「リカバリー全国フォーラム2010」が大成功に終わりました!(2日目)

「リカバリー全国フォーラム2010」が大成功に終わりました!

昨日の活動日記に続いて、写真と1行ほどの紹介文で失礼します。

精神保健医療福祉のあらゆる立場を超えて日本のリカバリーをすすめていく為の『リカバリー全国フォーラム』の第2日目の様子です!



第2日目

朝9時半からスタートした『リカバリー全国フォーラム』の2日目。

わずか2年目にして、なんと総参加者は1200名を超える大イベントとなりました!

事前申し込みが1000名、当日申し込みが100名、シンポジストと分科会の出演者とスタッフが100名です。

朝の文京学院大学、すがすがしいです

朝の文京学院大学、すがすがしいです


さて、最初のプログラムはフジノのヒーローである大熊一夫さんです。

特別講演『リカバリーは精神科病院で実現できるか』です。

特別講演『リカバリーは精神科病院で実現できるか』

特別講演『リカバリーは精神科病院で実現できるか』


「講演のタイトルを付けたのは僕じゃないんです。

これじゃあ、生ぬるい限りです。怒りが伝わってきません。

僕だったら、『日本の精神科病院ではリカバリーはほぼ絶望!』というタイトルにします」

こんな刺激的な言葉で大熊さんは講演をスタートしました。

日本の精神科病院ではリカバリーはほぼ絶望!

日本の精神科病院ではリカバリーはほぼ絶望!


イタリアでの精神科病院廃止について日本で誰よりも詳しい大熊一夫さん。

日本の精神保健医療福祉が世界の中でも際立って遅れているということを『怒り』をこめてお話してくれました。

講演のラストも、大熊さんらしかったです。

イタリア精神医療改革の父、フランコ・バザーリアが弟子に語った言葉を引用して、言いました。

フランコ・バザーリアが弟子に語った言葉

フランコ・バザーリアが弟子に語った言葉


ウンコで手を汚してみろ!

これは、

専門家は机にふんぞりかえっていないで現場に出てこい

ということを強く訴えての言葉でした。

ウンコで手を汚してみろ

ウンコで手を汚してみろ


ところで、こういう講演の演者の方って、自分の出番の前に来て終わったら帰ってしまうことが多いのですが

実は、大熊さんは、昨日から来て下さって、しかも朝から夜までずっとフォーラムに立ち会っていて下さいました。

フジノが昨日文京学院大学に到着して、最初にお会いした方が大熊一夫さんで、

懇親会場を抜け出す時に、最後にあいさつした方も大熊一夫さんでした。

大熊さんは、いつも現場にいらっしゃる。
 
バザーリア風に言うならば、いつも「ウンコで手を汚している」のが大熊さんです。

本当に、フジノもずっと見習い続けたい姿勢です。
 
大熊さん、いつも本当にかっこいいです。



バザーリアのお弟子さんたちが来日します!

11月にバザーリアのお弟子さんたちが大熊さんらによって来日することになりました。

ぜひこちらをご覧ください。
 

イタリア改革の語り部4人来日

イタリア改革の語り部4人来日


そして、ぜひみなさまいらしてくださいね。

東京だけでなく、横浜、大阪、長崎の合計4か所で講演が行われます。



「リカバリー全国フォーラム2010」が大成功に終わりました!(1日目)

「リカバリー全国フォーラム2010」が大成功に終わりました!

精神保健医療福祉のあらゆる立場を超えて日本のリカバリーをすすめていく為の『リカバリー全国フォーラム』が、昨年に続いて、開催されました!

リカバリー全国フォーラム開催!

リカバリー全国フォーラム開催!


今回は、9月10日・11日の2日間にわたって、東京の文京学院大学を会場に開かれました。

しっかりと報告をしたいのですが、9月15日に市長への本会議での質問を行なう準備をしていてホームページをきちんと更新することができません。

そこで写真と1行ほどの紹介を記しますので、雰囲気だけでも感じていただけたらうれしいです。



第1日目

まず、『基調講演』と『トークライブ』です。
 
約900人が入れる最も広いホールは、満員となりました。

全国から来て下さったみなさま、本当にありがとうございました!

トークライブ「大切な出会いとリカバリー」の様子

トークライブ「大切な出会いとリカバリー」の様子


お昼休みは、ふだん大学生たちが使っているカフェテリアにて。
 
文京学院大学はすごくきれいでした。

文京学院大学のカフェテリア

文京学院大学のカフェテリア


午後はまず、記念講演です。

『リカバリー』と言えばやはりこの方ですよね。

WRAP『元気回復行動プラン』の生みの親であるメアリー・エレン・コープランドさん!

再び来日してくれました。

記念講演「リカバリーが私たちに意味すること

記念講演「リカバリーが私たちに意味すること


続いて、大きな会場からみなさんは11の分科会場へとそれぞれ移動しました。

この分科会は2日間で合計23とその数も多いのですが、どの分科会も内容がおもしろいのですね。

フジノは分科会を運営する側だったのですが、もしもお客さんとして参加していたとしたら「同じ時間帯に参加したいものが複数あるから困ったなぁ」という感じ。

フジノは『分科会11・ピアサポートの部屋』というタイトルで、広田和子さん(精神医療サバイバー)と有村律子さん(全国精神障害者団体連合会)と3人で司会を担当させていただきました。

2時間の分科会を30分延長して、さらに終わった後も参加者の方々とお話をして、気づいたらもう夕焼けも落ちていました。

大役を終えてホッとするフジノ

大役を終えてホッとするフジノ


下の写真は、『分科会11』の司会者トリオで、足のマッサージ器に座って休憩しているヒトコマです。

広田和子さん(写真右)についてはこのホームページで何度も紹介していますから、もうあらためて説明はいらないですよね?

『障害者自立支援法』を廃止した後の『障がい者総合福祉法(仮称)』をつくる部会などをはじめ全国の精神障がいのある方々の為に走り回って下さっています。

そして、有村律子さん!(画像まんなか)

高校・大学時代の誰にも助けを求められなかった頃のフジノにとって、『ぜんかれん』と『ぜんせいれん』は初めて本当の気持ちを受け止めてもらえた団体なのですが

有村さんはその『全国精神障害者団体連合会(ぜんせいれん)』のたちあげメンバーの1人であると共に

『精神障がいのある方々へのホームヘルパー制度』を実現するにあたって大きな役割を果たした方なのです。

今でこそ当たり前になっていて多くの方々がそのサービスを受けている精神障がいのある方々へのホームヘルプはかつては無かったんです。

だからフジノにとって有村さんという存在は、日本の精神保健福祉における『リビングレジェンド』の1人なのです。

こんなビッグネームのお2人と一緒に分科会をやるフジノのプレッシャーたるや、すさまじいものがありました...。

分科会から解放されてホッとした気持ちがよく出てる笑顔のフジノ

分科会から解放されてホッとした気持ちがよく出てる笑顔のフジノ


夜6時半くらいから、懇親会でした。
 
懇親会もぎゅうぎゅうの状態。

満員となった懇親会

満員となった懇親会


昨年から1年ぶりの再会を果たせた方々とちょっとお話をして、決算議会まっただなかのフジノは市長への質疑をつくるために途中で帰りました。

実行委員会の古屋龍太先生と、広田和子さん

実行委員会の古屋龍太先生と、広田和子さん


懇親会はまだ続きます。

懇親会場を後にしました

懇親会場を後にしました


2日目につづく