「横須賀市民ミュージカルを作る会」(SUKAミュー)が新たなスタート!/ミュージカル「Here’s your world!〜横須賀美術館の夜〜」が上演されました

市民が創りだしたオリジナルのミュージカル

文化会館大ホールで開催された『横須賀市民ミュージカル(SUKAミュー)』を観てきました。

昨日2公演、本日1公演の2日間の為、今日がまさに千秋楽です!

文化会館前にて

文化会館前にて


『横須賀市民ミュージカル(通称SUKAミュー)』とは何か?

ホームページからこれまでの歴史を引用してみます。

2001年、横須賀在住の専門家たちが中心となり、「横須賀を舞台にした世界に1つしかないオリジナル作品を作ろう」という主旨で『横須賀市民ミュージカルを作る会』を立ち上げた。

2006年に活動休止となるが、2009年、『横須賀青年会議所(JC)』との共催公演(4年間の期限付)が決まり、活動を再開。

そして、2012年、横須賀青年会議所との共催公演が終了。

新体制で2013年公演を目指す。

現在はミュージカルという1つの舞台を幅広い世代で作り上げる事によって世代間の交流を生み、横須賀を題材とすることで、横須賀の歴史・文化を再認識し、横須賀を元気にして行こうという目的で活動をしている。

10年を超える活動の中で、活動休止が3年間あったり、『青年会議所(JC)』に力を借りて4年間限りの共催をしたりということもありました。

今年2013年度からは、新しい体制、つまり完全に市民の力でオリジナルのミュージカルを作ることになり、再スタートを切ったのです。

そんな『SUKAミュー』をとても応援したいとフジノは思いました。

今日を迎えるまでにも、いろいろな場でPR活動も行なってきたようです。




上の動画は5月のカレーフェスティバルでのパフォーマンス




上の動画は、7月の『衣笠夕涼み市』でのパフォーマンス。




上の動画は、ダイエーでのパフォーマンス。




最後の動画は、2013年度のキャスト募集の動画です。



「Here’s your world!〜横須賀美術館の夜〜」

今年のタイトルは

『Here’s your World!〜横須賀美術館の夜〜』

です。

物語のあらすじ

横須賀美術館で『世界のおとぎばなし展』を開催中。

誰も知らない真夜中の美術館では、夜ごとに絵の中の者たちが動き出し、いい絵になる為のレッスンに励む。

ある皆既月食の夜、そんな絵の中の世界に入り込んでしまった女子大生の美姫。

一方、あるきっかけから『月と地球の精』が現れ、彼らの出現により美術館の絵の中に新たな世界が生まれる・・・

パンフレット

「Here’s your world」のパンフレット


ステージの幕が開きました!

ミュージカルの開幕です!

ミュージカルの開幕です!


スタートからラストまで、役者のみなさんの演技はマックスでした。

そして、予想をはるかに上回る、素晴らしい作品に仕上がっていました!

客席の中にもメンバーが!

客席の中にもメンバーが!


2時間ものステージでしたが、ストーリーと出演者の歌と踊りに引きこまれてあっという間に感じました

『SUKAミュー』、とても楽しかったです!

「こうした活動が来年も再来年も続いてほしい」と感じました。

かねてからお伝えしてきたとおりで横須賀の中学校の演劇部の実力は、全国大会レベルなのです。

早い時期から下支えされた活動が根付いているからこそ、芸能界や映画・演劇興行界にいる横須賀出身者の数が(これは体感的なことなのですが)多いのだと思います。

どうか関心のある方は、ぜひとも来年は出演する側になってほしいです!



吉田市長のマニフェスト検証大会が5月3日に開催/横須賀市長選挙2013

マニフェストの最終評価を検証する会が開かれます

4年前、吉田市長はマニフェストを掲げて市長選挙に臨みました。

マニフェストとは『市民のみなさまとの契約』です。

したがって、任期が終わるにあたっては、その契約した中身がしっかり実行されたのかを検証するルールになっています。

これは、全国でマニフェストを掲げた政治家がみな責任をもって行なっていることです。

任期の真ん中であった2年前には、吉田市長のマニフェストを中間検証する為に、2011年5月25日には『横須賀市長マニフェスト中間検証大会』が開かれました。

そして、4年間の任期がまもなく終わる為、最終検証が行なわれます。

けさのタウンニュースの記事で開催が報じられました。

横須賀青年会議所が吉田市長のマニフェスト検証大会を開催

横須賀青年会議所が吉田市長のマニフェスト検証大会を開催


5月4日16時から、逸見の生涯学習センター大会議室で開催されます。

フジノとしてはぜひ1人でも多くの方々に参加していただきたいと願っています。

マニフェストを捨ててはいけない

残念ながら、吉田市長は、今回の市長選挙ではマニフェストを掲げないと明言しています。

フジノはマニフェスト選挙を推進する為の全国の議員で活動をしている『ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟』の1人として、本当に残念に感じています。

2009年9月3日、市長就任後初となる所信表明演説では、吉田市長はこのように述べました。

選挙において市民に付託されたのは「私」ではなく「マニフェスト」だと宣言した市長所信表明

選挙において市民に付託されたのは「私」ではなく「マニフェスト」だと宣言した市長所信表明


これは本当に素晴らしい所信表明演説でした。

それなのに、民主党政権の失敗からマニフェストそのものへの評価は下がり、吉田市長もマニフェストを捨てました。

マニフェストそのものの有効性は全く失われていないのに、それを捨てるということは、またも古い政治へと戻ってしまいかねません。

2013年市長選挙に臨む候補者のみなさまには、ぜひマニフェストを策定してほしいとフジノは願っています。

立候補予定者による討論会もぜひ開催してほしいです

4年前、2009年6月18日には『公開討論会』が開催されました。

8年前に第1回が開かれました。

運営を担当して下さっている横須賀青年会議所(JC)のみなさまには、感謝の気持ちでいっぱいです。

JCのホームページにはすでに今年の討論会の開催に向けて、立候補予定者の方々への参加の呼びかけが行なわれています。

公益社団法人横須賀青年会議所HPより

公益社団法人横須賀青年会議所HPより


今回は、横須賀青年会議所(JC)のみなさまには、ぜひともインターネットによる生中継(Ustream)や録画中継も行なっていただきたいと願っています。

会場に来られない方々にも、ぜひご覧頂けるような形で運営をお願いしたいです。

どうか市民のみなさま、市長選挙に関わる様々な取り組みにお時間の許す限り、ご参加下さいね。