11月29日スタートの12月定例議会、フジノを含む11名が市長に一般質問します/「事前議運」が開かれました

12月定例議会では11名が市長への一般質問に立ちます

今日は『議会運営委員会』が開かれました。

横須賀市議会の議会用語で『事前議運』と呼んでいます。

来週の11月29日(水)からスタートする12月定例議会について、開会前の準備を行なう場です。

『事前議運』では、

  • スケジュール
    12月定例議会の期間はいつからいつまでにするか
    本会議・委員会の日程をいつにするか
  • 議案・請願・陳情の付託先
    市長から提出される議案・請願・陳情をどの委員会で審査するかの振り分け

等をあらかじめ決めていきます。

 「議会運営委員会審査事項」より

「議会運営委員会審査事項」より


一般質問を行なう議員は、前もって議会事務局に伝えねばなりません(『発言意思通告』と呼んでいます)。

12月定例議会では11名が一般質問を行なう予定です。

この11名の議員は下の通りです。

11月29~30日一般質問を行なう予定の議員(五十音順)

  • 井坂直
  • 大村洋子
  • 加藤ゆうすけ
  • 嘉山淳平
  • 小林伸行
  • 小室卓重
  • 西郷宗範
  • 田中洋二郎
  • ねぎしかすこ
  • 藤野英明
  • 渡辺光一

質問者数が多いので、本会議は11月29日と30日の2日間開催して、初日に6名、2日目に5名が質問を行ないます。

質問の『順番』は、11月28日(水)に開催される『議会運営委員会』で、抽選で決まります。

もちろんフジノも一般質問を行ないます。

『横須賀市議会の質問王』として、1度も休まずに全ての本会議で質問を行なってきました。

任期中に質問できる機会は、この12月定例議会と来年3月の予算議会の残り2回のみとなりました。

今回でなんと74回目の一般質問となる予定です。

フジノは、横須賀市議会の現役議員では最も多く質問をしています。

そしてただ回数が多いだけでなく、実現してきた提案がたくさんあることが、この16年間のフジノの誇りです。

今回も全身全霊をかけて質問します。



16日間の会議期間で、市長から議案18本と報告5件、請願1件、陳情6件を審査予定です

会議期間は16日間ですが、委員会などの開催スケジュールは下の表のとおりです。

審査日程

審査日程


現時点で予定されている市長からの提出議案は18件、報告は5件です。

12月定例議会提出予定案件

  • 市政功労者を定めることについて
  • 平成30年度横須賀市一般会計補正予算(第3号)
  • 横須賀市放課後児童クラブ設置条例制定について
  • 認定こども園の要件を定める条例制定について
  • 文化会館条例等中改正について
  • 地方税法第314条の7第1項第4号に掲げる寄附金を定める条例中改正について
  • 児童福祉施設の設備等に関する基準を定める条例中改正について
  • 指定通所支援等の事業の人員等に関する基準等を定める条例中改正について
  • 手数料条例中改正について
  • 都市公園条例中改正について
  • 産業交流プラザの指定管理者の指定
  • 遺贈の放棄について
  • 横須賀市立田浦保育園の指定管理者の指定について
  • 土地の取得について
  • 公園水泳プールの指定管理者の指定について
  • 自転車等駐車場の指定管理者の指定について
  • 市道路線の認定及び廃止について
  • 本公郷改良アパート建替事業特定事業契約の締結について

まだ議案のタイトルしか分からなくて、議案書そのものが届いていないので内容は分かりません。

報告5件は、全て市長による専決処分についてです。

請願については詳しくお伝えしたいことがありますので、次の記事に記したいと思います。

まもなくスタートする12月定例議会も全力でがんばります!






まもなく6月議会がスタート、13名が市長に一般質問します。今回こどもたちから出された陳情にフジノは注目しています/「事前議運」が開かれました

12月議会では合計13名が市長への一般質問に立ちます

今日は『議会運営委員会』が開かれました。

いわゆる『事前議運』と呼ばれるものです。

まもなく開催される6月議会について、あらかじめ決めておく場です。

例えば、会期をいつからいつまでにするか、本会議・委員会の日程をいつにするか、一般質問の発言順番や、市長から提出される議案をどの委員会に付託するかを決めていきます。

「議会運営委員会審査事項」より

「議会運営委員会審査事項」より


6月議会での一般質問を行なうことをあらかじめ議会事務局に伝えたのは13名。

一般質問を行なう議員は、あらかじめ議会事務局に『質問を行なう意思表示』しなければなりません。

この13名の議員は下の通りです。

一般質問を行なう予定の議員(五十音順)

  • 青木哲正
  • 井坂直
  • 大野忠之
  • 大村洋子
  • 小幡沙央里
  • 嘉山淳平
  • 小林信行
  • 小室卓重
  • 高橋英昭
  • ねぎしかずこ
  • 葉山直
  • 藤野英明
  • 山本けんじゅ

本会議は、6月8日(水)と6月9日(木)の2日間です。

どの議員がどちらの日にどの順番で質問するかは、7日(火)に開催される次回の『議会運営委員会』にて抽選で決まります。



会期は17日間、19議案が提出予定です

この6月議会では、市長から19本の議案が提出される予定です。

「議会運営委員会審査事項」より「審査日程(案)」

「議会運営委員会審査事項」より「審査日程(案)」


一般会計の補正予算案をはじめ、各種福祉施設の基準を定める条例の改正や『横須賀ごみ処理施設建設に伴う新設道路及び造成工事請負契約の変更契約締結について』などが議論されます。



フジノが注目している2つの陳情

横須賀市議会では市民のみなさまからの陳情・請願は、大切な『政策提案』と受け止めています。

この6月議会には、市民の方々からの陳情4件と請願1件も提出していただきました。

フジノが個人的に強い関心を持っているのは、まず

陳情『電動車いす利用者に対するタクシー券交付に代わるバス券の交付について』

です。

実は、同じ趣旨の陳情が2年前に教育福祉常任委員会に提出されました。

しかしこの2年前は教育福祉常任委員会にフジノは所属しておらず、陳情審査に関われませんでした。

当時の質疑を読み返すと、賛成した議員も複数おられた一方で、障がい福祉を全く理解しておられないひどい発言をして反対をした議員もいて、最終的に『審査終了』となってしまいました。

(横須賀市議会では、陳情の扱いは全員が賛成すると『趣旨了承』、全員が反対すると『趣旨不了承』、賛否それぞれあると『審査終了』となります)

フジノは今回の陳情の趣旨に賛成です。

2年前のメンバー構成とは違う教育福祉常任委員会で、ぜひ改めてこの陳情を議論したいです。

障がいのある方々の移動に関する権利をいかにして保障していくか、とても大切なテーマです。

もう1つとても関心を持っているのが

陳情『「子どもの遊び場をつくってほしい!」子どもたちからの陳情』

です。

こどもたちから陳情が出されたのは、13年間のフジノの市議会議員生活では初めてのことです。大変に嬉しく感じています。

陳情第13号を一部抜粋

陳情第13号を一部抜粋


文書としてタイピングやプリントアウトして市議会に提出して下さったのは保護者の方々のようなのですが、こどもたちの想いを代筆して市議会に届けて下さったことはまさに社会福祉でいうところの『アドボカシー』です。

こどもたちの権利を守る上で、とてもありがたいアクションだと感じました。

この陳情は都市整備常任委員会で審査されるので、フジノは議論には加われないのですがとても関心を持っています。

このように、本会議での一般質問をはじめ、委員会での議案・報告事項・陳情・請願・所管事項への質問など、6月議会も充実した議会になりそうです。

いつもどおり全力でしっかりとがんばります。



まもなくスタートする予算議会の日程案(会期37日間)が出ました/理事会が開かれました

「理事会」が開かれました

本日、『予算決算常任委員会・理事会』が開かれました。

市役所1階のパネル

市役所1階のパネル


ここでは、「予算月議会に市長から提出される(予定)の議案をどの常任委員会が審査するか」などをあらかじめ決めておきます。



会期は37日間の予定です

予算議会の日程(案)も示されました。

予算議会日程(案)会期37日間

日付 会議名
2月17日 議会運営委員会
2月17日 本会議(2015年度の補正予算案が提出されます)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
2月18日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
2月19日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
2月20日 予備日
2月23日 予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
2月24日 議会運営委員会
2月25日 本会議(代表質問1日目)
2月26日 本会議(代表質問2日目)
2月27日 本会議(代表質問3日目)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
3月2日 予備日
3月4日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月5日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月6日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月9日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月10日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月11日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月12日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月13日 予備日
3月16日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月17日 予備日
3月18日 予備日
3月19日 予備日
3月23日 予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
3月24日 予備日
3月25日 議会運営委員会
3月25日 本会議(最終日)

この他にも、もしも特別委員会などが設置されれば、新たに日程が追加される予定です。



合計59本の市長提出議案を審査する予定です

まず、一般会計・特別会計(介護保険)の2015年度補正予算案や条例改正案などが18議案が、市長から提出される予定です。

理事会・配布資料

理事会・配布資料


さらに、2016年度当初予算案をはじめ条例改正案などが41議案が、市長から提出される予定です。



フジノは「介護保険料」の値上げに注目しています

年4回開かれる議会はどれも大切ですが、予算議会は特に重要です。

社会保障政策・社会福祉政策がメインテーマであるフジノは、3年に1度改定される『介護保険事業計画』と連動して改定される『介護保険料』に注目しています。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


先日ついに『第6期介護保険事業計画』が完成しました。

これにあわせて、介護保険料も値上げすることになります。

もはやこの時代において、値下げはありえません

高齢の方々の数は増え続けていき、どれだけお元気な方が増えても、ほとんどの方々はいつか要支援・要介護の状態になる時が来ます。

高齢の方々の数が増えて、要支援・要介護の方々が増えれば、介護保険への支出も当然増えていきます(市民のみなさまが介護サービスを使うということは、介護保険にとっては支出です)。

その支出を、ざっくり分けて3つの財源で賄っています。

保険料 40~64才の第2号被保険者のみなさまが支払う保険料
65才~の第1号被保険者のみなさまが支払う保険料
公費負担 国・県・市のそれぞれが税金で負担

この中で、市民のみなさまがじかに大きな影響を受けるのが、『介護保険料(1号・2号とも)』です。

2012~2014年度の3年間は、下の図のように、所得に応じて12段階の支払い金額に保険料は分かれていました(介護保険料は全員同じ金額ではありません)。

横須賀市の介護保険料

横須賀市の介護保険料


これが2015~2017年度の新たな3年間については

  1. 一人あたりの介護保険料の値上げの金額がどれだけ増えるのか
  2. 所得に応じた負担額の段階がどれだけ広がるか

に注目しています。

というのも、この2点は、フジノの永遠のテーマなのです。

3年ごとの計画改定(=介護保険料改定)のたびに、様々な形で提案を市議会で繰り返してきました。

低所得の高齢者世帯は増えていく一方です。しっかりとした支援が必要です。

そこで、フジノは「もっと所得に応じた負担額を増やしていくべきだ」「12段階ではなくさらに段階をこまやかに増やしていくべきだ」という2つの提案をしてきました。

その提案が『第6期計画』ではどのように反映されるのか、とても注目しています。

まもなく2015年予算議会スタートします。

いつもどおり、フジノは全身全霊をかけて議論をしていきます!



9月議会がスタートしました/前半は15本の市長提出議案を審査します

今日から9月議会がスタートしました

市内各地の掲示板に張り出されている『9月議会』のお知らせポスターのとおり、9月1日本日から横須賀市議会が始まりました。

2014年9月議会のポスター

2014年9月議会のポスター


会期は、10月7日までの37日間です。

20140901schedule1
20140901schedule2


9月議会は、大きく前半と後半に分かれています。

前半 後半
9/1〜18
(議案の審査)
9/18〜10/7
(決算の審査)



今日から18日までは、前半にあたります。

横須賀市議会と同じように、全国の地方議会において『子ども・子育て支援新制度』に関わる条例が一気に何本も提出されています。

これは国のスケジュールに基づいているのですが、これが9月議会前半の最大のテーマです。



市長から提出された15議案のタイトルです

まず前半は、市長から今日提出された15本の議案を、4つの委員会で審査していきます。

  • 第68号 平成26年度横須賀市一般会計補正予算(第2号)
  • 第69号 放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例制定について
  • 第70号 家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例制定について
  • 第71号 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例制定について
  • 第72号 幼保連携型認定こども園の学級の編制、職員、設備及び運営に関する基準を定める条例制定について
  • 第73号 保育実施基準条例廃止について
  • 第74号 児童福祉審議会条例中改正について
  • 第75号 児童福祉施設の設備等に関する基準を定める条例中改正について
  • 第76号 乳幼児健康支援デイサービスセンタ一条例中改正について
  • 第77号 救急医療センタ一条例中改正について
  • 第78号 市営住宅条例中改正について
  • 第79号 地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例中改正について
  • 第80号 物品の買入れについて
  • 第81号 市道路線の廃止について
  • 第82号 大津行政センター・コミュニティセンタ一新築工事請負契約の締結について

こうして議案のタイトルだけを羅列されても全く意味が分かりませんよね?

市役所北口玄関

市役所北口玄関


でも、どの1本1本も市民のみなさまの暮らしに直結しています。

1本の議案によって、これまでの生活が大きく変わることもしばしばあります。

どうやって議案の内容を市民のみなさまにお伝えしていくべきか、フジノはいつも悩ましく感じています。

みなさまの暮らしに大きな影響を与える議案については、いつもブログでお伝えしてきました。

でも、本来は全ての議案をご説明したいといつも思っています。



議案の内容をカンタンに紹介します

そこで今日は、本会議で市長が議員向けに読み上げる、議案の『説明要旨』を載せてみますね。

市議会は、市役所ビルの9階〜11階に位置しています

市議会は、市役所ビルの9階〜11階に位置しています


この内容も決して議案の中身が分かるようなものではないのですが、イメージだけでもお伝えできたらと願っています。

(*市長の原文どおりではなく、赤文字や漢字ひらがななどフジノが分かりやすいように一部変えています)

本定例会に提出いたしました議案について、その概要をご説明いたします。

議案第68号平成26年度横須賀市一般会計補正予算(第2号)は、1億8,514万7000円を増額し、予算総額を1,445億6,535万2000円とするものです。

今回の補正の内容として、

第1は、『横須賀製鉄所創設150周年記念プレ事業の実施』に係る増額補正です。

平成27年(2015年)に、横須賀製鉄所創設150周年を迎えるにあたり、本年11月から平成27年3月までを『プレ事業期間』として、150周年に向けた機運を高めてまいります。

今回の補正では、『ヴェルニー・小栗祭式典の開催場所をヴェルニー公園に変更』する為の経費、および『横須賀製鉄所を周知する為のパンフレット作成経費』を増額計上しました。

第2は、宝くじを原資としたコミュニティ助成の補助採択を受けましたので、『公益財団法人横須賀芸術文化財団が行なう公園に対し、相当額を助成する』為の経費を計上するものです。

第3は、『地域運営協議会への交付金』の増額補正で、本年8月に新たに1協議会が設立されたこと、および当初は事業実施見込みがなかった3協議会について、今年度中の事業実施にめどが付いたことから、それぞれの協議会への交付金を計上するものです。

第4は、消防法施行令の改正に伴い、『スプリンクラー設備の設置が義務付けられる障がい者グループホーム』に対し、設置費の一部を助成する為の経費を計上するものです。

第5は、児童福祉法施行令の改正に伴い、障がい福祉システムの改修を行なう為の経費を計上するものです。

第6は、市内太田和で『特殊地下壕』が発見された為、その埋め戻しに要する経費を増額補正するとともに、年度内に完了することが困難である経費について繰越明許費を設定するものです。

第7は、『平成27年4月に予定されている統一地方選挙』に向けて、準備に必要な経費を増額計上するものです。

また、歳入予算については、これらの所要経費の特定財源として、国庫支出金、県支出金およびび諸収入を増額補正するとともに、一般財源所要額については前年度からの繰越金を充当するものです。

議案第69号は、児童福祉法の改正(平成24年法律第67号)に伴い、『放課後児童健全育成事業の設備および運営に関する基準』を定める為、条例を制定するものです。

議案第70号は、児童福祉法の改正(平成24年法律第67号)に伴い、『家庭的保育事業などの設備および運営に関する基準』を定める為、条例を制定するものです。

議案第71号は、子ども・子育て支援法の制定(平成24年法律第65号)に伴い、『特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準』を定める為、条例を制定するものです。

議案第72号は、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の改正(平成24年法律第66号)に伴い、『幼保連携型認定こども園の学級の編成、職員、設備および運営に関する基準』を定める為、条例を制定するものです。

議案第73号は、子ども・子育て支援法施行規則の制定(平成26年内閣府令第44号)に伴い、『保育実施基準を廃止』する為、条例を廃止するものです。

議案第74号は、児童福祉審議会において、『就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律に基づく調査・審議等を行なう』こととする為、条例を改正するものです。

議案第75号は、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準の改正(平成26年厚生労働省令第62号)に伴い、『児童福祉施設内部の規定に関する規定を改めること、保育所の設備基準の規定を改めること、業務の質の評価等の規定を設けること』、および所要の条文を整備するため、条例を改正するものです。

議案第76号は、児童福祉法の改正(平成24年法律第67号)に伴い、使用許可対象者の規定を改めること、および所要の条文を整備する為、条例を改正するものです。

議案第77号は、『救急医療センターの使用料および手数料の規定』を改める為、条例を改正するものです。

議案第78号は、『裁量階層の対象を改めること、及び子育てに適する市営住宅の特例の規定を改める』為、条例を改正するものです。

議案第79号は、『建築物の容積率の算定の規定を改める』為、 条例を改正するものです。

議案第80号は、『市立小学校37校の普通教室用のパソコンを更新する』為、買い入れようとするものです。

議案第81号は、『市道路線2路線を廃止する』ものです。

議案第82号は、『大津行政センター・コミュニティセンター新築工事請負契約を締結』しようとするものです。

以上です。

今日は、市長への一般質問が4名によって行われました。

注目すべき答弁もありましたので、次のブログでご紹介します!