1.30山本太郎参議院議員トークライブ@横浜へ/戦争法案への質疑集「みんなが聞きたい安倍総理への質問」が出版されました

全国ツアー中の山本太郎参議院議員が横浜でトークライブを開催しました

全国をまわっている山本太郎参議院議員

逗子でのトークライブ

逗子でのトークライブ


昨夜は逗子でトークライブでした。


(hachizoさんのツイキャスより)

続いて今日は、横浜市内4ヶ所でトークライブを開催しました。

トークライブのちらし

トークライブのちらし


フジノは4カ所目、横浜・鶴屋町でのトークライブに参加しました。

「1.30 山本太郎トークライブin横浜」プログラム

主催:週刊金曜日を応援する会・神奈川

20:00〜20:30 開場
20:30〜20:35 開演、開会のご挨拶、講師紹介
20:35〜22:00 講演&質疑応答
22:00〜23:00 食事タイム 
23:00     閉会のご挨拶

会場の様子

会場の様子


会場は、40名の満員。それ以上の申込の方はお断りされたとのこと。熱気に満ちていました。

山本太郎参議院議員

山本太郎参議院議員


戦争法案とは何だったのか。

今、政府は何をしようとしているのか。

そして、私たち自身は何をしていくべきなのか。

山本太郎参議院議員は「そうした事柄を会場の参加者のみなさんと一緒に考えていきたい」というスタンスでいらっしゃいました。

会場の参加者の方々と意見交換を続けるスタイル

会場の参加者の方々と意見交換を続けるスタイル


実際の様子をツイキャスで生中継しました。

また録画もご覧いただけます。




全国ツアーでネット中継されているものをフジノはほとんで観ていますので、今夜も決して目新しさはありませんでした。

けれども、全国のあらゆる会場で同じ質問が出る、それに対して山本議員が丁寧に答える、この繰り返しの作業をひたすら徹底的に繰り返す山本議員の姿は「政治家の鑑だ」と感じました。

どんな強力な権力をもってしても想定していないことは対処し得ない

どんな強力な権力をもってしても想定していないことは対処し得ない


フジノもそれを見習わねばならないと強く感じました。



新著「みんなが聞きたい安倍総理への質問」

つい先日(1月26日)、山本太郎参議院議員の新著が発売されました。

『みんなが聞きたい安倍総理への質問』山本太郎著、集英社インターナショナル、2016年

みんなが聞きたい安倍総理への質問


内容は『我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会』での山本太郎参議院議員の質疑が文字起こしされたものと、舞台裏、解説です。

フジノはその質疑をネットを通して、時には生中継で、時には録画で、全て観ていました。

けれども改めて文字起こしされたものを読むと、山本議員の質疑は本当に分かりやすくかつ論理的な質問であることが本当によく分かりました。

難しいテーマを本当に噛み砕いて分かりやすく語る山本議員

難しいテーマを本当に噛み砕いて分かりやすく語る山本議員


市民のみなさまに読んで欲しいのは当然のことですが、全国の地方議員のみなさまに読んでほしいです(特にフジノのようにガンガン質疑を行なっている議員の方々にオススメ)。

山本太郎参議院議員とフジノ

山本太郎参議院議員とフジノ


本書に掲載されている山本議員の質疑は、動画としてネット上にアップされています。本書の目次の順番にまとめてみました。

どの質疑もとても分かりやすいものなので、ぜひご覧下さい。

安倍総理、国民の生命・財産・幸福追求権、本気で守る気あるんですか?(2015/07/29)



アメリカに民間人の殺戮、当時「やめろ」と言えたんですか?この先「やめろ」と言えるんですか?(2015/07/30)



経済格差を利用して兵員を確保する「経済的徴兵制」。サラ金みたいな奨学金制度。若い人の首、締まっていますよね?(2015/08/03)



今回の安保法制、米軍からのニーズ・米国からのリクエストですよね?(2015/08/19)



「集団的自衛権」容認の根拠とおっしゃる最高裁の「砂川判決」、これってどこからの指示ですか?(2015/08/19)



この安保法案について、総理自身、国民の理解は十分に深まったと思われますか?(2015/08/21)



テロとの戦いの名の下、過去の検証なしに自衛隊の活動、拡大させるつもりですか?(2015/08/25)



「徴兵制」、意に反する苦役。我が国では憲法違反であるという理解でよろしいですね?(2015/08/26)



新設される「国外犯処罰規定」で自衛隊入隊希望者、激減しませんか?そしたら専守防衛、どうなりますか?(2015/09/02)



軍事のプロである中谷防衛大臣、安倍総理の発言、何点でしょうか?(2015/09/04)



民間人への無差別攻撃、たくさんの人が亡くなっています。広島、長崎、東京大空襲も。これって戦争犯罪だと思われますか?(2015/09/08)



戦争法案、辺野古新基地建設、国民・県民の意見を無視して強行突破ですか?(2015/09/14)



自衛隊が戦争犯罪の共犯者になってはならない、そう考えます。いかがでしょうか?(2015/09/16)



あまりにも歯止めのないこの法案を数の力で押し切り、無理やり通そうとする。何故ですか?(2015/09/17)



以上が特別委員会での質疑です。

そして、特別委員会では正規の手続きを踏まずに、戦争法案が『採決がなされたこと』になり『可決されたこと』になりました。

ついで、本会議。

山本太郎参議院議員は牛歩を行ないましたが、それらも与党の時間制限によって封じられてしまいました。

最後の牛歩の後、山本議員は壇上で訴えました。




この叫びをリアルタイムで観ていたフジノは、泣けてきました。

こうして戦争法案は国会で可決されました。

けれども国会の外では、法案可決後も『SEALDs』はコールを続けていました。

そこに山本太郎参議院議員が合流。

そして、平和国家としての日本を守る闘いは、今も続いています。

この新著を読むと、戦争法制に対する理解が一歩進むと思います。

ぜひ一人でも多くの市民のみなさまに読んでいただきたいと願っています。



戦争法案を本当に止める「横須賀ALLs」結成!/横須賀中央駅前で公開記者会見を行ないました

駅前で公開記者会見!

青空のもと、横須賀中央駅前ワイデッキにて公開記者会見が開かれました。

主催をしたのは、新たに設立された『横須賀ALLs』です。

戦争法案廃案を求める署名にご協力ください

戦争法案廃案を求める署名にご協力ください


『戦争法案の廃案を求める意見書提出の請願』は、昨日の横須賀市議会・総務常任委員会では1票差で不採択となりました。

けれども、この活動の究極のゴールは平和な日本を守り続けることです。意見書の提出はそのゴール実現の為の多数ある手段の一つに過ぎません。

思想・信条を超えて「命を守りたい」「平和を守りたい」「政府は憲法を守れ」という当たり前の想いで集まったみなさんによって、これからも全国で活動は続いていきます。

その全国の活動の1つとして、この基地のまちである横須賀から平和を求める『横須賀ALLs』設立を発信しました!

その様子をフジノがツイキャスで生中継いたしました。

ぜひご覧くださいね。







アベ政治を許さない

アベ政治を許さない




井坂しんや県議も駆けつけてくれました。記者会見終了後、いろいろな意見交換を久しぶりにすることができました。

本日もこの後、16時からスタンディングが横須賀中央ワイデッキで行なわれます。

お時間の許す方はぜひ一緒にスタンディングにご参加くださいね!



憲法違反の戦争法案を廃案にして安倍政権を交替させるべきだとの決意/小林節さん(慶応大学名誉教授)と森ゆうこさん(元文部科学副大臣)の対談へ

森ゆうこさんと小林節さんのお話を聴くすごい機会がありました

『AIDS文化フォーラムin横浜』を午前で抜けて、フジノは東京へ向かいました。

行き先は『森ゆうこと語る会』です。

今までフジノは国会議員の勉強会や後援会などのイベントに参加したことが1度もありませんでした。

でも今回は特別です。

「森ゆうこと語る会」会場にて

「森ゆうこと語る会」会場にて


まず、森ゆうこさんという存在。

フジノにとって森ゆうこさん(前参議院議員)は、東日本大震災後に起こった食材への放射性物質汚染の問題で大変お世話になった方です(当時、彼女は文部科学副大臣でした)。

それ以来、ずっと尊敬している方です。

2013年の参議院選挙で落選してしまったものの、一刻も早く国会に戻ってほしい方です。

その森ゆうこさんが開催している勉強会に、講師としてなんとあの小林節さん(憲法学者・慶応大学名誉教授)がいらっしゃるのです!

フジノは会員ではありません。今回は非会員にも公開で開催されました。

フジノは会員ではありません。今回は非会員にも公開で開催されました。


小林節さんとは、あの2015年6月4日の憲法審査会で、はっきりと「違憲だ」と断じた方です。

さらに、6月5日の強い雨の中。

フジノが強くシンパシィを感じている『SEALDs』の国会前活動に、先頭を切ってスピーチに駆けつけて下さいました。

雨の中、スピーチをして下さった小林先生の様子を記したツイート。胸を打たれました。

雨の中、スピーチをして下さった小林先生の様子を記したツイート。胸を打たれました。


その姿にすっかりフジノは胸を打たれてしまいました。




こんなお二人が語り合う素晴らしい機会はまたとありません。

そこで勉強に伺ったのですが、参加して本当に良かったです。



講演と対談の内容

今日は時間の都合で、とりいそぎ、画像だけアップします。詳しくは後日記します。

小林先生の配布レジュメは下の通りです。

憲法の危機

小林節(慶大名誉教授・弁護士)

  1. 『立憲主義』とは何か?
    神ならぬ本来的に不完全な人聞が預かる権力を乱用しないように上位法で枠をはめる原則

  2. 法律を改廃できる立場にいる者(政権)を統制する法である以上、改正の条件が法律より厳しくなければならない
    それを緩和しようという提案は権力者の禁じ手である

  3. 新安保法案は明白に違憲である
    (1) 9条の法意
    1項:侵略戦争の禁止(自衛権の留保)
    2項:軍隊と交戦権の否認(戦争の道具と資格の否定)
    (76条2項:軍法会議の禁止)
    『海外派兵の禁止』『海外で他国の武力行使と一体化することの禁止』
    →専守防衛:自国が攻撃された時だけ、第二警察(自衛隊)を使って、自国領域と周辺で防衛する

    (2)憲法は国際法に優先する
    世界の常識である

    (3)新安保法案
    『存立危機事態』海外における戦争全面参加そのもの
    『重要影響事態』海外における戦争支援(一体化)そのもの
    明白に違憲である

    (4)違憲、危険、不経済な愚策である

    (5) 噛み合っていない議論
    政府の側にこたえる内容がない

    (6)違憲訴訟
    技術的には難問だが不可能ではない

    (7)政権交代
    単純・明快・確実・有効な方法である

森ゆうこさん(前参議院議員・元文部科学副大臣)

森ゆうこさん(前参議院議員・元文部科学副大臣)

(音声その1)



小林先生の言葉に、フジノは少し泣けてしまいました

小林先生の言葉に、フジノは少し泣けてしまいました


(音声その2)



ややべらんめえ調で、けれどもわが国最高峰の憲法学者として、わかりやすく語って下さいました

ややべらんめえ調で、けれどもわが国最高峰の憲法学者として、わかりやすく語って下さいました


(音声その3)



終了時間が過ぎても止まらない森さんと小林さん

終了時間が過ぎても止まらない森さんと小林さん


(音声その4)



会場からの質問にも丁寧にお応えする小林節さん

会場からの質問にも丁寧にお応えする小林節さん


(音声その5)



本当に熱く語る小林節さん

本当に熱く語る小林節さん

森ゆうこさんには一刻もはやく国会に戻って欲しいです

森ゆうこさんには一刻もはやく国会に戻って欲しいです





お二人とじかにお話することができました

休憩時間には、小林節先生とじかにお話させていただく機会にも恵まれました。

小林節先生とフジノ

小林節先生とフジノ


帰り際には

「フジノくん、あなた、しっかり頑張りなさいよ」

肩をぽんと叩かれて、励まされてしまいました(涙)。ありがとうございます!

森ゆうこさんは改めて素晴らしい政治家だと感じさせられました。

森ゆうこさんとフジノ

森ゆうこさんとフジノ


横須賀が行なってきた給食食材の放射性物質の測定のこと、気にして下さっていました。

もう文部科学副大臣では無くなったのに、あれから何年も経つのに。

さらには、この4月に行なわれたフジノの選挙のことも気にして下さっていました(ご心配おかけして申し訳ありませんでした)。

やっぱり森さんは『新潟県の代表』だけど『新潟県だけの代表』なんかじゃない。

『この国の為の政治家』なんだよな、と感じました。