新しい正副議長が選ばれました。フジノは正式に「教育福祉常任委員会」に就任しました/2013年臨時議会

臨時議会が開かれて「議会人事」が決まりました

今日は『臨時議会』が開かれました。

かねてからお伝えしてきた通りで、この臨時議会では『議会の人事』が決められるのみ。

市長からの議案の提出も無く、本会議・委員会での審議もありません。

  • 議長
  • 副議長
  • 議会運営委員会
  • 4つの常任委員会

など、それぞれ新たにメンバーが選ばれました。

2013年度の1年間(2013年6月〜2014年5月)は、新しいメンバーによる委員会構成で議会は進んでいきます。



板橋議員が議長、矢島議員が副議長に選ばれました

フジノにとって、『臨時議会』ではうれしいことが2つありました。

まず第1に、選挙の結果、新しい正副議長が選ばれました。

  • 議長:板橋衛さん
  • 副議長:矢島真知子さん(横須賀市議会史上初の女性副議長)

このお2人が選ばれたことは、フジノにとって「『新しい横須賀市議会』がスタートする」というワクワク感を抱かずにはいられません。

左からフジノ、板橋衛さん(新議長)、矢島真知子さん(新副議長)

左からフジノ、板橋衛さん(新議長)、矢島真知子さん(新副議長)


フジノが初当選した11年前は、ものすごく年齢の離れた先輩議員がたくさんいて、正直なところあまり口も聞いてもらえませんでした。

当時のフジノはいつもトゲトゲしていましたし、他の議員の方々と交わることを避けていたのも事実です。

そんな中でも、板橋さん・矢島さんのお2人の先輩は、会派を超えて、無所属のフジノにもあらゆる機会にたくさんのアドバイスをして下さいました。

板橋さん・矢島さんは『政策通』としてよく知られています。

例えば、議案への賛否などで立場が違っても板橋議員は、本会議や委員会でのフジノの質疑の後に声をかけて下さいました。

「フジノくん、あの質問は良かったよ。よく調べてきたね」

「フジノくんは知らないかもしれないけれど、あの問題には実はこういう背景があるんだよ」

といったふうに。

また、時には委員会などで、手加減なしの厳しい批判を頂くこともありました。

けれどもそうした批判も全て『政策的な判断』からの批判だとフジノも納得できることばかりでしたし、議会が終わればノーサイドで接して下さいました。

『政策』こそが政治家の全てと信じているフジノにとって、『政策通』の板橋さんに折にふれてアドバイスを頂くことができたのは、とてもありがたかったです。

そして、矢島さんにも特別な想いがあります。

2003年、フジノが美術館建設反対運動をスタートさせるにあたって、はじめに相談したのは矢島さんです。

雄人でも木村さんでもありません。

(美術館建設反対運動に雄人を誘ったのは僕です。雄人は後から加わりました)

だから、フジノは「矢島さんと2人で始めた美術館建設反対だった」と今でも受け止めています。

そんなこともあって、こんな風に述べていたこともあります。

「フジノにとって『政治家としての父』は木村正孝さんで、『政治家としての母』は矢島真知子さんだ」

美術館問題、男女共同参画問題、マニフェスト選挙の実現、議会改革など、矢島さんと一緒に取り組ませて頂いたテーマはいくつもあります。

このお2人が名実ともに横須賀市議会のリーダーに就任されたのです。

日本の地方自治体は二元代表制という形をとっており、市長と市議会の2つともがそのまちのリーダーです。

その市議会の全ての議員の代表が『議長』『副議長』です。つまり、市長と同じ意味合いを持つ、まちのリーダーなのです。

横須賀市議会は今どんどん良い方向へと向かっていますが、さらに今年はもっともっと前へと歩みを進めていかれると思います。

何よりもフジノ自身が楽しみにしています!

議会事務局のみなさんに退任の挨拶をされる前・正副議長

議会事務局のみなさんに退任の挨拶をされる前・正副議長





正式に「教育福祉常任委員会」に就任しました!

そして、第2にうれしかったこと。

フジノの「教育福祉常任委員会」への就任が本会議で正式に決定しました。

常任委員会の所属別名簿

常任委員会の所属別名簿


すでに『内々定』という形で決まっていたことではありますが、議会での正式な承認が無ければなりません。ホッとしました。

昨日もおとといもたくさんの市民の方々から

「フジノさんがまた教育福祉常任委員会になってくれて良かった」

という期待の声を頂きました。

本当にうれしかったです。

ここしばらく『政策』とは無関係のトラブルに巻き込まれていて、無為に時間を浪費せねばならなくて意気消沈することもありました。

けれども、福祉の現場ではたくさんの人々がフジノのことを待っていてくれるのを感じました。

その期待の声にしっかりと応えて『政策』を実現していく為に、フジノは教育福祉常任委員会メンバーとして全身全霊をかけて働いていきます。

教育、いじめ、不登校、自殺対策、精神保健福祉、障がい福祉、こども家庭福祉、高齢者福祉、保健・医療・福祉など、課題は山積みです。

これまで以上に専門性を発揮してがんばります!



まもなく人事を決める臨時議会が開かれます/2013年臨時議会

毎年恒例の『臨時議会』が開かれます

今日は、議会運営委員会が開かれました。

議会運営委員会の配布資料より

議会運営委員会の配布資料より


5月13日に開催する『臨時議会』の事前準備の為です。

毎年書いていることですが、この『臨時議会』は毎年5月に『定期的』に行われるものです。

議長・副議長、4つの常任委員会、議会IT化運営協議会などの会議、議会内役職などの役職(ポスト)を決める為だけで、議案の審議はありません。

議会運営委員会の配布資料より

議会運営委員会の配布資料より


会期もわずか1日だけです。

5月13日(月)のみの開会です

5月13日(月)のみの開会です





どの常任委員会に所属するか

横須賀市議会では、下の4つの常任委員会のどれかに必ず所属することになっています。

委員会名所管する部局
総務常任委員会政策推進部
総務部
財政部
経済部
市議会事務局
選挙管理委員会事務局
監査委員事務局
生活環境常任委員会市民安全部
市民部
資源循環部
上下水道局
消防局
教育福祉常任委員会福祉部
健康部
こども育成部
教育委員会事務局
都市整備常任委員会環境政策部
都市部
土木部
港湾部

委員会も任期が1年間なので5月でメンバーが入れ替わります。

2012年度のフジノは

  1. 教育福祉常任委員会
  2. 議会IT化運営協議会

に所属していました。

議会運営委員会が終わった後で会派に所属しない無所属議員の3人で話し合って、無所属に割り当てられた委員会を誰がどこに所属するかを決めました。

2013年度のフジノは

  1. 教育福祉常任委員会
  2. 議会IT化運営協議会

に所属する予定です。

昨年度と全く同じです(正式に決定となるのは5月13日です)。

今年も教育福祉常任委員会に所属します。

担当するのは、

健康部・福祉部・こども育成部・教育委員会の4部局です。

10年間、保健・医療・福祉・教育の分野で政策の実現の為に毎日全力で取り組み続けてきました。

今、問題は山積みです。

くりかえしお伝えしてきたように、国民健康保険・介護保険をはじめとする社会保障が崩れそうな状況に追い込まれています。

フジノの使命は、社会保障を守ることだと受け止めています。

今まで以上に努力を積み重ねて、誰からも深く信頼と期待をしていただけるようにもっとしっかりと学んで、政策を実現していきたいです。



政治家10年目もフジノは「教育福祉常任委員会」に所属して全力で保健・医療・福祉・教育を改善していきます/2012年臨時議会

議会運営委員会が開かれました

今日は、議会運営委員会が行なわれました。

5月11日に開催する『臨時議会』の事前準備の為です。

この『臨時議会』は臨時とは名ばかりで、毎年5月に『定期的』に行われるものです。

議長・副議長・委員会・議会内役職などの役職(ポスト)を決める為だけの場で、議案の審議はありません。

わずか1日だけの会期で終わります。

『慣例』という悪しき習慣によってあらゆる役職が強制的に交代させられます。

例えば...

毎年全く何も問題が無いのに『副議長』が自ら辞表を出して、新しい人間が副議長のポストに就きます。

また、『議長』については『慣例』によって2年ごとに交代します。

この1年交代だとか2年交代だとかがもしも条例や正式な議会規則で定めた『任期』であるならば、フジノは問題視しません。

けれども、違います。

本来は、議長も副議長も4年間の任期であるはずなのに、会派と会派のあいだの取り決めによって(=『慣例』)ポストがたらい回しされているのです。

41万人市民の代表である41人の市議会議員を束ねるトップリーダーである市議会議長は、『権力』と『権威』が絶対に必要です。

『権力』というのは肩書きで自動的に与えられるものです。
 
そのポストに就けば誰でも持てる、命令するパワーです。

一方で、『権威』というのは言葉は似ていますが『権力』とは全くの別モノで、周りの人のこころの中に生まれる、自然なリスペクトの気持ちみたいなものです。

こころの深い部分での信頼感と言い換えても良いかもしれません。

本来ならば、市長と同じかそれ以上に大きな『権力』を持つリーダーであるにも関わらず

こんなたらい回しをしている限り、横須賀市議会の議長・副議長に『権威』は絶対に生まれません。

こうした現状こそ実は議会自らが議会の存在を貶めていることに、一刻も早く全ての議員が気づいて目を覚まして欲しいです。



政治家10年目も『保健・医療・福祉』『教育』に取り組んでいきます

横須賀市議会では、下の4つの常任委員会のどれかに必ず所属することになっています。

委員会名所管する部局
総務常任委員会政策推進部
総務部
財政部
経済部
市議会事務局
選挙管理委員会事務局
監査委員事務局
生活環境常任委員会市民安全部
市民部
資源循環部
上下水道局
消防局
教育福祉常任委員会福祉部
健康部
こども育成部
教育委員会事務局
都市整備常任委員会環境政策部
都市部
土木部
港湾部

委員会も任期が1年間なので、5月でメンバーが入れ替わります。

2011年度のフジノは

     

  • 教育福祉常任委員会
  • 議会報告会等準備会
  • 財団法人横須賀市健康福祉協会・理事

に就任していました。

議会運営委員会が終わった後で、会派に所属しない無所属議員の4人で話し合いをもって

無所属に割り当てられた委員会を誰がどこに所属するか、無事に合意ができました。

2012年度のフジノは

  • 教育福祉常任委員会
  • 議会IT化運営協議会

に就任する予定です(正式に決定となるのは5月11日です)。

今年も希望通りの『教育福祉常任委員会』に所属できることになりました!

担当するのは、健康部・福祉部・こども育成部・教育委員会の4部局です。

政治家としてフジノは丸9年間ずっと保健・医療・福祉・教育の委員会に所属してきたのですが

「今年は誰かに交替せざるをえないのかもしれないなあ」
 
「あらかじめ覚悟しておかなければ...」と考えていました。

けれども、無所属の他の3名の方々の理解を頂けて、10年目を迎える今年も、教育福祉常任委員会で働くことができるようになりました。

本当にありがたいことです。

フジノは、上の文章で『権力』『権威』について記しました。

そのことを自らへの課題として、自分に課さなければならないと考えています。

どこかの委員会に所属することで、その所管する部局に対して、直接に議案の審議や議決という形で『権力』を持つことになります。

ある委員会に所属することで『権力』を持つことで、短期的な意味で政策を動かすことはできても

もっと長いスパンでの成果を生むことは、なかなかできません。

つまり、現実を変えていく為には委員会に所属するという『権力』だけではなくて

福祉分野にかけてはフジノならばこころから信頼できる、という想いを、市民の方々や市職員の方々や他の議員の方々に感じてもらえなければならない訳です。

それを言い換えると、『権威』を付与していただくということなのだろうと考えています。

9年間、保健・医療・福祉・教育の分野で毎日全力で取り組み続けてきたという自負心はありますが、この分野については、誰からも深く信頼と期待をしていただけるように

もっとしっかりと学んで、自分を磨いて、政策を実現して、そして、成果を出していきたいです。

がんばります。



再び(ほぼ)「教育福祉常任委員会」に決まりました/2011年臨時議会

再び「各会派代表者会議」が開かれました

今日は、『各会派代表者会議』が開かれました。
 
5月2日に決めたことを再びゼロからやり直しです。

フジノは議員傍聴席に座りながら、ゼロから同じことが繰り返されているのを見届けました。

各会派代表者会議の会場にて

各会派代表者会議の会場にて


会議のあいまの休憩時間に、無会派の他の議員の方々と政策的なことを意見交換をしたり、市職員の方々のもとへヒアリングに向かいました。

「フジノさん、委員会のこと、せっかく決まったのに残念ですね...」

「ポストなんか関係ない主義のフジノさんでも、どの委員会に所属するかは重要ですものね」

「私たちはいつも議長が誰になったとか委員会が誰になったとか決まったことを後でただ知らされるだけですけれど、内情はこんなになってるんですね...」

「私なんかも選挙が終わってから議会が始まるまでけっこう間が空くなあと思ったりするものですよ」

ヒアリング先の市職員の方からこんなふうに口々に話しかけられて

「きっと多くの市民の方々も同じように、議会のことを冷めた目で眺めているのだろうなあ」

と感じました。

(いや、眺めるだけでも見てもらえていればまだマシかも。ほとんどの方々にとって議会なんて関心もわかないだろう...)



再び(ほぼ)『教育福祉常任委員会』に決まりました

『各会派代表者会議』が終わった後、無会派の4人で集まって所属する委員会をどうするかなどを話し合いました。

その結果、フジノは改めて『教育福祉常任委員会』に(ほぼ)決まりました。

岩崎議員、小林議員、山城議員のご配慮のおかげです。
 
無会派の3名の方々には深く感謝しております。

ご心配いただいた多くの市民の方々にも、この委員会で働けることを改めて報告できて良かったです。

しっかり働きます。

また、『議会報告会等準備会』委員にも『無会派』を代表して就任することも(ほぼ)決まりました。

そして、政治家9年目にして初めて議会内の役職にも立候補することにしました。

『神奈川県後期高齢者医療広域連合議会議員』に立候補する為の届け出をしました。これは、選挙が行なわれます。

議会内役職選出届

議会内役職選出届


全く知られていないことですが、神奈川県内の20人の市町村議会議員で『後期高齢者医療』の運営をおこなう議会がつくられています。

神奈川県後期高齢者医療広域連合議会の概要

神奈川県後期高齢者医療広域連合議会の概要


この制度がスタートしてから、ずっとフジノは『広域連合』と『広域連合議会』の動きを追いかけてきました。

ご高齢の方々の保健医療福祉は、政治家としてフジノの専門分野でもあります。

こうした議会内役職は多数会派が順番に就任してきましたが、フジノは、あえて立候補します。

この結果は、12日に行なわれる臨時議会で決まります。

そうだ、書き忘れてた。

本会議場の議席も白紙に戻ってしまったのですが、話しあいの結果、改めて4番になりました
 
一応、ご報告まで。



僕は、とにかく働きます

昨日から 体調不良とあいまって、かなりモチベーションが下がってしまいましたが、もう1度、気合いを入れ直します。

まわりがどんな風に動いていようとも、それは僕にはカンケーないし、自分は自分の正しいと信じることを貫くだけですよね。

僕は、とにかく働きます。