横浜横須賀道路の通行料値下げへ政府が動き出しました!/国土交通大臣への要望活動

国土交通大臣への要望活動の結果報告

昨日、『横浜横須賀道路の利用促進と広域幹線道路の整備を求める国土交通大臣への要望活動』が行なわれました。

その結果について、土木部長から全議員宛に以下の報告がありました。

横浜横須賀道路の利用促進と広域幹線道路の整備を求める国土交通大臣への要望活動の結果について

本日、国土交通大臣への要望活動を実施しました。

この席上、太田国土交通大臣から、横浜横須賀道路の料金引き下げについては、 国全体の見直しの中で横浜横須賀道路についても、しっかり念頭に入れ検討していき たい、スマートインターチェンジの整備については、大事な点なので事務方と個別の調整を図っていきたいとのコメントをいただきました。

また、広域幹線道路の整備については、横浜横須賀道路と中央道、関越道などとのアクセスに有効な横浜湘南道路、高速横浜環状南線を平成25年度中に工事着手する旨を初めて明言いただきました。

  1. 日時:平成25年10月28日(月)午後2時
  2. 要望先:太田昭宏 国土交通大臣
  3. 場所:国土交通省 大臣室
  4. 要望者
    公明党衆議院議員 古屋範子
    自由民主党衆議院議員 小泉進次郎
    三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟
     会長 横須賀市長 吉田雄人
     理事 横須賀市議会議長 板橋衛
     理事 横須賀商工会議所会頭 木村忠昭

小泉進次郎代議士・古屋範子代議士のお2人のご協力も頂いて、ついに実現した要望活動です。

「明日のよこすかをつくる会」討議用資料より

「明日のよこすかをつくる会」討議用資料より


市長選挙で広川さとみ候補を筆頭にみんなが全力を尽くして闘ったのは、まさにこうした取り組みを前に進める為でした。

その結果、大きな成果が得られつつあります。

神奈川新聞が1面トップで報じた政府の動き

当日の様子と、政府の動きについて、けさの神奈川新聞が大きく報じてくれました。

まず、当日の様子についてです。

2013年10月29日・神奈川新聞より

2013年10月29日・神奈川新聞より

高コスト構造の改善を
横横道路値下げへ横須賀市や議会、国交相に要望書

割高感が際立っている横浜横須賀道路(横横道路)の通行料金引き下げを訴え、横須賀市の吉田雄人市長、板橋衛市議会議長、木村忠昭横須賀商工会議所会頭らが28日、太田昭宏国土交通相に要望書を手渡した。

吉田市長は「首都圏中央連絡自動車道の外側は1キロあたり24.6円だが横横道路は43円。横須賀の大動脈だが日本で一番高い道路と言われている」と指摘。板橋議長は「横横道路が高いので横須賀は高コスト構造になっており、三浦半島経済の大きなネックになっている」と述べ、1キロあたり25円前後への値下げを求めた。

太田国交相は席上、全国的に有料道路の料金見直しを進めていることを明らかにした。

横横道路の値下げは、6月の市長選で吉田市長の対抗馬だった元副市長も掲げていたテーマ。

同席した自民党の小泉進次郎衆院議員(11区)は「市長選で(吉田氏と)戦った側でも一緒に来ているという思いを分かってください」。公明党の古屋範子衆院議員(比例南関東)も「私たちは自公で(市長選に)負けた。ただ、横須賀のためにという思いは一緒です」と訴えた。

続いて、1面トップで報じられた政府の動きについてです。

この紙面を見た時には、とてもうれしく感じました。

2013年10月29日・神奈川新聞・1面より

2013年10月29日・神奈川新聞・1面より

横横道路の値下げ検討、割高路線料金見直しへ

政府、与党が、全国の有料道路の料金体系見直しを本格的に検討していることが28日、分かった。割高感が強い道路の料金引き下げが主眼で、横浜横須賀道路(横横道路)などが対象となる見通し。複数の政府関係者が明らかにした。

有料道路では、第3京浜道路の玉川-羽沢(14.3キロ)が250円、横横道路の佐原-朝比奈(14.8キロ)が650円(通常料金)といった具合に、同距離でも路線によって通行料金が著しく不均衡になっているケースがある。

NEXCO東日本によると、こうしたアンバランスが生じるのは料金算出の根拠の一つである「便益主義」が要因。一般道で迂回(うかい)をするような形で走行した場合と比較して、時間短縮の利益がどの程度あるのかといった観点などから算出するため、走行距離に応じた料金体系になっていない。

政府関係者によると、安倍政権はこうした仕組みの妥当性を検証。全国的な料金体系の見直しに着手した。太田昭宏国土交通相も28日、横横道路の料金引き下げを要望する横須賀市、市議会などに対し、「(有料)道路の料金をどうするか今、総合的に検討している」と言明した。

政府関係者によると、横横道路のような割高路線は引き下げ対象だが、割安な路線は引き上げになる可能性がある。

自公政権は麻生内閣当時(2008~09年)にも横横道路の料金引き下げを本格検討。だが、09年夏の政権交代で下野したことなどに伴い、立ち消えになっていた。

政府が動き出しています!

今後も政府への取り組みを継続していくことで、少しでも早く実現させたいです。

こちらもご覧下さい

当日の様子については古屋範子代議士吉田雄人市長木下憲司市議がそれぞれのブログで報告されています。

「横浜横須賀道路の通行料値下げを求める意見書」を横須賀市議会が全会一致で可決/経済活性化の為に

横横道路の通行料値下げの実現を目指して

今日の本会議では、政府に対する意見書案の採決も行なわれました。

市議会の全メンバーが賛成することを『全会一致』と言いますが、『横浜横須賀道路の通行料の値下げ』を求める意見書が全会一致で可決されました。

横浜横須賀道路(Googleマップより)

横浜横須賀道路(Googleマップより)


横浜横須賀道路の通行料といえば「高い」ことで知られています。

普通車の狩場IC〜馬堀海岸IC間の通行料は1,400円と割高です

普通車の狩場IC〜馬堀海岸IC間の通行料は1,400円と割高です


土日祝日と平日深夜早朝はETC割引が実施されているものの、これを平日昼間の通行料も半額以下に値下げすべきというのが多くの方々の意見です。

そうした立場から、横須賀市議会として意見書を提出することが決まりました。

平成25年 意見書案第8号

横浜横須賀道路の料金引き下げに関する意見書

横須賀市には首都圏と連絡する幹線道路が国道16号しかなく、この16号の沿線には大型の商工業施設、米軍施設、自衛隊施設などが集中している。また、本市の北部地区には多くのトンネルが集中し、代替となる路線もなく、通勤時間帯を中心に慢性的な交通渋滞が発生している。

一方、国道16号のバイパス道路として整備された横浜横須賀道路は、市民等が利用しやすい料金体系が望まれているが、この通行料金は周辺の東名高速道路や首都高速道路に比べて著しく割高であり、市民等の利用を阻害する一因となっている。

料金比較の一例を述べれば、横浜横須賀道路の通行料金は、狩場〜馬堀海岸間32.7㎞に対し普通車1,400円(42.8円/㎞)となり、首都高速道路の上限額900円をはるかに超える額となっている。また、首都圏へ行く場合には、横浜横須賀道路の料金に首都高速道路の料金が加算される為2,300円となり、この額は東名高速道路の東京〜御殿場間にも匹敵する料金となる。

この割高な通行料金を引き下げることにより、横浜横須賀道路の利用が促進され、地域経済の活性化、市内の渋滞緩和、安全安心のまちづくりの促進に資することは言うまでもない。

よって、国におかれては、下記事項の実現に向け関係団体へ働きかけるよう強く要望する。

1.地域経済の活性化、渋滞緩和、安全安心のまちづくりのため横浜横須賀道路の通行料金を引き下げること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

(提出先)衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、国土交通大臣

6月の市長選挙において広川さとみ候補を応援した市議会メンバーは、選挙が終わっても実現を約束した政策を捨てたりはしません。

「明日のよこすかをつくる会」討議用資料より

「明日のよこすかをつくる会」討議用資料より


横浜横須賀道路の通行料の値下げは、商業・工業・観光など三浦半島の経済活性化にとって重要な取り組みです。

物流面からの活性化

・国道357号の延伸と横浜横須賀道路通行料の値下げにより、物流速度の向上と物流コストの低下を実現します。

絶対に実現させなければなりません。

市長選挙の後半になると、吉田市長もこの公約を取り込んで自らの選挙公約にしました。

つまり、市議会だけでなく市長にとっても横横道路の通行料値下げは重要な公約です。

あらゆる手段を尽くして、実現に向けて努力をしていかねばなりません。

今後、吉田市長には小泉進次郎代議士古屋範子代議士にも協力を依頼して、関係省庁への働きかけを行なうべきです。