LGBTs施策実施の全国自治体1位に横須賀市が選ばれました/10年にわたる「性的な多様性を保障する取り組み」が評価されました

10年間かけて横須賀市を全国1位にしました

今日も時間がないので、写真とひとことの文章でごめんなさい。

本日、早稲田大学でシンポジウムが開催されました。

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ


設立1周年となる早稲田大学GSセンターの活動報告が行なわれました。

ついで、石川大我さんの調査研究の発表がなされました。

石川大我さんが全国自治体の施策を調査しました

石川大我さんが全国自治体の施策を調査しました


LGBTs施策を実施している全国自治体のランキングが発表されました。

そして、

横須賀市が全国1位に選ばれました。

横須賀市が全国1位に選ばれました

横須賀市が全国1位に選ばれました


実は先月お知らせを頂いていたのですが、今日まで口外することができませんでした。

横須賀市議会でフジノがたったひとりきりで10年間にわたって取り組んできたことが、全国的に評価されて、ありがたく感じています。

シンポジウムで話すフジノ

シンポジウムで話すフジノ


また、市職員のみなさんの日頃のがんばりがきちんとした形で評価されて、本当に誇りに感じます。

シンポジウムの様子

シンポジウムの様子


シンポジウムでは、GSセンターの大賀さん、石川豊島区議、前田文京区議、レインボーとしまの小吹代表とともにフジノも登壇しました。

横須賀の取り組みをお話しました

横須賀の取り組みをお話しました


フジノからは横須賀の取り組みについてお話しさせていただきました。



「身の丈」を知っているので驚きはありません

傲慢に聴こえるのを承知で、あえて本音を書きます。

ランキングが欲しくて取り組んできた訳では無いので、嬉しさは特にありません。

ランキング発表後のシンポジウム。左から前田さん、フジノ、小吹さん。

ランキング発表後のシンポジウム。左から前田さん、フジノ、小吹さん。


もともとフジノは『LGBT成人式』をはじめ、様々なところで

  • 「パートナーシップ制度と条例が無いだけで、渋谷にも世田谷にも負けていません」

  • 「横須賀の取り組みはパートナーシップ制度が無い以外は我が国の最先端です」

と本気で言い続けてきました。

例えば、『性的マイノリティ関係課長会議』は全国初の取り組みとして、厚生労働省の会議の場で、我が国のトップレベルの研究者から評価をしていただいています。

また、性的マイノリティ分かち合いの会『Cafe SHIPポートよこすか』は好事例として内閣府の『自殺対策白書(平成27年度版)』にも掲載されています。

2015年に救急搬送時・意識不明時の手術同意などにおける同性パートナーの立場を市立病院の指針に明確に位置づけた取り組みは全国初で、横須賀をモデルに少しずつ全国に広がっています。

こうした取り組みがたくさんあります。

海外の事例も、国内の事例も、ひたすら研究しているフジノですから、横須賀の実力がどのあたりにあるかは客観的に分かっています。

「身の丈」を知った上で、全国1位に驚きはありませんでした。



ランキングよりも大切なのは「当事者のみなさまの安心感と暮らしの満足感」です

フジノは、もっと大切な『現実』を知っています。

このまちで暮らしている当事者のみなさんにとってランキング1位だからってカンケーありません。

フジノが本当に欲しいのは、当事者のみなさんが安心して暮らせる平和な毎日だけです。

シンポジウムでもひたすら本音を語りました

シンポジウムでもひたすら本音を語りました


もちろん10年間、必死に全力を尽くして努力をしてきました。

全国で初めて導入した取り組みもたくさん提案してきました。

けれども、全ては当事者のみなさんの為です。

今このまちに暮らしている全ての当事者のみなさんが安心して平和に毎日を暮らせているか。

差別・偏見・スティグマが全く存在していないか。

残念ながら「そうではない」ことは誰よりもフジノが知っています。

どんな取り組みの数々も、当事者のみなさんに届かなければ、何の意味もありません。



横須賀はこんなもんじゃない。もっと取り組みを進めます

横須賀はこんなもんじゃない。

いつもそう胸にかたく誓って働いています。

慢心する気持ちは一切ありません。もっともっと前に進んでいきます。

パートナーシップ条例や要綱をつくった渋谷や世田谷に比べて派手さに欠けるので、今までメディアでは全然報じてもらえませんでした。

けれども、地味で地道ながら、実はすごく先進的だった横須賀にようやく光が当ててもらえました。

どのまちも実現できていないことがたくさんありますし、横須賀が始めたから他のまちが始めたこともたくさんあります。

横須賀市による今までの取り組みとこれからの取り組みを、どうか全国のみなさま、見守っていて下さいね。そして、どんどんご意見をください。

もっともっと良い方向へ進めていきますから。



「数」だけでなく「中身」を知って下さいね

最後に、今日のシンポジウムでフジノが作成して配った資料を掲載しますね。

本当は書ききれなくて、もっともっとたくさんの取り組みを行なっています。

さらに言えば、横須賀の取り組みが全国1位なのは『数』だけではありません。

素晴らしいエピソードもたくさんあります。

フジノが配布した資料です

フジノが配布した資料です


フジノのブログや横須賀市のホームページにも書ききれていないエピソードがたくさんあります。

少しずつご紹介していきますので、ぜひそうした事柄もみなさまに知っていただけたらと願っております。



心から関係者のみなさまに御礼を申し上げます

政治家は、結果だけが全て。施策の評価よりも、「どれだけ当事者のみなさまが本当にハッピーになれたか」だけが全てなのです。

嬉しいか嬉しくないかと聞かれたら、「嬉しい」とは応えますが、それは政治家としての本意では無いのです。

今日のブログではそんな強気な言葉ばかりを書きましたが・・・

いつもながら『天邪鬼なフジノ』なので、傲慢な言葉の数々はどうかお許し下さいね(こういうキャラなのです)。


お礼

最後に、御礼を記させて下さい。

1年間にわたって調査研究をして下さった石川大我さん、ありがとうございました。

早稲田大学GSセンターのみなさま、設立1周年おめでとうございます。素晴らしいシンポジウムの機会をありがとうございました。

早稲田大学GSセンターを見学させていただきました

早稲田大学GSセンターを見学させていただきました


さらに、GSセンター見学の機会もいただいて、本当にありがとうございました。

スタッフのみなさま、準備から運営、後片付け、懇親会まで、本当に細やかな心配りに感謝しています。

荒天の中、取材に来て下さったTBS、毎日新聞、読売新聞、共同通信ほかメディアのみなさま、ありがとうございました。

会場に足を運んで下さった全ての方々に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。

そして誰よりも、フジノが10年にわたって『性的な多様性を保障する為の取り組み』に全身全霊をかけるきっかけを与えて下さった全ての当事者のみなさま、ありがとうございました。

これからもずっと、今までどおりに全力で取り組みを前に進めていきますので、よろしくお願いいたします!



【お誘い】LGBTs施策実施の全国自治体ランキングが発表されます/「早稲田大学GSセンター・石川大我氏 LGBTs春の報告発表会 in Waseda」にいらして下さい

講演とシンポジウムのおしらせです

今日は、講演とシンポジウムのおしらせがあります。

早稲田大学のイベントですが、学生だけでなくどなたでも参加できますので、関心のある方にはぜひお越しいただきたいのです。

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ


当日の内容は、大きく分けて3つです。

第1に、早稲田大学に新たに創立されて1周年を迎えた『GSセンター』(Gender and Sexuality center)の活動報告会です。

フジノは『GSセンター』の存在を今回のイベントを通じて初めて知ったのですが、国内の大学では全国初となるセンターだそうです。

下の1分半の動画、活動がとても分かりやすく紹介されているのでぜひご覧下さい。




早稲田大学のサイトでは、すでに1年間の活動報告書も公表されていますね。

第2に、石川大我さん(豊島区議会議員)がプロジェクトペーパー『自治体におけるLGBT施策の促進要因と阻害要因の研究』をもとに報告を行ないます。

発表では、今まで日本で明らかになっていない『LGBTs施策実施自治体ランキング』の発表があるそうです。

全国のLGBTs施策先進自治体へ実施したアンケート調査結果を分析し、①施策数での自治体ランキング、②具体的施策ランキング、③地域での取組の違い分析(男女共同参画か人権か)、④当事者との連携が施策に与える影響などを発表するそうです。

第3に、『自治体LGBTs施策のつくり方』をテーマにしたシンポジウムが行なわれます。

全国の地方議員たちが集まって立ち上げた『LGBT自治体議員連盟』という議連があるのですが、このメンバーと、『レインボーとしまの会』の方が出演します。

GSセンター×石川大我氏 『LGBTs春の報告発表会 in WASEDA』

  • 日付:2018年5月7日(月)
  • 時間:17:30開場 18:00開演

  • 出演:石川大我(豊島区議:政治学研究科修了)
    前田邦博(文京区議:法学部卒業)
    藤野英明(横須賀市議:教育学部卒業)
    レインボーとしまの会
  • ファシリテーター:大賀一樹(早稲田大学GSセンター)

  • 場所:大隈記念タワー(早稲田キャンパス26号館)地下1F 多目的講義室(〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1)

  • 主催:早稲田大学スチューデントダイバーシティセンターGSセンター



詳しい内容の記してあるチラシはこちらをご覧下さい)

月曜日の夜ですが、もしもご都合のあう方はぜひいらして下さいね。



実は、フジノも出演します

実は、最後のシンポジウムにフジノも出演します。

早いもので、大我さんとも出会ってから10年くらいになります。

当時の大我さんはまだ政治家ではなく、市民の立場で本当に活動を一生懸命にがんばっておられた姿が印象に残っています。

当選後もいろいろな機会に意見交換をさせていただきました。

前回の統一地方選挙の前には、大我さんらと秘密の会合を何度か開いて

「無事に来期も当選を果たしたら『議連』を立ち上げて、地方議員の手で『性的な多様性』を当たり前のものにしていこう」

と約束したものです。

残念ながらフジノは、この議連の立ち上げには失敗しました。

けれども大我さんは決して諦めず、いつもの粘り強さによって、『LGBT自治体議員連盟』を昨年7月に無事に立ち上げました。

そして現在では、100名以上の地方議員が所属しています(ナイス大我さん!)。

さらに、シンポジウムで一緒に出演して下さるのが文京区議会議員の前田くにひろさんです。

前田さんとも長いおつきあいで、フジノが代表を務めた自殺対策の地方議員連盟(『地域の自殺対策を推進する地方議員有志の会』)でともに活動をさせていただきました。

幹事会のメンバーを務めていただき、やはり旧知の間柄です。

いろいろな理由から、フジノはかれこれ何年も前からあらゆるイベントへの参加を全てお断りしてきました。

けれども、長年の同志である大我さん・前田さんとの共演、そして(在学中にお世話になった記憶は全く無いので『母校』と思ったことは1度も無いのですが)出身校での開催。

そこで今回だけは出演することを快諾しました。

たぶん、フジノがシンポジウムなどでお話をする最後の機会になるのではないかと思います。ある意味、プレミアかもしれません(笑)

GSセンターの活動報告、話題を集めるであろう大我さんの自治体ランキング発表、そしてシンポジウムと盛りだくさんです。

ぜひいらして下さいね。お待ちしております!