塩釜市に義援金を寄附しました/「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」中にワイデッキでお預かりした1万円のその後

「街頭キャンペーン」中に、ひとりの男性がフジノに駆け寄ってきました

昨日、ワイデッキでフジノが『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を行なっていた時のことです。

横須賀中央ワイデッキにて

横須賀中央ワイデッキにて

中高年の男性がさっと近づいてきて、フジノのポケットに何かをねじこみました。

驚いてポケットを探ると

…なんと1万円札です!

その方の足は早く、とっさにフジノはメガフォンマイクで

「すみません!本当に申し訳ないのですが、僕は寄附を受け取らないことにしているんです。お気持ちだけ頂いて、お金は返させて下さい」

とお伝えしました。

そうしたら、その男性の方が戻ってきて下さいました。

「あなたはお正月から寒い中ひとりで頑張っていて気持ちいいから、受け取ってよ」

とその方はおっしゃいました。



政治家フジノは全ての寄付をお断りしています

1万円という金額の重さをよくよく理解しています。

その男性がどんなお気持ちでそんな大金をフジノに寄付しようと思ってくれたのか推しはかると切なくなります。

フジノが行なっている『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』に共感して下さったということは、

もしかしたら、自死遺族かもしれない。

もしかしたら、大切な友人・知人を亡くした方かもしれない。

つまり、フジノと同じ立場の方かもしれない訳です。

ものすごく感謝の気持ちを抱きながらも、それでもフジノは繰り返しお断りの理由をご説明しました。

「政治家には政務活動費という経費が年間100万円以上も出ているので、僕はどんなことがあっても寄附を受け取らないことにしているんです」

ホームページにも寄附は受け取らないと書いているんです。傲慢に聴こえるかもしれませんが、どうか僕の方針もご理解いただけないでしょうか」

フジノHPの「市民のみなさまにお願い」のコーナーより

フジノHPの「市民のみなさまにお願い」のコーナーより


「たくさんの人たちの前で1度出したお金を引っ込めるというのはご気分を害する行為かもしれません。でもどうかこのお金はお財布に戻して下さい」

けれども必死の説得にもかかわらず、その方は

「逆にその気持ちが気に入ったから、やっぱり引っ込められないよ」

とおっしゃいました。



「塩釜市への復興の為に寄付をさせて下さい!」と提案しました

これ以上、押し問答をしていてもらちがあかないと判断したフジノは、ある提案をしました。

「僕自身はこのお金を受け取ることはできないのですがお預かりだけして、東日本大震災でずっと支援をしてきた塩釜市というまちの復興の為にあなたの善意をご寄付させていただけないでしょうか」

「本来ならば『横須賀こころの電話』を運営しているNPOに寄付したいのですが、政治家が自分の選挙区内のあらゆる団体に寄付をすることは法律的に許されないのです」

「けれども被災地への寄附は、結果的に自殺対策にもつながります。塩釜市とは3年間のつながりがあるので、僕が責任をもってお預かりして、必ず明日、塩釜市に寄附をいたします」

うーん、と男性は悩んでおられましたが

「それならば仕方がない。いいよ」

とおっしゃっていただきました。

そして、男性は京急の改札へと向かって行かれました。

フジノは改めてその方に深く感謝のお辞儀をして、マイクを通して今この場で起こった善意についてワイデッキのみなさまにお伝えしました。



さっそく今日、塩釜市に寄付をしてきました

翌日となる今日、まずフジノは

  • 横須賀市選挙管理委員会

  • 横須賀警察署の捜査二課(公職選挙法関係)

  • 塩釜市

それぞれに対して昨日の出来事の全てを詳細にお話して、「なんら問題は無い」との確認を取りました。

そこでさっそく振込にいってきました!



こちらが振込証明書です

振込をしたのは、塩釜市役所の『義援金口座』です。

塩釜市ウェブサイトより

塩釜市ウェブサイトより


これは、塩釜市役所の方といろいろご相談をして、ふるさと納税とか確定申告にフジノが使えない(=フジノが利益を得るようなことがあってはならないとの考えです)振込先を選びました。

そして、フジノ事務所のもよりの金融機関である『かながわ信用金庫の上町支店』にて振込をしました。

かながわ信用金庫の上町支店から振り込みました

かながわ信用金庫の上町支店から振り込みました


振込証明書はこちらです。

塩釜市役所の義援金口座への振込証明書です

塩釜市役所の義援金口座への振込証明書です


振込人がフジノの名前なのは、残念ながら最後まで男性がお名前を名乗って下さらなかったからです。

大変に貴重な善意を、被災地支援の為に振込をさせて頂きました。

以上、昨日からの出来事の結末を報告いたしました。



政治家としてフジノは、全ての寄付をお断りしています

ごうまんに聴こえるのを承知で改めて書かせて下さい。

すでにこのブログにも繰り返し書いてきたことではありますが、フジノへの全ての寄付を辞退しております。

何故ならば、政治家フジノは『政務活動費』という経費をすでに税金から支給されているからです。

それ以上、市民のみなさまから新たにお金をお受け取りしたくありません。

どうかフジノの想いもご理解ください。よろしくお願いします。



衆議院議員選挙スタート/期日前投票ができますので、ぜひ投票に行って下さいね

総選挙がスタートしました

今日12月2日から、2014年12月14日執行の『第47回衆議員議員総選挙』がスタートしました。

『衆議院の選挙』の時には、地域ごとに『選挙区』に分けられて、『番号』が付けられています

フジノたちが暮らしている横須賀市と、おとなりの三浦市を合わせた地域を『神奈川県第11区』と呼んでいます。

神奈川県内が地域ごとに「選挙区」に分けられて、番号が付けられています

神奈川県内が地域ごとに「選挙区」に分けられて、番号が付けられています


神奈川11区では、こちらのお2人の立候補者がありました。

2014年12月14日執行の衆議院議員選挙のポスター掲示板

2014年12月14日執行の衆議院議員選挙のポスター掲示板




「投票」イコール「こどもたちの為に果たす大人の義務」

フジノは、投票に対してとても厳しい考えを持っています。

『棄権』をする人は、『大人として最低限の責任さえ果たしていないダメな人』だと考えています。

「どうせ投票しても変わらない」

「どの政党もダメだ」

「忙しいから投票に行かれない」

とか、ごちゃごちゃ言い訳はたくさんです。

『棄権』をして、あとでお酒を飲みながらグチる、テレビのニュースを観ながら政治に文句を言う、そんな大人は恥だと感じます。

今まであなたが

グチって『会社』が変わりましたか?

グチって『学校』が変わりましたか?

グチって『家庭』が変わりましたか?

文句だけ行っててもグチをこぼしてても、絶対に変わらないんです。

全ての状況を変えるのは、『行動』だけです。

『行動』しても変わらないことの方が多いです。

『それでも行動すること』が、『変わるきっかけ』になるんです。

だから、この国のトップである有権者のみなさま(=あなた)は、絶対に投票に行って下さい。

投票という『行動』は、『こどもたち』に対して『大人』が果たす『最低限の責任』です。

でも、選挙だからって特に身構える必要はありません。

あなたが毎日の暮らしの中で一番気になることは何でしょうか?

どんなことに悩んでいますか?

そのことを解決できる政策を訴えている『候補者』『政党』を探して下さい。

これから『選挙公報』というものが新聞に折り込まれてきます。

また、お2人の立候補者の名前にはホームページのリンクを貼っておきました。

ぜひ読んでみてください。1分でいいんです。

自分の頭で考えて、自分のこころで感じて下さい。悩んで下さい。決めて下さい。

そして、その人に投票をして下さい。

これが政策をもとに選ぶ、ということなんです。カンタンでしょう?



忙しいあなたには「期日前投票」がオススメです

投票日は、日曜日です。

「ただでさえ12月は忙しいのに、日曜日に投票に行くのはなかなか難しい」

という人も多いと思います。

そこで『期日前投票』というしくみがあります。

仕事がある、デートや旅行の予定がある、病気・出産で土曜日には病院に行かなければならない、などなど

「とにかく土曜日にはムリ」な方々はみんな『期日前投票』に行って下さい

  • いつから期日前投票できるの?

    12月3日(水)〜13日(土)午前8時30分〜午後8時まで

  • どうやって?

    期日前投票所に出かけていって、そこで投票用紙に記入をして投票箱に入れます

  • 期日前投票所はどこにあるの?
    『ヴェルクよこすか』2階の『選挙管理委員会』か、市内9ヶ所の『行政センター』です。
  • 何を持って行けばいいの?
    投票案内のはがきをお持ちください。

    はがきは無くても投票できますので、係員にお申出ください。

    こちらのペーパーもあらかじめダウンロードして書いておくと手っ取り早いです(『請求書』兼『宣誓書』です)。

    あらかじめ書いて、はがきと一緒に持っていって下さい。すぐに『期日前投票』できます。

請求書(兼宣誓書)

請求書(兼宣誓書)





期日前投票所はどこに行ってもオッケーです

『期日前投票所』は、下の10ヶ所のどこでもオッケーです。

1.選挙管理委員会(ヴェルクよこすか2階)

2.追浜行政センター

3.田浦行政センター

4.逸見行政センター

5.衣笠行政センター

6.大津行政センター

7.浦賀行政センター

8.久里浜行政センター

9.北下浦行政センター

10.西行政センター





12月14日の投票所はこちらです

12月14日(日)の投票日にどうしても投票したい!

という方もいらっしゃると思います(フジノもそうです)。

選挙管理委員会のホームページの中に、投票所がどこかを「住所」を入力すると教えてくれるページがあります。

あなたの街の投票所案内(住所から検索)

あなたの街の投票所案内(住所から検索)


ぜひこちらをご利用下さいね!


あなたが投票に行ったからといって、すぐには政治や社会は変わりません。

けれども、あなたが行かなければ絶対に世の中は変わりません。

こどもたちの為に、孫たちの為に、投票に行って下さい。

カッコいい大人で居て下さい!



当選証書の授与式でした。1年間を通して自分に起きた大きな変化を感じます/横須賀市議会議員選挙終了後1日目

当選証書の授与式でした/1年間を通して自分に起きた大きな変化

昨日書いたとおりで、今日は15時から『当選証書の授与式』でした。

会場は、市役所の5階にある『正庁』というホールです。

横須賀市役所前にて

横須賀市役所前にて


北口駐車場のみなさまをはじめ、市役所の警備員のみなさま、受付の方々、エレベーターでのりあわせた市職員の方々に

「また4年間、よろしくお願いします」

と御挨拶をしてまわってから、まずは市議会の控室(市役所10階です)に向かいました。

配布されていたいろいろな資料を読んだりして、時間が近づいてきたので正庁へ。

選挙管理委員会から受け取った「当選告知」

選挙管理委員会から受け取った「当選告知」


選挙管理委員会事務局の方から『当選告知』を受け取って、式がスタートするまでイスに座って、待ちます。

ご挨拶をされる選挙管理委員会委員長

ご挨拶をされる選挙管理委員会委員長


議会改革の先頭に立つリーダー的存在である矢島まちこ議員をはじめ、一緒に何度も議員提案をさせてもらった井坂しんや議員ら信頼している先輩方と再び仕事をできることは改めてうれしく感じました。

その一方で、

いつも是々非々で熱く議論をさせていただいた佐久間のりお議員(ひとり親家庭への支援でも本当に大切な存在でした)をはじめ、『スクールソーシャルワーカーの導入とさらなる拡大』などあらゆる政策で同じ想いで一緒に活動させていただいた瀧川きみえ議員らが落選してしまったことは、フジノにとって大きなショックでした。

かねてからフジノはくりかえし

「どんな結果でも市民のみなさまの判断は正しいと受け容れる」

と述べてきました。

けれども、『政策通』で本当に素晴らしい政治家が落選してしまう、という現実だけは、受け容れられません。

大切な政治家を失なうことで、このまちは大きな損失を受けたのです。
 
市民のみなさまは、この損失を必ず後悔することになるはずです。

個人としても、市議としても、本当に残念でつらいです。



当選証書授与式で考えたいろいろなこと

さて、式が始まりました。

ここからは撮影できませんので、TVK(テレビ神奈川)の夜の報道番組『ニュース930』で流れた映像から拝借です。

1人ずつ、選挙管理委員会委員長に名前を呼ばれて『当選証書』を手渡されます。

ニュース930での映像より

ニュース930での映像より


フジノは、こんな表情でした。

早く仕事に戻りたくてウズウズしているフジノ

早く仕事に戻りたくてウズウズしているフジノ


『自分の内面の想い』と『まわりの方々の見方』がいつも一致しないことが多いフジノにとって

選挙期間中も、終わってからも、会う人会う人に

「フジノくん、ふだんと変わらないね」

「落ち着いてるね」

と言われることが多くてうれしかったのです。

珍しく『フジノ自身の想い』と『まわりの方々の見方』が一致していたから。

選挙中からずっと変わらない、穏やかな気持ち。
 
そして、気力も体力も充実していて、仕事への姿勢はすでにバッチリ。

昨日から選挙の残務を片付けながらも、すでに100%全開ですでに『ふだんの仕事』に戻っています。

でも、何故か、自分の名前が呼ばれて選挙管理委員長の前に立った時、

めまいというか、倒れそうになりました。
 
体調不良とかそういうことではありません。

この仕事の持つ責任の重みに、全身が震えたのです。

僕はこの仕事に、僕の身を捧げて、全身全霊を尽くしたい。

そう強く感じました。

過去2回の選挙では、こうして『当選証書』をもらっても何も感じなくて

事務所のどこかに放っぽって、数年ごとに大掃除をすると出てきて、黄ばんでいる、
 
そんな感じでした。

でも、今日は8年間で初めてこの『当選証書』を胸に抱きしめて、市民のみなさまからの信託の重みを感じました。

当選証書を持つフジノ

当選証書を持つフジノ


僕は、たくさんの人にいつも誤解されて過剰に期待されるのが嫌で、ふだんはどんなことにもわざとヘラヘラしたり、褒められたり持ち上げられたりすると『価値を無化させるようなこと』を言いまくってきました。

暴言を吐いたり、皮肉を言ったり。

基本的にシニカルなふりをしてきました。

でも、今は自分の本当の気持ちに率直に、天邪鬼ぶりを発揮したりせずに、あえて受け流さずに、

この仕事の持つ責任の重さを一身に感じて、慄いていようと思います。

3つ目の議員バッジ

3つ目の議員バッジ


市役所を出て、バイクに乗って、事務所まで向かう間、ヘルメットの中で何故か涙がこぼれました。

自分の中で、1つの大きな変化が起こったのを感じました。



メディアからの取材に、この数年間の苦しみと3.11を受けて迷いを断ち切った想いを語りました

夜、あるマスメディアから取材を受けました。

その記者の方は、過去のフジノの選挙も見ておられるので、率直にフジノの想いを1時間にわたってお話ししました。

この数年間のうつ病との闘病生活の苦しさ、特に、昨年3月30日から新薬へ切り替えてつらかった日々。

半年間以上もクスリの副作用が続いて1日中倦怠感で起きることもできず

議会中でも副作用で起きていられずに、他の議員の方々からそれを咎められても「クスリのせいだ」とか絶対に言い訳はしないで耐えてきたこと。

ようやく半年が過ぎて副作用に慣れた時に、またクスリが増量されて、再び副作用に苦しみ続けたこと...。

「そんな身体で僕はこの仕事を続けて良いのか」

という葛藤がずっと僕を悩ませました。

けれども父に少しでも長生きしてもらいたいから、医療費を工面する為にも、絶対に今はこの仕事を辞めることもできない、という煩悶に苦しみました。

大雪が降った日のみなとみらいでの『小児高次脳機能障がい』についての集まりで、ようやくこの仕事を続ける決心がついたこと、

それでも選挙活動を行なうことへの決心ができず、立候補の費用も工面できない為に、ポスター作りも遅れに遅れて、公選ハガキも最後まで全ては出せなかったこと、

それが3月11日を境に、全てが変わって、一切の迷いが消え去ったこと。

自分自身の運命を受け容れて、目の前の現実を全て肯定して乗り越えていこうと決めたこと。

それでも、それでも、「選挙活動をしている場合では無い」という固い決意は揺らがず

この1週間を通じて、『午前』は現役の政治家としての仕事を続けて、あくまでも選挙活動は『午後から夜だけ』と決めて徹底したこと、

最後の最後まで、ひとりきりで選挙にむきあっていったこと。

こんなフジノの長話は当然ながら記事になる訳でも無く、あくまでも記者の方との個人的な信頼カンケーの上でお話しさせていただきました。

でも、改めて自分自身の変化を語ることを通じて自分自身が整理して理解することができました。

もう僕は今までの僕では無くなったから、今までの僕が好きだった人は、もしかしたら僕のことを嫌いになるだろうと思います。

けれども、僕はこの今の新しい僕がとてもしっくりきていて、そしてこのまちの為にも良い方向に関わることができるのだと確信しています。

この数年間、特に1年間、ずっと苦しんできたことは、今、ようやく実を結びつつあるのを感じています。

さあ、これからもがんばって働こう。
 
しっかり働こう。

そんなことを改めて深く感じることができた、この選挙はすごく貴重なありがたい機会だったと感じています。



最終的な選挙の結果

最終的な開票結果は下のとおりでした。

2011年4月26日・毎日新聞より

2011年4月26日・毎日新聞より