意見書案の提案理由が説明されました。質疑と委員会への付託は省略され、賛成討論だけが行われました/三浦市議会・臨時議会へ(その3)

前の記事から続いています)

本会議スタート。提案理由の説明がなされました

続々と議員のみなさんが本会議場に入ってこられました。

お隣のまちですから、フジノの信頼する議員の方々も複数いらっしゃいます。

わざわざ傍聴席のフジノを見つけて挨拶をして下さる方もおられ、とても感激しました。

そしてついに10時になりました。

三浦市議会の本会議場前にて

三浦市議会の本会議場前にて


開会のブザーが鳴り、議長が開会を宣言しました。

(三浦市議会はユーストリームによって生中継から30日間だけ録画中継がご覧いただけます)

まず意見書案の提案者として、小林直樹議員が意見書案を読み上げるとともに提案理由の説明を行ないました。

三浦市議会のインターネット中継(ユーストリーム)より

三浦市議会のインターネット中継(ユーストリーム)より


もう1度、意見書案をこちらに掲載いたします。

安全保障法制の慎重審議を求める意見書(案)

現在、国会では、政府が提出した安全保障関連法案が審議されている。

本法案は、集団的自衛権の行使を容認する内容を含んでおり、戦後70年間、我が国が平和憲法のもとに貫いてきた海外で武力行使を行わないという原則を大きく転換しようとするものである。

本法案を審議する国会のみならず、安全保障問題について多くの議論と意見の交換がなされているが、世論調査においては国民の多くが政府の説明が不十分であるとしている。

また、去る6月4日に開催された衆議院憲法審査会では、参考人の憲法学者全員から集団的自衛権の行使を容認する解釈及びこれらの法案について憲法違反との指摘がなされるなど、法案自体の評価もさまざまとなっている。

そして、参議院での審議が始まったが、衆議院の審議の中で安倍首相も国民の理解が得られていないと認めている。

よって、政府におかれては、安全保障関連法案に関して国民の疑問や不安を真撃に受け止め、国民への丁寧な説明によって十分な理解と納得を得るとともによ日本国民の将来にとって最善の選択が導かれるよう、国会において慎重かつ十分な審議を尽くすことを求めるものである。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

小林議員は提案理由の説明の中で、三浦市の歴史に触れました。

戦時中は横須賀と同様に、東京湾防衛の要としていくつもの砲台が設置されました。

また、海からの特攻をする為の基地も三浦には置かれました。

さらに戦後になっても、アメリカが行なった水爆の実験によってビキニ環礁で多くのマグロ漁に出た漁船が被曝した事実を挙げました。

横須賀にアメリカ海軍基地があり原子力軍艦(空母・潜水艦)が入出港を繰り返しており、隣同士のまちですから目の前を常に米海軍の原子力軍艦が行き来をしています。

こうした事実からも、三浦市民にとって戦争は決して遠い過去の出来事ではなく、今回の政府による安全保障関連法案は慎重に審議がなされねばならないと願うことは当然のことだと訴えられました。

とても素晴らしい提案説明だとフジノは感じました。



質疑は無く、委員会への付託は省略。「賛成討論」だけが行われました

続いて、議長から

「説明は終わりました。おはかりいたします。本案については、質疑及び委員会への付託は省略しますが、ただちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議はありませんか?」

と呼びかけがあり、議場からは「異議なし」の声があがりました。

つまり、『質疑』は無し。『委員会での議論』も無し。

国会に対して慎重な審議を求める意見書に対して、三浦市議会では慎重な審議が行われませんでした。

これには驚きました。

続いて、『討論』に移りました。

意見書案に賛成の立場から、他の議員たちを説得する討論を行なった下田議員

意見書案に賛成の立場から、他の議員たちを説得する討論を行なった下田議員


下田剛議員が賛成討論を行ないました。

以下が賛成討論の全文です。

下田剛議員の賛成討論

私は、三浦市の現役市議会議員の中で、年齢だけは一番若い議員です。

また、両親ともに戦後に産まれ戦争を体験していません。

同居していた祖父母だけが戦争を体験しましたが、祖母は身内を戦争で亡くしています。

よって私は、本当の戦争の恐ろしさを体験していない世代の子供の世代です。そんな私が、討論させて頂きます。

今回の『安全保障関連法案』では、様々な意見が世間を賑わしているのは周知の事実です。

『解釈改憲』という言葉も耳にします。

改憲を訴えるのであれば、堂々と憲法を変える提案を国民に示し、結論を得ることが政治の常道ではありませんか。

憲法とは、政権が変われば解釈も変わるというものではあってはならないのです。

集団的自衛権・憲法の解釈、その他様々賛否両論が出ている今この時期に白か黒かハッキリさせなければならないものなのでしょうか。

解釈だけで平和憲法の抜け穴をくぐるようなことをしてしまって良いわけではありません。

私は、恐れていることがあります。

このまま安保法案が国会を通過してしまい、何年後かにこの中身で、解釈を変えて、例えば自衛隊の海外での殉職数が増えたりした時に、いったい誰がどういった責任を負うのでしょうか。

ここにお集まりの皆様は、自分の子供をそして孫をその 現場に喜んで送り出すことが出来るのでしょうか。

あの時に・・・とならない為に。

以上の理由により、安全保障法制の慎重審議を求める意見書に賛成致します。

すなおな言葉で語られた、好感のもてる討論でした。




次の記事に続きます)