2回目の「中間報告」を終えて、この仕組みはとても重要だと実感しました/横須賀美術館運営評価委員会(2014年度・第2回)

美術館運営評価委員会(2014年度・第2回)へ

大急ぎで電車に乗り、馬堀海岸駅へ。観音崎にある横須賀美術館に向かいました。

毎年度3回開かれている『美術館運営評価委員会(2014年度第2回)』を傍聴しました。

会場にて

会場にて


まもなく『社会教育委員会会議』から美術館改革についての答申が『教育委員会』へ出されます。

けれども今回の『美術館運営評価委員会』はそうした『制度』の議論ではなくて、あくまでもいつもどおりの『運営評価』(今日のテーマは『活動状況中間報告』)がテーマです。

横須賀美術館運営評価委員会・議事次第より

横須賀美術館運営評価委員会・議事次第より


現場のみなさんの日常的な改善の取り組みが積み重ねられていくことがとても大切です。

2回目となった活動状況の「中間報告」の仕組みはとても良く機能しています

フジノがずっと訴えてきた横須賀美術館の巨額の赤字については今も問題視しています。その改革については『制度改革』の議論の場で続けています。

その一方で、赤字の問題や制度的な位置づけの問題とは別に、美術館運営課長をはじめ、学芸員のみなさんや美術館スタッフのがんばりは素晴らしいものがあります。

『中間報告』は昨年2013年度から新たに始めた取り組みなのですが、2回目を経て「やはり『中間報告』という仕組みを導入したことは成功だ!」と感じました。

平成26年度横須賀美術館活動状況中間報告書

平成26年度横須賀美術館活動状況中間報告書


2014年度上半期が終わりましたので、『事業計画』の進捗状況と目標の達成状況が『活動状況中間報告書』としてまとめられました。

今日はその報告もとに議論が行なわれました。

この半年間、横須賀美術館がどのように活動してきたのかがとても良く伝わりました。

客観的なデータ的にも、主観的な形での学芸員の方々の印象も、よく分かりました。

こうした積極的な活動状況の報告こそが、市民のみなさまへの理解と共感につながっていくはずです。ぜひ今後も『中間報告』はしっかりと続けてほしいと感じました。

また、昨年度は会議終了後に『配布資料』が回収されてしまったのですが、今日はちゃんと持ち帰ることができました。これも良い改善です。

2013年12月議会でのフジノの一般質問によって実現した成果なのですが、やっぱり配布資料の持ち帰りは「当たり前」ですよね)

報告の具体的な中身について

中間報告の全文はpdfファイルでこちらに掲載しますので、お時間の許す方はぜひご一読ください。

・有料入場者(=観覧者数)の目標10万2000人に対して、上半期の実績は堅調なものでした

10万2000人の入場目標に対して、半期の実績は好調です

10万2000人の入場目標に対して、半期の実績は好調です


そもそもフジノとしては、目標設定が低い(10万2000人では赤字削減には大きく貢献できない)と批判的です。

しかし、上半期はその目標値を134%と上回っていることは「堅調」な実績であった、と評価したいです。

・広報・パブリシティも堅調な実績でした

広報・パブリシティ活動の実績

広報・パブリシティ活動の実績


前年度比25%アップは頑張ったと思います。みなさまも横須賀美術館の話題をテレビ・新聞・雑誌で見かける機会が増えたとお感じになりませんか?

かつては、ある新聞に全く取り上げてもらえないことが議会質疑でも出るなど厳しい時期がありました。そこから盛り返したのはスタッフの頑張りのおかげだと評価したいです。

ツイッターのフォロワー数を増やす為の提案はフジノもいろいろしてきましたし、日常的にリツイートをこころがけてきたので、2000フォロワー突破は嬉しいです。

・人件費を除いた固定費の削減

人件費を除いた固定費の削減はとてもベーシックですが大切です

人件費を除いた固定費の削減はとてもベーシックですが大切です

強い雨でした

強い雨でした

今回から新たに「中間報告」が実施されました/横須賀美術館運営評価委員会(2013年度・第2回)

美術館運営評価委員会へ

午後から、観音崎にある横須賀美術館に向かいました。

『横須賀美術館運営評価委員会』(2013年度・第2回)を傍聴する為です。

会場にて

会場にて


この会議では『運営・事業計画・実績の評価』『評価結果に基づく改善策』を議論しています。

横須賀美術館運営評価システムの全体像

横須賀美術館運営評価システムの全体像


その結果をまとめた『評価報告書』がこちらです。

50ページほどでよくまとめられていますので、ぜひご一読下さいね。

年度
 2010年度・横須賀美術館 評価報告書
 2011年度・横須賀美術館 評価報告書
 2012年度・横須賀美術館 運営評価報告書

最新版である2012年度版は、この7月に提出されました。

今回から「中間報告」が実施されました

この運営評価委員会は、2007年から試行錯誤を重ねながら前進してきましたが、今回さらに改善点がありました。

初めて『中間報告』がなされたのです。

上半期が終わりましたので、事業計画の進捗状況と目標の達成状況が報告されました。

今日はそれをもとに議論が行なわれました。

(実際の資料は終了後に回収されてしまったので、ここでご紹介することはできないのがとても残念です)

横須賀美術館

横須賀美術館


かつては1年度が終わってしばらくしてから評価作業を行ない、報告書を作成してきました。

この方法では、ある年度の取り組みへの評価が反映されるのは翌々年度になってしまいます(この問題についてはこちらで取り上げていますのでご覧下さい)。

かつての方法ではPDCAサイクルを1周させるのに2年かかっていた

かつての方法ではPDCAサイクルを1周させるのに2年かかっていた


あらゆる取り組みの改善には『PDCAサイクル』を回していくことが大切ですが、『PDCAサイクル』があまりにも間延びしてしまえば、効果がありません。

そこでこの『時期の大きなズレ』を解消するようにフジノは提案してきたのですが、昨年の運営評価委員会では評価時期がやや前倒しされました。

さらに今回から『中間報告』が実施されたことで、評価が反映される時期がより早くなります。

つまり、ここで指摘された改善すべき事項は、今年の下半期の取り組みにさっそく反映されることになるのです。

『中間報告』の実施をフジノは高く評価したいです。

「事業実績」を向上させるように「評価」を充実させていきます

かつては『評価方法そのもの』の議論が中心だったこの運営評価委員会が、少しずつ本来の目的に近づいてきました。

  1. 評価方法に関すること
  2. 運営・事業計画の評価
  3. 美術館の運営・事業実績の評価
  4. 評価結果の報告・公表に関すること
  5. その他、美術館の評価に必要な、専門的な事柄

こうした5つの目的のうち、2011年くらいまではどうしても1番目の議論にとどまってしまっていたのです。

やはりこの運営評価委員会の在るべき姿は、2と3を中心に議論していくことにこそあるのだとフジノは考えています。

つまり、『評価』を行なうことが「収益を上げる」「お客様満足度を高める」という結果につながるようにしていくことこそが重要です。

フジノが毎回欠かさず傍聴を続けているのは、これを実現できるような運営評価委員会に改善する為です。

残念ながら、今の評価委員会にはまだそれが実現できていません。

今後は『運営評価報告書』の内容がさらに充実したものになるように、この運営評価委員会を引き続きチェックしていき、そしてより良いものとすべく提案を行なっていきます。

美術館改革はフジノの原点です

美術館改革は、大きな制度の変更(直営から民営化する、など)も必要ですが、同時に、現場の細やかな改善の積み重ねやこうした運営評価の在り方を改善することも不可欠です。

フジノは、こうした観点と、時間的な観点(短期・中期・長期)なども含めた複合的な形で、さらに提案を続けていきます。

美術館改革は、フジノの原点です。

必ず最後までやり遂げます。