2012年決算議会が来週スタート!/前半の一般質問は6名が行ないます

決算議会が始まります!

来週月曜日からスタートする決算議会に向けて、けさは、議会運営委員会が開かれました。

会期は9月3日~10月5日です。

2012年9月議会のポスター

2012年9月議会のポスター


3日に行なわれる市長への一般質問は6名で、下の順番で行われます。

  1. 山城 保男議員
  2. 石山 満議員
  3. 井坂 新哉議員
  4. 永井 真人議員
  5. 一柳 洋議員
  6. 木下 憲司議員



それぞれの議員がどのような質問を行なうかについてはこちらの発言通告書をご覧ください(今回、フジノの一般質問は9月20日の予定です)。

フジノとしては、石山議員による『コミュニティ・バス』などの生活交通問題についての質疑、井坂議員による『震災がれき受け入れ問題』について芦名の処分場がそもそも建設されたことそのものへの評価など根本的な問題提起についての質疑、永井議員による『美術館』についての質疑、一柳議員による『上下水道局の新会社設立断念』に関わる市長・副市長の責任問題についての質疑に対して、市長がどのような答弁をするのか、とても関心があります。

お時間の許す方は、本会議場へ傍聴にいらして下さい。インターネットで生中継も観ることができます。

また、インターネットでは約2日後には録画中継も観られるようになります。

ぜひご覧ください。



予算議会がスタート!市長の施政方針演説には停滞感.../2012年予算議会

予算議会がスタート!市長の施政方針演説には停滞感...

先ほど本会議が終わりました。
 
今日は、1件の意見書を可決しました。

そして、吉田市長による2012年度の横須賀市の方針を示す『施政方針演説』が行われました。

市長施政方針

市長施政方針


全文はこちらをご覧ください。

市議会議員に対しては事前に『施政方針演説』の原稿は渡されているので、フジノは何回も何回も読み返したのですが

今回の演説、特に印象に残る言葉は全く何もありませんでした。

むなしさだけが残りました。

『語られたこと』に印象に残ることが無かったことに加えて、『語られなかったこと』が多くて、本当に残念でした。

昨年も指摘したことですが、今年も『ハコモノ行政への対応』は一切触れていません。

また、市民の多くの方々が苦しめられている芦名の最終処分場への『がれき広域処理問題』にも一言も触れませんでした。

『脱原発』に向けて横須賀から新たな取り組みを進めていこうとか、新たに『PPS』を導入していくことを語ることもありませんでした。

市民のみなさまの関心があることにはほとんど触れていないのが残念です。

まもなく震災から一周忌を迎えるこの国で、市民のみなさまに一緒に新たな希望を紡いでいこうという想いは、残念ながら全く感じることはできませんでした。

全体に漂っているのは『停滞感』です。うーん。





予算議会のスタートを受けて今日から1ヶ月間、議論漬けの毎日に突入します。

さっそく明日は教育福祉常任委員会です。
 
まずは今年度(2011年度)の最終補正予算を審議します。

がんばります!