんとご報告する予定です。

ぜひいらして下さいね。

また、フジノもお伝えしたいことはまだまだたくさんありますので、これからも続けて書いていきたいと思います。