横須賀市長選挙公開討論会が開かれました

夕方から、汐入のベイサイドポケットへ向かいました。

横須賀青年会議所の主催によって、横須賀市長選挙の立候補予定者3名による『公開討論会』が開かれました。

横須賀市長選挙公開討論会

横須賀市長選挙公開討論会


この告示前の公開討論会の重要性や意義については、過去の活動日記をぜひご覧下さい。

今回は、約500名の方々が来場しました。

公開討論会のプログラム

公開討論会のプログラム


コーディネーター(司会役)は、池田健三郎さん(経済評論家)でした。

3名の立候補予定者には事前に質問用紙が配布されて、その回答を記したものが会場に配布されました。

この配布された資料を、そのままPDFファイルに変換して、フジノがこちらに掲載しました。

ぜひ市民のみなさまにご覧頂きたいです。

1つの質問に対して2分間ずつ、合計9つの質問に対して、3名がそれぞれスピーチをしていきました。

また、他の立候補予定者の政策に対して質問する時間もありました。

最後に、3分間の持ち時間が与えられて、アピールが行なわれました。

今夜の討論について、個別の立候補予定者の発言について、同じ政治家として論評はいたしません。

何故なら、3名ともに政治家として本当に立派な姿勢を貫いたからです。

過去3回開催された公開討論会の全てにフジノは参加してきましたが、今夜は、今までで最も優れた政策論争の場でした。

そのことを何よりも誇りに感じています。

残念ながら、時間の短さに比して質問数が多かったこともあって、1つずつの政策に深い議論には至りませんでした。

けれども、3名の立候補予定者はみな自らの信念を自らの言葉でしっかりと語りました。

そんな3名の立候補予定者全員を、フジノはこころから「素晴らしい」と感じました。

「こうした機会こそ、政策選択による在るべき理想の選挙の姿だ」

とフジノは感じました。

本来であれば、この場で行なわれた政策論議の様子を1人でも多くの方々に観ていただきたかったです。

そして、じかにこの空気を感じていただきたかったです。

どの曜日どの時間帯に開催したとしても、全員に来場していただくことはもともと不可能です。

そんな中、インターネット中継が行なわれればいいのに、という願いを、岩上安身さんの主催する『IWJ(Indipendent Web Journal)』が行なってくれました。

中継を担当して下さったのは、われらが『ハギー』こと萩崎さんでした。

本来でしたら萩崎さんはまさに今日、関西へ引越しているはずだったのを、この中継の為に引越しを延期して下さいました。

萩崎さんのジャーナリスト魂にもこころから敬意を表します。ありがとうございました!

そして、録画された動画の中継は、この『IWJ』の会員向けには観ることができるようになっています。

こちらです。

あとは、全国紙・地元紙など報道各社の公開討論会を報じる記事スペースが少しでも多くなることを期待しています。

横須賀青年会議所のみなさま、今夜は本当に素晴らしい機会をありがとうございました!

3名の立候補予定者のみなさま、おつかれさまでした。

こうした政策論争が選挙最終日までしっかりと繰り広げられていくことをフジノは強く願っています。

横須賀市長選挙に向けて「公開討論会」が開かれます

公開討論会は6月10日(月)18:30開会です

今日、市議会議員向けにお知らせが配られました。

公益社団法人横須賀青年会議所(JCI横須賀)の主催で、市長選挙に向けて、今回も『公開討論会』が行なわれます!

横須賀市長選挙・公開討論会・6月10日(月)開催です

横須賀市長選挙・公開討論会・6月10日(月)開催です


フジノは『ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟』に所属しているのですが、『JCI』はそのタッグパートナーとも言える存在です。

2000年代前半から、『政策本位での候補者選び』を進める為の様々な取り組みをしてきて下さいました。

その1つが『公開討論会の実施』です。

中でも『JCI横須賀』の活動は素晴らしいです。

8年前(2005年)、全国で初めて『公示前(選挙スタート前)』の公開討論会を行なったのは、この『JCI横須賀』なのです!

2009年6月18日の横須賀市長選挙公開討論会の写真です

2009年6月18日の横須賀市長選挙公開討論会の写真です


実は、公示前に公開討論会を行なうのは公職選挙法のしばりがたくさんあって、とても制約も多いのです。

それでも4年前(2009年)の市長選挙でも『公開討論会』を開催して下さいました。

そして、この6月の市長選挙を前に、今回も『公開討論会』が開かれます!

JCI横須賀のみなさん、本当にありがとうございます。

このまちの未来を決めるリーダーは「政策」で選ぼう!

市民のみなさまが政治家を政策本位で選ぶことを繰り返していくことで、必ず政治家は政策を大切にするように変わっていきます。

朝の駅前のちらし配りや街頭演説などでは、通勤・通学途中のみなさまがじっくりと政策に耳を傾けることはできません。

この討論会は、候補者の訴える政策をしっかり知ることができるチャンスです。

もちろん、公開討論会も完璧ではありません。

平日の夜の開催ですし、18時半スタートでは都内にお勤めの方々はまず間に合いません。

本来ならば、インターネットでの生中継や録画中継なども行なうべきだと思います。

それでも、今回も公開討論会が開かれることは、民主主義を前進させていく大切な取り組みです。

そして、市民のみなさまにとって、たくさんの課題が山積みのこのまちのリーダーを決める上で、良き判断材料になるはずです。

  • 日時:6月10日(月)開場18:00、開会18:30
  • 場所:ヨコスカ・ベイサイドポケット(横須賀市本町3-27。汐入駅徒歩1分)
  • 入場料:無料(定員になりしだい入場は締め切らせていただきます)
  • 問い合わせ先:公益社団法人横須賀青年会議所 046-824-1061

どうか1人でも多くの方に参加していただきたいです。

そして、あなたの毎日の暮らしの中で感じている「不安」や「困難」を変えてくれる『政策』を訴えている候補者を見極めて下さい。

あなたが必要としている『政策』を実現しようとしている候補者を、あなた自身が見つけて下さい。

選挙には行かない、政治は分からない、市長なんて誰がなっても同じ、ではありません。

確かに選挙に行くのはめんどくさいし、忙しくて時間がとれないかもしれません。

でも、その忙しさを生み出しているのもまた政治の結果なのです。

確かに政治は難しい単語で語られて、ふつうに暮らしている人々には分からないことばかりです。

でも、難しい単語や専門用語を使って政治を市民から遠ざけるような政治家は、ダメです。

もっとふつうの言葉で語りかける、分かりやすい説明を一生懸命行なおうと努力する政治家を選んで下さい。

そうすれば、政治はあなたにとって身近なものに変わっていきます。

確かに市長なんて誰がなっても同じだと思えるかもしれません。

でも、国会では『政権交代』が繰り返し行なわれることで、官僚の意識も大きく変化しました。選挙によって政治家の政策がより練られていき、少しずつではありますが、単なる理想を訴えるだけの政治ではなく、現実的な成熟した議論が行なわれるようになってきました。

横須賀市でも同じです。

36年間続いた官僚政治。

その『官僚政治』の打破を訴えて4年前に当選した吉田市長。

けれども、この4年間を振り返ってみれば大きな成果は何も無い現実。

さらに、今では、官僚以上に『官僚主義』に陥っている吉田市長。

あなたは、この先の4年間も吉田市長に横須賀市政を任せるのでしょうか?

それとも、改めて『政権交代』を横須賀でも選ぶのでしょうか?

それを決めるのは、市民のみなさまです。

つまり、あなたです。

みなさま、ぜひ『公開討論会』にいらして下さいね!

吉田市長のマニフェスト検証大会が5月3日に開催/横須賀市長選挙2013

マニフェストの最終評価を検証する会が開かれます

4年前、吉田市長はマニフェストを掲げて市長選挙に臨みました。

マニフェストとは『市民のみなさまとの契約』です。

したがって、任期が終わるにあたっては、その契約した中身がしっかり実行されたのかを検証するルールになっています。

これは、全国でマニフェストを掲げた政治家がみな責任をもって行なっていることです。

任期の真ん中であった2年前には、吉田市長のマニフェストを中間検証する為に、2011年5月25日には『横須賀市長マニフェスト中間検証大会』が開かれました。

そして、4年間の任期がまもなく終わる為、最終検証が行なわれます。

けさのタウンニュースの記事で開催が報じられました。

横須賀青年会議所が吉田市長のマニフェスト検証大会を開催

横須賀青年会議所が吉田市長のマニフェスト検証大会を開催


5月4日16時から、逸見の生涯学習センター大会議室で開催されます。

フジノとしてはぜひ1人でも多くの方々に参加していただきたいと願っています。

マニフェストを捨ててはいけない

残念ながら、吉田市長は、今回の市長選挙ではマニフェストを掲げないと明言しています。

フジノはマニフェスト選挙を推進する為の全国の議員で活動をしている『ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟』の1人として、本当に残念に感じています。

2009年9月3日、市長就任後初となる所信表明演説では、吉田市長はこのように述べました。

選挙において市民に付託されたのは「私」ではなく「マニフェスト」だと宣言した市長所信表明

選挙において市民に付託されたのは「私」ではなく「マニフェスト」だと宣言した市長所信表明


これは本当に素晴らしい所信表明演説でした。

それなのに、民主党政権の失敗からマニフェストそのものへの評価は下がり、吉田市長もマニフェストを捨てました。

マニフェストそのものの有効性は全く失われていないのに、それを捨てるということは、またも古い政治へと戻ってしまいかねません。

2013年市長選挙に臨む候補者のみなさまには、ぜひマニフェストを策定してほしいとフジノは願っています。

立候補予定者による討論会もぜひ開催してほしいです

4年前、2009年6月18日には『公開討論会』が開催されました。

8年前に第1回が開かれました。

運営を担当して下さっている横須賀青年会議所(JC)のみなさまには、感謝の気持ちでいっぱいです。

JCのホームページにはすでに今年の討論会の開催に向けて、立候補予定者の方々への参加の呼びかけが行なわれています。

公益社団法人横須賀青年会議所HPより

公益社団法人横須賀青年会議所HPより


今回は、横須賀青年会議所(JC)のみなさまには、ぜひともインターネットによる生中継(Ustream)や録画中継も行なっていただきたいと願っています。

会場に来られない方々にも、ぜひご覧頂けるような形で運営をお願いしたいです。

どうか市民のみなさま、市長選挙に関わる様々な取り組みにお時間の許す限り、ご参加下さいね。