「リカバリー全国フォーラム2010」が大成功に終わりました!(1日目)

「リカバリー全国フォーラム2010」が大成功に終わりました!

精神保健医療福祉のあらゆる立場を超えて日本のリカバリーをすすめていく為の『リカバリー全国フォーラム』が、昨年に続いて、開催されました!

リカバリー全国フォーラム開催!

リカバリー全国フォーラム開催!


今回は、9月10日・11日の2日間にわたって、東京の文京学院大学を会場に開かれました。

しっかりと報告をしたいのですが、9月15日に市長への本会議での質問を行なう準備をしていてホームページをきちんと更新することができません。

そこで写真と1行ほどの紹介を記しますので、雰囲気だけでも感じていただけたらうれしいです。



第1日目

まず、『基調講演』と『トークライブ』です。
 
約900人が入れる最も広いホールは、満員となりました。

全国から来て下さったみなさま、本当にありがとうございました!

トークライブ「大切な出会いとリカバリー」の様子

トークライブ「大切な出会いとリカバリー」の様子


お昼休みは、ふだん大学生たちが使っているカフェテリアにて。
 
文京学院大学はすごくきれいでした。

文京学院大学のカフェテリア

文京学院大学のカフェテリア


午後はまず、記念講演です。

『リカバリー』と言えばやはりこの方ですよね。

WRAP『元気回復行動プラン』の生みの親であるメアリー・エレン・コープランドさん!

再び来日してくれました。

記念講演「リカバリーが私たちに意味すること

記念講演「リカバリーが私たちに意味すること


続いて、大きな会場からみなさんは11の分科会場へとそれぞれ移動しました。

この分科会は2日間で合計23とその数も多いのですが、どの分科会も内容がおもしろいのですね。

フジノは分科会を運営する側だったのですが、もしもお客さんとして参加していたとしたら「同じ時間帯に参加したいものが複数あるから困ったなぁ」という感じ。

フジノは『分科会11・ピアサポートの部屋』というタイトルで、広田和子さん(精神医療サバイバー)と有村律子さん(全国精神障害者団体連合会)と3人で司会を担当させていただきました。

2時間の分科会を30分延長して、さらに終わった後も参加者の方々とお話をして、気づいたらもう夕焼けも落ちていました。

大役を終えてホッとするフジノ

大役を終えてホッとするフジノ


下の写真は、『分科会11』の司会者トリオで、足のマッサージ器に座って休憩しているヒトコマです。

広田和子さん(写真右)についてはこのホームページで何度も紹介していますから、もうあらためて説明はいらないですよね?

『障害者自立支援法』を廃止した後の『障がい者総合福祉法(仮称)』をつくる部会などをはじめ全国の精神障がいのある方々の為に走り回って下さっています。

そして、有村律子さん!(画像まんなか)

高校・大学時代の誰にも助けを求められなかった頃のフジノにとって、『ぜんかれん』と『ぜんせいれん』は初めて本当の気持ちを受け止めてもらえた団体なのですが

有村さんはその『全国精神障害者団体連合会(ぜんせいれん)』のたちあげメンバーの1人であると共に

『精神障がいのある方々へのホームヘルパー制度』を実現するにあたって大きな役割を果たした方なのです。

今でこそ当たり前になっていて多くの方々がそのサービスを受けている精神障がいのある方々へのホームヘルプはかつては無かったんです。

だからフジノにとって有村さんという存在は、日本の精神保健福祉における『リビングレジェンド』の1人なのです。

こんなビッグネームのお2人と一緒に分科会をやるフジノのプレッシャーたるや、すさまじいものがありました...。

分科会から解放されてホッとした気持ちがよく出てる笑顔のフジノ

分科会から解放されてホッとした気持ちがよく出てる笑顔のフジノ


夜6時半くらいから、懇親会でした。
 
懇親会もぎゅうぎゅうの状態。

満員となった懇親会

満員となった懇親会


昨年から1年ぶりの再会を果たせた方々とちょっとお話をして、決算議会まっただなかのフジノは市長への質疑をつくるために途中で帰りました。

実行委員会の古屋龍太先生と、広田和子さん

実行委員会の古屋龍太先生と、広田和子さん


懇親会はまだ続きます。

懇親会場を後にしました

懇親会場を後にしました


2日目につづく



今夏に初開催する「リカバリー全国フォーラム」の第1回企画委員会へ/「リハ会議」の遺伝子を受け継いでいきます!

リカバリー推進フォーラム(仮称)の企画委員会へ

精神障がいのある方々のリカバリーを実現する為に、全国で活動している精神保健福祉に関わる全ての方々に向けて

『第1回・リカバリー推進フォーラム(仮称)』

が、今年の夏、開催される予定です。

(*後日追記:正式に『リカバリー全国フォーラム』という名前に決まりました)

当事者、ご家族、専門家、市民、などなど、全ての立場の方々を対象に、あらゆる団体や組織の垣根をこえて

一緒にリカバリーの理念を考えて、リカバリーの理念を全国に広めていく為の方法を議論すると共に、全国的なネットワークをつくっていくことが目的です。

今夜は、その初めての企画委員会が行なわれました。

企画委員会の資料

企画委員会の資料


『リカバリー』の実現という大きな想いのもとに、あらゆる人々が立場を超えて集う、素晴らしいフォーラムになりそうです。



企画委員会のすごいメンバーを紹介します

企画委員会は、すごいメンバーがそろいました(これからもメンバーは増える予定です)。

委員長に高橋清久先生(国立精神・神経センター名誉総長)を筆頭に

団体として参加している委員は、

個人として参加しているのは、

  • 横浜市立大学大学院医学研究科精神医学部門の加藤大慈さん、佐伯さん
  • こおりやまほっとクリニックの白潟光男先生
  • 精神医療サバイバーの広田和子さん
  • WRAPファシリテーターの増川浩信さん
  • 福智クリニックの福智寿彦先生
  • 日本社会事業大学教授の大島巌先生
  • 国立精神・神経センター精神保健研究所の伊藤順一郎先生

です。

なんと、この企画委員会に、市議会議員としての立場でフジノもメンバーとして入っています!

頂いたお弁当を食べるフジノ

頂いたお弁当を食べるフジノ


感動、というか、感涙...。

こんなすごいメンバーと精神保健福祉の為に一緒に働くことができるなんて、フジノのこの先の人生で、もう2度と無い気がします。

企画委員会のメンバーに選んでもらえたことをこころから誇りに感じます。

とても光栄です。

8月の開催に向けて時間は無いのですが、参加したみなさまに元気になってもらえる素敵なフォーラムになるようにフジノも全力を尽くします。



「リハ会議」の遺伝子は、「リカバリー全国フォーラム」へ受け継いでいきます

ここから先は、企画委員メンバーとしてではなくて、フジノ個人の想いです。

あくまでも私見です。

かつて、まだ全家連(全国精神障害者家族会団体連合会)があった頃、『リハ会議』という、あらゆる団体の垣根を超えて集える場がありました。

かつて20年間で18回も開催されたリハ会議ですが、フジノは参加者としても何回も参加しましたが、大学時代にはボランティアとしてお手伝いをさせてもらいました。

参加者の方々を会場の誘導をしたり、車椅子でいらした方々を分科会場へと一緒に移動したり。

裏方で見ているとよけいにハッキリ分かったのですが、みんなですごく激しい議論をしたりするのですが『リハ会議』から帰っていく方々は、とても笑顔だったのです。

僕自身も参加者として参加した時には、あんなふうに笑顔で帰っていったのだと思います。

そのリハ会議も、全家連の解散と共に消滅してしまいました。
 
団体や組織の垣根を超えて、みんなが集えるような場が消えてしまいました。

あの頃の『リハ会議』がキラキラとした思い出として僕のこころに強く印象に残っています。

かつて、精神障がいとの出会いの中で、情報も何も無くてどうしたら良いか分からずに迷い苦しんでいた高校時代~大学時代のフジノは

全家連やリハ会議の存在によってとても励まされて、また明日もがんばって生きていこうと思えたのです。

かつての僕と同じように、今もそんな風に迷い苦しんでいる人々がたくさんいるならば

あの頃のリハ会議が持っていた熱気や元気や笑顔やハッピー感をこの『リカバリー推進フォーラム(仮称)』のスタートによって提供できる場が復活できたらいいなと願っています。

いや、必ずそうなるはず!そうする!
 
これだけすごいメンバーが集まっているのだから。

これから7ヶ月、全力でがんばろう!